ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 昼・あづま家など。。。やっぱ麺でしょ (^^♪ | トップページ | 濱の生活 »

2011年7月19日 (火)

ラーメン二郎 吉村屋 初体験レポ

ネットで、その存在は知っていたものの、

東京方面限定の展開なので行った事の無い、超・有名ラーメン店「二郎」。

本店は慶応大学の近くにあり、学生の腹を満たしていると聞いて言いますが、

今回は、ココ横浜の湘南藤沢店で初めてお目にかかります。

案内してくれる横浜在住の従弟によると、本店よりフレンドリーだが、

「店内には暗黙のルールがあるから」と、しっかり叩き込まれてます。

幾つかの符丁にテンポよく答えないと、常連からKYな目でにらまれるとか、

だらだら食べたり、残したりしたら無事に帰れないdownなどと脅かされます。

さて、

早速、店の前では鉢巻を巻いて気合いの入った表情のお兄さんが、

横の店の前にはみ出さないように、こまめに行列の流れを調節。

先制パンチを食らって、少し緊張感が高まります sweat01

20110618_112100

開店前に並んだので、30分くらいで入店。

麺の大盛りや、汁なしの人は食券を買う段階で決めます。

店内でも、席の後ろの狭いスペースに並んで待ちます。mobaq

席について暫くすると、店員さんが、

「にんにくどうしますかsign02」と、訪ねてきます。

これが聞いていた符丁で、前もっての予習の成果を発揮 wink

通常なら、にんにくの事だけを尋ねられただけだと思いますが、

実は、

野菜の量(まし、ましまし)、脂の量(大目、少なめ)、ニンニクの有無を答えます。

弱気になっているので、「全部普通でお願いします」と、声を絞り出しますsad

(っと思い込んでいたのですが、

コメントの欄で、お節介やきさんが訂正されているので御一読を)

