ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 珈人(かじん) ★★☆ | トップページ | よつば屋 ★★☆ »

2011年12月29日 (木)

福ちゃんラーメン(屋台) ★★☆

雨の降らない日に、大洲市役所前に現れる老舗の軽トラ・ラーメン noodle

Dsc_0101

今夜は大洲で飲み会 beer

二次会カラオケでもしっかり盛りあがり、「最後にもう一軒good」って事に。

タクシーの運転手さんが「今日は雨やから、やりよらんかもしれんよ」という小雨のなか、以前から行きたかった屋台の「福ちゃんラーメン」に、初突入です car

大洲中央病院近くのお店には行ったことあるのですが、噂では屋台でこつこつ稼いで店舗を持つようになったと聞いており、期待が高まります。

Dsc_0084

おお、小雨にも負けず噂の定位置で営業されています。

「ラーメン七つsign01と頼んで、やっと暦に季節が追いついた寒空の中で体を上下に動かしながら待ちます。

Dsc_0095

この看板を見ながら、「いつが休みなんですか?」と尋ねると、おばちゃんが手を休めずに「うちは雨が降ってなかったらやるんよ。大晦日と正月は休むけどね」と、答えてくれます。

Dsc_0090

見る見るうちに麺が茹であがって、蒸気で一瞬おばさんも見えなくなるほど。

Dsc_0097

チャーシュー、海苔、ネギの上に、胡椒をやや多めにトッピングして、完成です happy02

一杯500円を払った後、市役所前の道を通る地下道の入口のコンクリート柵の上に、まるでそこを店内かと見間違うほど手際よくラーメンをお盆で配っていきます。後は、その場所をテーブルのようにして食べる人もいれば、立ち食いしたり、ガードレールに寄りかかって座ったまま食べている人も、様々 smile

Dsc_0099

「ラーメン(500円)

スープは、すっきり醤油味でやや甘め。「おばちゃん、これは出汁はなに?」と尋ねると、「いろいろwink」とのお答え。

ストレート麺は滑るように胃袋に吸い込まれ、冷え切った体を芯から温めてくれます。麺の量も多めですが、

Dsc_0107

きっちり完食です。

さて、この日は随分お酒も戴いてまだ余韻を引きずっています。創作か、バー・ルイスで呑みなおそうとの声も振り切って、酔った勢いでそのまま寒空の橋の上をだらだらと歩き、龍のように雄大に曲がりくねった肱川を眺めるのです moon3

« 珈人(かじん) ★★☆ | トップページ | よつば屋 ★★☆ »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

福ちゃんラーメン
久々に食べたくなりました!!
車の後部に設置された
コップが独特ですよねwww
やっぱりおばちゃんが作った
福ちゃんラーメンのが好きですね。
(R56の店舗のほうではなく)

かなり遅い時間だったのにあの場所でひっきりなしの来店。
噂は聞いていましたが、かなりの人気店で驚きました noodle
店舗の方は鍋焼きラーメンもあるので、バリエーションが楽しめますよね。

病院前の店舗は息子さん夫婦のお店です。
お母さんがこちらでコツコツと稼いで子供さんを育て上げたという話は聞いた事があります。

家出るまでに雨が降ってなかったら車を出すと以前言ってられました。で、一度来たら、余程の雨じゃない限りは帰らないと言ってました。

雨の日に休むのは、食べる所が無くなるので、お客さんが来ないからでしょうかね?
店舗の方で、夜お母さんが店を出すか確認が出来たはず?です。

僕もこちらの方が好きです。店舗の方がアツアツのを食べられるんだけど・・・。

ああ、食べたくなってきた!ww

この後、速攻で行かれたようですね wink
その行動力に感服です。
一旦あの雰囲気と味を覚えてしまったら、大洲方面で呑む時に必ず寄ってしまいそうです happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/53468033

この記事へのトラックバック一覧です: 福ちゃんラーメン(屋台) ★★☆:

« 珈人(かじん) ★★☆ | トップページ | よつば屋 ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2