ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月28日 (金)

一番搾りフローズン生、うまい!

今日は「東京第一ホテル松山」のブライダル相談コーナーに来ています。

ちょっとした気楽な打ち合わせだったので、

「あ、そういえば、雑誌で見たけどここは例の生ビールが飲めるなあnotes」と、

頭から離れません。

20120915_165148

へへへ smile

我慢できないので、一階ル・ミエールさんにお願いして持ってきてもらいます。

特徴的なのは上の泡の層 smile

いつものように口から迎えに行って、クイ~ンとグラスを傾けます。

好みのビールでいつも飲んでいるのですが、

昼間からの生ビールは、そのほのかな苦み、コクとキレが三倍増sign01sign03

特別なマシンでフローズン状態になっているので、泡の形が崩れにくく、

20120915_165435

この様に一気に半分まで飲んでも、とんがり状態を保っています fuji

大好きなキリン一番搾りを、いつまでもキンキンの状態で飲めるって

最高なのです bell

2012年9月26日 (水)

KIKUEI Cafeの十割そば

私の友人の中で、一番イケメンの彼がやっているKIKUEI Cafe.

かっこいいだけでなく、腕もセンスもある彼が、

秋に向けて十割そばを始めたと聞いて、さっそくのぞきに行きましょう。

Dsc_0128

「海苔と夏野菜」

冷たいそばの上に海苔を敷いて、栄養たっぷりのだしがのっています。

このだしは、御汁のだしではなく、「山形のだし」の「だし」 wink

茄子、きゅうり、みょうが、大葉、しょうが、青唐辛子、おくらなどを

みじん切りにして梅肉で和えたもの。

Dsc_0130

栄養たっぷりのトロリが蕎麦にからまり、するするっと喉に落ちていきます。

十割そばというメニューがある訳ではなく、

メニューにあるそばに追加料金を払って、十割に変えてもらうシステム。

この時点では直接連絡のみで、メニュー化されていなかったので

注文時に「十割にしてください」とお願いします。

近いうちに表メニューになる予定だそうです。

Dsc_0131

「鴨せいろ」も、

Dsc_0132

十割そばに麺変更。

Dsc_0134

shine 灰色がかった凛とした蕎麦姿 shine 

そば粉だけで打ち上げるのは腕が必要と聞いたことがありますが、

途中で切れることもなく、堂々とした仕上り。

まず、塩だけでいただくと、素材のもつ強い力があふれだします。

鴨の脂とゆずの香りを吸い込んだ、きっちりきいた出汁にくぐらせ、

一気にたぐりますが、その存在感は最後の一本まで薄れませんfuji

Dsc_0137

締めの羊羹は、以前いただいたときはゼラチンの硬さが気になったのですが、

今日のは舌の上で滑らかに溶けて、すこし強めの上品な甘さが最高

大将によると、これから季節に合わせて体調も変わってくるので、

出汁自体もすこし濃目にかえていくそうです。

蕎麦の腕に加えて、状況に合わせていくという細やかさ。

店内のインテリアや雰囲気のセンスの良さ diamond diamond diamond

安定感と安心感もあり、ますます目が離させないのです wink

2012年9月23日 (日)

いもたきのコロッケてどんなん?

