« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

最近感動した食べ物

新しいお店の探索も、もちろん楽しいのですが、

行きつけの店でのんびり頂くのは、最高 heart04

全部の料理写真を撮らなくてもいいし(まあ、勝手な思い込みですけど)、

気心が知れているので、のんびり食べ物を楽しめます。

今日は、そんなお気に入りの店で、

最近、戴いた美味しいものを勝手に紹介します。 smile

まずは、

キープした焼酎が次々誰かの手で更新される、

IATの行きつけ、としさんの「寿浬庵(じゅりあん)」で、

Dsc_0308

「金目鯛の煮付け」

大きくて白い目の周りの半透明ゼラチンを、転がしながら、

顔やヒレ付け根を舌でほぐしながら、小骨脇の小肉をチウチウ delicious

高級魚の旨いとこだけ寄せるって、流石 note

お次、

三津漁港直送、明治12年創業の魚屋さんがやっている、

ご存知三ツ星代表店 「さかな工房 丸万」 

Dsc_0038

「あわび焼き」

メガサイズのド迫力は、そこいらのとこぶしみたいなんとは物が違います。

シコシコした歯ごたえと、肝ソースが大人をも惑わせます。

引いてあるキャベツの千切りをソースに絡めて食べるのも、最高 good

Dsc_0044

高級魚「あこう」の素麺 happy02

旨みエキスが贅沢に含まれている煮出汁に絡めながら、ちゅるる~~ delicious

そして最後は、

20110818_132413

高校まで長崎で育った私の心を震わせる、

20110818_132429

「久留米ラーメン松山分校」「ちゃんぽん拉麺(らーめん)

紅白の蒲鉾と、烏賊のゲソが乗っかっている時点で、胸キュン heart04

丼の淵に下唇を付けて、待ちに待ったスープを啜ります。

キャベツの焦げた香りと、もやしの甘みが溶け込んだ豚骨スープ pig

私のデフォルト長崎「宝来軒別館」より、濃い目のコクが胃袋をわし掴みpunch

太めの拉麺は、小麦粉の香りたっぷりで少し腰のある太目。

元来は、賄いの材料で、中国人留学生の空腹を満たしたことから始まった、

ちゃんぽんの原点に立ち戻るボリューム fuji

20110818_133412

素材・スープ真っ向勝負なので塩分抑え目、完食 annoy

文句無しで、うまか~~~~ったい happy02 happy02 happy02

2011年8月28日 (日)

なんと寿司 ★★★

夏真っ盛り sun 丁度時期を迎えた三津のウニ shine shine shine

店内で殻から捌いて出しておられるので、ミョウバンの匂いがなく、

口の中でわた雪の様に消えてなくなり、ほのかな甘みを残す catface

我が人生最高のウニとの出会いは、衝撃的です fuji 

Dsc_00631

コレです up up up

これ以上説明はいらないでしょうが、まだこんなもんじゃ無いとです smile

Dsc_0032

ケンタローさんの三津探訪の二軒目は、「なんと寿司」

瀬戸前って、粋だね~~ smile good

先ずは、刺身盛り。

Dsc_0048

これでもかと、ウニが、てんこ・てんこ・盛り盛り up up up

Dsc_0056

うわわ~~~~

ふわふわなんですよね~~~コレ crying crying crying

Dsc_0052

赤貝もつやつやで、真っ直ぐ朴訥。

向こうまで透けて見えるかのような、透明な味わいです shine shine shine

Dsc_0042

メニューも、納得の価格帯で、三津の海の幸満載 crown 

Dsc_0065_2

寿司ネタも太くて、全部旨~い fish 

テンションあがりすぎで、この記事を上手にまとめられません。

ケンタローさ~ん、最後まで最高のお店に連れて頂き、

本当にありがとうございました~~ happy02 happy02 happy02

うひょひょひょひょ~~~~~~~~~~~~run run トテッ sleepy

2011年8月26日 (金)

