ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

琥tetsuで夜中までやっつけた件

「花のれん」@東京第一ホテルで大満足のフルコースをいただいた後は、

「ここは、まつやま~」の街に出かけて、社会見学 boutique

あっさりとの見学を終えた後は、会でご一緒した方と二人でふらりふらり。

ここぞとばかりに、スマホの地図で行きたい店リストを取り出し、

気になっていた「琥tetsu(こてつ)」に伺います。

Dscn1183

八坂通りの一本勝山寄りの道。

食通の先輩に教えていたいていたので、わくわく happy01 が高まります。

Dsc_0103

おいしいそうなものが並んでいますね good

カウンターと奥に小上がりの、こじんまりとした作り。

もうすぐ夜中だというのに、若い層を中心に繁盛shineしています。

Dsc_0105

突出しは茄子の含め煮

ふっくらとしあがっており、しっかり目の味付け。

店名は大将のお子さんの名前に由来があり、

修業を積んだ後、独立されてから一年ちょっとだそうです。

Dsc_0107

「鰆炙り 1,200円

メニューをクリックして拡大していただければわかりますが、

最初から魚がずらりと並んだ構成で、旬へのこだわりを感じます。

春のイメージが強い魚ですが、実はこれから脂がのってくるんですよね。

Dsc_0108

うひょひょ happy02

表面を軽くあぶってあり、こうばしさが際立ちます。

すこし温められることにより脂が身にまわり、

塩とわさびだけで、柔らかな舌ざわりと、成熟したうまみをキャッチ notes

Dsc_0109_2

「かつおとアボガド わさび和え 700円

スダチをしっかし絞って、わさびの刺激を和らげながらパクリ。

アボガドのねっとりを受け止める塩気が効いており、ビールが進みます。

Dsc_0118

「ムール貝のワイン蒸し 750円

先日Cafe Cabaretでモンサンミッシェルのムール貝を食べたときに習った方法。

向こうの人はこうやって、貝の殻をピンセットのようにして中身を出して食べるそうです。これって、コロンブスの卵ですよ。

グラスワインを合わせて、味のつまった舶来ものを堪能。

残ったソースはパンを浸して、引き続きワイン wine のお供。

冷めかけていた酔いも再び深まり、

連れの方とは、会社の話から男女の相性の話まで盛り上がります ring

Dsc_0122

「ちくわの磯部揚 500円

真夜中ですが、どうしても揚げたてを想像して頼んでしまいました sweat01

マヨたっぷりつけて、さくっと delicious 温かくなったちくわがふわりと smile

これ、理屈抜きにうまいんですよね~~ good

生ビールに赤ワインのグラスもいただいて、一人3,000円ぴったり。

仕入れた魚がなくなると早めに閉めることもあるそうですが、3時まで営業。

また、こんなおいしい夜中の店と出会ってしまったのです wink

2012年10月25日 (木)

花園町がおしゃれなhanaeに変身!

高島屋から堀之内公園にぬける電車道を挟んだ「花園町」

20121025_144740

歩道から続いて、芝生が車道側に延長しています。

まだ、試験期間ですが「花咲むまち hanae hanazono terracetulipとして、

再開発されています。

車線を一つ減らした分テラスにして、アウトドアな食事ができるなどのイベントスペースを造る構想です。

今夜はその開幕を記念するイベント fuji

20121025_185342

ウッドデッキまで出来上がっており、街路樹が明るくライトアップ shine shine shine

一本だけ、金色の光をまとったものは初体験。

洒落た感じの雰囲気にしあがっとるね~ smile

20121025_185500

テレビのイモト・ネプチューンの世界番付に出ている、

イタリア人料理研究家・ベリッシモ・フランチェスカさんを招いてのトークショウ。

で、私が目を奪われたのはeye

Dsc_0230

彼が開発を手伝った「花園ドック」

柔らかいバンズの奥には、ぱっつん歯ごたえのプリプリソーセージ。

トマトや玉ネギのソースに粉チーズがのっているのが、イタリア~ンdelicious

蜜柑のはちみつを使っているのが香りが良いあまいしあがり 
happy02

今日から一週間のイベント。

がんばれ!花園町・おしゃれなひろめ市場化
 wine

東京第一ホテルの花のれん、おいしい!

いや~happy02、こんなに立派で素晴らしい食事ができる和食のお店が、

東京第一ホテル松山に地下にあるとは、今日まで知りませんでした。

いきなり脇道にそれますが、

ホテルのリンクを調べていて、不思議なことを発見 eye

東京第一ホテルって、阪急阪神第一ホテルグループなんですね。

もともと全国の第一ホテルグループがあって、別れたのか?

最初から関西の会社が「東京」って名前のつくホテルにしたのか?