少し前の話になりましたが、

大洲肱川の河原に行くと、タダでいもたきを食べさせてくれると聞いて

Dscn1092

肱川橋から、如法寺河原に向かいます。

Dscn1108

藩政時代に住民が集まる行事「お籠もり」を起源とするもようしで、

8月末から河原で鍋を囲むことが出来ます。

この風情あるイベントに興味がある方はこちらを eye

今日はその初日を祝う会で、大なべのいも煮がふるまわれます。

Dscn1099

開始から30分くらいたっていたので、それほど並ばずにゲット。

水量が豊富で肥沃な土地だからこそのねっとりしたコクと味の深さ。

地元では、菅田のが旨いとか、いや新谷の方がいいなど、

エリアによって誇りを持って育てています。

10分後には売り切れの放送が流れており、ギリセーフ scissors

Dscn1103

ステージの上では、地元出身のらくさぶろうさん司会で、

イベントが行われ、盛り上がっているのです。

私の目的は、やはり屋台 restaurant

Dscn1107

舞台を遠くに眺められる会談に座って、即興パーティー ribbon

木の芽のほろにがいソースがかかった豆腐田楽や、

長浜のサザエ浜千鳥の炭火焼きなどに、コロッケ

このコロッケは大洲いもたきの材料で作られたローカルグルメ。

サトイモのねっとり感が、アツアツで閉じ込められてます。

さて、

このコロッケは、

Dsc_0174

市内56号線沿いの居酒屋「熱炎」でも、出来たてを食べられます。

Dsc_0186

出汁にとろみをつけてかけて食べるのが熱炎流。

大洲の頭文字をとって名付けた、その名もO級グルメ

鮎つけ麺とかも旨そうやな~~delicious sweat01

2012年9月21日 (金)

てぃんがーらでEcafe?

なんだかんだと月1回のペースで続いているE (English) cafe

スペイン、韓国、中国料理の流れで、今回は街中の沖縄料理。

Dsc_0016

「てぃんがーら」は、三越裏一風堂の並びにある人気店。

飲み放題付き4,000円を予約しての入店です。

Dsc_0017

飲み放題メニューから「オリオン生ビール」を選んで「あり、カンパーイ」beer

Dsc_0018

海ぶどう、しまらっきょ、みみがーと定番の突き出しですが、

新鮮な上に量もたっぷりあり、これだけでしっかり飲めるハイレベル。

のっけから期待が高まります up

今回は夏休みの最中で、一年ぶりにnative speakerの参加がありません。

会を始めた頃は「それでも一時間は英語onlyで!」ってやっていましたが、

メンバーも十分顔みしりになっているので、

「今夜は、納涼会って事で!」と、のっけからJapanese全開でスタートnotes

Dsc_0021

島豆腐のサラダも、しゃっきりフレッシュ。

Dsc_0025

鯛の刺身は、身がもっちり弾力もある上に、しっかりした旨み delicious

幹事としては、「えっ、こんな上等な鯛を出してきて、予算OKなん?」と、

ちょっと心配になるくらいのレベルの高さです delicious

Dsc_0028

手づかみで食べやすい天ぷらは、

カニはアオサの衣、エビはモズクの衣。

海草の香ばしさが熱々で閉じ込められており、

mizmizさんはそのエキスの攻撃をまともに食らって驚いてwobblyいます。

Dsc_0034

ホックホク spa のカボチャはムラサキイモの甘いクリームソースに、

たっぷり浸かっています。

おほほ~、沖縄には、こりゃ旨いもんがあるんですね~ smile

Dsc_0037

分厚い豚ばらを煮込んだラフテーも、鮮やかな野菜がたっぷり。

全体を通して、満足感とヘルシー感を両方満たしてくれます。

Dsc_0038

定番、ゴーヤチャンプルあっさり

豆腐に絡んだ卵は焦げ目もあり、香りのアクセントbell

ゴーヤの苦味、今やこれ無くして夏はのりきれません。

Dsc_0042

ピリッとアクセントの効いたタコライスにも、トマトたっぷり。

Dsc_0046

あま~いサーダアンダギーに、あま~い紅芋アイスのっけて

大きな口でパクリ delicious

この甘甘琉球コンビ、最高の組み合わせです good

フリードリンクで泡盛も挟みながら、しっかり頂き、超満足。

店を出る時間でも店内は満席。

私達が席を立つと、入れ替わりにまた満席 fullの、大盛況。

喋り足りない方々は、同ビル三階のバーに垂直上方移動なのですup

2012年9月18日 (火)

