ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 直島の交通網のトラップ(+o+) | トップページ | 地中美術館@直島 »

2012年9月15日 (土)

直島の家プロジェクトっておもしろすぎ 

食べ物ネタでは無い話が続いて恐縮です coldsweats01

さて、

ぎゅうぎゅうに乗客を詰めた町営バスが、

Dscn1054

農協前に着いたので、降りてみましょう。

なんの変哲もない島のバス停で降りる訳ですが、

特に案内人が立っている訳でもなく、一見普通の通りなのでフリーズcatface

分かっているのは「家プロジェクト」というキーワードと、手元には地図。

「家プロジェクト」とは、街中に家をアートにした作品のこと。

このエリアの歩ける範囲に、何点もの作品が散在しています。

オリエンテーリング感覚で自分の足で探してみるのが楽しいので、

あまり詳しい説明はしませんが、いくつか簡単に紹介してみます。

Dscn1062

「碁会所」

農協からバスで来た道を戻るとすぐ左手に現れます。

はじめ通った時は見逃しており、最後にバスを待つ時間に入ります。

Dsc_0117

そこを道なりにどんどん進むと現れる「はいしゃ」

Dsc_0120

評判を聞いてやってきた直島ですが、正直まだピンと来ていません。

しかし、この作品に入って初めて、「なるほど、こういう事か!」と納得。

ちょっとづつ、この島の魅力が見え始めてきます。

Dsc_0123

「南寺」

安藤忠雄さんが設計した人気スポット。

体験型芸術の為、人数制限があり、まず早めに整理券をもらうこと。

Dsc_0122nef

列からは、英語以外にフランス語、スペイン語、ロシア語などが聞こえてきます。

ここ、かなりおもしろいです wink

時間の関係で、すべての家プロジェクトは見れませんでしたが、

再び農協前から町営バスに乗って、つつじ荘に向かいます。

Dscn1063

ここから先はベネッセの私有地の為、シャトルバスに乗り換え、

いよいよ、ベネッセハウスミュージアム地中美術館に向かうのです happy01

« 直島の交通網のトラップ(+o+) | トップページ | 地中美術館@直島 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55499653

この記事へのトラックバック一覧です: 直島の家プロジェクトっておもしろすぎ :

« 直島の交通網のトラップ(+o+) | トップページ | 地中美術館@直島 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2