« 法楽焼き食べ比べ 馬島のみはらし 1 | トップページ | 岩手短角牛ドライエージングとの遭遇 »

2011年8月 9日 (火)

馬島のみはらし 2

こちらの雰囲気はTHE・民宿

海水浴の後に、浮き輪や体を洗うシャワーも新しくは無いですが、水量ばっちり

すっきりした所で、宴会の始まりです bell

Dsc_0371

先ずは「刺身盛り合わせ」

うほほっ eye 島の季節の幸が、ごっそりと盛られています。

Dsc_0373

夏になり、少し旬は過ぎていますが、

Dsc_0377

身の引き締まった鯛の身をつつきながら、テンションが上がって来ます up

Dsc_0380

「穴子焼き」

身がしっかり引き締まっていて、地魚のエネルギーを丸ごと吸収 delicious

今回は一泊二食で大人15,000円でお願いしていますが、

時期と値段に寄って、それにあった素材を選んで頂けるそうなので、

予約の時に「時期のもんは何ですか?」など聞いてみるのもいいでしょう

 

ちなみの食事中のお酒の持ち込みは基本NGだそうですが、

500円でお願いします。

Dsc_0387

出た~~ fuji

茹で立て蛸星人が、そのままの姿で登場 eye

Dsc_0391

ギエー wobbly

豪快に脚一本切って、むしゃむしゃ delicious

Dsc_0393

そ、そこまで~ bearing

リアル・ガンツの世界ですが、旨いので気にしません。

Dsc_0399

煮物は「おこぜ」

Dsc_0404

身がプルプルで、チュルンと入って来ます delicious

Dsc_0409

「名古屋河豚の唐揚げ」

骨からはがすように、弾力性のある上品な白身にかぶりつき、

カレー粉の入った塩をちょっとつけます。

Dsc_0413

「蕎麦」

Dsc_0417

幾らでも入る魔法の「鯛飯」 fish

大きなお釜をほぼ完食して、残った分はおにぎりにして頂き、部屋へ。

Dsc_0429

部屋から見えるライトアップされた橋を見ながら、

そのおにぎり左手に冷酒クイupって、

日本の誇る、最強の米米組み合わせに全身のねじが緩みます confident

対岸の山に見えるのが、先日お邪魔した「大潮荘」

Dsc_0441

なでしこジャパン優勝の興奮 impact 冷めやらぬまま、朝からのんびり釣り。

Dsc_0454

竜宮城からトロピカルダンサー達が遊びに来ていますね。

Dsc_0442

アクセスが手間な分だけ、孤島感が楽しめる馬島 horse

基本民宿だけに、部屋に風呂やトイレはありません。

3階建てなので、階段のみ。

これらレトロなファシリティーさえ気にならなければ、

自然に溶け込むには最高のロケーションです。

次は、千年松に泊まってみようかな wink

« 法楽焼き食べ比べ 馬島のみはらし 1 | トップページ | 岩手短角牛ドライエージングとの遭遇 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

これまたタコいビジュアルですね!

中島 姫ヶ浜海水浴場の
民宿昇竜 お勧めです。
一泊2食で7千円位でした。

「タコい」
使って頂き恐縮です happy01
蛸好き星人の私も、少し残してしまう迫力でしたcatface

またdeepな民宿情報、ありがとうございます。
しまなみ海道民宿研究家としては、行かざるを得ませんね。ネットにあまり詳しい情報が無いのが、また気になりますnote
それにしてもペンネームから何となく存じ上げている方だとは思いますが、なんともシュールですeye

千年松さんは社員旅行で行った事がありますが、とても魚料理が美味しかったですよ~

やはりそうですか?
露天風呂も気になっているので、次は中島の民宿昇竜とどちらにするか悩みますね~wink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/52353984

この記事へのトラックバック一覧です: 馬島のみはらし 2:

« 法楽焼き食べ比べ 馬島のみはらし 1 | トップページ | 岩手短角牛ドライエージングとの遭遇 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009