松山全日空中華食べ放題への挑戦

全日空の桃園サマーオーダーバイキングをやっているとの情報。

甘南備さんの音頭で、8人の精鋭たちが全品制覇を目指し乗りこみます。

食事は3,300円食べ放題、ヨロレイヒ~note

2時間飲み放題1,700円をつけて、しめて5,000円ぽっきり。

Dsc_0007

さっそくですが、メニュー番号順にご紹介していきましょう。

今回は、写真多いですよ wink

では、まず前菜部門からスタート

1.バンバンチィ

あれ?全品制覇を目指していながら、一品目がないですね coldsweats01

Dsc_0008

2.日替わり2種もり

トマトにピリ辛ナス、エビのフライもピリ辛 thunder

3.サラダ

むむむ catface これも健康的なイメージからか、注文していません。

炒め揚げ物部門へ run

Dsc_0020

4.牛肉とピーマン炒め

材料が均等に切ってあるため、一層食材の違いもわかり一体感 good

基本、4人で一皿ペースで注文なので、自分の取り分は四分の一です。

Dsc_0012

5.豚肉と甘味味噌炒め

歯ごたえのある豚の細切りが味噌でGOOD, パリパリレタスと合います delicious

瓶ビールがんがん、あとから紹興酒 bottle 飲みほ~うだい note

6.豚肉の玉子炒め

7.鶏唐揚げ

あら、ここで二品飛んでいます。

Dsc_0014

8.鶏カシューナッツ炒め

食感が独特なこの一品、クワイも入って幅が広がります leftright

Dsc_0011

9.エビチリ

定番ですが、プロのエビってなんでこんなにプリプリなの~ smile

10.エビのマヨネーズソース

マヨネーズへの憧れと罪悪感からか、注文スキップ。

Dsc_0015

11.イカ海醤炒め

さっと炒め合わせてあるので、素材の歯ごたえがしっかり残っています。

それを噛むと、野菜の香りが引き立ちますね spa

Dsc_0023

12.ホタテピリ辛炒め

味のベクトルも変わって、いい感じにリセット sign01

煮込みあんかけ部門に突入 horse

Dsc_0016

13.麻婆豆腐

辛みはほどほど、甘み抑え目のあっさり仕立て wink

Dsc_0017

14.白菜の干し貝柱煮込み

貝柱のコクと、白菜の甘さがナイスマッチ good

15.なすのオイスター煮込み

食べた気もするけど、写真が無いぞ?

Dsc_0018

16.酢豚

豚の脂身も八角?が効いているのでくどさがなく、野菜のゴロゴロ感好き scissors

オッケー、次は飲茶や~

Dsc_0025

17.春巻き

一人一本持ってきてもらって、火傷しないようにパリパリ、プシュー spa

Dsc_0046

18.シューマイ

口いっぱいにニクニクニク~~~ bell

Dsc_0021

19.焼き餃子

具が詰まっていて、オイシ。小皿もまめに取り換え ok

スープもいただきますよ。

20.コーンスープ

21.玉子スープ

まあ一つでいいやろうと上二つはとばして、

Dsc_0047

22.水餃子スープ

ツルンと餃子が唇の間をすり抜けます kissmark

さあ、ぼちぼち麺飯で〆にかかりましょう。

Dsc_0030

23.焼き飯

鶏ガラスープベース?あっさりしていて、いくらでもはいりまっせ fish

Dsc_0035

24.焼きそば

オイスターソースでこれまたいい味。

もやし、キャベツ、ピーマンしゃきしゃきで、豚肉ボリュームいいですね diamond

Dsc_0033

25.揚げそば

こちらはあっさり。長崎皿うどん風 notes

26.白飯

これ頼むかどうか悩んだんですよね、炒め物のっけて食べたかったな bearing

27.中華丼

あれ、食べてないですね?たぶん?

Dsc_0031

28.煮豚丼

温泉卵の焼き豚卵飯って感じ。ボリュームたっぷりでガツンときます punch

あとは、一気にデザート全品 もてこーい

Dsc_0044

29.杏仁豆腐ぷるん up

30.カットマンゴプリンつるん note

31.レモン愛玉さっぱり notes

32.ココナツミルクタピオカあんこの甘さと合うね wink

33.金木犀シャーベットこれでさっぱり、本日打ち止め crown

食べてないのは二品くらいかと思っていたら、結構抜けてます。

ここまでやるなら全品いっとけばよかったけど、

おいしく食べられる量でストップして正解ですね。

私の記憶が正しかったら、MBGB飲み会二次会が無かったのは初 eye

舌もお腹もお酒も満足した証拠です ring

さあ、われらこそはと思わん方は、9月28日までですよ~ fuji fuji fuji

2012年9月17日 (月)

海の交差点でどきどきしながら航海士気分

帰りのカーフェリーの所要時間は一時間 ship

Dsc_0150

直島にさよならをしますが、また来る気持なので寂しくはありません。

Dsc_0155

さて、

瀬戸内海の太陽を全身に浴びながら、気持ちだけ地中海に飛ばしていると、

船の左手の方から貨物船が、当船の前を遮る方向に進んでいます coldsweats02

Dsc_0154

こういう時って、大きい船が優先だっけ?

