« 台湾家庭料理 福味香(ふみか) ★★☆ | トップページ | 比来野(ひらの) ★★☆ »

2012年2月12日 (日)

もぎたてまつり@三越+雲珠

南海放送「もぎたてテレビ」の放送1000回を突破記念企画 fuji

三越で行われている「もぎたてまつり」が、本日二日目を迎えております。

(期間は2月11日~15日(水)最終日は5時まで)

日曜日という事もあって、想像以上の客足。

会場ではテレビカメラを引き連れた元気なおねーさんたちが、各ブースを周りながら生中継中です。

アナウンサーの方って、小柄で可愛らしいのに、雑踏の中でも声がしっかりと通るんだな~happy01と、妙に感心しながら、彼らが去って、少し人の空いたブースを覗いてまわります。

20120212_124426

今治・昌万「お好み焼き(ハーフサイズで301円)

友近さんが愛媛を紹介するテレビ番組で、見たことあるおばちゃんが、すべて一人でしゃきしゃき焼いておられます。

目が合うと、にっこりしていただき、そのナチュラルなサービス精神を初対面で体感。早速、頂こうとすると、レジの方が「すみません、お先に食券買ってください」coldsweats01

雑踏の中、改めて食券売り場に並びます。

意外にあっさり券を買うことが出来るのですが、二度手間なのでご注意ください。

さて、

空いた席に座り、アツアツのところを大きめに切ってパクリ

キャベツたっぷりの自然な甘さが、蒸し封じ込めされており、最高 smile

奥さんと、「これは、有名なのも解るね」と、一品目から納得です。

お次は、

20120212_124620

東温市・見奈良あさつゆマルシェ「あさマル かき揚げうどん(551円)

これも、かなり旨いんですよ~ delicious

筒状に揚げられたかき揚げは、野菜が圧迫されることなく、微妙に融合。

野菜自体がふんわりと、素材のみずみずしさと新鮮さがほっこりと閉じ込めされた状態なのです。

好みで塩をつけ、ガブリと頂くと、野菜の力がそのまま噴出 sweat01

油キレもよく、サクサクとあっという間に無くなり、食後のもったり感もありません。

まだ、続きます wink

20120212_130304

宇和島かどや「宇和島御前(1,000円)

鯛の刺身にはもっちりと脂がのっており、名店のプライドを感じます good

それを甘めの醤油出汁にくぐらせ、ご飯にのせて、その上からだし汁をかけて大きめにパクリ。

鯛のふんわりした白身の香りが際立ち、上品なエキスが白米を包み込んで、なんだかほっとする味付け catface

右下のさつまも、白みそベースで濃厚。柑橘系の皮が香り付けで、サラサラと喉を落ちていきます。

よくある物産展では、一品食べただけでそれ以上舌も腹も受け付けなるくらいの、なんとも言えない作り置き的むつこさを感じる事があります。

しかし、今回のイベントは、お店の方が直接やってきて、本店の味を気合を入れて再現されているのを、びしびし実感し、あっさりと頂けます。

その為、三品頂いても、まだカレーくらいはいけそうです eye

普段見慣れたようなメニューで、そこまで期待していなかったのですが、いい意味で裏切られ、大満足でエスカレーターを降ります。

さて run

腹ごなしに道後方面に散歩。

奥さんが雑誌まつやま2月号に載っていて、絶対行きたいからと、

20120212_135132

「ぱんや 雲珠(うず)」へ。

この店には、ちょっと圧倒されます。

20120212_134924

円弧状のパンを並べるテーブルを挟んで、お店の方と対面。

店長さんと思しき方が、こちらを向いたまま、目の前で生パン生地を整えながら、次々とお勧めを説明。

その横のオーブンでも、次々と焼き立てが出来上がり、そのままこのテーブルに並べられていきます。

客は、右手前からトレイを持って前の人の後ろに着く形で、選び終わった頃にレジに着く流れ。

ジャズ風三味線の音楽notesが流れており、それに合わせるようなテンポで、店員さん達が流れるように、練ったり、焼いたり、運んだり、計算したり、袋詰めしたりしています。

