ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« fumikaden ★★☆ | トップページ | モア ★★☆ »

2011年10月 2日 (日)

ながぐつ ★★☆

「ながぐつ」と聞いて、あるお店が頭に浮かぶあなたは、松山グルメ有段者 notes

「あれ~、聞いた事あるけど、どこだっけcatfaceflairの方は、アハ体験をお楽しみください。

今日も今日とて、「天山交差点周囲を探索するぞ punch と、専務からのお呼び出し mobilephone

Dsc_0356

「IZAKAYA ながぐつ」は、南松山環状線沿いアプライド北にある一戸建て。

Dsc_0362

街中にあった「長ぐつ」が移転して、居酒屋に転身されていますが、

Dsc_0360

前店のイタリアンの雰囲気も残してあります。

Dsc_0358

まずは、自慢の一品。

Dsc_0366

「うまみどて焼き(500円)

肉は原型を殆ど留めない位にしっかり煮込まれており、トロットロッ smile

舌と上顎で挟むようにしてほぐすと、味噌味が線維一本一本まで浸透しているのです。

もう一つの自慢の一品は、

Dsc_03701

「やわらか豚角煮(500円)

脂抜きがされコラーゲンと赤身の赤裸々な姿に、

しっかりと醤油ベースの味付けが芯まで染み込んでおり、食べ応え十二分 delicious scissors

chick downが丸々一個付いているので、ボリュームたっぷりの完成度。

「焼酎の友、煮込み部門新人賞crownを勝手に授与です wink

Dsc_0377

以前も申し上げましたが、座右の銘が「エビフライ(500円)の専務が注文。

さっくりと揚がっており、こういう時は行儀悪く尻尾を手で持ちましょう。

先っぽをマヨネーズにしっかり付けて、2/3の位置まで一気に齧り、白身がパッツン impact 

無論、尻尾までカリカリと全ていただきます。

洋食の基礎が、しっかりと生きている居酒屋メニューは一味ランクが違いますね notes

Dsc_0383

やっぱり気になるのは、「手作りピッツァ」

目の前で、ドウを伸ばして鉄板に張り付けていく姿に、期待が高まって行きます happy02

Dsc_0384

「ベーコンとチキン(700円)

熱々で登場し、オーブンで焦げたチーズの香りが、これぞ洋食屋さんのピッツァ restaurant

机から立ち上がらないと切れないかと思うくらいノビノビのチーズを、

クルクルと周囲に巻くようにして一人前を手に持って構えましょう。

Dsc_0388

あっちっちimpactと解っていても、防御本能に食欲中枢が打ち勝ち、口から迎えに行きます。

手作りの土台部分は、サックリ+もっちり。

チーズと肉と交わりながら、口の中で更にうみゃ~~~、生beerお替わり~~~ 

一枚目の写真の右下を見て、気がついておられた方もいるでしょうが、

我が家では「リアルジャイアン」と呼ばれている専務の、いつもの強い押して、

「支度中」の看板を押し切っての入店ですが、

気がつけば、個室も揃った広めの店内にはお客さんがほぼ満員状態 full

今日はいただいていませんが、旬の魚 fish のボードメニューも気になります。

さて、

いっしゅうさん、よりちゃん、まりちゃんも参加して、徐々に盛りあがってまいります fuji

Dsc_0389

桃源の後に出来た「宝山」で、

Dsc_0400

さしつ、さされつ bottle

Dsc_0420

うどんと中華そばの違う食感を楽しめるこってり「ホルモンうどん」で、中締め。

Dsc_0422

開店したばかりで飲み歌い放題一律3,000円 「Kentouch Club」 notes で、

Dsc_0425

「永チャンがいつ来てもいいように notesと、

テープでぐるぐる巻きにしたスタンドマイクkaraokeとタオルを準備しているチョーサンの、

熱唱でもりあがり、今宵も更けていくのです night

« fumikaden ★★☆ | トップページ | モア ★★☆ »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

いろんな意味で、「なるほど~~」です。

T部長主催の宴席での会話で、自分、ついていけてない会話があったのですが、
これですべてなぞは解けました。(笑)

それにしても・・・
専務さんは近くも遠くも神出鬼没、いったいいつ寝てらっしゃるんでしょうか?
一日が48時間ぐらいあるんじゃなかろうかと、その行動力に恐れ入ります。

