ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 鳥津会 in  八幡浜  | トップページ | 韓国家庭料理専門店 オモニ  ★★★ »

2011年7月24日 (日)

RON in 八幡浜 ★★★

夢の中の様な異空間が、八幡浜に。

はたして、独りでもう一度探した時に、実在しているのでしょうか?

Dsc_0121

鳥津会 in 八幡浜の三次会は、商店街から少し外れた「ロン」

Dsc_0123

西条のS君、宇和島のM君がその、魔法の扉を開けます。

Dsc_0143

40年の歴史を持ったこのbarに、この春から息子さんも参加。

マスターが、とっても嬉しそうに紹介してくれます。

Dsc_0139

見た事もない様なスピーカーから出る音は、

Dsc_0135

見た事もない真空管から生み出されています。

Dsc_0133

折角なので、アナログ盤をお願いすると、

Dsc_0141

まるで、そのジャズプレーヤーが店内にいるような音 note

レコードってCDよりリアルな空間を作れるのだと、実感+感動 crying shine

県内でも、bar露口の次に歴史のあるbarでは無いでしょうか?

Dsc_0132

一つ覚えのモスコミュールを啜りながら、新旧の友との語らいを堪能。

Dsc_0151

オイルサーディンを焼いたものを、ちょっとづつ摘まんで、

大人の上等な遊びに、酔いしれます delicious

さて、

四次会は、

Dsc_0160

店から電柱が生えている、

Dsc_0153

「大吉」で、カープファンの大将との会話を楽しみながら、

Dsc_0175

〆の粉物を注文 wink

Dsc_0177

24mm厚の鉄板から生み出される「焼きそば(750円)は、ラーメンの麺 noodle

Dsc_0156

大吉は鳥津師匠が高校生の頃から通っており、もはや八幡浜の歴史の一部 diamond

7時からのマラソンは、5時間の規定時間に滑り込み、

どうにか時間内のゴールとなるのです happy01

« 鳥津会 in  八幡浜  | トップページ | 韓国家庭料理専門店 オモニ  ★★★ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ロンさんは、CONRANZ卿やKobalt師匠をお誘いして、ご一緒に訪問したいです。
もちろん、甘南備が運転手いたしますので。
両氏とご一緒させて頂いたら、素晴らしいオーディオのお話をがうかがえそうです。是非マニアなお話を伺ってみたいものです。

ロン最高でしたねぇ。。気合の入った
会長のセレクトで、、次回の会への
期待が膨らみます。。
みたいな。。。

例の西条の店で是非、大将も来店を待っています、関係各所に根回ししてきました。。。

お二人ともお忙しい方ですが、機会があれば予定を伺っておきますね wink
オーディオハードに疎い私も隅っこの方でサーディン以外のメニューを探究させていただきますdelicious

あの場所にあの雰囲気が突然と現れた瞬間は、キツネにつままれたようでしたね。
次回も南予なのでしょうか?
嬉しい限りです。。。みたいなwink

おお happy02
とうとう例の店へ行けるんですね。
詳しい日程をメールで詰めさせて下さいsign01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/52171078

この記事へのトラックバック一覧です: RON in 八幡浜 ★★★:

« 鳥津会 in  八幡浜  | トップページ | 韓国家庭料理専門店 オモニ  ★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2