ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 高市食堂 ★★☆ | トップページ | いっしゅうさんうどんツアー(運動クラブ編?)② »

2011年10月 9日 (日)

いっしゅうさんうどんツアー(運動クラブ編?)①

時間とお腹に隙間が空いたら、すぐに麺系炭水化物を詰め込むもんだから、腹囲は世の中の風潮に逆らい、右肩上がりに大きくなる一方です penguin up

そのメタボ腹を改善すべく、mixiで「運動サークルを作ろうtennisと、呼びかけます。みんなの都合を合わせて、「じゃあ、日曜日朝8時に堀の内に集まろう!」と、話がまとまりかけた時、私が「それなら、運動なんてつまんない事やめて、もう後3時間早く起きて、皆で讃岐までうどん食べに行きましょうよrvcar」と、提案。

一斉に「そうしよう happy02 happy02 happy02って事で、

Dsc_0521

朝もやの中の讃岐富士に、いつもの甘南備号が向かっているのです wink

一軒目はいつもの、

Dsc_0528

「大平さんち」

製麺所の片隅で、出汁や丼、箸、薬味まで出していただき、やっぱり一人前70円eye

釜揚げをさっと水洗いした「半殺し」にイリコと鰹の出汁を回しかけます。

茹で立ての麺がぶるぶると口の中で暴れ、朝ぱらから空っぽのお腹に、喉で渦を巻いて落ちていきます good

今回初参加のyumeさんが、目を白黒させながら驚いておられます。

立ち食いしながら甘南備さんが「東京オリンピックの時は、海外からのゲストに足で踏んだものを出すのはけしからん」って事で、「うどん足踏み禁止令」みたいな通達が出たらしいねと、豆知識を披露されます。

すると、大平のおばあちゃんが、

Dsc_0525

「ああ、この機械はその時に買ったんよ。」 catface

ははは、現役のうどん博物館ですね wink

二軒目も、必ずいっしゅうさんツアーのルートに入っている鉄板。

Dsc_0530

「よしや」

いつもは日曜日でも朝から満杯の駐車場には、明らかにスペースがあります。高速道路無料化が中止の影響が出たのでしょうが、食べる方としてはちょっと嬉しくなります wink

Dsc_0532

勿論、お店の中はいつもと一緒で、活気をお腹を空かせた人達で満員です。

私はすっかり定番となった「ひやひや小(220円)おでんすじと卵コロッケ

レールの入った麺は、若い大将のように気合いが入っており、キッチリ効いたイリコ出汁とゾゾゾと啜れば、「うどんテーマパーク讃岐」にやってきた高揚感が一気に高まります。

ほんと、ここのうどんだけで10杯とかやってみたい~~~ smile

ひっさしぶりなので、いつもに増してギュンギュン消化管が活動を開始 typhoon

一行は徳島との県境にある、スペースサンダーマウンテン級のアトラクションに向かうのです。

« 高市食堂 ★★☆ | トップページ | いっしゅうさんうどんツアー(運動クラブ編?)② »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

でた! 久々のうどんツアー!!
楽しみにしてました(^¬^
当たり前ですけど行った事ない店が何百件とあるんで、改めて驚きの香川県。
続きも楽しみにしてますよ!!

炭水化物はエネルギーになりやすいですし、運動サークルの趣旨にも合いますよね☆

サヌキトール中毒の甘南備です。こんにちは。
(いや・・・「讃岐と鬼神」にむしばまれているかも・・・笑!)

補足訂正をさせてください。
足踏みが不衛生との話題になったのは昭和40年ごろ岡山からの旅行者が発端のようです。
東京オリンピックは昭和39年なので、あと付けで言い出した可能性が高いです。
「オリンピックもやったことだし、これから海外からのお客様が来た時に未開の野蛮人みたいで
みっともないっぺ~~」みたいな、そんなとこでしょうか・・・
話題になったのが昭和40年、実際に行政指導があったのは昭和43年~のようです。
さらに、うどん店に対する指導ではなく、製麺所に対する許認可上の細則(~の方が望ましい)
といった指導だったようです。
(実際は細則で罰則なくても守らないと許認可降りないから禁止令と同等ですよね!)

以下コピペ!
≪さぬきうどんに関する記事の中で時々「この一件で、香川県が足踏み禁止令(条例)を出した」と書かれていますが、実際には県から禁止条例は発令されていません。麺類製造業の許可を与える条件として、より衛生的なうどん製造ができるように、必要な機械や器具を明示したのです。これは、製麺所が対象の食品衛生法の細則であり、飲食業のうどん店は対象外でした。≫

でも、この指導があったおかげで、讃岐うどんは現在のように「讃岐の手打ちうどん」として
全国にその名を知らしめることになったとは・・・という、目からウロコの記事を発見しましたので、
うどんファンの皆様、是非ご一読を!

http://www.menki.co.jp/kindaishi/index.html

いや~歴史って・・・面白いですね!

楽しみにして頂きありがとうございます。
らっきい♪さんも香川におられた事があるんでしたよね happy01
いっしゅうさんのおかげで、段々と地理感もついてきましたが、行けば行くほどその奥の深さに驚かされます。何軒か回るうちの半分くらいは、美味しいと確信のある同じ店に行ってしまいますが、それでも行くたびに発見があります。続きもごゆっくりとお楽しみください wink

いつも正確な補足をして頂きありがとうございます。
文字カウントしてみたのですが、本文950文字、甘南備さんコメ700文字でした coldsweats01
もう少しでコメントの文字数に抜かれそうです。今後は、コメントに負けないように、本文を写真で埋めずに、頑張ってテキスト書いてみますwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/52865102

この記事へのトラックバック一覧です: いっしゅうさんうどんツアー(運動クラブ編?)①:

« 高市食堂 ★★☆ | トップページ | いっしゅうさんうどんツアー(運動クラブ編?)② »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008