ちょっと、気になります bleah

さて、本題に戻ります。

本日はちょっとした集まり building 

お勉強の後に食事会をということで、地下一階の「花のれん」に移動。

山桃酒で乾杯をした後に、ざるに入った酒肴が登場し、

梅錦の大吟醸bottleで宴がはじまります。

Dsc_0076

うわ~、豪華ですね~~happy02

初対面の方との名刺交換もそこそこに、体がちいさくなり、

小鉢の間をさまような感覚に陥りながら、一品一品を舌でめでます。

右下のスダチに入っている鈴子醤油漬は、イクラの別称のようです。

粒をプチンと奥歯でつぶして、とろりと広がるねっとりうまみが

序破急のリズムで余韻を残しながら消えていきます。

紫で真ん丸な巨峰ワイン煮は、崩れることなく上品な甘さをに浸っており、

四角い小鉢から、薄く切って勝ち栗のように硬くなった栗煎餅と、

適度な歯ごたえを残したひねり銀杏を、奥歯でつぶして初秋を香りましょう。

黒い小皿右の黄色いものは、自家製で7割ほど乾燥したからすみの表面を、

さっと炙って、のりでシャリに巻いた唐墨寿司

口腔内から鼻腔にかけての受容体を刺激する、初体験 catface shine

鮑共腸焼、無花果胡麻クリーム、烏賊紅葉焼、稲穂などを

小さいけど存在感のある作品を、全神経五感を集中させ楽しみます。

Dsc_0078

椀は、清汁仕立、甘鯛菊花蒸し

今年初めてお見かけする松茸様が鎮座されており、

次第に脂を蓄えはじめた紅葉鯛を、サポート

薄味ですが、水っぽいわけではなく、うまみがあり、

お椀の向こうの、職人さんたちの腕が伝わってきます。

Dsc_0082

造りの紅葉鯛は、松皮の歯ごたえと白身のコンビネーションを味わい、

細魚エッジのきれたすがすがしさから、エネルギーをいただきます。

Dsc_0085

炊合は、里芋饅頭

幾重にも折り重なった湯葉を舌と上あごでほどく誘惑 kissmark

ゆるめの蟹餡掛けを絡めるように里芋に絡め合わせ、

この時期の楽しみのねっとりした快感に、己の身が沈み込みます。

Dsc_0090

焼き物の秋鰆蜜柑焼きは、トッピングの大根おろしにも蜜柑が入り。

やわらかい食感のものが続いたあとに、甘長唐辛子のカリッとした気合

味にも凛としたしまりがあり、くいっと熱燗 bottle を合わせましょう。

海老丸十蓑揚が、勢いよく尻尾を立てています。

細く切ったサツマイモのみのをまとった、白肌の海武士。

外側のカラリと中のパツリを一気に噛み切り delicious

その端につけた塩で、二つの違うタイプの甘みが際立ちます。

奥には、マイタケをまとった鱧が、ふんわりと揚げ蒸しされ、

とふくよかな白肌から、エキスがじゅわ~と滲みいずるのです delicious

Dsc_0097

御食事も秀逸なバリエーション。

かます牛蒡御飯は、土の中の使者が歯ごたえと香りをそのままに

混ぜ込んであり、その上に焼しめられ濃縮したカマスが鎮座

三つ葉は、整然と茎だけが揃えられて乗っています。

香の物と、ごぼうご飯の味と食感のバリエーションを味わい、

しじみ汁でリセットし、最後まで飽きさせず違う組み合わせを堪能します。

Dsc_0101

水菓子の生姜ゼリーは、ミントとともに、

食の桃源郷から、私を現実の世界に引き戻してくれます。

ああ、幸せ~ happy02 heart04

間違いなく記憶に刻み込まれた秀逸なフルコース。

こういう時は「やばい」ではなく「おいしい」だなと、再認識ですwink

2012年10月22日 (月)