美味 ★★★

「ケンタローと行く、三津浜焼きツアー」も、

あっという間に5回目を迎え、残念ながら今回が最終回 crying

第一回: 日の出、とり善

第二回: みよし(駅前店、三津店梯子)ホルモン味園いとさん

第三回: みっちゃん次男坊寿司

第四回: 山西・日の出食堂長楽

と、駆け足で振り返ってみてもどれも印象に残るお店がぎっちり

一口に三津浜焼きと言っても、ソース、生地、具材から作り方まで、

店に寄って個性があると言う事を教えて頂いた
このシリーズ。

今日を持って終わると言うのは、何となくさみしいのですが weep

今回も、素晴らしいお店でスタートします。

Dsc_0003

「美味」は、古三津にあるお好み焼き屋さんで、ケンタローさんのお知り合い。

Dsc_0004

店内も比較的新しく綺麗で、エアコンもしっかり効いているので、

小さいお子さん連れなどで行かれる、三津浜焼き入門編としてお薦め。

Dsc_0011

前菜は、「ほおたれの天麩羅」

浜からの新鮮な小鰯が、サクサクサクと口に吸い込まれます smile

Dsc_0014

キンキンに冷えた生ビール beer を飲みながら、

メインのお好み焼きを、ソバ入りとうどん入りで注文 good

Dsc_0017

葱がたっぷり入っている平たいお好み焼きで、ソースはややピリ系。

魚節の味がしっかり効いていて、ボリューム的にもつまみに最適です。

Dsc_0024

うどんは、ガッツリ & もっちり smile

今までうどんを入れるのは、あまり食べたこと無かったのですが、

このツアーに参加して、地元ではうどん入りも人気だと言う事が分かります。

こちらのお店は一般的な茹で袋うどんですが、

乾麺を店舗で茹でてから使う店もあるのが、一つの大きな驚き。

つなぎが少なめなので、凝縮の味わい。

うちの家族と来るならココですね notes

記事の初めにまとめた訪問店は、全て個性が違うので

それぞれ行って見られる事をお薦めします。

それで総論を終えて、三津浜焼きコンプリートを目指したい方には、

こちらにHPがありますよ。

さて、

この後、一行は港の方に移動して、驚きのウニに出会うのです thunder thunder thunder 

2011年8月25日 (木)

ハワイの日本文化

ハワイの飛行場に到着して先ず頭に浮かんだ事は、

「昔の日本人は、よくこんな太平洋の真ん中まで入植したものだな~」

様々な理由はあったのでしょうけど、素直に驚いてしまいます。

日系のタクシードライバーとその話題になると、

「私達の先祖は、仕事がなかったんだろうね。」と笑い飛ばします。

なぜ日系の中に、日本語が残っていないかと尋ねれば、

戦時中に日系人もアメリカに同化する為、母国語を捨てたとの事。

入植、そして同化と、苦労がしのばれます。

そうは言っても、

ハワイにはアメリカ本土とは違い、色濃く日本文化が反映しています。

今回、私が気になったものをランダムにご紹介しましょう。

Dsc_0460

ワイキキショッピングプラザのスーパーの壁に書いてある日本語。

文法的には正しいと思いますが、なんとなく笑えます smile

Dsc_0461

その横の看板。

どうして、「価」って漢字が無かったのでしょうね?

Dsc_0598

「魚の天麩羅弁当」は、見た目日本と同んなじ。

海苔が外に巻いてる海苔巻きは、アメリカではとても珍しいですね。

どんな味か興味がありますが、他に食べてみたいものが沢山あるのでスキップ。

Dsc_0608

「北海道ラーメン」

こちらも食べてないので、味は不明。。。

Dsc_06831

「ワードウエアハウス」で見たTシャツ。

SHITの日本語訳?

買う人の目的が分かりません wobbly

Dsc_0684

結構色んな所で見かけた、「AN MOCHI(餡餅)」

「AN MOCHI YOMOGI KINAKO(よもぎ きなこ)」って、

ローマ字で書いてあると、何故かつぼ。

Dsc_0700

我がソウルフード「長崎ちゃんぽん」、遠くまでお疲れ様です。

そして今話題の、

Dsc_0677

「MARUGAME UDON」

そして、

Dsc_0751

「TENKA IPPIN」

さて、

先程の日系タクシー運転手さんとの続き。

「これだけ日本の物があると、私もハワイに住めますね?」と水を向けると、

「短期間なら良いけど、故郷は離れられないものだからね」のお返事。

日本の企業で数年働いた経験のある彼の言葉が、心に残るのですwink

2011年8月24日 (水)

ポイ 初体験 (>_<)

ハワイも含めたアメリカで、美味しいレストランを探す方法があります。

Yelpという、食べログのようなサイトで、Yelperと呼ばれる投稿者たちが、

基本顔だしで、レストランのコメントをしています。

まだ日本にはありませんが、近いうちにやってくるかも知れません。

さて、

ハワイ独自の食べ物を食べて見たいので、

Yelpに"Hawaiian Food"と打ち込めば、一番に出てくるのがココ

Dsc_0582

"Helena's Hawaiian Food"です。

Bishop Museumというポリネシアン文化を紹介した博物館の近くにあり、

周りには高い建物のない郊外にポツリとあるので、タクシーがお勧め。

ホノルル市内から、20分くらいで到着です car

予約を受け付けて居ないので、昼ご飯時、少し早めに訪れますが、

Dsc_0536_2

 

店の前には、私より何倍も大きいハワイアンも含め、Nativeが行列。

店内は無造作に簡易テーブルが並んだ定食屋風。

まず入店して名前と人数を告げ、

あとは呼ばれるまで店の外でひたすら待ちます catface sleepy

Dsc_0539

お店のメニューを貰い、並んでいる現地の方にメニューの質問をして

注文するものを決めておきます。

Dsc_0537

陽気なポリネシアン達が、笑いながら並んでいる横で30分 clock

やっと店内に呼ばれます smile

Dsc_0545

この方が、Helenaさんupで中国からの移民。

数年前に亡くなり、今は娘さん(っと言ってもおばあさんですが)が、

後をついで家族で切り盛りしています。

さあ、やっとお待ちかねの時間

Dsc_0556

"Poi, Small ($ 2.75)"

タロイモから作られた現地の基本食。

窓の外から眺めていると、日本でも近所にいそうな爺さん(多分、日系)が、

大きなボールのものを掬って、美味しそうに食べているのですが、

私達には得体が知れないので gawk、small sizeで様子を見ます。

Dsc_0564

スライム見たいな粘度があり、

「テレビの世界ふしぎ発見に出ていたので、食べたかったのよ notesと、

一番にスプーンを持った奥さんの顔をじっと見つめます。

食べたかったものだから美味しいのだ、と言い張るのですが、

スプーンは、それ以上は進まない様子 bearing

臭みはないのですが、酸っぱさと舌に張り付く食感が独特。

ガイドブックに「〜と混ぜて食べると絶妙」などと書いてありますが、

何を混ぜても、味が消えるわけでもなく、我が家はsmallを半分以上残します。

もちろん、初めての方は絶対挑戦お薦めです good

Dsc_0567

"Laulau ($ 4.00)"

