« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月30日 (月)

Bistro Langue de chatでワイン三昧

今宵は専務行きつけの「Bistro Langue de chat」貸し切り note

カリフォルニアワインを日本で最も扱っている「中川ワイン販売」さんが、

松山某所で専門コーナーを立ち上げる予定で、その試飲会wineが開かれてます。

Dsc_0351

仕事が終わって駆け付けた頃には、既に三本目の白。

定番ですが大好きなシャルドネのキレで、一気にテンションがあがります。

Dsc_0352

「ワインに負けずにマッチするように」
と、マスターが工夫された前菜。

左上の「平目のテリーヌ」は、脂ののった白身をふんわりと生かし、

粒マスタードのプチっとした食感と、からみのアクセントが効いています delicious

時計回りで、「夏野菜のキッシュ」

ズッキーニやジャガイモが素材の形と個性を生かしたままのまとまり。

「媛っ子地鶏のテリーヌ」は、

あっさりしたイメージの媛っ子が、ねっとりと仕上がっており、

Dsc_0365

カルベネソービニオンの深い後味
が受け止めてくれます happy02

Dsc_0357

私の前に来られた方は初対面ですが、ワイン会を企画されるほどの通。

いまだかつてブドウの品種を毎回覚え直さないといけない私は、

ぼろが出ないように、ワイン以外の話をふってみたりしています。

ふたを開けると、同じ職場だった後輩のおじさんで、急に親近感がわきます。

Dsc_0364

柔らかく火の通った鴨の肉と、ちょっと甘めのソースには、

Dsc_0361

酸味の強いCopainのSyrahを合わせて行きます good

同じ色が三本出た時点で、既に違いが分からなくなるのですが、

ワインって、じっくりと時間をかけて食事や会話が楽しめるからいいですね wink

Dsc_0368

最後に驚き eye の「ゴルゴンゾーラチーズケーキ」

ワインに合わせてとのオリジナルで、そのふんわりとした食感と、

舌の上で粘りながら独特の青かびチーズの香りをガッツリ堪能。

こちらのシェフの料理センス、とても好きです crown

さて、

今回来られている中川社長のお父さんが創業者。

なんでもご本人が野菜が全く駄目で、

「じゃあ、酒ぐらい果実の入ったワインを飲んだらどうか?」と勧められ、

この道に入ったのがきっかけとのこと。

人生どこに分岐点があるのか解らないものですね catface sweat01

好き嫌いが全くない私としては、

米が好きで酒、ブドウ好きでワイン、芋好きで焼酎、麦好きでビール。

まあ、なんでも来いsign03

どうやら、食いしん坊には新たな人生の分岐点はないようです wink

------------------------------------------------------------

先日IAT, Ecafe, 花園会合同飲み会にご参加いただいた皆さんへ。

Dscn0897

2,000円*30人分を、お約束どおりやまけんさんを通じて、

「東北被災地炊き出し」へ送金致しました。

ご協力ありがとうございました。

2012年7月28日 (土)

8月5日午後一時半からコムズで英語発音の勉強! 

食べ物とは関係ないお知らせです。

昨年もごあんないしたのですが、 

Ecafeでご一緒している伊藤和夫さんが代表を務める

全国学術会議通訳者連盟、四国観光通訳者連盟(FAIS)が、

中学生を対象とした「中学生への英語学習支援授業」を企画されています。

中一レベルの英単語で、英語の発音のコツを教えて下さるとの事。

以下に連絡方法を含めた詳細をがかいてありますので、

中学生で参加したい方は、ご連絡を telephone

以下、転記。

平成24年7月吉日
中学生の皆さんへ
教育関係者各位

FAIS(フェイス) 四国観光通訳者連盟 
                               代表 伊藤和夫

「中学生への英語学習支援授業」について(お知らせ)