マジンガーZに説教するキン肉マン

今日は、専務のおともで「おもちゃの倉庫」の見学に来ていますbell

先日、「なんでも鑑定団」でも紹介された日本でも有数のコレクターさん。

Dsc_0007

南予で開かれたおもちゃ博に貸し出していたのが、帰って来たばかりで、

倉庫の中には、梱包してあったりむき出しのおもちゃがゴロゴロ。

Dsc_0001

整然と並んでいる場所もあれば、

Dsc_0004

こんな感じにセブンが隠れているところもあり、

まず、その種類と数の多さに、ただただ圧倒されます。

Dsc_0005

何気にケースに入っていますが、このウルトラマン、かなり貴重wink

鑑定金額dollarが気になる方は、こちらを"OPEN THE PRICE" bell

Dsc_0006

この辺りも詳しい人たちには、ちょっと驚きらしい eye

違う階には、大きい物シリーズ。

おお、人間サイズの人形が所せましと集合 bell

Dscn1222

キン肉マン 「お前ら、機械に頼らず、牛丼食べて筋肉鍛えろ sign03

マジンガー 「イエス、サー。パイルダーオン」

Dsc_0017

デビル 「正統派ヒーローで、羨ましいなあ」

鉄人  「いや、自分も少しお色気系が欲しいっすよsweat01

Dsc_0015

おもちゃの鉄人28号を人間サイズにしたものは、

なんとなくのんびりしていて、良いですね。

右から、エバンゲリオンの足が。。。。coldsweats01

Dsc_0023

mobaq それでは、この二人の会話を募集します sign01

私が瞬間に思いついたのは、

ライダー 「こんなとこまで、来ちゃいけないじゃないか」

バルタン 「だって、あなた最近冷たいんだもの weep

coldsweats02 ちょっと、発想が貧困ですね。

この、あり得ない組み合わせが、贅沢です smile

書き込みで、楽しい回答をお待ちしています note

Dscn1229

40歳を超えて、憧れのキカイダーに変身しちゃいました good

いくつになっても、おもちゃって楽しいです happy01 shine

ランプの点滅まで生きているのに感動 crown

色んなルートで収集された貴重な思い出のヒーローたち。

鑑定団の鑑定士のオファーまであった達人の、夢の山。

「ヒーロー☆スター」コレクションを見るhappy02ことができます。

なんでもここ以外に、県内に二つ倉庫があるってどゆこと sweat01

2012年10月20日 (土)

内子のマザーでおいしいランチ 

おっさんがakatsukiさんインスパイヤーで訪問し、気になっていたお店。

Dsc_0052

内子の「洋食マザー」に突撃です。

最初に行ったときは、おっさんの記事に書いてる下芳我亭横にはなく、

「あれ?閉店したのかな?」とあきらめていました。

あとで地元に方に伺ったら、移転したとのこと

下芳我亭を少しだけ松山方面に歩いてすぐの場所です eye

Dsc_0070

駐車場 car は店の向かって右の道を奥に入ったところ。

広々とした店内では、昼下がりのランチを堪能されている奥様方ご一行。

話しやすい雰囲気のマザーが接客をしてくれます。

Dsc_0057

ランチにはライスとパンが選べるので、奥さんはパンで私は米。

6種類から選べる中から、「きなこのパン」を選択します。

トーストされ表面がカリリ、中はモチモチ

裂くようにちぎって口に運ぶと、こんがりとしたきなこの香りが最高です happy01

Dsc_0058

「チキンブイヨンの温かいスープ」

ニンジン、玉ねぎ、ベーコンがきっちりと5mm四方くらいに揃えてあり、

ことなった食感も楽しめて、後味のすっきりした家庭的な味。

Dsc_0060

奥さんのメインはチキン

添えてあるフライは、ゴーヤ、エビ、ナス。

衣少なめにカリリと揚がっており、厚めのゴーヤもしっとり。

チキンにかかっているオリジナルソースは、デミグラスベースで

フォン、蜂蜜、ワインビネガーなどで味を調えたこちらの基本。

酸味と旨みのバランスもよく、まさに「おいしい=また食べたい」happy02

Dsc_0062

ハンバーグしっかりと焼き締めてあり、ミートローフのように重厚

トマトの上に乗っているのは、摘果した瓜のピクルス。

Dsc_0063

歯ごたえがある硬さなのですが、ぱさぱさではなく、肉濃縮状態spa

先ほどの基本のソースで仕上げてあり、肉汁と共にからんだパスタも

それだけでおかずになってしまうほどに、ランクアップです。

Dsc_0065

デザートは、奥のゆずのパウンドケーキのかおりが素敵

手前のシャーベットはぴりぴり感が残っているほど生のショウガ

強い甘みとバランスがとれており、そのセンスに改めて感激 crying heart04

Dsc_0067

松山出身のマザーの話を伺いながら、ゆっくりとくつろぎ時間。

料理担当は奥におられる優しそうなシェフで、マザーは

「私はソースの味見もさせてもらえないのよ」と、ちょっとあてられます。

ランチだけなら800円、デザート、コーヒーつけて1,050円。

メニューだけ見れば平凡な印象ですが、

作り手によってこんなにおいしいものに仕上がるのかと、感動。

勝手ながら、「内子にマザーあり」宣言bell bell bellです。

2012年10月17日 (水)

金龍のラーメンでがっつり!

来来亭伊予源骨白壱家などなど、

松山ではチェーン、個人入り乱れてラーメン屋さんが出店ラッシュ shine

週三回合計30km近くも歩いているのに、一向に体重が減らず、

わかっちゃいるけどやめられないラーメンと、

距離を置くように努力していましたが、我慢は長続きしません coldsweats01

Komachi, まつやま、食べログ、フードブログなどから、

どんどんおいしそうな情報が目の中に飛び込んできて、

空想「エアー・ラーメン屋梯子」に現実逃避も、とうとう限界 bearing

中でも、名前に金が三つあって、骨太の系列として気になっていた龍」

満を持しての突入です run

Dscn1160

店前に駐車しようとしてる段階で、店内から女性店員さんがお出迎え。

私の気合と執念がガラス越しに伝わったのでしょうか?