タロイモの葉で肉を包んで蒸したもの

葉の丁度いい苦味がアクセントで、中の肉もホロホロですが、

味はしっかり閉じ込められています happy02 note

Dsc_0558

"Lau Chicken ($ 3.80)"

ペースト状のタロイモの葉っぱで、鶏肉の煮込み。

旅行中は野菜不足になるので、この葉っぱがするすると入って来きます

ご飯と一緒に頂くと、初めて食べたのに、

昔から食べていたかの様な懐かしい喜びを感じます delicious

Dsc_0561

"Short ribs Pipkaula Style (US choice) large ($ 10.40)"

店の前で並んでいた時に、メニュー事を伺った現地のおばちゃんが、

「ここに来たなら、これを食べなきゃダメよ bleah 」って教えてくれます 。

牛のスペアリブで、骨付カルビを食べる時みたいに、

骨膜を骨から歯で剥がして食べる部分が、なんとも言えない旨味 sign03

ソースもスパイスが組み合わされた奥行きがあり、夢中でかじりつきます smile

Dsc_0571

"Fried Butter Fish Collar ($ 4.85)"

ホテルでタクシーを呼んでもらった、太っちょオジサンのボーイさんが、

「Helenaに行くなら、魚の首のとこのフライが最高だぜsign01」って、

目をクルクルしながら、語ってくれた一品です。

Dsc_0573

熱々揚げたてで、胸ビレの骨の部分の肉が、ほっこり spa

脂のノリも良く、アチアチと、子供達もあっという間に平らげます。

太っちょオジサン、Good Job good

Dsc_0551

"Haupia 1/2 LB ($ 2.25)"

軽いパフの様な、ココナツを固めたデザート 

ココナツミルクの香りと適度の甘さが、絶妙 notes

生の玉ねぎと、岩塩をつけていただくのがこちらの流儀。

塩で甘さが強調され、玉ねぎの食感と清涼感が対象的です delicious

Dsc_0542

店内には、ローカルで小さい店にはに一見そぐわない表彰状の数々 crown

支払いをしながらお話を伺っていると、

息子さんが日本系人と結婚された話をして下さったり、

先日の震災の心配までして頂きまます。

「Yelpで一番だったから来たんですよ happy01」と伝えれば、

気に入ったらここに投票してねと、

別のレストランの検索サイトのメアドを手渡すお母さん

ちゃっかりしています。

すっかり、ファンになった私はオリジナルTシャツを購入し、

Dsc_0590

歩いて10分のBishop Museumに向かうのです。

2011年8月22日 (月)

ワイキキで楽に安く洗濯をする方法

学生時代にバックパッカーで、中国、エジプト、ヨーロッパなど

ウロウロした時に刻まれた古傷が、年に一度むずむずとします wink

結婚後も小さい子供達を抱えて、タイ、インドネシア、ベトナムと行きましたが、

今では子供達も、親より重いスーツケースを自然に持てる年齢に成長 happy01 paper

じゃあって事で、ケンタローさん、SHIMO-Gさんのフリークの影響を受け、

人生初ハワイにお出かけです airplane

Dsc_0404

"Hilton Hawaiian Village Resort"を拠点として、

Swim mist → Eat restaurant → Sleep sleepyのサイクル生活が始まります。

さて、

我が家の海外旅行で困るのは、いつも「洗濯」 typhoon

自分達の手paperや足footで洗ったものを、風呂場やバルコニーに干しても、

洗濯物を充分脱水できないのでsweat02、大抵半乾き sweat01

気の効いたホテルでは、地下辺りにコインランドリーがあって便利ですが、

ここのホテルは、本格クリーニングのみ。

パンツにアイロンかけて貰って大枚はたくのも勿体ないと悩んでいると、

コンシェルジェが、drop off(店で洗う)ランドリーを教えてくれます。

Dsc_0428

奥さんがスパに行っている間に、小さいトランクを引っ張って、

ピーカンの下、ホテルから5分ゴロゴロ catface

途中に、

Dsc_0438

居酒屋「ちばけん」 catface とか、

Dsc_0435

ファミマに2.0verが出来たんsign02と突っ込みたくなるEna Rd. coldsweats01

Dsc_0427

"ENA ROAD LAUNDRY"に到着です。

自分でコインランドリーを使い洗って乾かしてもいいのですが、

小一時間かかります。

ベトナム人のオーナーさんにシステムを伺うと、

お任せ洗濯(drop off)は、重さで値段が決まります。

$20を支払い、一旦お任せ heart04

洗濯しなくて余った時間を使って、美味しいもんが食べられます。

Dsc_0353

ハワイでいつも賞を貰っている"Alan Wong"で、

Dsc_0355

iPadのメニュー(きゃーぶっとるばってん、かっちょよか)から選んだコースから、

Dsc_0376

名物の「尾長笛鯛の生姜焼き」を食べたり、

Dsc_0609

Marriott Resort一階のハワイ・イタリアンランキングNo.1"Arantino Di Mare"で、

ワイキキの夕日 diamond を見ながら、

Dsc_0617

分かりやすい日本語メニューを頼りに、

Dsc_0637

「青りんごとゴルゴンゾーラチーズのピッツァ」を、頂くのです。

青リンゴの酸味と、チーズコクと塩気が、未知・最高の組み合わせhappy02 note

それで、

Dsc_0448

2時間以降に取りに行けば、丁寧に畳んで返却 shine

これなら、手の皮がむけるまで洗濯ものを絞ったり、

天気の悪い日の半乾きのズボンを気にせずに full good

この店を知っていたら、一人一個づつスーツケース持って行かんでも

よかったんじゃないん?って、ここだけの話です wink

2011年8月21日 (日)