中学生の時代に学ぶ英語は重要です。私たちは国際観光通訳ガイドである通訳案内士からなる人材集団で、愛媛県松山市に拠点を置くNPO(非営利団体)組織です。将来を担う若い世代、英語の学習を始めた中学生の生徒を対象に、英語の発音を中心とする勉強会を、下記により開催しますので、ふるってご参加ください。特に英語に苦手意識のある方は是非参加して下さい。
なお、本イベントは平成22年から毎年一回、恒例事業として実施しているものです。

1.イベント名 「中学生への英語学習支援授業」

2.対象者   中学生1年生(2年生、3年生でも参加したい人はお申し出下さい。)

         参加者想定数は15人で、申込者数がこの数に達すれば、受付を終了します。

3.内容     中学1年生で学習する英語を使って、英語の発音のコツを学ぶ

4.実施日時   平成24年8月5日(日) 午後1時半~5時

5.場所    コムズ会議室3階会議室(松山市3番町6-4-20、電話:089-943-5776)

6.持参物   学校で使っている自分の教科書、ノート及び筆記具

7.受講料   無料(但し資料代として300円頂きます。)

8.申込方法  事前申込が必要です。

                   参加希望者は下記に連絡し事前申込をして下さい。
 
9.申込先   FAIS 電話:089-925-8707、Fax:089-927-5213、

        メール:fais@mopera.net

10.その他   FAIS のホームページ(HP)(http://fais-japan.org)の
          「お知らせ」コーナーに「英語の発音解説コーナー」を設けていますので
          参考にして下さい。

目の錯覚なのか? 寿浬庵

ガリバーが巨人の島に漂流した時、

彼はその国の食べ物の大きさを見て、さそがし驚いたことでしょう eye

Dsc_0328_2

友人のとしさんのお店・寿浬庵は、伊予鉄古町駅前を平和通に向かって、

萱町商店街と交差する場所にある、すべてが規格外のお店。

メニューは一番高くでも600円、魚の質が最高な上においしい味付け delicious

この突き出しだけでもそこそこお腹が膨れ始めるので、

こちらの注文は、他で頼む品目の半分でいいと思って下さい。

まずは、キンキンに冷えた生 beer で、かんぱ~い up

Dsc_0330

幅1cmはあろうかという巨大な「よこわの刺身」

念のために比較写真をもう一枚 camera

Dsc_0331

本マグロの子ですが、脂がばっちりのっていて口の中でとろけます smilesign01

全国から選りすぐりの冷酒をなみなみついで、ぐい~~ up

私 「としさん、これ、あり得ない大きさでしょwobbly

と 「いいえ、目の錯覚です bleah

Dsc_0336

「オコゼの刺身」も、えんがわ、白子つきでやはり600円

少し歯ごたえを楽しめる程度の薄作りで、ポン酢にちょっとだけ端っこをつけて、

口腔内の空気をゆっくり混ぜるように奥歯で噛みしめると、

白身のほのかなうまみ成分が、喉から舌先までジワリと広がってきますspa

Dsc_0338

先代からのメニュー「薩摩地鶏の鳥皮」も、

コリコリとした歯ごたえと甘めの味付けで、

「噛めば噛むほど旨い選手権」ダントツの優勝候補 crown

魚を一匹丸ごと仕入れるため、その骨を使った出汁がベース。

年中キレたことのない、キープの奄美の黒糖焼酎をロックでクイ~~ notes

としさんの代になってから、なんと年中無休 good

平日に魚を満喫しながら仲間とワイワイとやるにもいいし、

日曜夜には我が家では子どもたちが一番に食べたがる味。

運が良ければ、玉ねぎをこれでもかと使った牛すじカレーにありつけます。

もう一度よく聞いて下さい ear shine

最初の注文は普段の半分の品数で押さえて、

一人前の量と味を体感した上で、追加注文を考えてくださいね。

ああ、ここの座敷で寝泊まりしたい。。。happy02 note

週末は込んでいるので、平日が狙い目です wink

2012年7月23日 (月)