真新しくて清潔な店内に威勢のいい声 note が響き渡り、

レモン入りさっぱりしたの水を飲みながら、注文を待ちます。

Dscn1165

「ラーメン580円

ベースは豚骨醤油でややこってりですが、骨太の系列にしてはソフト。

麺の玉子感が前面に出ていて、かおりもよく歯ごたえも楽しめます。

この時点で中盛りまでは無料でしたが、デフォの量が読めないので、

とりあえず普通サイズをお願いし、結果的に満足のボリュームです。

Dscn1169

「黒ラーメン630円

ニンニクが効いていて好きな味 smile

こちらも濃さは普通でお願いしていますが、最後まで薄まることなく、

多めの麺をマー油の香り spa と共に、満足完食です。

 

奥さんは、「紅つけ麺 700円

野菜増しを選べるこの手の店に来たことがない奥さんが、

嬉しそうに「野菜多めでsign01」と注文しています。

彼女の頭の中では、

「色とりどりの野菜が、チャンポンみたいになって、ちょっとヘルシーnotes

くらいの気持ちなのが伝わってきたので、面白いから黙ってみています bleah

Dscn1173

ど~ん rock

うずたかく積まれた、野菜という名のもやしの山に奥さんびっくり eye

当然のように、上・三分の二は私の担当になります。

Dscn1171

唐辛子のつけだれには、唐辛子以外にも細かい薬味

辛さが先に立ち、あとは酸味と脂身がメインで、キレはあっさり delicious

「つけ麺の麺って、普通より多いのね」と、麺もまわってきます。

黒ラーメンに、紅つけ麺のたれ入れ、オリジナルの黒紅つけタレを完成sign03

奥さんが半分以上のこした麺を、ワシワシと完食です。

これが家族と行くラーメン屋の落とし穴で、たくさん食べられて幸せなのですが、

痩せられない理由の一つにもなっているようです。

さて、

Dscn1176

「杏仁豆腐」100円に惹かれて注文。

最後あっさり仕上げで、お得感 up

後から入店してきた横の席の肉労系オジサンコンビが、

「これは旨いの~full」と、しきりにほめていた焼き飯や、

それをあてに旨そうに瓶ビールを飲んでいた餃子がきになります。

気が付けば、

炭水化物と脂で満たされた腹 penguin をさすりながら、

空想では味わえない至福のリアル・ラーメンハイにトランスなのです wink

2012年10月14日 (日)

グルメフェスタin堀之内、速報!

この記事は、10月14日に書いたものです。

今、お堀にいってもやっていないのでご了承ください wink

diamond 速報! diamond

10月14日(日曜)10時30分から16時半まで開催 sun

愛媛20市町!グルメフェスタが、すでに開幕しておりますhappy02

Dscn1251001

参加市町と、ご当地グルメは上の通り up

八幡浜の石焼ピザとか、新居浜のエビ天バーガーとか気になるな~smile

Dscn1253001

会場では、あいテレビのスタッフさんが1時からの放送にむけて、

各ブースの方々と打ち合わせをして回っています movie

ご当地ゆるきゃらも集まるらしいので、お子様連れでも楽しそうですね。

をっ sign03

Dscn1261002

いま、マイブームのO級グルメ eye

Dscn1266001

先日、現地で頂いた「大洲コロッケ」も次々と揚がっていますspa

Dscn1259001

会場は、暑すぎもせず寒すぎもせずの、絶好のそとめし日和 note

Dscn1268001

どうしても食べたかった大洲の「鮎つけめん」を購入し、一旦帰宅。

さあ、昼からなにを食べに行こうかな~ notes notes notes 

---------------------------

って、事で昼からまた行ってきちゃいました smile

Dsc_0069001

大洲コロッケは、里いもの食感と味一本に絞ったシンプルな仕上がり

Dsc_0071001

おとなしい目のおはなはんを、

パンチの効いた「にいはま えび天バーガー」勝手にマリアージュheart04

アツアツ夫婦をリッチなタルタルソースが包み込み、満足の食べごたえ。

Dsc_0074001

二手にわかれて列に並んでいた奥さんがケットしてきたのは、

「八幡浜石焼ピザ」 lovely

半分に折ると手のひらサイズで、薄焼き生地にかぶりつき。

お肉の旨さを吸ったチーズがとろ~んと伸びで、うまうま delicious

あれれ eye

愛媛新聞本社では、メディア祭り2012なるイベントrestaurantの情報 bell

こちらにもグルメ出店が目白押しのようです。

こんな大切なイベントを同じ日に当てんでも~ delicious

さっ、ちょっと覗きにいってみようかな run

2012年10月13日 (土)