20120212_135047

今回の買い物はこれで910円。

早速帰宅して丸い三つを食べてみますが、子供達も大喜び。

一つ一つの香りやもっちり感が違い、どれもしっかりした食べ応えと素朴なおいしさ。

まつやまの記事によると酵母の組み合わせを、パンの種類によって変えたりしておられるとの事。

開店一周年なのですが、店の前の駐車スペースには、文字通り絶え間なく車がやってきて、行列が途切れません。

いや~、今日は地元店ならではの本物感を堪能した日 notes notes notes

夕食に、赤ワインとここのバケット食べるの楽しみなのです smile

« 台湾家庭料理 福味香(ふみか) ★★☆ | トップページ | 比来野(ひらの) ★★☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毎日所用で三越に行っている義母が「からり」のもろみバーガーや新居浜の「せんざんき」なるものを買ってきてくれ、
「何かな」
と思っていたのですがこれだったんですね。
かきあげ丼、すごい迫力です。
道後のパン屋さん、前を通ってガウディっぽい建物に興味津々だったのですが美味しそう。
今度は立ち寄って僕もワインのお供にさせていただきます。

義母さんは、昨日からのもぎたてまつりに参加されておられたのですね wink
もろみバーガーとせんざんきはいかがでしたか?

雲珠、見たことない形式のパン屋さんでした。味は自然派といった第一印象です。
バケットはコンテやブルーチーズを合わせて、あっという間の完食でした penguin
お試しあれ~ happy01

TVで見てましたけど、さすがスゴイ人だかりでしたね!
「イイなぁ」「あれ食べたいなぁ」そんな会話ばっかりの我が家でした。
僕はちらりと見えたキムチに惹かれました。

あと【雲珠】、出来たばっかの頃に行きましたけど、
何度も何度も『あ~、【雲】やっけ』としか覚えないのはウチのヨメさんです^^;

雲珠さん。美味しいですねー。お店の向かい側(道路の北側)にも駐車場あるようですよ。

雲珠さんは、職場の女子を誘うと
ヒイヒイ…いや、ホイホイ言ってついてきますねbleah

最後の黒い丸いヤツは「GANTZ」ってネタで
当ブログに下書き保存されていますw

ちらりと見えたキムチは、伊予市のオモニのおばちゃんが売っていたので、お店でも買えると思いますよ(関連記事;http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2011/07/post-fb1e.html)
恥ずかしながら、本日も出かけてしまい、今治驢馬のざんきや、横河原若竹食堂のジャンボいなりなどを購入し、禁断の油もの+炭水化物夕食をやっつけてしまい、プチ反省をしている所です penguin

あら、パンお好きなんですね happy01
雲珠さん、すっかりはまってしまいました。
岡山鮮魚店からの梯子パターンになりそうです good

いつも、当ブログ倫理規定ぎりぎりのコメント、ありがとうございます happy01
うちの子がガンツを読んでいるのを借りてみて、その内容に驚愕しました。
そのネタは、下書き保存のまま時代が追いついてくるまで塩漬けされるのでしょうか?それとも、近いうちに。。。bomb

松山へ行った時はだいたい道後温泉に朝風呂に行きます。去年のいつ頃だったか朝走っていると変わった建物のお店に灯りが付いています。何のお店かなと覗いていると中から店の人が出て来て
『ごめんなさい7時から営業なんです。』との事。お風呂に入って着替えをしてもう一度伺うと『先程来られた方ですね。』と覚えてくれていました。いくつか購入して早速朝食に利用しました。
その後も何度か温泉帰りに寄って買っています。雲珠(うず)って読みにくいですね。

ジョギングで道後の朝風呂って、私が目指すヘルシー生活の見本です。
その帰りに、ここの焼きたてパンで朝食って、素敵なコースを見つけられましたねhappy01
私なら夜更けまで飲み倒して、アサヒで遅めの朝食を済ませたあとに、電車で道後の白鷺の湯ってパターンになりそうです coldsweats01

同じ日?「輸入車ショー」の出店してた「パンマーケット」さんのパンも
おいしかったです。
大好きなオリーブが丸ごと4粒入ってエダマメみたいなパンが
特にお気に入り。
「うず」さんも行きたいなぁ~
おいしいパン屋さんって、なぜか地の利がよくないんよね~

twitterでチェックしていると、そちらに流れた方も多かったようですね happy01
私が買ったバケットの横にあるのが、そのオリーブが枝豆みたいにはいっているやつで、ワインにピタリでした wine
うずさんは、お店の前の駐車スペースは三台分くらいですけど、道を挟んだ反対に駐車場があるようです。
まあ、歩き圏内でしょ run

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/53964524

この記事へのトラックバック一覧です: もぎたてまつり@三越+雲珠:

« 台湾家庭料理 福味香(ふみか) ★★☆ | トップページ | 比来野(ひらの) ★★☆ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009