ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« もぎたてまつり@三越+雲珠 | トップページ | スリーヴァーチュー ★★☆ »

2012年2月14日 (火)

比来野(ひらの) ★★☆

手のひらを大きく伸ばした長さサイズの海老フライthree匹 sign01sign01sign01

こちらの武器は、割り箸とマヨネーズにソース。

あなたはこの状況で、どのようにして、このバルタン星人に向かって行きますか?

Dsc_03141

「レストラン比来野」は、大洲方面から夜昼トンネルをぼぼ登りきった右側にあります。住所が大洲市平野(ひらの)なのでこの名前なんだと、妙に納得 catface 

以前、ぐっちーままCookingさんから「いけちゃん、あそこの海老フライは食べとかんといかんよ!」と教えて頂いてから、数年間気になっていたお店。

最近、おっさんのブログで見てから、ますます欲望が抑えられず、大きなエビフライの看板に吸い込まれていきます rvcar

店内は畳部屋とテーブルがあり、かなりの広さ。

棚にある週刊ポストを手にとって、広い畳の席にゆっくりと腰をおろします。

まず目に入ったのが、

Dsc_03011

この文字 eye (エビ3匹)って書いてあるのはあまり見慣れない光景ですね。

Dsc_03021

メニューを開けると、「エビフライ 1650円」っていうのもありますが、まずは上の1250円の定食をお願いします。

お店のお母さんも「エビthree匹のほうですね」と力強く確認され、看板メニューへの期待が高まります。

Dsc_03061

店の奥から聞こえる油の音に、興奮を抑えながら待っていると「エビフライ定食」が、ライスと味噌汁を伴なっての登場です up

一匹の長さは手のひらを広げて、小指の先から親指の先の長さを超えるビックサイズ eye

あまりに大きすぎて二匹しか見えないので、皿を回転させてみましょう typhoon

Dsc_03081

ほら、内側にもう一匹隠れていましたね happy01

さて、

このぶっといエビさんは、頭としっぽに硬い部分がありますから、どこから食べようか一瞬考えます catface sweat02

定食には割り箸しかついてこないので、とりあえず真中あたりで半分に切って、切れた部分からかぶりつく作戦に出ます。

白い身はプリップリで、まさに口いっぱいにパッツーン sign03 

その太さに、一瞬タラバガニに食いついたのかと錯覚さえします。

軽く付いている塩の下味が、身の甘さを引き出しており、素のまま頂きます。頭の部分の味噌もちゃんと入っているので、そこもチュウチュウ scissors

私は、エビのしっぽを食べる3割の方の人間(まるみ食堂でのポワンカレ予想より)ですが、今日は足の部分も多少の硬さを気にせずにバリバリ thunder 

この時点で、まだ2匹もエビさんが残っている事を確認して、その幸せを噛みしめながら、ライスと白麦味噌汁でちょっと休憩しましょう。

2匹目は、

Dsc_03121

頭を外して、味噌の付いた部分から、ガブリ smile smile smile

サクッと揚がった衣の中で蒸し上げにされたエビの香りが、ふんわりと立ち込め、エビ味噌の濃厚なアクセントが堪りません。

このまま、尻尾まで一気に食べ仕上げてしまいます。

少しピントが甘いのは、エビフライの油で手が滑りやすくなっているからと言い訳させて頂きます。

ふう sweat01

食べ応えのある二匹との戦いを反芻しながら、付け合わせのサラダを頂くのですが、このドレッシングもちょっと甘めで旨いんですよね wink

真中、頭と、二方向から食べてきたので、最後の一匹は尻尾からガブリ delicious

卓上のウスターソースをちょっとかけて、半分くらいまで食べ進めます。

あとはライスと交互に最後の仕上げに入り、バルタン星人との戦いは最終ラウンド・ドロー catface

お皿の上を見れば、エビの頭の兜の部分だけが三つ、ころりと転がっているのみ。

余韻に浸りながらメニューを見直してみると、エビフライと、コロッケやハンバーグとの組み合わせも出来る上に、カレーやステーキまで bell

次回は、他のフライ星人達とのさらなる戦いを心に誓いながら、国道197へと戻るのです。

所で、メニューに書いてあったエビフライ1650円は、定食と何が違うんでしょうね sign02

« もぎたてまつり@三越+雲珠 | トップページ | スリーヴァーチュー ★★☆ »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

いけちゃん、ウェルカム「比来野」♪
僕はいつも1,650円のほうよ!
エビが5匹のっとるよ~(笑)
エビフライが食べたい時はここデッス!!

ついに大洲市の洋食の雄が登場ですね。
ナント、ぐっちーままさんもご存じだったとは!流石っ!

味噌汁のイリコ出汁もたまりませぬ。
因みに、私のお気に入りは「エビフライ・ヒレカツ」。
ほかには、カレーもお奨めなんで試してみてくださいね~

1,650円は、なんと海老5本ですかwobbly
単純計算すると、海老一本200円ですね♪
その価値は十二分にあります。
まあ、5本があると聞けば、それを食べない訳には行かないです。

そうそう、味噌汁も美味しかったです。
ご意見を総合すると、次回はカレーにエビフライとヒレカツをトッピングすればお薦めが完成しますね♪ マジで、我慢できんとですd=(^o^)=b

いけちゃん富そばに引きつづき比来野への登場に感謝lovely
島津さんのおしゃる通りエビフライは海老が5尾なんですよねぇ~scissors
いけちゃんにまた紹介出来るお店を見つけに近々西条に出かけて行きますよcar
ここはメニューは2品の10割そばのお店だそうなのでまた結果報告しまぁ~すhappy01

もう10年以上前ですが、結婚前にヨメがすぐ近くに住んでまして
何度か行ったことがあります(^▽^)/

懐かしいなぁ~

おっ!行かれましたねdash
私は貧乏性の欲張りなので、エビフライとイカフライといった
セットものにしちゃいました。
エビ、デカかったですよねshine
あ~、また食べたくなりましたlovely

ご無沙汰です happy01
やっと、比来野に行くことが出来ましたが、予想以上に迫力の店でびっくりしました。
西条の10割蕎麦?また、新情報お待ちしています。
PS:鳥(とり)津さんは、島(しま)津さんではありませんよ wink

へ~、意外なところでつながっているもんですね smile
エビフライ以外の情報も魅力的です。
追食して、次回お会いする時にお話しします good

はい!おっさんのブログを見て、居ても経ってもいられなくなりました smile
以前からその存在は知っていたのですが、メニューも豊富で、カレーも気になります。
また、食べ歩きしましょうね smile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/53878192

この記事へのトラックバック一覧です: 比来野(ひらの) ★★☆:

« もぎたてまつり@三越+雲珠 | トップページ | スリーヴァーチュー ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2