« Yuma君と大洲の鵜飼い | トップページ | Yuma君と讃岐うどんめぐり②  »

2012年8月29日 (水)

Yuma君と讃岐うどんめぐり①

Yuma君が愛媛に来る前に、メールでリクエストを聞いたところ、

一番に挙がったのが「讃岐うどんツアー

2年前に遊びに来た時、いっしゅうさんと私がその奥深さをとくとくと説いたため、

よほど印象に残っていたとみえます。

と言う訳で、いっしゅうさんのうどんツアーですから、基本松山5時半発rvcar

Dsc_0223

6時55分到着の三豊市「上杉食品」は、朝からほぼ満席。

5-6人で入ってきたお兄ちゃん達に、「どんなんがあるん?」と聞かれ、

「いろんなんができるよ」と説明するおばちゃん。

じゃあと、

「ひやあつ」とか「あつあつ大盛り」とか「ひやかけのネギ抜き」なんて

いろんな注文が飛び出します notes

すると、

おばちゃんは「めんどくさいなあwink」と、自分が勧めておいてそのセリフ。

私達の方を向いてニヤリとする笑顔がとてもチャーミングです。

Dsc_0225

「かけ小 200円

ぐみ感のあるやや硬めの麺で、しっかり目の出汁とのナイスバランス wink

やっぱ、朝一杯目はココですね delicious

目の前には、小学校低学年くらいの細い男の子がおじいさんの横にちょこり。

早く食べ終わったおじいさんは、さっさと席を立ちたそうなのですが、

その子は、一心不乱にどんぶりに顔をうずめています。

何口にも分けて、出汁をおいしそうに残さずすする姿に、

讃岐の子どもはこうやって、DNAにうどん塩基配列を転写していくのだなと、

ほのぼのと眺めます happy01

Dsc_0228

看板のない「藤原屋」で、げそ天80円を購入。

Dsc_0231001

7時42分着「天満製麺所」

Dsc_0233

いつのまにか、店の斜め前に小さい屋根付き駐車場 eye

Dsc_0232001

いっしゅうさん持参の丼に一玉70円で分けてもらい、

Dsc_0234001

醤油をかけて、先ほどのげそ天をのっければ、

朝日を浴びた本日二杯目の完成 bell bell

Dsc_0236001 

目の前のお寺のベンチで、ゾゾゾ~と喉越しで食べる技の直伝です。

Dsc_0241001

一番勢いのある店のひとつ 「純手打ちうどん よしや」

Dsc_0245001

太めで伸びのあるねじれ麺と、

すっきりキレのあるイリコ出汁を正面からがっつりいただくと、

胃袋も起床して、エンジンがフル回転し始めたようなのですね typhoon

« Yuma君と大洲の鵜飼い | トップページ | Yuma君と讃岐うどんめぐり②  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ikechanさんはSFに住んでたんですか!凄い!!

で、いっしゅうさんうどんツアー、一度は行ってみたいです。
最初からディープな店ですねぇ。
もちろん続くんですよね!smile

そういえば、最近、うどん巡礼してないわぁー。。
この記事に載ってる店はどれも行ったことないや!
いけちゃんといっしゅうさんって、すごいなぁー。
どんなけぇー?(゚o゚;;

香川県への遠征ご苦労様です。
アメリカ育ちの若者にさぬきのうどんはいかがでしたか?
いりこだしはどんな反応ですか?
腰の強さはもちろんですが、何といっても安さがとびきりでうれしいですね。

お恥ずかしいですcoldsweats02
悪い癖で、ちょっと大ぶろしきを広げてみたのですが、SFは二か月間研修に行っていただけでした。
このいっしゅうさん讃岐ツアー、一旦足を踏み入れると抜け出せませんぜ~ shine

はーい、お久しぶりです smile
一説には800軒あると言われる讃岐のうどん屋さんなので、食べ歩きにも数多の組み合わせがあるでしょうね。
ある意味、どんだけ~はまり込んでおりますscissors

不思議なもので何度も出かけていると、讃岐は十分半日行動範囲内になってしまいました rvcar
アメリカ育ちでも小さい時から日本の親せきの家を訪れているYuma君にとって、イリコの味も五臓六腑に染みわたったように拝見しました。
讃岐、やはり恐るべしです wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55366795

この記事へのトラックバック一覧です: Yuma君と讃岐うどんめぐり①:

« Yuma君と大洲の鵜飼い | トップページ | Yuma君と讃岐うどんめぐり②  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009