しらいし食堂 ★★☆

昨日、大街道の路上で、初めて「俳句甲子園」に遭遇。

負けて泣いてる子もいたりして、青春ですね wink

私が学生の時にやっていたディベートに似ているので、

暫し立ち見していたのですが、お題は「昼寝」。

下手のなんとかで、一首捻ったのですが、奥さんは苦笑い。

恥を忍んで、詠んでみます。

「鍋焼きと いなりにバラ寿し さあ昼寝」 詠み人 いけ萬福

                             お粗末でした coldsweats01

さて、

「ここのちゃんぽんは、八幡浜麺食いクラブ会長 I さんが、

このエリアで一番旨いって仰ってるんです scissors

話を簡潔にすることを学んだかっくんが、ちょっともったいぶって教えてくれます。

「いの上」からの梯子で、細いトンネルと細い路地を幾つか抜けて、

Dsc_0483

保内 「しらいし食堂」へ。

あれ?鳥津会会長の車が止まっていますね。

前出 I さんの大親友でもある彼が、全く偶然に昼を食べておられるようです

お店のアドレスまでくっきり写っちゃってますが、やらせじゃないですよ wink

Dsc_0484

早速、ちゃんぽんを頂こうとするのですが、

Dsc_0491

鳥津さんから「写真撮るなら、冷めん(650円)がいいよ」

具沢山の冷し中華が現れます。

Dsc_0493

がっつり中華麺に、フレッシュな素材と共にワシワシ混ぜて、ゾゾゾ~ up

酢の程度がマイルドで、卵やレタスなどの食感の違う具を一気に味わう快感

暑い日には、進みますね~ restaurant

Dsc_0489

横では、よりちゃんが「ちゃんぽん(500円)

自然に持ち上げご協力ありがとうございます ok

既にこの昼だけで3杯の麺を頂いているので、今日は見るだけ。

次回は、本丸のちゃんぽんにたどり着きたいのですが、

結構くねくねと道を通ったので、独りでは無理そうです。

この勢いで、八幡浜ちゃんぽんコンプリートなんて夢も出てきて、

胃袋が幾つあっても足りなのです pig

2011年8月18日 (木)

いの上 ★★☆

今日は、久しぶりにかっくん、よりちゃんと南予巡り。

Dsc_0461

八幡浜市立病院近くの「いの上」にやってきています。

Dsc_0463

暖簾がかかっていても、何故か看板は準備中 sweat01

むむむ、いきなり蕎麦屋独特系のこだわりが、垣間見えてきます。

Dsc_0468

初めてのお店なので、まずは「ざるそば(600円)

大将の仕事はとても丁寧なので、少し時間がかかります。

まあ、蕎麦屋で時間の事を言うのは、無粋ですね wink

Dsc_0470

キッチリとエッジの立った白味がかった蕎麦を、

醤油と鰹の切れが効いた出汁にチョンとつけて、

ズズズ~と行きましょう happy01

実直で透明感のある麺に、癒されながら、あっという間にペロリ wink

これで足りるの?と御心配の方、大丈夫です good

温かいのも頂きたいので、

Dsc_0479

「カレー南蛮そば(800円)との、二段構えになっております。

温かい分、蕎麦の香りが生かされ和風出汁との絡みが最高 smile

白ネギの香りが良いアクセントで、こりゃ旨い notes

さて、

しっかり大満足の仕上がりですが、

一杯しか食べていない、よりちゃんの背中から、「まだ、行けるよ」オーラ spa

それを察したかっくんが、「それでは、保内へ梯子しましょう」

って、なりますよね、普通

(普通は、ならんか?)

2011年8月15日 (月)

和包丁を握る女将の店

今日ご紹介する二店は、それぞれ別の方に教えて頂いたお店で、

共通点は、女将が和包丁を握っている事。

その点以外は全く違うタイプなのが、また食べ歩きの面白い所。

先ずは、周平の通りにある「福」

元気で、少しトーンの高い伊予弁の女将さんが仕切っています。

20110709_182017

奥さんとふらりなので、写真は携帯 mobilephone

20110709_182444

女性らしい家庭的な甘め突き出しでスタート。

奥の座敷と、どんどん入って来るカウンターに気配りする、70歳近い女将。

注文が入ると生簀から鰻を取り出し、目の前で捌いていきます。

20110709_183321

「カツオ刺身(1000円)

南予直送で真っ赤な色にそそられます。

女将さんの指示で、テキパキと接客されているのも女性。

女将の娘さんかな?未確認です。

20110709_183256

「ホータレ刺身(500円)