面舵(進行方向右に舵を転ずる)で避けるんだっけ?

GPSで確認すると、私のフェリーは高松港から離れる右方向に進んでいます。

ドキドキしながら見ていると、操舵席の方は悠然した雰囲気。

Dsc_0157

海面の波の様子から判断すると、どうもこちらが減速した形で、

先ほどの貨物船を前にやり過ごします good

安心していると、今度は左から少し小型の船が前を通り、

Dsc_0163

また、左から別の船が現れます。

この時点で船が梶を左に切り、高松港の方に進路を向けるのをGPSで確認。

いつも何気に乗っている船で、大変な仕事をされていたことに感激です。

無事入港したら、

Dscn1084

「手打ち十段うどんバカ一代」で、

Dsc_0169

名物「釜玉バター」

「お父さん、こんなにおいしいものを食べに来てるんやsign01とつっこまれ、

「なあ、朝5時に起きてでも食べにくる理由がわかるだろう」と、

なぜかしら自慢モードになっています smile

普段「釜揚げ」と称されても、麺を温めなおしたものがあり、

本物の釜揚げを食べれば、その違いがすぐにわかることを教育します。

もちろん帰りの車の中で、子供たちは爆睡 sleepy sleepy

今回、土曜夕方出発でも、日曜日帰りでも島に行けることが判明。

これ、涼しい時期にリピ間違いなし wink

次は車で前のりして、旅館で直島の魚三昧でもええな~~ fish smile

2012年9月16日 (日)

地中美術館@直島

つつじ荘からバスに乗った数分で、

Dsc_0131

「ベネッセハウスミュージアム」

海の見える高級リゾートホテルに併設しており、

日頃あまりお見かけしない、全身をブランドで緊張感のあるハイソな方々が、

ルイ・ビトンの旅行鞄をごろごろと引きながらチェックインしてる横を、

美術館に入っていき、その上流階級な空気をちょびっと共有。

次の場所への移動シャトルバスを待つ間も、瀬戸内海の景色を眺めているから長くは感じません。

李禹煥美術館は時間の関係で、次回までお預けして、スキップ。

Dscn1066

いよいよメインの「地中美術館」

Dscn1068

ここでも入場制限があり、時間待ちチケットを受け取ります。

この日の待ち時間は20分少々 clock

Dsc_0140

島の景観を壊さないようにと、丘の中に埋められたような不思議な造り

展示室は靴を脱ぐところが多いので、着脱式の履物がお勧めです。

ここから、前述したように来た道を逆戻り。

Dscn1079

港がある宮ノ浦地区にある「直島銭湯 I♥湯」 をマッハで見学し、

Dsc_0142

港内にある赤いカボチャで記念写真 camera

Dsc_0148

予定より早く港に着いたので、2時20分発のカーフェリーで高松へ一時間。

甲板に上がり、ちょっとした航海士気分を味わうのです mist

えっと、次は食べ物の話に戻りますね coldsweats01

2012年9月15日 (土)