カフェカイロスでまどろむ

我が家のザ・モースト ヘビロテ ラーメン屋 「闘牛」に向かう時は、

パルティフジ衣山から直接北上するのではなく、

一本東の鶴鶴の通りを北上して、サークルK山越店を超えた交差点を左折。

盲学校をぐるりと囲む形で北から南下して入闘taurusします。

ふと、

Dscn1127

サークルKを左折したところに、屋根の上に牛taurusと羊ariesがいる建物

「ある日、ギリシャのイカロスが、蝋で作った鳥の羽根~noteと、

数十年ぶりの歌が勝手に頭に浮かびますが、実の店名は「カイロス」

イカロスと同じギリシャ神話の登場人物ですが、違う神のようですsweat01

なんでも、

カイロス「前髪は長いが、後頭部が禿げた美少年catfaceという、

うらやましいのか、うらやましくないのかわからんキャラクター。

ギリシャ語で「チャンスgoodの意味で、

例の「チャンスの後ろ髪は短い」話のオリジナルになった神様なのです。

さて、

Dscn1132

せっかくのチャンスなので、入ってみると、新しい店内には

大正ロマンの香り漂う、ハイカラさんみたいな着物の店員さん

三つ編を結いあげたヘアースタイルと、和服に割烹着にミニ萌 heart04

カップル、友達連れ、ファミリーで満席なので、カウンターでしばし待ちます。

Dscn1136001

10分もしないうちに通されたテーブルから見える窓の外には、

なんとも可愛らしい置物と花が生けてあり、とてもしゃれた演出 shine

Dscn1142

ランチは800円で、サラダとスープがついてきます。

本日のスープはカボチャの冷製で、素材を生かした抑え目の味付け

Dscn1143

「シェフのこだわりビーフカレー」

なんとも食欲をそそるスパイス香spaに誘われ、スプーンをいれます。

揚げたゴロゴロポテトと、存在感のある牛肉の食感を楽しみ、

ジンワリと湧きあがってくる程よい辛さに浸ります。

温泉卵を混ぜる米が立っており、ザ・喫茶店のカレーライスrestaurant

Dscn1146

「ナスとクリームチーズのボロネーゼ」

たっぷりのったチーズをパスタに混ぜるようにして、クルクル巻き。

野菜の甘さが抽出されたソースを吸い込んだナスとからめて、

一気に頬張り、うなずきながら納得の咀嚼 delicious

Dscn1149

「ふわとろオムライス」は、デミグラスが店内に甘い香りspa

Dscn1151

文字通りフワトロに仕上げられた半熟状態の玉子を、

ビーフとマッシュルームが存在感たっぷりのチキンライスに撹拌して、

後は、舌と上顎で擦り合わせるようにして飲み込んで行きましょう。

Dscn1155

我が家の女子軍団のリクエストで「チョコレートパフェ」別注 happy01

味見もそこそこに、二回ほど振り向いたら空っぽ eyeになっています。

Dscn1157

セットのプチデザートも、ぜんぜんプチではなくレギュラーサイズ

サクサクとした上面にクリームとチョコがたっぷりかかっていて、

玉子と蜂蜜たっぷりのしっかりした生地で、どっしり仕上げ。

しっかりと食事もできるお洒落な喫茶店で、駐車場の回転がいいのも納得。

チャンスの正面から、ガッツリと前髪をわしづかみしたpunch満足感full

食後はのんびり、ひろい店内を眺めながらコーヒーを味わうのです。

2012年10月10日 (水)