我々の方にも「時間かかってごめんなさいね」と、

包丁持ちなら八面六臂の女将から、細かい気配りが届きます。

20110709_190521

「セミエビ天プラ(700円)

プリッと、カラッと happy01

小さいけど弾力のある身を、アチチと口に放り込みます。

奥で揚げ物をやっているのは二十歳くらいの女の子。

女将さんと若女将から細かい指示が飛んでいる中、

落ち着いた様子で、淡々と仕事をこなしています。

一見、今風ギャルバイトに見えますが、

女将の孫だったらと、勝手に男の浪漫を膨らませていますhappy01

20110709_192407

「マナカツオ西京焼(800円)

焼き物もその孫(勝手に想像)の担当。

ジワリと焼き上げられ凝縮した旨みに、焦げた白味噌の香りが決まってます。

カウンター独りでちびちび熱燗もアリですね bottle

さて、

二軒目は雰囲気ががらりと変わります。

Dsc_0564

先日の耽味会で横と前の席になった方々と、食べもの談義が盛り上がり、

単身で来松1年弱のFさんお薦めの「それ辛」

前に32年、こちらに移って21年と、母と同世代の細身の女将がお出迎え。

Dsc_0565

今日の予約は我々三人だけで、

ゆっくりとした上品な語り口の女将が「じゃ、そろそろ始めましょうか?」

Dsc_0567

長年のお付き合いの魚屋さんから丸々仕入れた素材に、

一からの仕事が始まります

Dsc_0575_2

フグ専門店ならではの、コクのある「煮こごり」

常温で見ていると、ジンワリと溶けてしまうので、

早めに戴きましょう。

舌の上で、河豚ゼラチンで閉じ込められていた旨さが、崩壊 impact

当然、期待が高まります up

Dsc_0569

料理はお任せで6000円。

旬の魚(この日はアコウ)に、ゆっくり着実に包丁が入り、

Dsc_0570

「まずは、これでも食べて」と、刺身盛りです。

締め立てで、まだ身が柔らかい所を、両奥歯でじっくり噛みめ、

鼻に抜ける海の恵みが、ゆっくり肩の力を抜いてくれます。

「わたし、子どもの頃南予に居た時から、お魚だ~いすきなの」と、

上品な語り口で、次々と料理が出てきます。

Dsc_0583

一匹一匹丁寧に洗われた「ほうたれ」が、氷器の上。

まだ泳いでいるようで、生姜醤油にちょっとつけて、清涼感を楽しみますdelicious

Dsc_0587

丸ごと茹であがった蛸は、吸盤が揃っているので雌。

Dsc_0588

一人一本切り落として、食べやすいように包丁が入っています。

お酢と少量の醤油で煮てあるので、弾力を残したまま硬すぎず、

蛸い滋味が際立つ味付け。

蛸好き星人としては、一匹丸ごと行けます。

これも、旨~~い happy02 happy02 happy02

生ビールは置いて無いので、

いつものベースで、店にある全ての瓶ビールを開けていると、

「あのね、お水のようにビールを飲んじゃ駄目よ」と、お小言wobbly

50年以上呑み助を見てきた女将さんは、

「お酒は、上手に少しずつ、80歳まででも美味しく頂けるのよ。」

私が「でも、元気に飲み食べしても、いつまでの元気な方もいるでしょ」と、

水を向けると、

「うん。でもそういう方は、ぱったり、おいでにならなくなくなるの」

40過ぎ典型的メタボ健啖家の私など、ぐうの音も出ません coldsweats01 sweat01

Dsc_0591

「うちには年中河豚があるの、勿論、天然よfish

Dsc_0596

ネギに巻いて、皿の半分はお刺身で、頂きます。

唐辛子入りのポン酢にチョンとつけて、人生初の夏テッサ

また、お小言を頂かないように遠慮しながらsweat01注文したひや酒を

おちょこでちびり bottle

Tさんもイノシン酸の魅力に驚いておられます smile

Dsc_0597

残り半分は、シャブシャブ shine

なんと、出汁に引いた昆布の表面を河豚の身でこすって、二往復。

すると、

グルタミン酸と香りが加わり、未体験のアミノ酸合わせ技レベルへfull

「どんどんお食べなさい」と、女将が大皿に河豚を追加で引いてくれています。

Dsc_0600_2

急ぐ飲み会でもないので、先人たちの武勇伝などを伺いながら、

ゆっくりと時が流れます spa

品のある口調のまま、すこし艶っぽい昔話もでます。

さてさて、

締めの雑炊は、わざとお米の芯を残してあるので、

米一つ一つが喉を通る快感が味わえます。

出汁が充分に出ており、塩味は控えめ。

この雑炊、途轍もないエネルギーを秘めています shine shine shine

最後はハイヤーを店の前まで呼んで貰ってのお見送り paper

腹も心も満たされるのです happy01

ふらり独りで立ち寄るのもOKだと思いますが、

こちらのお魚を堪能されたい方は、

細腕の女将さんが、お一人で全てやっておられるので、

少人数での予約をお薦め telephone

その段階で予算を聞かれますので、相談してみて下さい。

今回は飲み代+2,000円で、合計一人8,000円。

勿論、冬には河豚コースも外せないでしょうね。

 

2011年8月11日 (木)

