« KEYAKI ★★☆ | トップページ | 某日某所での白い粉を真剣に学ぶ会 »

2011年11月 2日 (水)

はまさくのランチ ★★★ 

かつては料亭だった浜作さんが、大街道のこまどりビルにお店を出しておられます。

松山新参者の私は、昔の浜作さんを存じ上げないのですが、その名前を聞く度に一度は行ってみたいと憧れているのです。

さて、今日は奥さんとゆっくりランチ。

Dsc_0219

「PTAのコメちゃんがお知り合いで、何回か来た事あるのよ。」と、慣れた様子で案内して貰います。

Dsc_0217

ランチ 1600円もなかなかですが、昼から予約も無く3200円のコースを選ぶ方もおられるのですね。お店に入ると、二人なのでカウンターへ。横ではパリッとしたサラリーマン二人が、ちょっとリラックスした感じで、瓶ビールを継ぎ合っています wink

大将はカウンターの向こうで、テキパキと仕事をされ、刺身や焼き魚の串うちなど、全て目の前で現在進行形。腕の良い職人さんの仕事って、無駄がなく流れるようで、その上美しいので、見ているだけでも退屈しません eye

Dsc_0220

じゃ~ん、「ランチ(1600円)の登場です。

お米は炊きたてで、まだ表面が濡れた艶を放っています。

お浸しのは、あっさりした味付けですが、出汁がきちんと効いています。出す寸前まで氷水で冷たくしてあり、その心遣いにまだうすら温かい外の気温でかいた汗が、す~と引いて行きます happy01

正面に座っている「かます」。魚喰いで有りながら、日頃お目にかかるものにはパサパサしたものが多く、あまり好んで食べる魚では無いのですが、今日でイメージが変わります。脂が乗っているからこそ、身の脂でこんがりと焼かれた皮の香ばしさが際立ちます。白身は箸を入れるだけで、透明な油膜エキスが溢れてきます。先程の、炊きたてご飯に大きめにのっけで、鼻の奥の方で味わいましょう catface

「豚汁」も、職人さんが作るとこうなるのかと唸ります。

エッジの効いた鰹出汁に、豚肉、マイタケ、大根、人参、牛蒡、お揚げと、大地の恵みがたっぷりと入っています。一口頂くだけで、体の底からワ~と力が湧いてくるようなエネルギーの塊スープ。根菜の歯ごたえもじっくりと楽しみながら、全ての細胞で吸収作業に取り掛かります。

本格的な和食はお酒と頂く事が殆どですが、酒なしで正面からがっつり味わうのも違う醍醐味があります。

奥さんの機嫌も良く、贅沢感で残りの半日もほんわかと楽しくなるのですnote

« KEYAKI ★★☆ | トップページ | 某日某所での白い粉を真剣に学ぶ会 »

和食」カテゴリの記事

コメント

若い時代でしたので料亭濱作は行った事が有りませんが、新浜作はよく利用しました。一階の明るい窓際の席でランチや二階で会社の忘年会などなど・・・・。さすがに老舗料亭ののれんを分けたいいお店でした。その新浜作も店をとじられ残念に思っていましたが大街道にはまさくが出来たと聞いて今年の夏に義兄の還暦・定年祝いに家族で利用しました。お店に飾られた大きな額の絵が料亭濱作をご存知の方なら懐かしい絵なんだろうと思い聞いてみるとやはりその頃からの物だそうです。
出た来た料理も接客も素敵なお店でした。

身分不相応ながら、何度かお伺いしたことがあります。

ホント美味しいですね(特に出汁!)
そして大将は、プライベートでばったり会った時でも、こんな僕にも深々と頭を下げていただくのです。

料理に人柄が出る・・・というのはこのことかと・・・。

へ~、料亭浜作ののれん分けをされた「新浜作」というお店もあったのですかwink
先日、おこぜで有名な油屋さんも閉店されたと聞いていますが、時代の流れという言葉で片付けるのは寂しいですね。
素敵なお祝が出来たようで、何よりです。我が家も機会があればお願いしてみますcrown

昔、殿様だったのに身分不相応なんて、ご謙遜を happy01 
大将のお人柄を伺い、今度は夜もじっくり味わいたくなりました。
ますてぃーの料理が辛いのは人柄?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/53048431

この記事へのトラックバック一覧です: はまさくのランチ ★★★ :

« KEYAKI ★★☆ | トップページ | 某日某所での白い粉を真剣に学ぶ会 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009