« 直島の家プロジェクトっておもしろすぎ  | トップページ | 海の交差点でどきどきしながら航海士気分 »

2012年9月16日 (日)

地中美術館@直島

つつじ荘からバスに乗った数分で、

Dsc_0131

「ベネッセハウスミュージアム」

海の見える高級リゾートホテルに併設しており、

日頃あまりお見かけしない、全身をブランドで緊張感のあるハイソな方々が、

ルイ・ビトンの旅行鞄をごろごろと引きながらチェックインしてる横を、

美術館に入っていき、その上流階級な空気をちょびっと共有。

次の場所への移動シャトルバスを待つ間も、瀬戸内海の景色を眺めているから長くは感じません。

李禹煥美術館は時間の関係で、次回までお預けして、スキップ。

Dscn1066

いよいよメインの「地中美術館」

Dscn1068

ここでも入場制限があり、時間待ちチケットを受け取ります。

この日の待ち時間は20分少々 clock

Dsc_0140

島の景観を壊さないようにと、丘の中に埋められたような不思議な造り

展示室は靴を脱ぐところが多いので、着脱式の履物がお勧めです。

ここから、前述したように来た道を逆戻り。

Dscn1079

港がある宮ノ浦地区にある「直島銭湯 I♥湯」 をマッハで見学し、

Dsc_0142

港内にある赤いカボチャで記念写真 camera

Dsc_0148

予定より早く港に着いたので、2時20分発のカーフェリーで高松へ一時間。

甲板に上がり、ちょっとした航海士気分を味わうのです mist

えっと、次は食べ物の話に戻りますね coldsweats01

« 直島の家プロジェクトっておもしろすぎ  | トップページ | 海の交差点でどきどきしながら航海士気分 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55538775

この記事へのトラックバック一覧です: 地中美術館@直島:

« 直島の家プロジェクトっておもしろすぎ  | トップページ | 海の交差点でどきどきしながら航海士気分 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009