市駅前で「きなはれ」と呼ばれます

気軽に旨い「いよさつま」が食べられる店「いよじ」が閉店したあとに、

Dscn0811

「いよ食彩 きなはれ」が7月2日からグランドオープン fuji

看板の「刺身がうまい!!ざんきがうまい!!」の文字に吸い込まれます。

Dscn0812

メニューには、酒飲みがふらりと立ち寄ってうれしいつまみ系

きっちりと揃っています wink

Dscn0815

突き出しも、うれしくなる正統派の一品。

焼き目の香ばしい茄子から甘めのダシがジュワーと溢れて、

しらすの塩気がいい感じにのっています。

若いイケメンのお兄さんが包丁をにぎっており、期待が高まります。

「刺身がうまい!!」と、うたってあるので、

Dscn0818

思い切って、ハイエンドの「あこうお造り 1,500円

高級魚が贅沢に肉厚に切ってある迫力の登場 smile

少しだけ醤油をつけて、後は口の中で膨らますようにゆっくり咀嚼

もっちりとした歯ごたえを楽しんでいるうちに、上品な白身の香りが、

うっとりするような官能的な刺激を鼻腔に立ち上ります catface shine

湯引きしてある皮は、コリコリとした歯ごたえと、ほのかなゼラチンの甘み

「刺身がうまい!!」の看板に偽りなし happy02

メニューになかったからよーたのまんかったけど、

こいつの頭の部分はどこに行ったのでしょう?

酒蒸しにして、あさつき+ポン酢で、ぷりっと食べたかったな~ delicious

Dscn0820

もう一方のおすすめ「塩ざんき 一ヶ130円

熱々だと分かっていても、我慢できず、塩を押しつけるようにして、

口を大きく開き、上下の歯でゆっくりかじります。

「カリッshine」と表面の皮が割れたら、想像以上の勢いで鶏肉汁攻撃 impact

そのまま一口分をくわえますが、「おほほ、ハフハフ、オイヒイネ happy02

本能的には、ビールなどで急激に冷やすべき高温なのですが、

ぷりぷりの鶏身からじゅわじゅわsweat01と湧き出る旨汁を薄めたくないので、

そのまま、「あひひ、オホホ、ウフフ note」て、トランスしています。

「ざんきがうまい!!」の看板に偽りなし sign03

Dscn0821

「牛すじ大根煮 500円のすじもトロトロ。

野菜もしっかり味がしみ込んでいて、看板メニュー以外もうまい!

カウンターには各種焼酎も並んでおり、

場所柄会社帰りなどに、ふらりと気楽にたちよるのにもおすすめ。

これからの時期は、ゴーヤチャンプルや塩焼きそばなどで、

冷え冷えbeerをキュイ~~ンupなんてのも想像しちゃうのです wink

2012年7月20日 (金)

そして、しゃらくへ

「勘介」で、本格今治焼き鳥を財布にやさしくいただいた一行は、

またしても専務が散歩中に探した、小料理屋「しゃらく」にすいこまれます。

Dsc_0282

大将は若い時に航空自衛隊に所属しており、レーダーの担当。

博識のいっしゅうさんと、ミリオタ系の甘南備さんと話がはずみます。

大将も「なんでそんなことまで知ってるん?」と驚くほどのマニアなお二人は、

ソ連の偵察機の種類を、レーダー上のケシ粒かゴマ粒かで見分けるなどの

実践にそくした裏話をうかがって、いたく感動されています catface 

Dsc_0287

やはり二次会は瓶ビールからスタートがいいですね。

とろろ昆布の巻いてある刺身が、妙に味が深くていいなあ catface spa

Dsc_0294001

「アコウ刺身 450円

アミノ酸熟成が進んだ一品を、すぐに喉の奥に送り込まないようにしながら、

その旨みを奥歯で抽出させていく快感に浸っています notes

Dsc_0295

ラッキョウ大玉で、軽く浸かっているからシャキシャキしてすっきりした後口。

こういう箸やすめのある店って、うれしいです happy01

Dsc_0297

「イサキ塩焼 400円

丸ごとしっかり焼かれており、骨の上下で丁寧に分けながら、

皮の塩といっしょにつまみにしながら、酒がくいくいとすすみます。

ちょっと郊外にいくと、いろんな地味な個性を持ったお店があるもんだと感心。

伊予鉄さん train

「専務といけちゃんのふらり伊予鉄各駅停車bottle」って企画、やりませんか? 

