ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 大洲わか宮食堂で鶴亀 | トップページ | 松山夜市初日に、うめまる  »

2012年6月27日 (水)

KIKUEI Cafe 

異性である女性に関しては、子どもの頃から自分なりの判断基準があります。

かたや男性は、「彼はイケメンね」とか言われても、あまりピンときませんwink

TOKIOの山口君がカッコイイと思うのですが、女性陣の反応はいまいち。

さて、

四半世紀の付き合いになる奥さんが、

「あなたと同世代は思えない」と、気持ちいいくらいはっきり褒めるK君は、

私が「こういう人をイケメンと言うのだなあ~」と基準にしている友人です。

Dsc_0015

彼が経営しており、惜しまれながら閉店した蕎麦の菊栄が、

山越の同じ場所に「KIKUEI Cafe」として再オープンしたと聞きつけ、

夫婦で日曜ランチにおじゃましますrvcar

偶然AZAさんと脱メタボさんも来店され、同じ席で即席オフ会が始まります。

Dsc_0019 Dsc_0018

Cafeですが、ランチタイムはしっかり蕎麦も頂けるので、

久しぶりにK君の蕎麦のご相伴にあずかります。

かっこいいだけで様になるんだから、

その辺でぼんやりとしてくれていればいいのですが coldsweats01

すらっとした長身から、自然体の笑顔と丁寧な語り口で説明が始まります。

「まあ、美人ちゃんっていってもね~down」など、普段は外見の話になると、

「男はすぐ見た目で判断してangry」みたいな事を言っているのに、

最近、明らかには私には向けたことのない、

目じりと頬が柔らかく緩んだ視線で彼を眺めている姿を見ると、

現実とはこんなものだと、改めて実感するのです catface rain

さて、

Dsc_0020

「Zororiko (ぞろりこ) 1,000円

本来は温かいそばで頂くのですが、お願いして冷たいそばに替えてもらいます。

最初にお勧めしておいて、相手の要望にも臨機応変に答える男前姿。

これ、ちょっとメモpencilらせていただきます。

優しいとろみ肉味噌出汁に、引きしまった麺をくぐらせて、

するっと喉に落ちていきます。

Dsc_0025

「天せいろ 1,100円

久々の対面に興奮が静かに高まります note

Dsc_0031

麺だけゆっくりかむと、蕎麦粉の香りspaが広がると同時に、甘みがジワリdelicious

出汁は相変わらずキリッと切れがよく、蕎麦と力のバランスが絶妙 diamond

衣の下のエビは、温かいけど白変わる寸前の生感を少し残したタイミング。

ピンクの岩塩をガリガリとその場で作って、素材の味を楽しみます happy02

ああ、やっぱりここの蕎麦、大好きです shine shine shine

Dsc_0037

「試作中なので、比べてみて下さい」と出していただいた茶色のお椀の麺。

先ほどまで頂いていた黒いざるの麺と食べ比べが始まります。

Dsc_0050

この粉は緑色が強く、味自体はあっさり。

前の写真の上の茶色いお椀の麺は、この粉の比率が少し高く、すっきり。

塩だけで食べると、じんわり後から味が出てきます。

Dsc_0047

こちらの粉は細かく挽かれており、香りの立ち上がりが急峻。

下の茶色いお椀の麺は、こちらの粉の比率が高く、

口に入れてからの「この蕎麦旨い!」と感じるまでの時間がとても短い、

インパクトのある仕上がりです。

そして最初に食べた麺は、その二種類の中間の比率。

先日もうかがったのですが、粉の比率はまだ工夫中のようです。

Dsc_0055

横にはK君のセンスが光る落ち着いて広々したスペース。

14時からしかメニューにない「ソバ粉のガレット」などをつつきながら、

カフェとしていくらでも時間を過ごす sandclock ことが出来ます。

懐かしのローテーション入りの店が、グレードアップして戻ってきてくれ、

こんなにうれしいことはないのです scissors happy02 good

« 大洲わか宮食堂で鶴亀 | トップページ | 松山夜市初日に、うめまる  »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

岡山の実家では普段はもっぱらうどんでした。うどんは祖母が打っていました。
そばと言えば年越しのそば位で市販のそばを温めてけんちん汁をかけて食べていました。
大学生になり松山で生活した時に先輩に連れて行ってもらったのがそば吉、にしんそばのにしんが丼からはみ出すほどのインパクトある物でした。
その後もそば吉には良く足を運び、年越しそばはそば吉のそばでざるで食べるようになりました。
出雲に仕事に行くようになって食べた出雲の割子そば、広島は豊平に店を出された高橋名人のそばなどいろいろ美味しいそばがあります。 http://www.youtube.com/watch?v=H2_CtU10RHA 
KIKUEI のそばも美味しそうですね。チャンスが有れば行ってみたいです。 それにしてもAZAさんや脱メタボさんとの邂逅は偶然とはいえびっくりいですね。美味しい物に対する嗅覚が似ておられるのでしょう。

そば吉ってチェーンですが石臼でひいたりして結構本格的ですよね。「信州信濃の新そばより、私はあなたのそばがいい。」ってコピーが秀逸だと思っていますnote
私も山陰が長かったので、蕎麦と言えば割子でした。後は、出石の皿そばも印象に残っています。愛媛でもいよ翁という高橋名人の弟子のお店もおいしいですよwink
オフ会の方と食べ物屋さんで会う事は、決して珍しいことではありません。開店間もない店には、みんなが興味があるので、ひきよせあうようですdelicious

先日は早くに撃沈してしまいすみません(汗)

菊榮さんのお蕎麦大好きでした。
お店の軒先にあったミントを店員さんから快く頂いて帰って
今や我が家のお庭に群集となって生えてくれています!

あっち向いて走ってみるか誰かに教えて頂かないと気がつかなっかたかも?の再オープン!

近々行ってみたいと思いました。
いけちゃんだって眼鏡の奥の目がとっても素敵ですよ。
カメラを構えた姿はかっこいいです。

こちらこそ遅くまでお疲れ様です happy01
実は今日も昼から専務に捕獲されておりました。

菊栄と昔からつながっていたとは存じませんでした。
以前の雰囲気を残しながら上手に復活しています。

カメラを構える姿をお褒め頂き、天にも上りそうです。
これから島っこぴっちゃんにお会いする時は、常に目の前に構えたままで食事をすることに決めましたcamera

「蕎麦屋」と呼べるお店で
盛やせいろ以外を食べることはまずないのですが、
(蕎麦湯に目がないせいもあり)
男前に勧められて「ウマカラKIKUEI麺」をいただきました。
次は「ゾロリコ」「蕎麦ガレット」だな♪

「ウマカラKIKUEI麺」、先日お先にいただきました happy01
酸味と辛みのバランスがよく、さすがの一品。
「蕎麦ガレット」は14時以降なので、おやつタイムですねsandclock

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/54937107

この記事へのトラックバック一覧です: KIKUEI Cafe :

« 大洲わか宮食堂で鶴亀 | トップページ | 松山夜市初日に、うめまる  »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008