直島の家プロジェクトっておもしろすぎ 

食べ物ネタでは無い話が続いて恐縮です coldsweats01

さて、

ぎゅうぎゅうに乗客を詰めた町営バスが、

Dscn1054

農協前に着いたので、降りてみましょう。

なんの変哲もない島のバス停で降りる訳ですが、

特に案内人が立っている訳でもなく、一見普通の通りなのでフリーズcatface

分かっているのは「家プロジェクト」というキーワードと、手元には地図。

「家プロジェクト」とは、街中に家をアートにした作品のこと。

このエリアの歩ける範囲に、何点もの作品が散在しています。

オリエンテーリング感覚で自分の足で探してみるのが楽しいので、

あまり詳しい説明はしませんが、いくつか簡単に紹介してみます。

Dscn1062

「碁会所」

農協からバスで来た道を戻るとすぐ左手に現れます。

はじめ通った時は見逃しており、最後にバスを待つ時間に入ります。

Dsc_0117

そこを道なりにどんどん進むと現れる「はいしゃ」

Dsc_0120

評判を聞いてやってきた直島ですが、正直まだピンと来ていません。

しかし、この作品に入って初めて、「なるほど、こういう事か!」と納得。

ちょっとづつ、この島の魅力が見え始めてきます。

Dsc_0123

「南寺」

安藤忠雄さんが設計した人気スポット。

体験型芸術の為、人数制限があり、まず早めに整理券をもらうこと。

Dsc_0122nef

列からは、英語以外にフランス語、スペイン語、ロシア語などが聞こえてきます。

ここ、かなりおもしろいです wink

時間の関係で、すべての家プロジェクトは見れませんでしたが、

再び農協前から町営バスに乗って、つつじ荘に向かいます。

Dscn1063

ここから先はベネッセの私有地の為、シャトルバスに乗り換え、

いよいよ、ベネッセハウスミュージアム地中美術館に向かうのです happy01

2012年9月13日 (木)

直島の交通網のトラップ(+o+)

一回しか行ってないのにおこがましいのですが、

おこがましい性格なので大目に見て頂き、直島巡りのポイントまとめてみました。

Dsc_0114

まず、悩ましいのは、

bus バス、 bicycle レンタルサイクル、rvcar 自家用車の三択

私達はbusバスを選んだのですが、一回目の総論はこの方法で正解 sign01

直島巡りは、けっこう範囲が広くbicycleは、体力に自信がある人向け。

rvcarも便利で悪くないのですが、最初は土地勘も無いし狭い道もあるので、ドライバーはちょっと緊張するのでしょう。

でも、次に来る時は、多分車できますね wink

Dscn1052

そのバスですが、この島の交通網はちょっと非効率

簡単に言うと、時計の9時から時計回りに7時まで進んだdown後に、

そのまま9時まで行けず、反時計回りに来た道を戻る
up必要があります。

島には大きなベネッセの私有地があり、そこは町営バスが走っておらず、

代わりにベネッセのシャトルバスが往復しているのが原因です。

島は大まかに4つのブロックに分かれていて、その間をバスで回ります。

① 港がある宮ノ浦エリア(時計の9時の位置)

② 家プロジェクトがある本村エリア(3時の位置)

ここまでが、直島の公営エリアで出入り自由。

③ つつじ荘は、ジャンクション的役割(5時の位置)

ここで、町営バスからベネッセのシャトルバスに乗り換えが必要

④ ベネッセハウスや地中美術館(7時の位置)

問題なのは、地中美術館から①の宮ノ浦エリアはバスならすぐなのに、

余程忙しい時期で無い限りは公共交通手段がなく、来た道をUターンbearing

直接行きたい人は、歩くことは出来ますが30分かかるそうです。

もちろん島自体にはとても素晴らしい場所がたくさんあり、

それはそれは予想以上の感動 happy02 が待っています。

これらのポイントを理解した上で廻ると、よりいっそう楽しさが増すでしょう。

前置きが長くなりました sweat01

いよいよ町営バスは港のある宮ノ浦エリアを出発して、

家プロジェクトがある本村エリアに向かうのです sign03

2012年9月12日 (水)

あの有名な直島って、こんなに近かったんや!