2012年7月16日 (月)

久しぶりに専務とおでかけ勘介

おかげさまで平穏な日々を送っているのですがcatface

今日は専務から「新しい店を見つけたから、いこうや」とお呼び出し run

伊予鉄郡中線余戸駅のすぐ近くにある、

Dsc_0238

「勘介」さんに集合 good

広いカウンターと、中くらいの個室がいくつかあって、とても落ち着きます。

Dsc_0241001

まず驚いたのが、一本90円から始まるメニュー構成 eye 

Dsc_0249 Dsc_0250

右上から、はつ串、豚ばら串、ねぎま串で、全て一本90円 bell

Dsc_0255
鉄板で上下から挟んで焼く、今治風のようです。

はつの表面はパリッと仕上がり、圧縮された旨みエキスがジンワリ delicious

豚ばら脂身が丁度いい具合に全体に焼きまわっており、カリリ wink

ねぎまは噛むほどに濃縮鶏エキスが、ジワリとしぶい旨みです smile

Dsc_0263

ツクネは、フワジュウ happy01 

表面の程よい焦げ具合と、表面のゴマの香りがいい感じのサポート。

Dsc_0264

超お気に入りなのは、「とり皮の3味盛り合わせ 600円 

左から、ポン酢、塩、タレの味付け。

Dsc_0267

鳥皮を丁寧に広げて、薄焼きせんべいくらいの厚みにパリパリに焼いてあります。

スナックの要領で口に放り込むと、唇にちょっと塩気が触れ、

奥歯で「シャクシャク delicious」と砕けば、鳥皮星人泣かせの香ばしさcatfacespa

 

Dsc_0270

思わずお代わりしてしまうほどのその鳥皮をふんだんに練り込んだ

「とり皮お好み焼き」は、サクサク感をそのままに、しっとりとした甘みがプラス。

これビール片手に永遠に食べられるがね~~~ crown

その上、魚介系も充実しており、

Dsc_0272

キレのいい鰹もあれば、

Dsc_0276 Dsc_0279

鯛カマのフライ、カンパチのカマ焼きも、驚きの各180円 sign03

さすがの専務も「これは、皆が勘介、勘介って言う訳やわ」と感心。

残り香が記憶に刻まれる店は多いのですが、

こちらは「シャクシャクnotes」との「残り音」が自然に耳で繰り返され、

気がつけば、お口もパブロフわんちゃん状態sweat01なのです。

2012年7月14日 (土)

朝飯家ラーメン、最高 !(^^)!

平日朝の食卓にこんな素敵なものがのっていたら、その日はHAPPY spa

Dsc_0299

このラーメンのお店は「牛乳屋食堂」

会津で牛乳屋をやっていたお店が、それだけではやっていけないからと、

知り合いの中国人に教えてもらって始めたのは、大正の終わりころ。

脂がしっかり溶け込んだコクたっぷりの醤油スープ smile

Dsc_0303001

大陸から直々に伝授された手打ち麺

表面はなめらかでツルツル~と入ってきますが、

一見あっさり実は濃厚スープをしっかりまとって、口までトルネード typhoon sweat01

もっちりした歯ごたえと、太さとねじれが不規則に舌の上を滑る快感 confident

東北の友人がおくってくれたこちらのセットには、

時期を違えて別の中国人から教わった餃子もあって、うめいんだなコレ delicious

「ああ、寒い国のたべもんって、やっぱ一味もふた味も違うんだな~」て、

朝からみょうな感動に包まれます smile

さっそく追加注文しようと思ったら、ネット販売はなぜが現在中止中。 

FAXなら注文できそうです。やっぱ、人気なんでしょうね。

そうそう、どうして朝から食べたかですが、

前の日あまりにも美味しかったので、朝一で頭に浮かんだからと、

前の日、家族にもとても好評で、朝にでも食べておかないと、

帰宅した頃には、食べられて無くなっている危険性が高いとの判断 wink

食べ物のことは、子どもにも負けてられないのです wobbly

2012年7月11日 (水)

