« 「ろまにあ」で、ルーマニア家庭の味 | トップページ | 油屋@大洲で城を眺めながらの二次会  »

2012年10月 8日 (月)

大洲いも炊き@花園会

hideの go for brokeのhideさんと中心に、

大洲の呑み助が集まって結成された「花園会」

今回の定例会は、大洲と言えばの「いもたき」です。

hideさんが、張り切って明るいうちから前のりした様子はこちらを camera

Dsc_0144

会場は如法寺河原

龍が寝そべったような形の臥龍のひろい河原に、三々五々と集まってきます。

鵜飼いと同じ要領で、加盟料理屋に直接電話telephoneして予約。

あとは、準備から片付けまで料理代に込みで、お店の方がやって頂けるシステムなので、とっても楽チン。

Dsc_0150

今回、Native O級グルマンのまっちゃんが選んだ店は「小にし」

Dsc_0142001

鯛の刺身、さざえの壺焼きなどが入った豪華な弁当に、

Dsc_0139001

出ました bell bell bell

大鍋の「いも炊き」

芋は余ることが多いので一人前減らしてもらい、その分弁当に回してもらったという名幹事のおかげで、食事は弁当合わせて2,500円は驚き eye

酒は、柚木の「澤田酒店」から直接持ってきてもらっているので、格安。

肱川の眺めmist 、夜空の月moon3 、ライトアップされた臥龍山荘japanesetea の景色を満喫できるのですから、こんな贅沢はありません。

Dsc_0140

一人前減らしてあるといっても、一人二杯は十分食べられる量。

鳥と厚揚げの出汁がきいていてほのかに甘い。

芋は薄く皮をむいてあるだけなので、原型をとどめた大き目サイズ。

フーフーしてかぶりつくと、口いっぱいdeliciousにねっとり感がひろがり、

やはり大洲の里芋は一味もふた味も違います good note

数多のいも炊き会を経験しているKちゃんは、しっかり先を読みタッパー持参。

ジモティー、さすがです smile

Dscn1187

夜は冷えると聞いていたので持って行っていた薄手のジャケットも、

食べ終わる頃には体が温まっているので必要ありません。

「二次会は、最近リニューアルされたあの店にいこうや happy01って事で、

早めに一次会を切り上げ、大洲本町方向へのんびりと移動するのです。

« 「ろまにあ」で、ルーマニア家庭の味 | トップページ | 油屋@大洲で城を眺めながらの二次会  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この時もお世話になりました!
河原でのいもたきは私も久しぶりで、とても楽しかったです。

あ~、でもやっぱライティングは大事ですね。
私はストロボ焚かなかったのですが、焚いた方が良かったですね~。勉強せねばです。

いも炊き、豪華なお弁当も付いていいですね。
6日に内子まで足を伸ばし、からりで野菜や栗を調達後町並みを散策、りんすけで鯛めしを食べました。
帰路寄ったエミフルの野菜売り場にはいも炊き用の出汁パックが所狭しと置いてありました。
愛媛ならではの風景ですね。

いつも楽しい企画ありがとうございます happy01
あのねっとりした芋は、くせになりました。
ストロボは私も買ったばっかりなので、まだ使いこなせてない、っていうか、ない方が綺麗にとれるレベルです。ぜひ、一緒に勉強しましょう thunder

こちらの出汁は、地元の方が勧めるだけあって、本当に美味しく頂きました happy01
内子エリアを堪能されたようですね。
からりのジェラートは季節に合わせた珍しいものがあるので、またのときにはぜひどうぞ。
里芋がおいしいのでいもたき文化が根付いたのでしょう happy01

松山のいもたきは何回も行ってますが、大洲とは全くシステムも形も違うんですね!
勉強になりました。特に弁当には・・・・。

いつか大洲のいもたきも食してみたいと思いました。

重信や西条なんかのいもたきはどんなシステムなんでしょうね。弁当が勉強になったってのは、この値段でよくこれだけのものがだせるなってことでしょうか?
ぜひ、大洲いもたきもチャレンジしてみてくださいhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55768916

この記事へのトラックバック一覧です: 大洲いも炊き@花園会:

« 「ろまにあ」で、ルーマニア家庭の味 | トップページ | 油屋@大洲で城を眺めながらの二次会  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009