« 讃岐うどんツアー さようなら斎賀製麺所編 2 | トップページ | お食事処 たつみや ★★☆ »

2012年1月30日 (月)

讃岐うどんツアー さようなら斎賀製麺所編 ファイナル

有名店を梯子している割には、大した行列にも合わず、

視界良好ヨーソロ状態の一行は、高松市内の香川大学方面へ rvcar

こちらで、讃岐の有名ブロガー「つぶあんな」さんと再会の約束をしています。

Dsc_0140

竹輪天で有名な竹清近くの「吾里丸」は、いっしゅうさんからいつも名前を伺っていた隠れた名店。

大学が近いこともあって、

Dsc_0132

真剣に「皿洗い一時間で食べ放題eyeっていう、まるでマンガのワンシーンのような看板が誇らしげにお迎えです。

Dsc_0133

入ってすぐの目の前で、たまご天が丸々と揚げられています heart04

Dsc_0134

うひょ~、揚げたて揚げもんワールド notes

Dsc_0138

この店が最後と踏んだ私ととしさんは、我慢していた揚げ物を二つとって、仕上げにかかります run

「かけうどん(160円)

ふんわりとした麺にあっさりスープに、一気にとりこ。

竹輪の磯部揚げをガブリをかじって、だしを口に含み、ゆっくり撹拌しながら、フライド・オイル・トランス状態 catfaceheart04 

あんど、お金を払うとこにいるおばちゃんが、とにかく面白い。

いかにも起きて10分以内の、寝ぼけ眼で寝癖髪満載の学生さんが並んでいると、

「ああ、明けましておめでとう、今年も宜しくね」と、

はにかむ学生さんに、親せきのような距離感で話しかけます。

「ほら、人が挨拶したら、ちゃんと挨拶せんと」と、お小言まで wink

目が覚めたらこんな素敵な店が近所でやっているんだから、

香大生が在学中に、うどんに洗脳されてしまうのは何の不思議もありません。

常連のつぶあんなさんは、奥の大将がダイエットに成功したことを褒め、さっきの面白いおばちゃんから「ほら、いくらでも持って行って良いよ」と勧められたゆずキャラメルを、小さい手でふた握りくらい頂いて、バックの中にしまいこんでいます。

さて、

ここで打ち止めの雰囲気でまったりしていたのですが、つぶあんなさんより、讃岐のうどん聖人メタボ柿原さんが、次のお店でお待ちだとの情報を得ます。

Dsc_0142

そして、気が付けば最後はいつも「さぬき一番」

この日のお勧めは、ラーメン二郎からのインスパイヤーと思われる「背脂肉うどん」

野菜(っていっても、ほぼもやし)、麺、背脂、たれに「増し」や「増し増し」まで設定してあり、他の方の注文されたのをちらっと見ると、幼稚園低学年生が砂場で作る山くらいの高さはあるでしょう bearing

メタボ柿原聖人には、是非にと注文を促されますが、既に胃袋MAXを超えているので今回はいったん退散。

だって、このあと大好きな「ざるカレー」を頂いたのですが、すっかり写真を撮る気力をなくすくらい、この時点でグロッキー wobbly penguin

今回の教訓; 慣れたとはいえ讃岐うどん道は険しい。揚げ物は控えめに coldsweats01

でもね、三日も経つと、また白くて長いものが食べたくなるんですよね~ delicious

« 讃岐うどんツアー さようなら斎賀製麺所編 2 | トップページ | お食事処 たつみや ★★☆ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

私は両店とも未食ですが、吾里丸は天ぷらが美味そうですね。これなら二つとるのも納得です。
おばちゃんも是非お会いしたいキャラですね~

そして、うどんツアーの最後に「さぬき一番」の背油肉うどんは食べられないでしょう。
確かに二郎インスパイア系ですね。
私も一度食してみたい・・・でも、はしごはできんかも。

どーもどーも
先日はお世話になりました。

うどんって不思議だよね~
お腹一杯まで食べてもまた食べたくなるという…

さぬ一はまた新しいメニューを考案中なので
また訪れてくださいね!
さぬ一は一人1品頼まなくても大丈夫なんで
お腹一杯なときは座って見てるだけでも大丈夫ですよ♪

でわまた。近いうちにお会いしましょう!
頭の傷ですが
先日触ってみたら腫れひいて普通になってました、
人間の回復力ってすごいですね!

「さぬき一番」の背油肉うどんは、梯子ではなく、単品で狙いにいかないと仕留められないと思います。その為だけに、高速つかっていくのもなんとなくもったいないし。
でも、我々フードブロガーは立ち向かわなければならないのです。そこに、もやしの山がある限り wink
って事で、今度行きます?

うどんパワーで頭の傷も回復!おめでとうございます happy01
私の辞書には「人が食べているのを、横で座ってみている」なんて言葉は無いのです。いっしゅうさんツアーの締めがさぬ一なのは理にかなっていると思います。
営業時間の問題もあるでしょうけど、あそこ最初に行っちゃうとあと二軒くらいしか行けない気がします。
所で、大量に貰ったあめちゃんはどこへ?

はじめまして 以前から拝見させていただいておりました。
今は勤務の関係で松山在住なのですが、生まれは高松です。
私が小学校の5年生のときに竹清ができました。
通っていた小学校のすぐ東側だったので、クラスの連中みんな知っていて
おいしい、と言っていました。 そのころは、お昼こそ人が入って
いましたけれども、午後の2時過ぎなんかに行くとがらーんとしていました。
さぬき一○のこの店、高校のときの同級生のKくんがやっています。
彼は、高校のときは空手部だったんですけどね。大学出てから
うどん職人になって、ずっと今に至っています。おいしいでしょ。
○ナカの宮脇店の前の吾里○、実家の近くなので何度か行きましたが
うちではちょっとうどんがかたくてごりごりしとるなぁ、という感想でした。

こちらこそ、始めまして happy01
いつも「勝手に松山ミシュラン」をご愛顧いただき、本当にありがとうございます。
釜揚げのお湯で産湯を浸かったようなメッカの方にコメントを頂き、ちょっと緊張しています。
竹清も是非食べてみたいお店なのですが、まだタイミングが合いません。その歴史と共に育った方のコメントは重みがあります。吾里〇は、そんなに硬い感じはしませんでしたし、本文に書いたように、学生達との親密感が印象的でした。それに毎回驚かせてくれるさぬ一の大将と同級生っていうのが、驚きです。多分、また近いうちに伺うと思います。
まだまだ讃岐うどん道入門編の私ですが、県全体(特に西讃中心に)が、うどんワンダーランドの文化に触れてしまい、定期的に禁断症状が出てしまいます。まだまだ、カーナビも高速もなかった頃からの食べ歩いておられるいっしゅう師匠の掌の上ですが、いつかは讃岐詣での信者を増やせるようなオリジナルの梯子メニューを組めるようになりたいと思っています。
松山在住とのことですが、出汁と一緒に頂く柔らかくて甘めの松山のうどんも、伊予の歴史と共に育ってきたうどんです。讃岐うどんとはベクトルは違いますが、九州人の私も最近くせになってきました。宜しければ是非、お試しください good

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/53754032

この記事へのトラックバック一覧です: 讃岐うどんツアー さようなら斎賀製麺所編 ファイナル:

« 讃岐うどんツアー さようなら斎賀製麺所編 2 | トップページ | お食事処 たつみや ★★☆ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009