ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 8月5日午後一時半からコムズで英語発音の勉強!  | トップページ | かみなりから、ヒーロースター  »

2012年7月30日 (月)

Bistro Langue de chatでワイン三昧

今宵は専務行きつけの「Bistro Langue de chat」貸し切り 

カリフォルニアワインを日本で最も扱っている「中川ワイン販売」さんが、

松山某所で専門コーナーを立ち上げる予定で、その試飲会が開かれてます。

Dsc_0351

仕事が終わって駆け付けた頃には、既に三本目の白。

定番ですが大好きなシャルドネのキレで、一気にテンションがあがります。

Dsc_0352

「ワインに負けずにマッチするように」
と、マスターが工夫された前菜。

左上の「平目のテリーヌ」は、脂ののった白身をふんわりと生かし、

粒マスタードのプチっとした食感と、からみのアクセントが効いています 

時計回りで、「夏野菜のキッシュ」

ズッキーニやジャガイモが素材の形と個性を生かしたままのまとまり。

「媛っ子地鶏のテリーヌ」は、

あっさりしたイメージの媛っ子が、ねっとりと仕上がっており、

Dsc_0365

カルベネソービニオンの深い後味
が受け止めてくれます 

Dsc_0357

私の前に来られた方は初対面ですが、ワイン会を企画されるほどの通。

いまだかつてブドウの品種を毎回覚え直さないといけない私は、

ぼろが出ないように、ワイン以外の話をふってみたりしています。

ふたを開けると、同じ職場だった後輩のおじさんで、急に親近感がわきます。

Dsc_0364

柔らかく火の通った鴨の肉と、ちょっと甘めのソースには、

Dsc_0361

酸味の強いCopainのSyrahを合わせて行きます 

同じ色が三本出た時点で、既に違いが分からなくなるのですが、

ワインって、じっくりと時間をかけて食事や会話が楽しめるからいいですね 

Dsc_0368

最後に驚き  の「ゴルゴンゾーラチーズケーキ」

ワインに合わせてとのオリジナルで、そのふんわりとした食感と、

舌の上で粘りながら独特の青かびチーズの香りをガッツリ堪能。

こちらのシェフの料理センス、とても好きです 

さて、

今回来られている中川社長のお父さんが創業者。

なんでもご本人が野菜が全く駄目で、

「じゃあ、酒ぐらい果実の入ったワインを飲んだらどうか?」と勧められ、

この道に入ったのがきっかけとのこと。

人生どこに分岐点があるのか解らないものですね  

好き嫌いが全くない私としては、

米が好きで酒、ブドウ好きでワイン、芋好きで焼酎、麦好きでビール。

まあ、なんでも来い

どうやら、食いしん坊には新たな人生の分岐点はないようです 

------------------------------------------------------------

先日IAT, Ecafe, 花園会合同飲み会にご参加いただいた皆さんへ。

Dscn0897

2,000円*30人分を、お約束どおりやまけんさんを通じて、

「東北被災地炊き出し」へ送金致しました。

ご協力ありがとうございました。

« 8月5日午後一時半からコムズで英語発音の勉強!  | トップページ | かみなりから、ヒーロースター  »

コメント

その節は、いろいろと大変お世話になりました。

ラングー・ド・シャー、行きたいと思いつつなかなか行けていないのですが、今回の記事を見てますます行きたくなりました!
料理もワインも堪能したいですね~
嫁さん誘ってなんとか訪問したいと思います!

こちらこそ、来年もよろしく 

ラングドシャーは開店以来の人気店で、いつも流行っています。店内は忙しそうですが、なんとなく落ち着きます。
奥さん誘って行くにはベストではないでしょうか?
しっかり奥さん孝行をして、また一緒に遊びに行きやすい環境作りをして置いて下さい 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bistro Langue de chatでワイン三昧:

« 8月5日午後一時半からコムズで英語発音の勉強!  | トップページ | かみなりから、ヒーロースター  »

最近の写真