赤乃れん ★★★

左党 bottle を気取ってはいるのですが、

決して甘いものが嫌いな訳ではなく、

特に、和スイーツを定期的・積極的に摂取しています
 notes

Dsc_0291

御存じ銀天街の甘党の店 「赤乃れん」

10年近くの松山生活の中で、幾度となくその前を往復していますが、

実は、今回初入店です。

Dsc_0293

縦長の店内は、レトロ感たっぷり japanesetea

瞬時にして昭和に逆戻り sandclock です。

Dsc_0295

何十年も通い染めたような年配の方がこぞって食べておられるので、

「クリームミルク宇治金時(600円)をお願いします。

きめ細かい緑のグラデュエーションの山の頂には、

濃い黒に近い小豆が、たっぷりとかかっており、

上には、薄いアイスの溶けかかった液が、新雪のごとし 
happy01

Dsc_0300

先ずは、手前下の氷エリアにゆっくりとスプーンを入れます。

店の入り口で見かけたレトロな機械で作られた氷は、

口に入れた途端に、綿飴のように消えてなくなります
 happy02 happy02 happy02

しっかりした甘みの小豆が、

優しく・強く、頭をゆっくり揺さぶる甘味系特有の快楽 
smile

手前に出来たスポットに、てっぺんのアイスを落としこみ、

今度は頂上から夢の小豆エリアをゆっくり攻めてきます。

Dsc_0304

快楽に浸ってぼんやりしていると、

店の奥から漂ってくる小豆と砂糖の魔法の様な香り spa 

餡子も蜜も手作りされているとの事で、

飽きない甘さと、小豆のふんわりとした優しさに納得 
happy01 good

氷の細かいきめとのコンビ、最高です diamond diamond diamond

来松して10年、何気に食べて無かった事を多いに後悔し、

とりあえずこの夏に、10年分を取り返そうと心に決めるのです 
scissors

2011年8月10日 (水)

岩手短角牛ドライエージングとの遭遇

今だけ、Cafe Cabareで食べられる、岩手短角牛ドライエージングに遭遇した。

でどころは、勿論やまけんさんである。

火入れはある程度しっかり、岩塩がのっている。

Dsc_0306

両奥歯で噛みしめると、濃縮した牛汁が単体で出てきて、

鼻には独特の成熟香が抜けていくのが新鮮。

この匂いは焦げ目などから出るものではなく、

熟成の過程から出たもので、初体験。

強いものになると、ナッツの様な香りも出るそうである。

Dsc_0310

発酵と腐敗の違いは、人間に役に立つか立たないかの違いだと聞くが、

発酵による脱水と、たんぱく質の分解が、この味が生まれる行程には必要そうだ。

Dsc_0315

エイジングにて肉質自体も軟らかくなっている。

脂もあっさりしており、さらりと溶ける。

脂肪も脂肪だけで楽しむ方がいい。

肉の中に、脂をちりばめる霜降り文化では決して味わえない、

赤み自体がもつ味の旨み。

それを、牛肉との付き合いの長い欧米人が自然に生み出したのであろう。

人との新しい出会いから体験した、新しい味。

驚き、喜び、そして大満足である catface notes

 

2011年8月 9日 (火)

馬島のみはらし 2

こちらの雰囲気はTHE・民宿

海水浴の後に、浮き輪や体を洗うシャワーも新しくは無いですが、水量ばっちり

すっきりした所で、宴会の始まりです bell

Dsc_0371

先ずは「刺身盛り合わせ」

うほほっ eye 島の季節の幸が、ごっそりと盛られています。

Dsc_0373

夏になり、少し旬は過ぎていますが、

Dsc_0377

身の引き締まった鯛の身をつつきながら、テンションが上がって来ます up

Dsc_0380

「穴子焼き」

身がしっかり引き締まっていて、地魚のエネルギーを丸ごと吸収 delicious

今回は一泊二食で大人15,000円でお願いしていますが、

時期と値段に寄って、それにあった素材を選んで頂けるそうなので、

予約の時に「時期のもんは何ですか?」など聞いてみるのもいいでしょう

 

ちなみの食事中のお酒の持ち込みは基本NGだそうですが、

500円でお願いします。

Dsc_0387

出た~~ fuji

茹で立て蛸星人が、そのままの姿で登場 eye

Dsc_0391

ギエー wobbly

豪快に脚一本切って、むしゃむしゃ delicious

Dsc_0393

そ、そこまで~ bearing

リアル・ガンツの世界ですが、旨いので気にしません。

Dsc_0399

煮物は「おこぜ」

Dsc_0404

身がプルプルで、チュルンと入って来ます delicious

Dsc_0409

「名古屋河豚の唐揚げ」

骨からはがすように、弾力性のある上品な白身にかぶりつき、

カレー粉の入った塩をちょっとつけます。

Dsc_0413

「蕎麦」

Dsc_0417

幾らでも入る魔法の「鯛飯」 fish

大きなお釜をほぼ完食して、残った分はおにぎりにして頂き、部屋へ。

Dsc_0429

部屋から見えるライトアップされた橋を見ながら、

そのおにぎり左手に冷酒クイupって、

日本の誇る、最強の米米組み合わせに全身のねじが緩みます confident

対岸の山に見えるのが、先日お邪魔した「大潮荘」

Dsc_0441

なでしこジャパン優勝の興奮 impact 冷めやらぬまま、朝からのんびり釣り。

Dsc_0454

竜宮城からトロピカルダンサー達が遊びに来ていますね。

Dsc_0442

アクセスが手間な分だけ、孤島感が楽しめる馬島 horse

基本民宿だけに、部屋に風呂やトイレはありません。

3階建てなので、階段のみ。

これらレトロなファシリティーさえ気にならなければ、

自然に溶け込むには最高のロケーションです。

次は、千年松に泊まってみようかな wink

2011年8月 7日 (日)

法楽焼き食べ比べ 馬島のみはらし 1

人口20人の島にある民宿に、普段は降りられない高速出口から行くって、

ワクワクしませんか?

