« 大人の日帰り遠足 ひかり食堂 | トップページ | 松山三越 春の北海道展のイートイン梯子 »

2012年3月23日 (金)

専務との梯子酒

前日夜に土居の「ひかり食堂」から自宅に帰ったのは夜中の12時前 clock

翌日水曜は夕方6時に、専務の集合がかかっています run

Dsc_0577

「たこ焼 Qちゃん」は余戸にあるたこ焼き屋さん。

元気のいいご夫婦がやっており、Komachiでも紹介されたことがある老舗です。

Dsc_0587

ひっくり返された小さな山の高さが、普通のものより数段盛り上がって居る事に、今を時めくバームクーヘンフードブロガー・ニャンまりさんが気が付きます。

Dsc_0591_2

「たこやき・にんにく入り」

初めて食べる組み合わせですが、これぞ瓢箪から駒 sign03

ニンニクの効いた粉もんにたっぷりのマヨネーズで、中はしっかり火が通っているのにトロリと味わいが広がります。

Dsc_0590

さあ、「広島風お好み焼き」が登場したところで、かんぱーい beer

これもニンニクがアクセントになって、B級感満開 cherryblossom

「大将、どうしてQちゃんなのですか?」の問いに、

「ほら、たこ焼き八ちゃんってあるやろ!あれの上を行くために九(Q)にしたんよup

Dsc_0599

こちらは大阪焼きとたこ焼きです。

一斉に、「ほんわか ふんわか ほんわか ほいnote」って八ちゃんを合唱 notes しながら、Qちゃんを頂き盛り上がります。

二軒目は、西堀端旧モルゲン跡にオープンした居酒屋、

Dsc_0609

「くるみ」

Dsc_0611

海産物を中心としたラインナップで、開店以来気になっていたお店です。

Dsc_0623

「よこわ刺身(1,200円)

一仕事して炙られた皮の香りが良いですね~ smile

Dsc_0627

「れんこん天ぷら(500円)

もっちりしたれんこんが、蒸しあげられほっこり vdeliciousv した仕上がり。

Dsc_0634

「出汁巻き卵(550円)

断面から、エキスが染み出し、口にいれるとジュワリと広がります。

Dsc_0637

「くじら竜田揚げ(1,000円)

奥歯からゴマの香りと、じんわりと赤味の深い旨味が染みだします。

もう、この味を懐かしく思う世代は減っていっているのでしょう。

さあ、

しっかりと頂いて、すっかりいい気分なので、先日愛媛新聞で復活記事を見た

Dsc_0640

「きんぺい」へ、梯子。

Dsc_0643001

石鎚コース(1,570円)は、一番上の飲み物+突き出しに、下二段から好きなつまみの組み合わせを選べる仕組み

専務の作戦で、全ての一品をお願いし写真を撮影 camera

いくつか紹介すると、

Dsc_0653

「つくね串」

あっさりしていて、軽く甘辛く頂きます happy01

Dsc_0669

「カキフライ」

フライになる事で濃縮された牡蠣のエキスにかぶりつく瞬間って、なぜかすこし興奮。

Dsc_0671

「サイコロステーキ」

まさか、ここでこんなにしっかりとした牛肉が頂けるなんて taurus

どれも出来立てて美味しいので、結局は飲み物を追加することになります。

さて、

この頃から「何となく食欲が無いな~」と感じていたのですが、翌日木曜日も良い店に当たったので、がっつり飲んで食べちゃうんですよね~ good

 

« 大人の日帰り遠足 ひかり食堂 | トップページ | 松山三越 春の北海道展のイートイン梯子 »

その他グルメ」カテゴリの記事

コメント

え~、ナマチュー11杯飲んだってこと?
しかも付出11個?

イエイエ、六人で行って六つの組み合わせを頂いたのですhappy01
出来たおつまみは全て私の目の前に置かれて記念撮影cameraでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/54129617

この記事へのトラックバック一覧です: 専務との梯子酒:

« 大人の日帰り遠足 ひかり食堂 | トップページ | 松山三越 春の北海道展のイートイン梯子 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009