« 麦わら ★★☆ | トップページ | ひかり食堂 ★★★ »

2011年12月 4日 (日)

大正時代のうどんってどんな味? 

いつものようにtwitterをサクサクしていると、前夜に、いっしゅうさんから讃岐うどんツアーのお知らせ flair 

A.M. 6時と比較的ゆっくり目のスタートで、としさんも同行されます rvcar

Dsc_0689

「上杉食品」かけ小(200円)

朝一の混雑がはけた後で、ゆっくりと滑らかな舌触りと腰を堪能 delicious

お次は、木曜・祭日なので、いつも日曜に閉まっている名店、

Dsc_0695

「がもう」へ。

AM9時前で15分程度の行列は、この店としては少なめ。高速道路休日割引解除の影響が出ているようです。

麺の喉ごしの良さは、秀逸 smile 香り膨らむイリコ出汁に、切れの良い醤油が決まっています。定番の大きなあげを乗せて、丼をもって店の外へ。空の下ですする快感は、得も言われません。

お客さんがうどんをやるために丸々と太ってしまった「がもう雀」は、今日はお出かけの様です。

Dsc_0699

丸亀に移動して、「斎賀製麺所」かけ小(180円)に、ゲソ天(120円)と参りましょう。

こちらのふっくら麺と、麺自体の甘みも最高です happy02 

上杉、がもう、斎賀ともに生麺のお土産を買って帰りますが、どれも「めちゃくちゃ美味しい!また、買ってきて~」と、家族にも大評判。「また、買ってきて~」とは、「また、行ってもいいよ~」って事なので、お土産は皆が幸せになりますね happy02

有名店3店でエンジンがかかった一行が向かったのは、本日のメインイベントへ。

Dsc_0700

あっ、本物がいる sweat01 何となく、後ろめたいので、ぴゅ~~ run

Dsc_0701

「吉原食糧」での、うどんイベント「うどんタイムカプセル2011」です。こちらは、地元で有名なうどんの材料である小麦粉の会社。

吉原社長さんは、広島大学工学部出身で、その著書「だから『さぬきうどん』は旨い(旭屋出版)」の中で、讃岐うどんの歴史は元より、食感、味、香りなど漠然とした感覚のテーマを、理系らしい切り口でデーターpcに基づきに解説されています。

Dsc_0003

メタボ柿原さんが会場でお話しをされていたので、ミーハーにもサインを頂きます。私のボールペンを差し出すと、わざわざ会社の中に一旦本を持って入り、丁寧にサインペンで書いて出てこられます。

つぶあんなさん「腰の低い社長さんで、良い感じやね~catfaceと、しきりに感心されています。

このイベントも、社長さんの企画で手弁当的な感じなのですが、とても温かみのある雰囲気 delicious 他の年配のお客さんが話しかけられた時も、自然体に誠実に対応されており、人間形成が未成熟な私としては、とても勉強になります catface shine

さて、前置きが長くなりました。

Dsc_0710

まずこちらが、「近未来 ハイブリッドさぬきうどん」

さぬきの夢2009とオーストラリア産小麦の美味しさの融合と歌われた麺。全体的な均一感と、そのふんわりとした仕上がりは流石。洗練された一品です。

「オーストラリア産(ASW) sign02 」と思われる方もおられるでしょう。

うどん巡りを始めるまでは知らなかったのですが、現在の讃岐うどんの原料の90%がASW。昭和49年頃から正式に輸入が開始され、それまでのアメリカ産(WW)が真っ白なのに対して、ややクリーム色がかっているのが特徴。

「ええ?讃岐うどんって地粉じゃないの eyeと驚かれた方。

私もそうでした。地粉は、グルテンやたんぱく質の含有量が少なく、粉のまとまりが悪く味もあっさりしてしまうので、あまり普及していなかったのです。

以前お邪魔した天満製麺所で、15歳の時から57年間うどんを打ち続けているおじいさんに同じような質問をした時、「わしらが使うのはメリケン粉や!地粉はまとまりが悪いけん、素人さんじゃあ、うどんにならんやろうな。」と返事が帰って来たのを思い出します。メリケン粉=アメリケン粉ですものね。

Dsc_0711

それではイカンだろう angry と、品種改良を繰り返し作り上げられたのが、さぬきの夢シリーズなど地元で栽培された粉。今回はその先駆けの「さぬきの夢2000」を石臼で挽いて、大正時代のうどんを再現しています。社長さんの著書を拝見すると、普通に粉にするより石臼で挽いた方が、糖分、アミノ酸含有量が増えるというデーターまで示されています。

先ず、独特な香りが印象的。麦茶でも無い、蕎麦湯でも無いけどそれに近い穀物系の風味がします。食感は特にざらついた感じもなくスムーズ、製品らしい綺麗な仕上がりになっています。

いっしゅうさんに導かれるまま、軽い好奇心で足を踏み入れた讃岐うどん巡りの世界ですが、こちらの社長さんとその著書に触れる事により、現在に至るまでの讃岐の文化や、小麦粉がどの様な経緯で発達し、淘汰されてきたかを垣間見る事が出来ます。

今回の内容は、上記著書からの抜粋ですが、その奥にあるもっと面白い内容にご興味がある方は、この本を手に取ってみてください。

お腹も、頭も一杯になった一行ですが、もう一軒「噂のお店」に歩を進めるのです delicious

 

« 麦わら ★★☆ | トップページ | ひかり食堂 ★★★ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

大洲のひでです。
遂にさぬきの夢2009も始動なのですね。
どんな感じなのか楽しみです。

石臼のは全粒粉でしょうか?
素朴な感じと小麦感が漂ってきます。

東京では美味いうどんに巡り会えていませぬ。
うどん禁断症状が出ています故、うどんツアー今度同行させて下さいっ!

東京で旨いもん食べていますか~~ wink
久々の仮独身でうろうろ生活、代わって戴きたいものです。私ならとりあえず毎日ラーメン屋さんめぐりしてると思います。
勿論、帰愛の際はうどんツアーに行きましょう rvcar

こんばんわ~
先日はお世話になりました。リンクまでしていただいてありがとうございます(^^♪

1次会から沖縄の飲み屋のお店までどうやっていったか思い出せないんですよ~
画像編集しててね。
ん?って(^^ゞ
タクシーに乗ったような気もするんですが
いろんなところのがごっちゃになってて…

しかしとっても楽しかったです。いろんな方と出会って一緒に美味しい物食べて飲めるって
幸せですね♪

じゃこ天!めちゃくちゃ美味しかったです(^○^)
素材そのもの味がして肉厚で…


いろいろとお世話になりありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう!

あら~、酔ってないように見えましたが、酔ってたんですね。
移動はタクシーでしたよ car
そのじゃこ天はなかなか貴重品です。それを食べると、今後他の混ぜものしたものが分かってしまうようになるのが、唯一の難点です。お買い上げ有りがとうございました。
次回はうどん以外の高松食べ歩きに連れて行って下さいscissors

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/53175929

この記事へのトラックバック一覧です: 大正時代のうどんってどんな味? :

« 麦わら ★★☆ | トップページ | ひかり食堂 ★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008