十代からの友人家族と、大潮荘名駒と法楽焼きを頂き、

次は千年松だと狙っているのですが、

超穴場っぽい民宿「みはらし」をネットで見つけたので、海水浴がてら出かけます。

以前は馬島から専用の船で、今治まで迎えに来ていてくれたらしいのですが、

高速が出来てからは、島民専用出入り口からのアクセスになります。

島に入る方法は簡単な注意点があり、

予約するとFAXが送ってきて教えてくれるのですが、

写真付きでご案内しましょう notes

Dsc_0324

松山から海沿いを走り、今治北インターの手前まで来ます。

インター手前左に小さな駐車場があるので、一旦そこに停車。

ETCが反応すると困るので、ETCカードを抜いておく事が一つ目のポイント

そして、民宿に「今治北インターからしまなみ海道に入ります」と

電話連絡をし、ここでもETCカードの事を注意されます。

Dsc_0326

あとは、ETC/一般共通入口(ここの入口は一つだけ)から、

高速のチケットを取って、大島方面を目指しましょう sign01

Dsc_0329

しばらく走ると、左手に馬島 horse が見えてきます。

奥さんが「ああ、寝ている牛の形に似ているから馬島なんだ!」と、

決してまねできないメガトン級のボケ wobbly を飛ばしてくれます。

Dsc_0333

さあ、ぼちぼち出口が近づいてきましたね。

Dsc_0336

ここを左に入って行きます。

Dsc_0338

ここまで民宿の方が上がってきておられ、

島民専用のパスの様な物を使い、ゲートを上げて下さいます。

Dsc_0340

ループ状の道をぐるぐる道なりに降りて行くと、

Dsc_0347

この橋脚を建てる時に事故で亡くなった方々の慰霊碑があります。

合掌 think

ここで待っていると、後ろから民宿の軽トラが降りてきて、

Dsc_0447

「みはらし」まで連れて行ってくれます。

Dsc_0350

目の前には、専用のビーチ good

Dsc_0351

建物は今治側の浜にあり、文字通り見晴らし最高 happy02 happy02 happy02 

夕食まで、プライベート・ビーチ貸切で海水浴 mist

砂地で海流が早いので、岸から直ぐに足がつかなくなる深さ

シュノーケル、フィン、浮き輪を持って行きますが、

常に泳いでいないと流されてしまうので、お子さんや慣れない方は

岸の近くから離れない方がよいでしょう flair

Dsc_0352

こちらも見晴らし絶好の風呂に入れば、

Dsc_0369

いよいよ夕食タイム restaurant

ここで一旦CMです slate

2011年8月 4日 (木)

のどか ★☆☆

ふふふふふふ smile

穴場の店とぱったり出くわすと、自然と笑みがこぼれます wink

伊予松前食べ歩きツアーでの話題で、

伊予市の「みのり食堂」の肉うどんが旨い delicious と伺っていたので、

ナビを見ながら、細い道をくねくね。

Dsc_0178

遠くから見て、はためくうどんの文字と黄色いランプ flair

うきうきして近づいて行きます rvcar

Dsc_0179

カーナビ的にはここなのですが、名前が「のどか」

まあ、細かい事は気にせずに入店しましょう。

Dsc_0180

バラック作りの店内は、おばさん達がのどかにやっていますが、

メニューは全て(OLL?)500円に気合いを感じます。

Dsc_0183

本棚の本宮ひろ志作品を手にとって、席につき

「肉うどん」をお願いします。

おばさん達は涼しげな顔をしているのですが、窓が閉め切ってあるので

日頃、メタボ色白系肉襦袢を着ている私は、早速汗がにじみますsweat02

Dsc_0184

扇風機はこの状況では温風機状態。

エアコンはあるのですが、この温度でつけていないと言う事は、

節電か壊れているかなどの、やんごとなき理由があるのは明確なので、

心の中で節電協力をして、男樹に集中 sweat02 sweat02

Dsc_0189

「肉うどん」には、冷たい玉子豆腐ばら寿し(白飯と選択可)が付いてきます。

Dsc_0187

家庭的なあま~い肉がたっぷり乗っており、

出汁も負けずに甘いのですが、これだけ暑いとアリです wink

適度な腰のあるうどんと、ちょっと大きめばら寿しを交互に完食。

最後にアイスコーヒーが付いて、キッチリ500円 diamond は、お見事 note

エアコンがついていなかったので、星は一つ減らしましたが、

逆に言うと、秋以降は★★以上決定 good

mobaq どうして同じ場所なのに、「みのり食堂」では無いのか?

  エアコンを消していた理由は何なのか?

  500円の日替わり定食は、どの様な内容なのか?

  おばさん達は、どんな経緯で店を始められたのか?