今回の「夏休み滑り込み一泊家族旅行」のメインイベントは、

アートの島 「直島」art

我が家の旅行は、いつも朝からのんびりスタートなのですが、

いっしゅうさんうどんツアーで、早起きの大切さをたたきこまれているので、

子供達を転がすようにして起し、7時の朝食が済んだら高松港へ出発 rvcarです。

Dscn1042

カーナビどおり港に入ると、入り口のオジサンが

「小豆島にいくの?直島にいくの?」と、慣れた様子でたずねてきます。

「直島です」と答えると、

「直島へは車でいくの、歩いていくの?」と、聞かれて「歩いて」と答えると、

「港の中は駐車場がないから、その辺の有料駐車場に止めてね」bell

家族と荷物を降ろして、お父さんが駐車場を探しに港を出る訳ですが、

なんたって土地勘も無いし、片道2車線のひろい道だし、

どこに有料駐車場があるのか、皆目見当もつきません bearing sweat01

どんどん港は離れて行くし、出港時間は迫ってくるので、とりあえずUターンenter

Dscn1043

けっきょく、港の正面にある「高松シンボルタワー」の地下駐車場に止めて、

全力疾走run  で、ちょっと距離のある高松港へ戻ります。

Dscn1046

1,200円の高速艇に滑り込みセーフで、家族と再会 happy02

初めて直島に行かれる方sign01は、車で行くのか?人だけで行くのか?

車を港に置くならどこの駐車場に止めるのか?を前もって決めておいて、

時間に余裕をもって行かれる事をお勧めします。

私が止めた地下駐車場が、港から一番近いし分かりやすいです。

さあ、

Dsc_0111

大きな漁船みたいな高速艇は、ちょっとインターナショナルな雰囲気で、

海の上を跳ねるようにして、ぐんぐんと直島へ一直線で向かうのです ship

2012年9月10日 (月)

夏休み滑り込み一泊家族旅行:琴平編

なにかとバタバタsweat01しているうちに、子供たちの夏休みも終わろうとしています。

今年はどこにも行けそうにないかと思っているところに、ぽっかり週末が空き、

土曜日昼過ぎまでの仕事をやっつけた足で、琴平に向かいますrvcar

Dscn0991

「紅梅亭」は、旅行会社に料理がおいしいと勧められた老舗旅館。

「花より団子」ならぬ「風呂よりご飯」で、くぐる程度にお湯につかり食堂へ。

Dscn0997

うひょひょ happy02 の「伊勢海老」

Dscn1003

うわわ wobbly これが噂の「アワビの地獄やき」

地酒の「凱陣で勢いがついちゃって、よせばいいのに土砂降りrainの中、

Dscn1037

近くの居酒屋「田中屋」で、骨付鳥と生ビール beer

あとは布団の中で「あ~~、これ、ええな~~」と、

声に出しながら全身の筋肉と関節を緩めているうちに、寝てしまいます
sleepy

Dsc_0094

朝から白飯がっつりかきこんで、目的地に移動するため港に向かうのですrvcar

2012年9月 9日 (日)

