« 中 ★★☆ | トップページ | 焼肉 大山 ★★★ »

2011年11月16日 (水)

居酒屋 てつや ★★★

中(なか)で串カツの先制攻撃を受けた一行は、その感想を口々に次へ移動します。

Dsc_0540

「居酒屋 てつや」Four Seasonsの近くにある居酒屋。

十数年前に来た事がある専務が、「ここの店には、松山でも指折りの魚の目利きがおるんや goodと、以前から強力に薦めておられたお店です。

引き戸を開けると、店は満席 full カウンターのお客さんに寄って頂き、どうにか4人分の席を開けて貰います。

Dsc_0545

魚の注文が出来るまでの間にまずお願いしたのが「和牛すじ煮込み(600円)

きちんと煮込まれていますが、筋の部分はしっかり歯ごたえが残っており、噛みごたえを楽しみます。和辛子がつーんとした後に、醤油がきっちり効いていて、酒のあて最高 smile

Dsc_0549

「ハギきもあえ(700円)

身と肝が、ポン酢と大根おろしにしっかりあえてあります。目の前で自分で混ぜながら頂くタイプの物は頂いた事がありますが、こちらは予め混ぜてあるので、しっかり身に出汁が染みており、マリネ風。

気がつけば、自然と冷酒の注文をしてしまいます。

Dsc_0552

「ねばねばギョウザ(600円)

お勧めメニューで、熱々の所を一気に頂きます。糸を引くような粘りはオクラで、高菜やニラがピリッと。今度は、ちょっとグラスに残ったビールに戻っちゃいますね ok

Dsc_0555

お待たせ「刺身の盛り合わせ」 happy02 happy02 happy02

少し寒くなってきたので、魚の種類が増えてきましたね。

いっしゅうさんが「ああ、鰆(さわら)はこれからが時期なんだよね。」と、つぶやかれます。私が、読んで字のごとく春が旬ではないのかと聞き返すと、カウンターの向こうから大将が「お客さん、詳しいね」 wink  漢字の名前とは違い、これから脂を蓄える鰆は12月ごろをピークに美味しくなっていくらしいのですが、まさにその通り。

「赤貝」も、ふっくらと丸みを帯びて、しゃきりした歯ごたえの後にふんわり甘みが広がります。

この大将が、専務が言っておられた「魚の目利き」。魚の事を伺うと、お人柄のにじみ出た笑顔と優しい声で嬉しそうに説明して下さいます。

テーブル席を見渡せば、常連さんと思しき年配の方々が鍋をつつきながら盛り上がっています。またしても、三津の魚の美味しい店を教えて頂き、こんな嬉しい事は無いのです。

« 中 ★★☆ | トップページ | 焼肉 大山 ★★★ »

和食」カテゴリの記事

コメント

はぁ、専務のお当たりシリーズですね。。。
うらやましい。よだれが出ました。。。。

御自分で「当たりシリーズ」と命名されていたのでしょうか?
来週も場所ははっきりしませんが、「リアルジャイアント行く、居酒屋梯子」が企画されています。
よだれ系で行くと、次の記事もかなりヤバいです happy01

あーここ書いちゃいますか(。>0<。)
いつも人一杯ですよね~
三津周辺はいい店だらけですよね!

本当に三津には歴史があり、地元のかたに愛されている店が多くて驚きます。後常連のようですが、ゆっくりカウンターで熱燗でも御一緒したいですねconfident

私の師匠(宮内巌之進氏)がお元気でおられた20年以上前に、
【本当の魚の目利き】と認めておられたのは3人。
ここの大将、丸万の丸山彰氏、すし和の和田和彦氏です。

訂正、和田一彦氏でしたcoldsweats01
移転前は、小さな店でとっても居心地良かったです。
自腹でいけました。伝説ですね。

この店は、また改めてカウンターでじっくり頂きたいです。
座敷で食べておられたフグも気になりますね。
専務さんは様々な経歴があるのは存じていましたが、まさか寿司職人だったとはcoldsweats01
すし和は行った事がないので、またご一緒させて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/53129569

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋 てつや ★★★:

« 中 ★★☆ | トップページ | 焼肉 大山 ★★★ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009