帰りガンガンにエアコンを効かせた車内で、反芻すればするほど、

確認しなければいけない項目が、どんどんと湧いてくるのです penguin 

 

2011年8月 3日 (水)

耽味会 潜入レポ7月編 

一年限定参加の耽味会も、気がつけば折り返し地点 enter

今回は、松山グルメ会で最も有名なムッシュのお店です。

Dsc_0183

10年近く前に松山に引っ越してきた時、

色んなグルメ雑誌で情報収集にいそしんでいましたが、

「レストラン門田」のシェフは、その頃から露出が多く憧れの方 heart04

今回は、旭日双光章受章のお祝い fuji の席も兼ねており、

温かいムードで、料理の解説が始まります。

Dsc_0191

お皿9時方向から時計回り clock

「美川豆腐のパテ」は、あっさりした滑らかな仕上がり

「鬼北産雉のパテ」の中で、にこごりを溶かしながら、

小さいサイコロ状雉を転がします。

「しまなみマルカッサン(大三島仔いのしし)」は、

海を渡るパワフルなイメージとは違い、癖のないハム仕立て。

「いさきのスモーク」レア燻製の香ばしさを放ちます catface

Dsc_0194

「愛南鰹のマリネ」は、「西条産 絹川なすを添えて」

高原らっきょうがピリッとしまった隠し味のプッタネスカソース。

大地の上で吸収された太陽光 sun が、

フレッシュトマトとオリーブから皿の上でリリースされてます。

鰹も産地にルートのある方からのこだわった仕入れで、

愛媛の素材へのシェフのこだわりが表現されています。

Dsc_0197

「柳谷あまごの久万茶ムース詰め 大吟醸蒸し 青梅ソース」

日本酒に合う料理がテーマの一つの耽味会ならではの、

なんと sign03 梅錦大吟醸 bottle を贅沢に使ったソースは、

軟らかな甘みで素材を引き立て、ほのかな梅の酸味がまとめますsmile

Dsc_0200

「伊台大葉のソルベ」

舌の上で雪の様に溶けて、肉メニューに向けてリセット bell

Dsc_0208

「伊予牛フィレ肉のポワレ(左)に 今夜限りの鹿の煮込み(左)を添えて

 玉川産ブルーベリーのグランヴヌールソース」

線維がしっかりとした鹿肉ですが、ある程度の食感を残したレベルに煮込まれ、

肉エキスと、野菜が濃厚に溶け込んだソースで、かっちりと仕上がっています

愛媛に住んでいると、猪や鹿をもらう事がたまにありますが、

自宅では圧力鍋で味噌煮したり、塩で焼いて食べたりしています。

シェフの腕にかかると、ジビエまでもが地元産で出来あがってしまいます eye

Dsc_0214

「菊間産じゃがいも(でじま)のサラダ」

我が故郷長崎から「出島(でじま)」の名を引っ提げて、

じゃがいもが愛媛にも定着しています。

その昔にオランダ人達が、南アメリカから持ち込んだのでしょう。

じゃがいもの細切りは、サラダでも、焼いても、しゃっきりホクホク万能 note

Dsc_0216

「こおり四季香麗水

どんぐりトマトと久万山とうきびはったい粉のロールケーキと共に」

はったい粉に関しては、以前も取り上げた事がありますが、

愛媛ではトウモロコシの粉をそう呼ぶようです。

4月から大緊張で参加した耽味会ですが、

会を重ねるたびに少しづつ知った顔が増え、

廻りの方とも美味しいお店の話題で盛りあがります。

オジサンだけで、

「じゃあ、その店に今度ご一緒しましょう」って事になり、

耽味会番外編まで発展です。

いや~、料理って本当にいいものですね~ wink

夏休み明けの9月まで、サヨナラ・サヨナラ・サヨナラ eyeglass paper

2011年8月 1日 (月)

珈琲館 リチャード ★☆☆

カレーの美味しい喫茶店だと、噂を聞いて初突入です run

Dsc_0114

「珈琲館 リチャード」は、愛媛新聞前にある歴史ある喫茶店。

ガラス越しの柔らかな日が差し込む窓辺の席に、

休日昼にのんびりと、奥さんと二人腰かけます。

まずは、

Dsc_0121

「辛口ビーフカレー(550円)を頂きます smile

ミニサラダ、ラッキョウ、福神漬がついてこの値段。

Dsc_0123

複雑なスパイスの香りと、焦げたような匂いが堪りません catface heart04

これこそ、THE・喫茶店カレー fuji

鼻汗がジワリと出るくらいの辛さですが、さじがノンストップです。

小一の時に、長崎の坂を登り集団登校していたのですが、

坂の途中で合流してくる喫茶店の同級生から、

同じような朝喫茶店カレーの香りが漂っていた記憶が蘇ります catface sandclock

Dsc_0126

奥さんが頼んだのは、「ホットサンドイッチ(500円)

ハムとキャベツ、卵とチーズの二つの組み合わせが交互に並んでいます。

Dsc_0129

カレーとは対照的にシンプルですが、こちらもとっても美味しいです diamond diamond diamond

茹で立てならではの、ソフトでふんわりした卵の仕上がり spa に、

チーズがとろーりと絡みます delicious

看板商品で、シンプル=美味しさを再確認 smile

休日のモーニングとして、ゆったりとした時間を堪能出来ます。

アフターでこだわりの珈琲 cafe を頂きながら、

大人の空間に巡り合えた嬉しさで、知らず知らず口角が上がるのですwink

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009