ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« マジンガーZに説教するキン肉マン | トップページ | 花園町がおしゃれなhanaeに変身! »

2012年10月25日 (木)

東京第一ホテルの花のれん、おいしい!

いや~happy02、こんなに立派で素晴らしい食事ができる和食のお店が、

東京第一ホテル松山に地下にあるとは、今日まで知りませんでした。

いきなり脇道にそれますが、

ホテルのリンクを調べていて、不思議なことを発見 eye

東京第一ホテルって、阪急阪神第一ホテルグループなんですね。

もともと全国の第一ホテルグループがあって、別れたのか?

最初から関西の会社が「東京」って名前のつくホテルにしたのか?

ちょっと、気になります bleah

さて、本題に戻ります。

本日はちょっとした集まり building 

お勉強の後に食事会をということで、地下一階の「花のれん」に移動。

山桃酒で乾杯をした後に、ざるに入った酒肴が登場し、

梅錦の大吟醸bottleで宴がはじまります。

Dsc_0076

うわ~、豪華ですね~~happy02

初対面の方との名刺交換もそこそこに、体がちいさくなり、

小鉢の間をさまような感覚に陥りながら、一品一品を舌でめでます。

右下のスダチに入っている鈴子醤油漬は、イクラの別称のようです。

粒をプチンと奥歯でつぶして、とろりと広がるねっとりうまみが

序破急のリズムで余韻を残しながら消えていきます。

紫で真ん丸な巨峰ワイン煮は、崩れることなく上品な甘さをに浸っており、

四角い小鉢から、薄く切って勝ち栗のように硬くなった栗煎餅と、

適度な歯ごたえを残したひねり銀杏を、奥歯でつぶして初秋を香りましょう。

黒い小皿右の黄色いものは、自家製で7割ほど乾燥したからすみの表面を、

さっと炙って、のりでシャリに巻いた唐墨寿司

口腔内から鼻腔にかけての受容体を刺激する、初体験 catface shine

鮑共腸焼、無花果胡麻クリーム、烏賊紅葉焼、稲穂などを

小さいけど存在感のある作品を、全神経五感を集中させ楽しみます。

Dsc_0078

椀は、清汁仕立、甘鯛菊花蒸し

今年初めてお見かけする松茸様が鎮座されており、

次第に脂を蓄えはじめた紅葉鯛を、サポート

薄味ですが、水っぽいわけではなく、うまみがあり、

お椀の向こうの、職人さんたちの腕が伝わってきます。

Dsc_0082

造りの紅葉鯛は、松皮の歯ごたえと白身のコンビネーションを味わい、

細魚エッジのきれたすがすがしさから、エネルギーをいただきます。

Dsc_0085

炊合は、里芋饅頭

幾重にも折り重なった湯葉を舌と上あごでほどく誘惑 kissmark

ゆるめの蟹餡掛けを絡めるように里芋に絡め合わせ、

この時期の楽しみのねっとりした快感に、己の身が沈み込みます。

Dsc_0090

焼き物の秋鰆蜜柑焼きは、トッピングの大根おろしにも蜜柑が入り。

やわらかい食感のものが続いたあとに、甘長唐辛子のカリッとした気合

味にも凛としたしまりがあり、くいっと熱燗 bottle を合わせましょう。

海老丸十蓑揚が、勢いよく尻尾を立てています。

細く切ったサツマイモのみのをまとった、白肌の海武士。

外側のカラリと中のパツリを一気に噛み切り delicious

その端につけた塩で、二つの違うタイプの甘みが際立ちます。

奥には、マイタケをまとった鱧が、ふんわりと揚げ蒸しされ、

とふくよかな白肌から、エキスがじゅわ~と滲みいずるのです delicious

Dsc_0097

御食事も秀逸なバリエーション。

かます牛蒡御飯は、土の中の使者が歯ごたえと香りをそのままに

混ぜ込んであり、その上に焼しめられ濃縮したカマスが鎮座

三つ葉は、整然と茎だけが揃えられて乗っています。

香の物と、ごぼうご飯の味と食感のバリエーションを味わい、

しじみ汁でリセットし、最後まで飽きさせず違う組み合わせを堪能します。

Dsc_0101

水菓子の生姜ゼリーは、ミントとともに、

食の桃源郷から、私を現実の世界に引き戻してくれます。

ああ、幸せ~ happy02 heart04

間違いなく記憶に刻み込まれた秀逸なフルコース。

こういう時は「やばい」ではなく「おいしい」だなと、再認識ですwink

« マジンガーZに説教するキン肉マン | トップページ | 花園町がおしゃれなhanaeに変身! »

和食」カテゴリの記事

コメント

私は行った事が有りませんが、妻の友人がそちらのホテルに勤めて居られる関係で、昨年女性同士の食事会で利用しました。
私はアッシー君でした。
初物の松茸は良かったですね、私も11月1日に広島白島の「なかしま」を予約しているので、その時に松茸土瓶蒸しが出て来ると期待しています。

東京第一ホテルは東京・新橋の第一ホテルが全国展開していたホテルです。第一ホテルは2000年に経営破たんしたのですが、設立者が阪急東宝グループ総帥だった小林一三氏という縁もあって2002年阪急ホテルに救済合併されたのです。

花園町のHanae、うまくいくといいですね。

奥様方にも人気のおみせなのですね happy01
広島の料理屋さんもおいしいものがたっぷりな感じで、うらやましいです。
めったにきっちりしたコースをいただくことはないですが、たまには正統派をいただき、一味違う職人の腕を堪能することができました。

もっとも知りたかった情報を、ストレートで教えていただき、ありがとうございます wink ものすごく納得しました。
Hanae, お試し期間のあとは、再検討して本格的に移行するようです。あの界隈は、結構食べ物屋さんが多いので、成功するとねがっています bell

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55725327

この記事へのトラックバック一覧です: 東京第一ホテルの花のれん、おいしい!:

« マジンガーZに説教するキン肉マン | トップページ | 花園町がおしゃれなhanaeに変身! »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2