油屋@大洲で城を眺めながらの二次会 

いもたきですっかり体の温まった一行が向かうのは「油屋」 

Dscn1192

大洲まちの駅 あさもや裏手の赤煉瓦館前にある、

同名の旅館跡地を利用した、風情ある洒落たお店です。

この数年間で経営形態が何回か変わったようですが、

今回は東京からの資本が入って、炉端風の居酒屋さんに変身。

なんでもその会社の奥さんは地元の方とのことで、郷土愛が素敵です。

Dscn1196001

グルメブロガーhideさんの後をついて入店。

Dsc_0181

正面には、出来たてほやほやの木の香り漂う、カウンター catfaceshine

既に一階は満席なので、笑顔の接客で二階に通されます。

Dscn1197

階段を上がってすぐの部屋は、お殿様仕様の雅な落ち着き

Dscn1211001

二階はコの字になっており、真中の空間は大きな吹き抜け。

けっこう年配の方々で、盛り上がっている様子が見えます。

Dscn1199

二階奥の部屋は肱川に面しており、橋や大洲城が一望できる絶景 wink

Dscn1205

奥の部屋から、さきほどのお殿様風の部屋を振り返った様子ですが、

むき出しの木の梁がしっかりとした天井が高く、とてもくつろげます。

Dscn1202

さて、

昼は定食があるようですが、夜のメニューは居酒屋風。

Dsc_0165

「うす揚げ田楽に白葱 400円

焼きあげられ軽く仕上がったおあげに、地元梶田醤油の味噌がコクを加えます。

Dsc_0167

「焼き豆腐 400円

どっしりと身の詰まった豆腐を、上品にいただきましょう。

Dsc_0168

「焼きそば 野菜たっぷり 600円

芋たきであれだけいただいたのに、この香ばしさにすいよせられ、

見る見ると皿からなくなっていきます。

Dsc_0170001

「お好み焼き 800円

ゴールデン豚、もち、チーズ、レンコン入り。

ミックス豚、イカ、タコ、海老。

もともと鉄板焼きの店だけあってふんわり仕上がりで味も濃厚。

これおいしいです delicious

Dsc_0176

「明太子焼き飯 500円

つまみ向きのしっかりした味付けで、酒も話も盛り上がっていきます。

寒くなったら火をいれる囲炉裏の周りで、気がつけば私達が最後のお客。

全身で古都の風情を楽しんだ後は、肱川橋で夜風にあたるのです happy01

さて、

後日、AZAさんたちと昼のランチにゴー rvcar

日替わり油屋弁当700円20食限定は売り切れ。

Dsc_0288

「鯛飯定食 900円

Dsc_0294

やや甘めの醤油だしに生卵を溶いたものを、

新鮮な真鯛の刺身の上にかけて食べる南予風。

香の物もおいしく、ごはんお代わり自由scissorsなので二回に分ける方法もお勧め。

Dsc_0290

「さつま汁定食 800円

AZAさんは、この不思議な食べ物を目の前に困っています eyesweat02

Dsc_0296

南予ではおなじみですが、あまり他の地方ではみませんね。

白身を焼いてほぐしたものを、白味噌と出汁でのばして、

冷たいまま麦めしの上にのせて、さらさら。

アフターのドリンクは100円。

昼間も日の入りがよく、お城や肱川橋がはっきりとみえる絶景。

ほとんどの席が有閑マダムたちでうまっており、優雅な雰囲気。

観光などよそからのお客さんにも、お勧めなのです shine

2012年10月 8日 (月)

大洲いも炊き@花園会

hideの go for brokeのhideさんと中心に、

大洲の呑み助が集まって結成された「花園会」

今回の定例会は、大洲と言えばの「いもたき」です。

hideさんが、張り切って明るいうちから前のりした様子はこちらを camera

Dsc_0144

会場は如法寺河原

龍が寝そべったような形の臥龍のひろい河原に、三々五々と集まってきます。

鵜飼いと同じ要領で、加盟料理屋に直接電話telephoneして予約。

あとは、準備から片付けまで料理代に込みで、お店の方がやって頂けるシステムなので、とっても楽チン。

Dsc_0150

今回、Native O級グルマンのまっちゃんが選んだ店は「小にし」

Dsc_0142001

鯛の刺身、さざえの壺焼きなどが入った豪華な弁当に、

Dsc_0139001

出ました bell bell bell

大鍋の「いも炊き」

芋は余ることが多いので一人前減らしてもらい、その分弁当に回してもらったという名幹事のおかげで、食事は弁当合わせて2,500円は驚き eye

酒は、柚木の「澤田酒店」から直接持ってきてもらっているので、格安。

肱川の眺めmist 、夜空の月moon3 、ライトアップされた臥龍山荘japanesetea の景色を満喫できるのですから、こんな贅沢はありません。

Dsc_0140

一人前減らしてあるといっても、一人二杯は十分食べられる量。

鳥と厚揚げの出汁がきいていてほのかに甘い。

芋は薄く皮をむいてあるだけなので、原型をとどめた大き目サイズ。

フーフーしてかぶりつくと、口いっぱいdeliciousにねっとり感がひろがり、

やはり大洲の里芋は一味もふた味も違います good note

数多のいも炊き会を経験しているKちゃんは、しっかり先を読みタッパー持参。

ジモティー、さすがです smile

Dscn1187

夜は冷えると聞いていたので持って行っていた薄手のジャケットも、

食べ終わる頃には体が温まっているので必要ありません。

「二次会は、最近リニューアルされたあの店にいこうや happy01って事で、

早めに一次会を切り上げ、大洲本町方向へのんびりと移動するのです。

2012年10月 5日 (金)

「ろまにあ」で、ルーマニア家庭の味

特に意識している訳ではないのですが、

気がついてみると、最近のEcafe(英語で話そう会)は、

スペイン、韓国、中華、沖縄と毎回違うエリアの料理が続いています。

その流れで行くと段々選択肢が少なくなってきているのですが、さすが松山!