一人前ダイエットへの道

メタボ親父のたわ言だと思われるでしょうが、

いちおう、今年の目的は「食べ歩きとダイエットの両立」 wink

成果が出てからブログに書こうと考えていたのですが、

6月中旬から週三回を目安に一日10kmウォーキングを始めています。

飲み会などもあるので、平均すると週2.5回くらいですが、

目的同じくする気の合う仲間とも支えあえながら、順調に継続中 run

しかしながら、

食事制限をしないので、現在まで体重の変化はびっくりするくらいゼロ eye

歩き始めた頃は、食欲が増進したせいか一時的に増えるupありさまで 

やっと開始時と同じくらいに戻ったって感じです。

以前テレビで聞いた一流ボディービルダーさんの話で、

彼らはトレーニングは一年中同じで、大会前は

油や炭水化物を制限し体脂肪率を減らすのだ、と聞いたことがあり、

やはり食事制限を併用しないと体重は減らないな?と気が付いてきています。

さて、

そこで私が考えたのが「一人前ダイエット」 scissors

メタボフレンドの方々にはご理解していただけるでしょうが、

私のようにふくよかな人間は、普段から人より多めに食べる習慣があります。

例えば sign01

ラーメン屋に入れば、「ラーメンと焼き飯」と反射的に口をつき、

九州系では、これも無意識で「替え玉」と叫びます。

カレー屋に入れば、脊椎反射レベルで「大盛り」とつぶやき、

汁気が足りないと感じて、うどん屋のかけなどに梯子をするのです。

さてさて、

今日は少し疲れ気味なので、体に足りないパーツを補うように

本能が欲したソールフード「久留米ラーメン松山分校」で「分校ラーメン」。

普段なら「焼き飯」を頼んだ上で「替え玉・固め」を頂くのですが、

一人目ダイエット中なので、奥さんの残したチャンポンをさらえるのみ。

何気にスマホに目 eye をやると

monchan2さんが大街道の家系ラーメン「白壱屋」が本日開店のニュース。

「まあ、外観だけでも偵察にeyeglass」と足を運んで、

201209014

「ふむふむ、シンプルな出で立ちで家系前面押しだな、

初日なので豚骨醤油ラーメン(並)だけなんだ」と、情報収集 pencil

201209010

まあ、5時だし、早めの夕食だ!と、気が付けば食券を購入して、

金ぴかのテーブルに座っています。

201209012

「豚骨醤油ラーメン(並)750円

麺の硬さや脂の量を調節できるのですが、初日なので全部ふつうでオーダー。

こってり豚骨スープはコクも深く、醤油でまろやかにまとまっています

201209013

太めのストレート麺はやや硬めで、わしわしとした食べごたえ。

ほうれん草やしなちくで休憩しながら、ぞぞぞ~ delicious

大きな海苔三枚は、スープに溶かすのかどうかよく解らないので、

ご飯を包む要領で麺を捕まえて、大きな塊のまま吸い込みます。

ここでスープの深みがぐわ~と食道から鼻腔に拡散 note note note

奥さんの脂すくなめのスープは、こってり感が抑えられている分、

スープの旨味を正面から味わうことが出来ます。

アラフォーもとっくに超えてきているので、こちらの方が好みかな。

塩やみそ味などのバリエーションもあり、今後の展開にも期待が高まります。

その後は、

201209015

いよてつ高島屋の「横浜・中華街展」を、これもまた偵察 shine

そして、今から夕食が始まる訳ですが、

「一人前ダイエット」、なかなか高い山 fuji なのです coldsweats01

 

2012年9月 7日 (金)

くじに当たらないと手に入らない幻のうどん

Dsc_0060_2

じゃ~~~ん fuji

厳重に梱包された小包が、待ちわびた我が家に届きます present

Dsc_0061

その中身は、最も入手困難なうどんの一つ。

「まーなうどん」 粉1kg分。

讃岐うどん食べ歩きの病が膏肓に至り、手打ちうどんを極めた御仁は、

不定期で手打ちうどん教室や、「うどんや りんぢぃーず」を開いたりして、

ブログ「今日は・・・何食べる?」の仲間からは「師匠」と呼ばれています。

Dsc_0068

幻のうどんは、なんとsign01くじ引き制で無料 eye

80万hit企画に応募し、奇跡的に当選 bell して手に入れた麺を、

讃岐うどん食べ歩きで培ったすべての知識を導入し、茹で上げます。

大鍋でお湯を沸かし、沸騰してから対流typhoonを作るようにして12分の目安。

麺の茹であがりにむらができるので、急な差し水はせずにban

白い魔法の物体が、自然とふんわり浮き上がってupきたら完成です。

Dsc_0070

一杯目は、そのまま「釜玉」

ややとろみのある表面で、舌触りはふんわりとたおやかなのですが、

奥歯では食べ応えのある弾力が返ってきます。

優しい物腰と、ぶれない芯の強さ diamond diamond diamond

このレベルになると、打ち手の性格が麺にまで反映することに驚き eye

釜玉を初めて食べる両親も、「こんなおいしいうどんがあるのか?」と、

素直に驚きを隠しません happy02

Dsc_0073

後半は、茹であがったところを、一気に大量の水でしめます

Dsc_0081

あまたある讃岐の名店で見てきた「うどんのレール状の溝」が、くっきり shine

麺の滑らかさが増して、ゾゾゾ~といくらでも胃袋に落ちて行きます。

腰とは硬さではなく、程よい弾力であることを教えてくれる作品で、

太さの不揃いと、芸術的なねじれが喉に恍惚感を運んでくれます lovely

THE 最高 happy01 good thunder thunder thunder

師匠のファンに対するサービス精神、本当に頭がさがります。

心からおいしくいただきました。

ありがとうございます smile

次の奇跡を目指し、次の切り番をl切り株の横で虎視眈々なのです crown


2012年9月 5日 (水)

伊予源骨で、豚骨エキス原液を吸収!