20110618_114735

対比するものが無いので大きさが伝わりにくいですが、

通常の丼より一回り大きい気がします。

20110618_114915

手前から野菜の山を一気突き崩し、ワシワシと試合開始 scissors

途中でスープをすすると、なんとも尖った刺激的な味 bomb

ほぼ野菜山の半分を食べた時点で「意外といけるかも」と思い、

「さあて、あと、どれくらい麺が残っているか?」と探ってみます。

すると、どうやら丼の底まで、太麺が詰まっている事に気が付きますcoldsweats02

20110618_115328

上の野菜を食べきった状態。

麺はスープを吸って膨れ始めています。

麺硬め注文の存在意義はここにありか、と気付きますが、時すでに遅し。

過去に、うどん屋8軒の梯子や、ラーメン3軒梯子はした事ありますが、

とてつもない刺激的スープを吸い込み、小麦香たっぷりの麺をたたえた、

たった一杯の丼を前にして、一瞬、心が折れそうになりますsign04

残したら、店員さんやファンの人に睨まれるかもしれないと、益々緊張。

最近、ダイエットの為に一口30回噛む事を心がけていましたが、

ここでは封印していた麺呑みモード切り替え up

大口にわしわし入れて、喉の奥に流し込む。

それを繰り返しますが、いつもならあっと今に無くなる麺が、

なかなか減らずに、焦ります sweat01 sweat01

それでも、一心不乱に食べ進めると、やっと半分を過ぎた事がわかり、

どうにか先に見えるゴールに向かって一気に吸いこむのです。

20110618_120131

別に頼まれたわけでもないのですが、

「子供達、お父さんは諦めずにやり遂げたよ!」と心でとなえながら、

どうしても後を引く味のスープをちょっとづつ啜って行きます。

従弟が、入店前からペットボトルの水を少しづつ飲みながら、

胃の準備運動をしていた事を

思い出します。

店の前の自販機で、遅ればせながら脂肪の付きにくい黒ウーロン茶一気飲み。

噂に聞いていたラーメン二郎初体験ですが、

噂に聞いていたように、数日経った今は、

あれほど参った一杯に、また挑戦したくなっています smile

ルールだの何だのと書きましたが、それらすべては

「一杯のラーメンで腹いっぱいになって欲しい」との願いが

形になっただけの事。

忙しそうにてきぱきと働いている店内の二人の店員さんも、

店を出る時にはしっかりとそれを見ていて、「有難うございました」の大声。

その声に背中を押されるように店を出る時に、

初心者ながらふと、そう思ったりするのです。

さて、翌日は、

Dsc_0085_2

家系総本山「ラーメン 吉村屋」 詣。

本日同行できなかった従弟の携帯からの指示 mobilephone で、

Dsc_0086

「チャーシュー中盛り、野菜畑、味玉」の食券購入。

Dsc_0089

美しい、そして吸い込まれそうな魅力 diamond diamond diamond

Dsc_0091

太麺ボリューミーで、濃厚な深みスープ。

こちらも、一杯いただくだけで、フルコースディナーの様な満足感 notes

これは並ぶし、流行るの分かるな~~ smile

物理的には胃袋一杯なのですが、歩いて数分で、

Dsc_0093

「大勝軒 横浜西口店」があったら、梯子しますよね wink

Dsc_0100

ひや盛りとあつも盛りを、ムフフフといただいた後は、

勿論スープ割して貰って、完食 smile

実は、その12時間ほど前に、

Dsc_00102

横の「九州・大分ラーメン たまがった」を、完食していた事は、

恥ずかしくて公に出来ないのです coldsweats01

 

« 昼・あづま家など。。。やっぱ麺でしょ (^^♪ | トップページ | 濱の生活 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

次回二郎に行かれる時は、シルシルミシルに出演した暴走族風のいでたちの社長とご一緒に三田本店、本流の目黒店へ行くのがお勧めです。店主から社長へ”イヤー〇田君久しぶり”と声をかけるのがみえます。

のれんわけの順
三田本店ー吉祥寺(成蹊の前)-王子神谷ー目黒ー仙川ーーーーー

ラグビーの練習前に小ダブルを食って練習して気分が悪くなり私の場合トラウマになっています。

二郎の注文の仕方で
ニンニク云々と聞かれた時には、ニンニクの有無だけでいいですよ
二郎全店共通して、量の増減を聞いているわけではありません
客が勝手に増量を要求しているだけで、ニンニクを入れるついでにそれに答えてあげているだけです
ちなみに、この時点で脂は少なめにすることはできません

なので、「全部普通でお願いします」というと、店員は「???、素人さんか」と思ったことでしょう
これでは予習の成果は得られてないのでは?

今度は出遅れないようシャッター二郎で行きましょう!本店行くのも良いですね。

二郎行くときは、いつも三田でした。ほんとにね…すごいラーメンです(@Д@;
写真見ただけで、ちょっと胃が…
でも好きな人は、また食べたくてたまらなくなるみたいですね~♪

吉村家は、徒歩圏内に住んでましたが、1度も行かなかったです。おいしそうですね♪

私はラーメンの鬼佐野さんのしなそばが、一番今まで食べたラーメンでおいしかったです。あっさりが好きみたいですねー。
千葉に住んでるときに、佐野さんがここはうまい!と言ったラーメン屋さんが近所にあり、ちょこちょこ行ってました。

今度あづま家さんに行ってみますheart04

二郎の歴史の中で青春を過ごされたようで、羨ましい限りです。シルシルミチルの社長さんにお会いしたら、同伴お願いしてみますwink
私も食べた直後の感想は「20歳台の時に出逢いたかった」です。40越えデビューはかなりのハードルでした。
小なのに、ダブル?
また一つ疑問が増えましたsign02

早速のご指導有難うございますhappy01
皆さんが「ましまし」「少なめ」などと、リクエストしていたので、そういったシステムかと思い込んでしまいましたcoldsweats01
四十越えデビューのド・素人ですので、温かい目で見守ってやって下さいsmile

よし notes
次回は「本店シャッター二郎」でお願いいますscissors
その日は「立ち呑みで始発まで」に挑戦させていただきますgood

「二郎行くときは、」って、あの細いお身体でジロリアンでいらしたのですかwobbly
やはり、只者では無いと思っておりました。
吉村家も、とっても満足でした。
次回は鬼佐野さんもリストアップさせていただきます。
この辺のラーメンは一杯の量が多いのにも驚いた田舎もんでしたeye

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/52032809

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 吉村屋 初体験レポ:

« 昼・あづま家など。。。やっぱ麺でしょ (^^♪ | トップページ | 濱の生活 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2