今回はなんと happy01 「ルーマニア料理」です。

Dscn1216

「ろまにあ」は、上一万の電停から見える国旗が目印 eye

ビルの三階に上がっていくと、そこには国際色豊かな異国の世界。

ドアを入って左には、丸見えのキッチンがあってルーマニア人らしき若い女性たちが数人で料理を進行中 restaurant

流暢な日本語でお迎え頂き、客層もインターナショナルです。

Dsc_0183

オーナーの日本人男性はとってもフランクな方 note

今日は料理のみ2,000円のコースで、ドリンクは各人注文のたびに支払う、Cash on deliveryシステム。

ルーマニア流らしいのですが、アルコールを飲む人と飲まないの人が混在するこの会では、幹事としてとっても助かるシステムです。

さあ、ではゆっくりと初ルーマニア料理を楽しみましょう wink

「ノロック good wineと、さっそく現地の言葉を教わって乾杯 beer

Dsc_0186

メニューは毎日違うので、書いてあるものがなく、

ルーマニアの方にあちらの言葉で伺ったのですが、聞き取れません sweat01

とうもろこしベースの生地にチーズを挟んで、ベーコンをトッピング。

口の中でばらばらにほどけてしまう、心地よい舌触り。

塩気控えめなので、大き目のショートケーキくらいはあるのですがぺろり delicious

Dsc_0190

「ミティテイ」は、ソーセージ状のハンバーグ

豚と牛のミンチで、辛子を乗せて頂きます。

中には5mm角くらいの歯ごたえのある脂身が入っており、

軽い香辛料の風味を楽しみながら、

濃縮した肉味をじっくりと奥歯で抽出しながら味わいます delicious

Dsc_0193

ぼちぼち、ルーマニアワインの登場 wine ですね。

数種類あるのですが、グラスでもボトルでもいただくことができます。

まずは、あちらで金賞をとった代表的な一本 bell

Dsc_0198

「バルザ・ラクルージュ」

クルージュという町のキャベツ料理という意味。

たっぷりのキャベツに、玉子、ひき肉を混ぜてオーブンで焼き上げ、サワークリームがトッピングしてあります。

キャベツの甘みとトマトの酸味がバランスよく、とても親しみのある味。

けっこうなボリュームがあるのですが、女性の方でもほとんど完食。

食べきらなければ、持ち帰り用に包んで貰う事も出来ます。

Dsc_0204

好きなメンバーで、二本目のワイン、Monser(伯爵)に突入。

Dsc_0201

焼き飯一人前量はたっぷりある「ピラフ」を、マスターが私の所に持ってきて、

「この量を基準に、半分とか四分の一とか言って下さいね」 wink

こちらも塩が抑え目で胡椒が効いています。

ピーマンやニンジンの味が上手に生きていて、本当にいくらではいります smile

ご存じ大食漢の私ですが、味はもちろん、量的にも大満足 happy02

Dsc_0206

最後は、初体験の「キュウリとアボガドの冷製スープ」

独特のキュウリの生っぽさを、今度はしっかりの塩でバランスをとっており、

アボガドのコクと合わさっても、すっきりした仕上がりです。

本日の料理全体を通して言えることですが、

素材も香辛料も出来るだけ現地の物を使うようにされているので、

明らかに外国の料理なのに、不思議に食べ飽きない家庭の味 heart01

「日本人向きの味にしているのですかと聞かれますが、これが現地の味」

「野菜もたっぷりなので、ルーマニアから帰ってくるとダイエットになってるんです」と、

オーナーさんが仰っていましたが、

この食事なら、ルーマニアでも暮らしていけると素直に感じます wink

食事が一段落すると、オーナーや奥さんも一緒にゆっくりとした時間が流れて行きます。

Dsc_0208

ルーマニア語で書かれたヨーロッパの地図をみながら、お勉強。

~NIAとは~の国の意味。

ローマ帝国がここまで来ていたからROMANIAは「ローマの国」。

Dsc_0210

別料金で追加注文した「パパナシ」は、ルーマニアのドーナツ

カッテージチーズのコクと、レモンの皮の清々しさが堪りません happy02

昨年この店をオープンしたとき、外に掲げた大きな国旗をみてやってきた一人目のルーマニア女性は、すっかりこちらのスタッフとして働いておられいます。

二人目のルーマニアの方は、まさか母国の人がいるとは思わないで、

「国旗を勝手に掲げて、侮辱するなsweat01」と乗りこんで来たらしいのですが、

いまではこのドーナツを懐かしがって、たびたび食べに来られるとのこと wink

Dsc_0216

あらあら、気がつけば11時近く clock

居心地がよくて、すっかり長居してしまいました。

日本人のマスターとルーマニア人の日本語の流暢な若奥さん。

年の差27歳のカップルが、どこで、どうやって知り合ったか sign02

どうしてこの地で、こんなに素敵な店をされているのか?

Dsc_0336

最近テレビにも取り上げられらそうなので、ご存知の方もおられるでしょうが、

お話しの続きは、数人で電話予約をして、

おいしい料理を頂きながら、直接おしどり夫婦から伺ってはいかがでしょう?

はじめは外観と場所から、正直ちょっと腰が引けていましたが、

実際伺っての感想は 「超・お勧」めなのです diamond diamond diamond

2012年10月 3日 (水)

雨神さまのホルモンへお導き

日頃座ってばかりの生活なので、休日は努めて歩くようにしています。

56号線や環状線の歩道橋から眺める景色は、見通しが晴れやかで、、

景色も普段と違う上からの角度なので、何とかの高上がり状態 happy02

南環状線をくるりと回り、おんまく寿司から市内に向けて帰っていると、

ぽつぽつ降り始めた雨rainが、あっと言う間に本降りになってきます。

Dscn0650

駆け足でコンビニに入ってビニール傘を買いますが、

途中で鼻腔に突き刺さるように入ってきた匂いが忘れられず、

そのまま家とは反対方向に傘をさして引き返します。

小栗の「スーパーホルモン」日向薫平さんのブログでサブリミナル効果が刷り込まれており、文字通り吸い込まれるように店内に突入 run

Dscn0652

「ホルモン定食 980円

ホルモンと肉の組みあわせ三種類の中から、

C: 黒毛和牛赤身、ハツ、小腸の組み合わせを選択 paper

Dscn0659

これですべて勢ぞろい。

皿の左から、小腸、赤身、ハツの順番。

国内産A3以上の素材を中心にそろえているとの文字が、

胃袋をpunchぐりぐりpunch刺激してくれます。

Dscn0665

自分だけの専用炭火焼七輪が目の前に登場。

なんて贅沢な空間でしょうか?

