ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 岩手短角牛ドライエージングとの遭遇 | トップページ | 和包丁を握る女将の店 »

2011年8月11日 (木)

赤乃れん ★★★

左党 bottle を気取ってはいるのですが、

決して甘いものが嫌いな訳ではなく、

特に、和スイーツを定期的・積極的に摂取しています
 notes

Dsc_0291

御存じ銀天街の甘党の店 「赤乃れん」

10年近くの松山生活の中で、幾度となくその前を往復していますが、

実は、今回初入店です。

Dsc_0293

縦長の店内は、レトロ感たっぷり japanesetea

瞬時にして昭和に逆戻り sandclock です。

Dsc_0295

何十年も通い染めたような年配の方がこぞって食べておられるので、

「クリームミルク宇治金時(600円)をお願いします。

きめ細かい緑のグラデュエーションの山の頂には、

濃い黒に近い小豆が、たっぷりとかかっており、

上には、薄いアイスの溶けかかった液が、新雪のごとし 
happy01

Dsc_0300

先ずは、手前下の氷エリアにゆっくりとスプーンを入れます。

店の入り口で見かけたレトロな機械で作られた氷は、

口に入れた途端に、綿飴のように消えてなくなります
 happy02 happy02 happy02

しっかりした甘みの小豆が、

優しく・強く、頭をゆっくり揺さぶる甘味系特有の快楽 
smile

手前に出来たスポットに、てっぺんのアイスを落としこみ、

今度は頂上から夢の小豆エリアをゆっくり攻めてきます。

Dsc_0304

快楽に浸ってぼんやりしていると、

店の奥から漂ってくる小豆と砂糖の魔法の様な香り spa 

餡子も蜜も手作りされているとの事で、

飽きない甘さと、小豆のふんわりとした優しさに納得 
happy01 good

氷の細かいきめとのコンビ、最高です diamond diamond diamond

来松して10年、何気に食べて無かった事を多いに後悔し、

とりあえずこの夏に、10年分を取り返そうと心に決めるのです 
scissors

« 岩手短角牛ドライエージングとの遭遇 | トップページ | 和包丁を握る女将の店 »

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
某店にて「ぢょか」を体験させて頂き有難うございます。お酒を交わした少しの時間ですが、色んな角度から食というものを感じることができました。今後ともよろしくお願いします。

はじめまして。
松山人ですが、松山を離れてフランス暮らしになり15年。
いつも楽しみにサイトを拝見させていただいています。
楽しみながらも辛い思いをする事が多いのですがweepairplane
今回は本当にたまりません!!
赤のれんのかき氷、しかもこの年になり宇治金時が恋しい時に
この写真は辛過ぎですよ〜sadsweat01
その上、みよしののおはぎも思い出してしまいます。
次の帰国はいつになるやら。。。
(実はアイスランド火山噴火(去年)と地震(今年)で
 二度、日本行きがキャンセルになりました)

炎天下での現場作業中に画像見てしまいました。


合っているのか怪しいですが、温度計は現在34℃を指してます。午前中なのに。ここは亜熱帯?


ヤバいです。一口だけでも餡と氷を半々頬張りたいです。

かつて、甘党まつや→プランタン→赤乃れん
銀天街3大甘味スポットが子ども達を誘惑していました。うちは、ことり→赤乃れん派。

赤乃れんの氷といえば、底に潜むお餅(求肥)です。必ず自分のを一個くれた、若かりし日の母を思い出します。

こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。
メアド頂いているので、早速gooにmail差し上げました。お返事お待ちしておりますsmile 万が一届いていなければ、このカキコ欄で結構ですのでお知らせ下さい。違うメアドからも送ってみます。
折角のご縁ですので、よろしくお願いします。

Bon jour, Alisa.
Merci pour votre commentaire.
フランス在住とは羨ましい限りです。
遠い国から母国を懐かしむお手伝い?が出来ているのかと喜んでおります。
この時期は、こことあたりやは外せませんねdelicious 外国では甘い小豆にはあまり出くわさない記憶があります。
松山はアリサさんを待っていると思いますので、また近いうちに帰ってきて下さいね。これからも目の毒を書き続けますので、また遊びに来て下さい happy01

ネットから氷が送れればいいのですが。
最近は映画の途中に匂いがでる4Dと言うのも有るみたいなので、味が送れる時代もとおくないかも?
熱中症にお気を付け頑張って下さい happy01

asparaさんのコメントは、松山の歴史が分かるので、ブログ内容に厚みが出て嬉しいです。
プランタンって、何層にもなったケーキを箱型に切って、周囲をチョコやホワイトチョコでコーティングしたものを売っていた店でしたっけ?一度、夜市で復刻されたものを買った事がありますwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/52252655

この記事へのトラックバック一覧です: 赤乃れん ★★★:

« 岩手短角牛ドライエージングとの遭遇 | トップページ | 和包丁を握る女将の店 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2