« 耽味会 潜入レポ6月編  | トップページ | 日の出食堂 ★★★ »

2011年7月 9日 (土)

ナマステ食堂 ★★★

「いけちゃん、食べてから記事にするのに、どれくらい期間が空いてるの?」

最近、良く受ける質問の一つですが、

休みの日にしかゆっくり書けないので、ひと月くらい前の記事になっています。

「でも、これは!ってお店は、直ぐ載せるんですよ sign01

って事で、

Dsc_0218

「ナマステ食堂」が、ストック記事をすっ飛ばして登場です。

地の物を使った手作りにこだわった、一味違うインド・ネパール料理屋さんで、

Kobaltさんも紹介されています。

を? AZAさんがデジイチ片手に生ビール。Foodieの鏡ですね wink

Dsc_0229

三人のコックさんは全てネパールの方。

オ-ナーさんは日本語ぺらぺらで、横浜から知人を頼って松山へ。

ネパール料理は、インド料理より少しマイルドなんだってなんて事などを

伺いながら、現地含めた多国籍ビールで乾杯 beer

食べるの大好き IAT 、二次会開幕です。

Dsc_0228

おつまみは、豆などが入ったネパール風薄焼きせんべい(名前失念)。

見かけに寄らず、ピリ辛でジワリ汗 coldsweats01 癖になります。

Dsc_0234

「エビ パコダ Shrimp Pakoda (480円)

軽いフリット風サクサクに、異国香の香辛料が鼻に抜けます smile

卓上に、「この店は当たりだな」的、緩やかなムードが漂います。

Dsc_0237

カレーは、まず三品注文。

手前の緑が、

Dsc_0245

「サグマトンカレー Sug Mutton Curry(800円)

「松山の野菜は美味しいね」とおっしゃるオーナーによると、

ほうれん草などの素材は地元産で、ソースも、ヨーグルトも手作りeye

日頃あまり食べ慣れない種類の料理ですが、

不思議なもので、手作り感は舌で自然に感じる事が出来ます。

Dsc_0241

奥の二つは、

「チキン カレー Chicken Curry (700円)

地元の生トマトをミキサーで完全なペースト状にして、

生クリームとカシュナッツが、コクを深めています。

「キーマ カレー Keema (780円)

ひき肉とグリーンピースで、現地カレーの定番ですね。

辛さは全て調節可能なので、最初はお薦めの辛さ(2だったかな?)。

この後、お替わりした時はもう一段階上げましたが、

辛さ耐性一般レベルの私でも、問題なしです sweat01

(でも、タオル持参推奨)

Dsc_0242

ここのもう一つの驚きは、ナンの種類の多さ

「ごま ナン Sesami Nan」は、胡麻の香りに蜂蜜が加わります。

蜂蜜が付くのも気にせずに、手でちぎって、ハニーワールドに没頭 catface

Dsc_0239

「チーズナン Cheese Nan」

ピザの様にワンピースを手にとって引き上げると、

中からトロリンチーズが、湯気を立てながら糸を引きます。

熱々spaのまま口に放り込むと。。。。これ以上、想像したら悶絶狂う happy02

Dsc_0247

「スペシャル ナン」は、平らなお焼きの様なもので、

野菜を中心としたふんだんな具材が挟まれており、

蒸し焼きの野菜と卵が、なんだか安心の味。

これだけで、充分完成された一品です。

Dsc_0251

「チョエラ」は、チキンと香辛料のサラダ。

海外に行かないと経験できない香辛料の異文化の香り。

食べていると、小さいけど硬い不思議な素材の存在に気が付きます eye

中に見える真っ黒な香辛料は「funugreek seed」

質問すると、親切に調理前の物を見せて頂きます。

Dsc_0252

ナイフの先に四つ見えますか?

女性ホルモン様作用があり、ネパールでは産後に良く食べられるとの事

途中から、彼らが頼ってやって来た松山の方と家族も加わり、

ネパール料理談義が盛り上がります。

Dsc_0255

サービスで頂いた「バナナラッシー」が、また甘くて香りが良い delicious

キンキンに冷えておらず室温に近いのが、現地感を演出。

一階は、テーブル席で20人弱、二階も十数人の対応可能。

こんな個性的で素敵な店に出会えると、とっても幸せな気分 smile notes

その上、ランチはナンお替わり自由Nanですって happy01 good

(蛇足と分かっていても、オヤジギャグを入れてしまう年になりましたcoldsweats01)

« 耽味会 潜入レポ6月編  | トップページ | 日の出食堂 ★★★ »

韓国・中華・アジア」カテゴリの記事

コメント

ブログ化はやっ!(笑)
そのスピード追いつけません!!

ナンがナンとも美味しかったので
即、家族でリピしてきました。
その日は若いお客様でいっぱいで、
2Fも使用されてました。

蛇足ですみません、今回コメ食べてませんが
実は北条の農家の方から特別に
天日干しのお米を分けていただいているそうです。
そんなに量はないと思いますが、今なら食べれるハズです。
横浜からやってきたネパールカレーに
北条の特別米、今がチャンスですね!

ナンの味が忘れられませんconfidentnote
おいしかったshine

私も又絶対行きますsmilenote

これは行きたい!

今出張中なので松山に帰ったら即いって来ます。

オヤジギャグかぶせ、痛み入りますhappy01
昨夜、夜市の流れで奥さんと行ったのですが、甘南備さん一家が来られた事を喜んでおられました。
ナンを食べたかったので、コメは味わえませんでしたが、北条産を指摘すると驚いておられましたよbleah

昨夜は野菜のたっぷり入った辛くないカレー(名前は忘れました)を頂きましたが、フルーツの甘みがあって、驚きの旨さでしたhappy02
お試しくださいgood

インド・ネパール系大好きのオオキタさんには、是非ともこの感動を分かち合って頂きたいです wink
マスターも話好きな方で、会話も楽しめますよsmile

ナンだ?ナンだ??

おいらが映り込んでるw

爆。。。その3


お腹が一杯なのに、カレーは別腹の証明。。。ナンて美味しいのっ♪

ナン、かぶせてきますね~
それに、オヤジギャグとは違いイイ感じsign03
カメラと生を持っている姿があまりにも神々しくて、つい。。camera

シンガポールのTigerビールはまだなんとなくわかるが、ナンでCHIMAY白があるの?

確かにシメイはアジアンでは無いですねhappy01
あったかどうか覚えていませんが、コロナなら何となくアリの気がするのは私だけ?wink

みなさんのつぶやき見てこれは行かなくっちゃと早々に行ってきました。
マトンのカレーを食したのですが生姜がアクセントに効いて美味しかったです。
ドリンクのラッシーも辛さを調和してくれます。また行かなくっちゃ。

そうそう、癖になる味ですよねdelicious
私も既に二回行ってしまいました。
また新鮮な発見を求めて、足が向いてしまいますok

まいろ~~~!
オイラもランチタイムに出撃しますた。
マスターの奥さんの接客マナーも良かったです。
飲食業をやっていく上で難しい松山。。
これからがんばってほしいと思いました。。

ろ~も~~~!
私は夜だけ二回なので、奥さんにはお会いしてないんですが、松山経済新聞にも詳しい記事(http://matsuyama.keizai.biz/headline/755/)が載っていましたねpen
微妙にかぶるお店もありますが、それぞれの特徴があるので、旨い具合に共存するような気がしますgood

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/52158542

この記事へのトラックバック一覧です: ナマステ食堂 ★★★:

« 耽味会 潜入レポ6月編  | トップページ | 日の出食堂 ★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008