うだるような残暑 spaに負けないように栄養補給をしようと、

Dscn0924

nomchanさんがレポ
されていた「伊予源骨」を目指し、

ロープウェー街を、したたる汗sweat01をぬぐいながら突進します。

Dscn0925

水と豚骨だけの直球勝負、豚骨3.5倍と、

魚成分とのWスープの二本を軸に、ぶれない主張
が伝わるメニュー。

店名の「源骨」や、「3.5倍」など、ちょっと個性的ですが

一度聴いたら忘れないネーミングセンスもストライクの感性です flair

さて、

Dscn0932

私は「豚骨3.5倍ラーメン 650円

濃厚なのですが、九州豚骨にありがちな独特の匂いは意外に抑え目で、

その下ごしらえの丁寧さ
を感じます。

濃縮されているねっとり感は、脂よりコラーゲンメインの成分

その粘りにより、中太ストレート麺にまとわりつきます。

スープを飲むために丼の中をレンゲでかきまわすと、

その濃さゆえに、今まで感じたことのない大きな抵抗
を指先に感じます。

重たくすくい上げたスープをトロリと舌の上に流し込み、

舌で口腔全体に回しながら、純豚骨エキスを堪能。

この味、一発で虜になってしまいます heart04

Dscn0934

奥さんは「W魚豚 Wラーメン 700円

魚粉の香りが豚骨に負けておらず、味わいの幅が増幅。

粘稠度がやや3.5倍よりは低めなので、喉越しも滑らか。

奥さんはこちらの味がお好みのようです。

インプレッションは、

「3.5倍」は、二の腕が普通の人の3.5倍の武骨な肉労男子 punch

「W魚豚」は、黒光りした引き締まった筋肉の笑顔のニヒルな漁師 sun

豚骨にこだわった、この完成系はかなり新鮮なインパクト。

今まで食べたことのない、メジャー級のホームランなのです 
baseball

2012年9月 2日 (日)

Yuma君との讃岐うどんめぐり・最終編

いっしゅうさんのうどんツアーの締めは、高松西インター近くの「さぬ一」

Dsc_0285001

常に新しいメニューの開発に余念がないので、わくわく happy02

最近関西から、うどんのメッカに戻ってこられたaibopapaさんも合流。

Dsc_0290

「キムラコウジ君 500円を注文されています。

キムチ・ー油・コウジのトッピングでこのネーミング、最高 good

私は、

Dsc_0289001

本日の5杯目、「完熟トマトのつけ麺 550円

ベースはいつもいただくカレーですが、たっぷりのトマトの酸味が加わり

コクが深まっています smile

パプリカやナスなどの季節ものも軽く素揚げされて、鮮やか!

のど越しの良いうどんにたっぷり出汁を絡めながら無心に啜り込み、

気がつけば、はやり全身の腺がフル活動モードに突入です spa

体がしっかり温まったところで、

Dsc_0291_2

「いちご農園スカイファーム」で、締めのデザート。

Dsc_0294

Yuma君は「ストロベリーのソフトクリーム 350円

私は、

Dsc_0296

「かき氷 450円

ジャム状のイチゴの果肉がこれでもかsign03とかかっています。

ブログ「まった~り~♪」の、りこさんと偶然ご一緒。

みなさん、季節によってアンテナが働く方向が一緒なんですよね。

Dscn0912

松山に帰る途中に、建築の研究をしているYuma君のリクエストで、

安藤忠雄氏設計 西条「南岳山 光明寺」を見学。

中の拝観もできるのですが、こういうお寺の形もあるのかと、感心 catface

松山に戻ってからは、

Dscn0916001

前回、道後本館は入ったので、地元の人がよく行く「椿の湯」

湯上りは道後地ビールを飲み比べながら、日本最古の温泉を満喫 spa

夜は、子供たちと誕生日会ディナーを完食し、

朝食は、「もう、食べられませんcoldsweats02」と言いながら、

「しんせい」で買っておいた持ち帰りで釜玉一玉をぺろりと平らげ、

次の目的に、山陰にある丹下健三設計の倉吉市庁舎に向け出発 bus

今回の滞在で、何キロ体重ふえたかな?

wink Yuma君、また遊びに来てね~~ scissors

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2