« 第五回 耽味会@海鮮北斗  | トップページ | GOLD ★★☆  »

2011年9月24日 (土)

田なか ★★★ 

草庵「田なか」さん、気になる!!今月中には行きたい!

甘南備さんがネットで呟きます bell

それも本格和食コースが4,000円から頂けるとの情報で、

じゃ、って事で、サクサクとメンバーが寄ってきて、

Dsc_0182_002_5

八坂通りの「草庵 田なか」に集合です。

風情のある引き戸を入ると、市内の有名江戸前寿司屋さんで修業をされた、

関西出身の大将が、のんびりとした、独特の節のある軟らかな話し方とは対照的に、

白木の板の向こうで、きびきびと仕事を始めています。

Dsc_0189_4

「絹川茄子と、蛸の軟らか煮の炊きあわせ」

形を保ったまま、しかしながら箸で押しただけで割れ目がはいって行く茄子を、

まるのまま口に含むと、甘さを抑えた関西風の出汁を充分に含んだじゅわ~っ catface

ほのかな柚子の香りが、街の喧騒から夢の世界にゆっくり引き込んでくれます。

蛸も旨みを中に閉じ込めたまま軟らかすぎない仕上がりに、いきなりの先制パンチ。

ここの大将、只者ではありません good

Dsc_0196_2_3

一階は、この別世界のカウンターの他に、机が一つ。

いつも居酒屋中心に活動しているIATでは初めてみかける上等な雰囲気で、、

普段より会話のトーンも落ち着いています。

Dsc_0190_3

勝手にこちらが緊張してしまうくらい美人のバイトさんshineが案内してくれた二階は、

民家の雰囲気を残した、とっても落ち着いた空間です。

Dsc_0193_3

「鯵」は、大振りで身の締まった物。刺身の目利きにも唸ります。

元々は関西で修業されていた大将は、愛媛でも良い「鱧」が上がるのに、

あまり食べられていない事を勿体ないと思われるそうです。

包丁の目が細く、軽くしか湯引きしていないので、半生状態で鱧自体を味わいます。

「雲丹」の下には、平らぎ貝、その奥にはボストンからの本マグロ

この一皿だけでも、仕入れから仕上げまでの気配りが凝縮です happy02 note

Dsc_0200_3

「松茸」は、カウンター奥の炭火で香りを立たせてからの登場。

シャキシャキと耳の奥で音がする時に、おおお happy01 って香が湧きたちます。

「里芋まんじゅう」

ねっとりとした子宮的快感の中に、帆立のグリシン酸の旨み wink

ゆっくり下の上下で楽しんでいると、自己主張したエビがプリプリン。

Dsc_0203_3

カウンターから直接見える調理場では、

細長の七輪では、鯛の身が炭マジックでジンワリと焼き締められ spa

油の中では、コーンが一つ一つの実を一気に弾けさせる作業 impact が並行進行。

Dsc_0206_3

ズッキーニのラタトューユの上に盛りつけられ、完成。

目前で振りかけられた黒胡椒とパルメザンの香りで、マジックは完成 drama

鯛の身は、表面はやや硬めに張っていますが、中は凝縮蒸し状態

トマトソースとの組み合わせが出るのが、若い大将の柔軟性ですね。

Dsc_0210_3

「最近は日本のワインも味がよくなってきているのですよ」と、

甲州きいろ香2010のフルーティーアロマで興奮を収めます。

Dsc_0215_3

「中島の穴子」は、小振りながらあふれ出る生命力と、レモンと塩で、真っ向勝負。

皮のパリッとした焦げ目と、下顎が跳ね返されんばかりの弾力。

「THE・噛めば噛むほど旨くなる大賞・魚部門受賞」、おめでとうございます happy02

Dsc_0216_3

大将の軽快な会話と、料理の解説を聞きながら、

次々と出てくる気合いのこもった食べ物を頂くって、本当に幸せな時間 notes

うちの自慢は、

Dsc_02171_3

「米です。」

まずは、小さい土鍋で目の前で炊き上げた直後を味見。

表面はツヤツヤで、米自身がたっているアルデンテ状態で、芯をほのかに感じます。

Dsc_0220_3

それを土鍋で暫く蒸らして、芯までしっかりふっくら盛り上がったご飯には、

自家製のくぎ煮と、ぬか漬けが添えられ、大和魂を揺さぶられます crying fuji

いっしゅうさん絶賛のくぎ煮は、甘辛いものではなく、あっさりと炊かれた物。

山椒の刺激と、いかなご自体の味が強調されるので、

炊きたてご飯は、米香を放ちながらエンドレスで胃袋に運ばれて行きます。

Dsc_0223_3

「魚の骨だけで出汁を取った有明のりの赤だし」

松の木の様な巨木を、小さい世界に押し込めてしまうのが、盆栽だとすれば、

まさに、海を小さいお椀に閉じ込めてしまうのが、この椀 diamond diamond diamond

Dsc_0225_3

薄緑色のももたろうは、薄皮なので丸ごと食べられ、皮下のほのかな苦味。

ブルーのピオーネは、フルーツ甘み小爆弾 sweat01

一皿目から通して、関西の出汁文化を舌の先から、腹の底まで堪能 happy02 happy02 happy02

気持ちの入った料理って、人を感動させる事が出来る事を、思い出させてくれる店。

そうそう、今回は、料理だけなら4,000円コース。

ああ~~、大満足やわ~ fuji wink fuji

memo; 600 pixcel

« 第五回 耽味会@海鮮北斗  | トップページ | GOLD ★★☆  »

和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/52705366

この記事へのトラックバック一覧です: 田なか ★★★ :

« 第五回 耽味会@海鮮北斗  | トップページ | GOLD ★★☆  »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009