ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 金龍のラーメンでがっつり! | トップページ | マジンガーZに説教するキン肉マン »

2012年10月20日 (土)

内子のマザーでおいしいランチ 

おっさんがakatsukiさんインスパイヤーで訪問し、気になっていたお店。

Dsc_0052

内子の「洋食マザー」に突撃です。

最初に行ったときは、おっさんの記事に書いてる下芳我亭横にはなく、

「あれ?閉店したのかな?」とあきらめていました。

あとで地元に方に伺ったら、移転したとのこと

下芳我亭を少しだけ松山方面に歩いてすぐの場所です eye

Dsc_0070

駐車場 car は店の向かって右の道を奥に入ったところ。

広々とした店内では、昼下がりのランチを堪能されている奥様方ご一行。

話しやすい雰囲気のマザーが接客をしてくれます。

Dsc_0057

ランチにはライスとパンが選べるので、奥さんはパンで私は米。

6種類から選べる中から、「きなこのパン」を選択します。

トーストされ表面がカリリ、中はモチモチ

裂くようにちぎって口に運ぶと、こんがりとしたきなこの香りが最高です happy01

Dsc_0058

「チキンブイヨンの温かいスープ」

ニンジン、玉ねぎ、ベーコンがきっちりと5mm四方くらいに揃えてあり、

ことなった食感も楽しめて、後味のすっきりした家庭的な味。

Dsc_0060

奥さんのメインはチキン

添えてあるフライは、ゴーヤ、エビ、ナス。

衣少なめにカリリと揚がっており、厚めのゴーヤもしっとり。

チキンにかかっているオリジナルソースは、デミグラスベースで

フォン、蜂蜜、ワインビネガーなどで味を調えたこちらの基本。

酸味と旨みのバランスもよく、まさに「おいしい=また食べたい」happy02

Dsc_0062

ハンバーグしっかりと焼き締めてあり、ミートローフのように重厚

トマトの上に乗っているのは、摘果した瓜のピクルス。

Dsc_0063

歯ごたえがある硬さなのですが、ぱさぱさではなく、肉濃縮状態spa

先ほどの基本のソースで仕上げてあり、肉汁と共にからんだパスタも

それだけでおかずになってしまうほどに、ランクアップです。

Dsc_0065

デザートは、奥のゆずのパウンドケーキのかおりが素敵

手前のシャーベットはぴりぴり感が残っているほど生のショウガ

強い甘みとバランスがとれており、そのセンスに改めて感激 crying heart04

Dsc_0067

松山出身のマザーの話を伺いながら、ゆっくりとくつろぎ時間。

料理担当は奥におられる優しそうなシェフで、マザーは

「私はソースの味見もさせてもらえないのよ」と、ちょっとあてられます。

ランチだけなら800円、デザート、コーヒーつけて1,050円。

メニューだけ見れば平凡な印象ですが、

作り手によってこんなにおいしいものに仕上がるのかと、感動。

勝手ながら、「内子にマザーあり」宣言bell bell bellです。

« 金龍のラーメンでがっつり! | トップページ | マジンガーZに説教するキン肉マン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うわッ!行かれましたね。
て言うか、移転されたみたいですね。
マザーはお元気でしたか?
たぶん、食べられた方にしかわからないと
思いますが、手作り感満載で
いろいろと凝ってますよね。
たしか、野菜なんかも自家製だったりとか。
また、再訪してみようdash

ほんとうにおいしいお店を教えて頂き、ありがとうございますhappy01
丁寧に作っておられる気持ちが、料理を通して伝わる事を体験しました。
私もリピ必至です rvcar

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55698290

この記事へのトラックバック一覧です: 内子のマザーでおいしいランチ :

« 金龍のラーメンでがっつり! | トップページ | マジンガーZに説教するキン肉マン »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2