おおずバーガー@茶蔵 

大洲インターを降りて右へ行くとすぐに、ご当地バーガーが旨いとの噂の、

Dsc_0186

「茶蔵(さくら)」に突撃です rvcar

店内はワンフロアーで天井も高く、ゆったりとした雰囲気。

窓際の明るい方の禁煙席にゆっくり腰かけ、

「Komachi」と「まつやま」を手にとって、私の恒例新店チェック eye 

ちょっと油断すると知らないお店がどんどん出来てきてるので、TO GO LISTに追加pencil

Dsc_0179

「タンザニア・デュエット」

まずは、柑橘系の香りがするアイスコーヒーで、じんわりと汗を鎮めます。

Dsc_0183

「おおずバーガー 680円

久しぶりにこれでもかと大口を開けて、三分の一ほどかぶりつきます diamond

地元のパン屋さんが焼いたゴマのきいた柔らかいバンズがふんわり

大洲の季節の玉ねぎ、レタスやトマトがフレッシュな香り wink

Dsc_0185

揚げたてサックリの衣から、日野出豚エキスsweat01があふれ出してきます。

歯切れが悪いとバンズの中から塊のカツを引きずりだしてしまい、

後半、肉の入っていない部分を寂しく食べ進めることもあるのですが、

ココのカツは柔らかいので、外側と同じ切断面で噛みちぎれます。

サラダ、オニオンリング、フレンチフライもすべて熱々の揚げたてspa

十分リッチな食べ応えです。

その他、浜千鶏を使った「茶蔵バーガー」

八幡浜の鱧を使った「小京都バーガー」など、目新しいメニュー。

八幡浜の鱧を使ってなぜ「小京都=大洲」を名乗るようになったかですが、

どうも八幡浜の会社だからと聞いて納得。

駐車場はちょっと入りづらいのですが、実はレベルの高い喫茶店。

やっぱ、街道沿いの店は、一軒ずつ攻めていかんといかんですね wink

そういえば、

昔の職場の先輩で、出張先まで200kmくらいの国道沿いパチンコ屋を

すべて制覇したって人がおったなあ~ flair

まあ、私もその同じ街道のラーメン屋をすべて制覇してましたけど sweat01

2012年7月 9日 (月)

