« 久しぶりに専務とおでかけ勘介 | トップページ | 市駅前で「きなはれ」と呼ばれます »

2012年7月20日 (金)

そして、しゃらくへ

「勘介」で、本格今治焼き鳥を財布にやさしくいただいた一行は、

またしても専務が散歩中に探した、小料理屋「しゃらく」にすいこまれます。

Dsc_0282

大将は若い時に航空自衛隊に所属しており、レーダーの担当。

博識のいっしゅうさんと、ミリオタ系の甘南備さんと話がはずみます。

大将も「なんでそんなことまで知ってるん?」と驚くほどのマニアなお二人は、

ソ連の偵察機の種類を、レーダー上のケシ粒かゴマ粒かで見分けるなどの

実践にそくした裏話をうかがって、いたく感動されています catface 

Dsc_0287

やはり二次会は瓶ビールからスタートがいいですね。

とろろ昆布の巻いてある刺身が、妙に味が深くていいなあ catface spa

Dsc_0294001

「アコウ刺身 450円

アミノ酸熟成が進んだ一品を、すぐに喉の奥に送り込まないようにしながら、

その旨みを奥歯で抽出させていく快感に浸っています notes

Dsc_0295

ラッキョウ大玉で、軽く浸かっているからシャキシャキしてすっきりした後口。

こういう箸やすめのある店って、うれしいです happy01

Dsc_0297

「イサキ塩焼 400円

丸ごとしっかり焼かれており、骨の上下で丁寧に分けながら、

皮の塩といっしょにつまみにしながら、酒がくいくいとすすみます。

ちょっと郊外にいくと、いろんな地味な個性を持ったお店があるもんだと感心。

伊予鉄さん train

「専務といけちゃんのふらり伊予鉄各駅停車bottle」って企画、やりませんか? 

« 久しぶりに専務とおでかけ勘介 | トップページ | 市駅前で「きなはれ」と呼ばれます »

和食」カテゴリの記事

コメント

衣山に行きつけの店があります。休日マスターが山を駆け回っているので、たまに雉、シシ鍋、山菜系がでます。日本でモヒートがはやりはじめた情報を得たので、今度実家の庭に、イエルバ・ブエナを植えることにしましたよ。

こんにちは happy01
日本では35度を超えて日中炎天下sunで、口々に暑い暑いとクーラーに逃げこんでいますが、そちらの様子はいかがですか?
イエルバ・ブエナって、ミントの事ですね。確かにモヒートって涼しくていいです。
衣山行きつけのお店、ぜひお伴させてくださいbottle

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/55107637

この記事へのトラックバック一覧です: そして、しゃらくへ:

« 久しぶりに専務とおでかけ勘介 | トップページ | 市駅前で「きなはれ」と呼ばれます »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009