さしつ、さされつ、の写真はお酒のCMに使えそうなぐらいのイイ写真ですね~
チョーさんの写真もYAZAWA魂が感じられて、イイ感じです。
たしか、時間無制限でしたっけ・・・(爆)

市内から自転車で帰宅する時のルートです。
建設中のお店の前は通ったのですが銀天街のお店の移転先だったんですねえ。和もイタリアンもOKっていうのはいろんなものを食すことができておいしそう。
「宝山」さんの南を100mぐらい行ったところにもお好み焼きやさんが新しくできてますし、もう少し南に行けば「みかちゃん家」っていう明るい居酒屋さん。
ここらあたりは入れ替わりが激しいです。

あの店のなー、メイン2品選べるセットのー
スパ麺使った焼きそば 焼きそば風スパゲティやったかな、が好きでー
それとピザ、またはから揚げの組み合わせで食べてたー
あー懐かしやー

看板写真に「桜庭」見て、これまた懐かしやー

こんばんは♪毎回楽しみにお邪魔させて頂いています!!!

開店当時から 気になっていた 「ながぐつ」さん。
近所なので 行ってみよーっと娘と話しつつ 行っていませんでしたが
先ほど 仕事から帰宅した娘と一緒に拝読させて頂き
近々行くことになりました~♪(#^ー゚)v

いつも美味しい情報 楽しみにしていますo(*^ー ^*)oにこっ♪

謎が解けてなによりです happy01 どの部分が謎だったのか今度じっくり教えて下さい。
専務の底知れぬパワーや行動力にご興味をお持ちのようなので、専務に直接誘っていただけるようメアドを教えておきましょうか?私にメールを送ってくる№2は奥さんですが、その3倍くらいの数で専務がダントツ№1です。この光栄を是非甘南備さんにもお分けいたしたいのですがいかがでしょう wink
Kentouch Club、基本時間制限はありませんでした。今まで有ったようで無かった、気軽に楽しめる空間です karaoke

滅多に足を運ばないエリアなのですが、結構お店が多いんですね。「みかちゃん家」も気になるので、次回の専務探検ツアーの時に攻めてみようと思います。エンドレスでよろしければcassandreさんも御参加下さい smile

実は銀天街の入口に有った頃は行った事が無かったので、オリジナルの情報が無かったのですが、asparaさんのリアルな描写で雰囲気が伝わって来ました。
この店でも「焼きそば風スパゲティ」食べてみたいものです restaurant
「桜庭」、勉強不足で格闘家の顔しか浮かんできません。歴史あるスナックなのでしょうか?

いつも見て頂いているなんて、なんて嬉しいお言葉でしょう crying
見たまんま、食べたまんまを書いているだけなので、参考になれば幸いです。こちらのながぐつさんは、居酒屋として既に常連さんに愛されている感じでしたので、是非楽しみにお出かけ下さいね note

こんにちは♪
時折拝見しております~♪
以前、深夜マーナさんたちとの飲み会??ではお世話になりました。

ながぐつ、といえば、以前街中にありましたよね♪
いろいろな種類を選べてお得なランチ。
高校時代、大学時代はよく通いました。
移転されてたのは知りませんでした。
今度お邪魔してみますね♪
ブログ、楽しみにしております。

実は、まさにこのお好み焼きを1次会にして、2次会「みかちゃん家」を予定していました。
お酒を飲まない足がわりのrvcar調査役がいないと、
どうしてもbicycle自転車探検隊bicycleになるので、近場ですませてしまいましたね。
cassandreさん、よくご存じでいらっしゃいますねcat

御無沙汰しております happy01
流石native,学生時代に、がっつりお世話になっておられたのですね。バリエーションの広い楽しい居酒屋さんになっておられますよ。
思いつくだけでも、でんぷん郊外移転、まつちか神田寿司(ふる田として立花に移転)と、郊外移行の傾向があるようです。したがって、最近の店探しは郊外にも目を向けています smile

絵文字の使い方が素敵です note
次回は、前回閉まっていた居酒屋とみかちゃん家を手始めにやりましょうbottle
ぼちぼちおでんや小鍋が美味しい季節になってきましたね。
cassandreさん、ご興味があれば専務御紹介しますよ。その後のことは責任取れませんけど。。。coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/52760939

この記事へのトラックバック一覧です: ながぐつ ★★☆:

« fumikaden ★★☆ | トップページ | モア ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2