溢香の刀削麺

私の都会の定義は、食いしん坊の観点から二つあります。

まずは、デパートの地下二階があること。

デパ地下=食べ物ワンダーランド crown

B1には、お惣菜など、手軽に買えるものが並んでいるケースが多いですが、

B2には、ワインやチーズ、めった飲まない高級紅茶やお酢コーナーなど、

EXTRAでELEGANTな雰囲気があふれています。

松山では高島屋と三越のデパ地下を廻って、合わせてB1,B2を体験します。

そしてもう一つは、めずらしい外国料理が食べられることです。

イタリア料理、スペイン料理は「めずらしい」のカテゴリーに入らず、

ブラジル料理、トルコ料理などは、「めずらしい」のです。

さて、

その「めずらしい」料理の専門店が、とうとう松山にも登場 good

Dsc_0188

「溢香(イーシャン)」
は、若草町総合福祉センターの平和通沿いにできた、

刀削麺専門店

店内にはいると、威勢のいい中国語が飛び交っている本格的な雰囲気です。

Dsc_0198

「醤油刀削麺 700円

八角?の香りのするやや硬めの叉焼と、しゃっきりした白葱が口火を切ります。

Dsc_0199

お待ちかねの麺ですが、両サイドの刀で切り取られた不規則なひだsign04が特徴。

真中はしっかりもっちりとしていて、歯ごたえ食べ応え十分。

ひだは中華スープを絡めながら、舌の上をイレギュラーなタイミングでつるりとなでながら、喉に落ちていきます。

一本の麺でありながら、上記二つの特性を併せもっており、とても魅力的。

その上、スープをぐいぐいと引きこんでくるので、かなりのボリュームです。

Dsc_0201

「ジャージャー刀削麺 750円

肉味噌と、千切りのキュウリとネギを、はじめに全て混ぜるように指示が出ます。

Dsc_0207

がっつりした味付けのひき肉は、

山椒の痺れる「麻」wobblyと、唐辛子の「辛」bombを伴ない、

麺のひらひらの部分にしっかり絡まり、喉の奥を責めてきます bearingsweat01 

不覚にも第一口目はむせてしまいましたが、ネギやキュウリのあっさりしたキレで

と交互に、ぐいぐいと呑みこんでいきます。

この頭汗、鼻汗で訳が分からなくなりながらも、

その魔力に操られるように箸が止まりません happy02 sweat01

こちらも、うどんの得盛くらいのボリュームがあるので、

小食の方はサイドメニューを抑え目にした方がよいでしょう。

Dsc_0194 Dsc_0202

なぜなら、「半チャーハン+250円や、「水ギョーザ 300円も、しっかりの量。

水ギョーザは、具がざっくり切ってあるので、食感が生きており、

皮の部分も「餃子は麺料理だ」と納得させられる、もっちりした厚み。

奥さんと二人で行ったので、ほとんど私が最後を頂く形になり、

さすがにこの日は夕食の時間まで、お腹がすきません penguin sweat01

すこし街外れにあるのですが、学生街が近いのは大正解でしょう。

25時までと、飲み会〆にも間にあってしまう危険な時間帯までの営業 clock

都会の仲間入りをするのは、胃袋体力も必要だと、納得するのです bleah 

2012年7月 6日 (金)

春光亭

余計は言葉はいりません。

Dsc_0114_2

「汁そば 700円

気がつけば最後の一滴まで。

Dsc_0117

そして、残り香を楽しむのです happy01

2012年7月 3日 (火)

ハノイのブンボーフエ、旨すぎ!

うめまるでちょっといい感じになった後は、久しぶりにあてもなくふらふら。

「お腹はいい感じだけど、少し飲み足りない。

でも、ちょっとベクトルの違うものを食べたいなあ~」なんて考えていると、

ふと「Hanoi-Cafe」が頭によぎります flair

Dscn0640

予想通りいつものように満席人気ですが、偶然カウンターに空席・ラッキーgood

一杯目はTigerできゅーと勢いをつけ、ますてぃーの笑顔happy01に癒されます。

Dscn0642001

「渡り蟹とアボガドのベトナム和え 890円

あちらの香辛料が入ったねっとりとしたアボガドを舌の上で楽しんでいると、

ほぐれた渡り蟹の身が、はっきりと存在感を示しながら甘みをかもします。

エビせんべいのサックリ感とのコンビネーションも最高。

これ、超鬼旨いです happy02 bell

Dscn0643

「ブンボーフエ」は、フエ風の牛肉汁ビーフンの意味。

丁寧な牛骨スープでベースはあっさり delicious

パクチーやネギなどの香辛料が効いているのですが、超鼻腔・味蕾刺激的crown

スプーンが載っている皿の茶色い物体は「マムトム」

エビを塩漬けしたあと発酵させペースト状にしたベトナムの調味料

舌触りはスムーズですが、エビの塩辛の強烈なパンチをとエビ味噌の濃厚なうまみをスープに加えてくれて、あっという間に虜にheart04

Dscn0645

麺は米で出来た冷麦サイズで、歯ごたえもしっかり。

その匂いと食感で、ベトナム旅行での現地の味を思い起こさせます。

しつこくはないのですが、舌と鼻の充足度合いはリミッターを振り切り fuji

近日メニューに乗るそうですが、これは〆に本気で通います smile

Dscn0646

奥さんの食べている「牛肉のフォー」も、平麺であっさり。

パクチ大好きの私にはたまらん独特のアジアの香り。

Hanoi-cafe ますてぃーの進化し続ける味に、ただうなるのです happy02 notes notes

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008