一人だから、この上で肉をどんな順番でどれくらい焼こうと、自由 taurusnote

20歳代の頃は、血の滴るような赤い状態で、

ぐいぐいと喉の奥に流し込む快感catfaceに溺れていましたが、

40代になると、じっくりと育てるように焼きあげたものが好みになります。

結果の為には努力を惜しまず、焦らないことを人生から学習しているのです。

Dscn0669

タレは甘み味噌と、あっさり和風醤油の二種類から選べるのですが、

まずは和牛赤身に甘み味噌をたっぷりつけて、オンザライス fuji

タレがしみ込んだ部分の熱々銀シャリと共に、

大きく箸ですくって頬張れるだけ口に押し込みdelicious

一旦鼻から息を抜くと、

そこから肉汁+米+味噌の合わさった悩殺エアーが

蒸気機関車の煙突dashのように噴出します。

ゆっくりとした顎のロコモーションで、和牛と和米の撹拌作業開始。

味噌の発酵的まろやかさと辛みが、牛の脂と同化して一気に拡散。

大脳辺縁系からの信号が振りきれて、ミートハイの状態に突入 sun sun 

Dscn0672

うわわ wobbly spa

小腸の脂がじくじくと沸騰しながら、煙をあげよんさる~~ happy02

ココで「ビールが欲しくなる」なんて、軽率な言葉は吐けません。

だって、あんた angry sign03

ホルモンと一緒に食べるものを一生一つしか選べんとしたらですよ、

あんたは、ビールbeerば選ぶとですか?

そいとも、米riceballば選びんしゃるとですか?

おいは、ホルモン一番のよき理解者であり親友は米だと思うとです up

Dscn0673

ほら、この艶めかしい姿をみてみんしゃ~い eyesign03

グミってなった脂がジンワリ奥歯から溶け出して、米と相まって、

そがんことが、昼間っから公衆の面前で堂々と行われてよかとですかhappy02

はあ、はあ、はあ  catface

失礼しました。

小生、少し取り乱してしまったようです。

あまりに旨すぎで、昼間っからどんぶり飯追加料金 dollar

雨の神様は、私がウォーキングで消費したカロリーを、

自宅に帰るまで余りあるほど補充するように、雨足を早めて下さったのでしょう。

休日昼・炭火ひとりホルモン焼肉 sign03

impact happy02 やばすぎです happy02 impact 

2012年10月 1日 (月)

56号線って、楽しいよ!

高速道路が出来てから、めっきり通らなくなった国道56号線。

今日は時間に余裕があるので、久しぶりに下道をドライブがてら帰松です car

まずは、超有名店に初突撃 good

Dscn0959

南予方面から内子インターを降りて、からりも通り越して暫くすると、

焼さばで有名な「大田原鮮魚店」が道のそばに突然現れます。

Dscn0956

朝から大量の鯖を焼き上げたばかりのお母さんが、汗をぬぐっています。

「ほら、うちのは炭火でじっくり焼くんよ」と、丁寧に説明して下さるのです。

Dscn0958

店内には焼さばがずらりと並んでおり、夕食用に一本購入 fish

車の中に持ち込むと、胃袋活性成分を多量に含んだ匂いが充満します。

その食欲に耐えながら、松山方面にどんどん進むと、

Dscn0963

右手には「伊予市なかやま特産センター」

店内には名産の栗を使った保存のきく商品と、

外には地元の新鮮な農作物が並べられています。

Dscn0961

昔、このブログでもとりあげた「はったい粉」ネタ

このエリアではとうもろこしの粉をそう呼ぶと思っていたのですが、

調べてみると麦をいった粉が一般的。

「むぎ はったい粉」と「とうきび はったい粉」が同時に並んでおり、

「なんだ、どっちもはったい粉でいいんだとflair」長年の疑問氷解。 

さて、

Dscn0964

もうすこし進むと、今度は左手に「クラフトの里」

Dscn0967

そば打体験ができる「こねこね亭」や、

Dscn0972

大人から子供まで木工作りが楽しめる「木遊舎」など、

体験系アトラクションが充実しています。

そば打ち体験は、ぜひ次回挑戦したくなります。

さあ、かなり松山に近づいてきましたね。

Dsc_0087

有名だけど入った記憶がない、「仙波青果バナナ館」

あの看板、近くで下から見上げるとかなりの迫力と完成度 wobbly

Dscn0988

ハバナ以外にも

Dscn0984

さかなや、

Dscn0983

お買い得フレッシュ商品満載なんです。

さて、家に帰れば

Dsc_0092

これでどんぶり飯、何杯食べれるかな?

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2