ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

8月7日(日)13時からコムズで中学生が英語勉強する企画のお知らせ

食べ物とは関係ないお知らせです wink

Ecafeでご一緒している伊藤和夫さんが代表を務める
 
全国学術会議通訳者連盟、四国観光通訳者連盟(FAIS)が、

中学生を対象とした「中学生への英語学習支援授業」を企画されています。

中一レベルの英単語で、英語の発音のコツを教えて下さるとの事。

場所はコムズ。

日時は8月7日(日)午後1時から5時の予定 
clock

参加希望者は、FAIS本部へ、

電話089-925-8707Fax:089-927-5213、メール(fais@mopera.net)

で、事前登録して下さいね。

参加費は資料代の300円のみ。

(以下、伊藤さんからのメッセージです)

 

中学生3年間で学ぶ英語は重要です。私たちは国際観光通訳ガイドである通訳案内士及び国際会議通訳者からなる人材集団で、愛媛県松山市に拠点を置くNPO(非営利団体)組織です。将来を担う若い世代、英語の学習を始めた中学生の生徒を対象に、英語の発音を中心とする勉強会を、下記により開催します。ふるってご参加ください。特に英語に苦手意識のある方は是非参加して下さい。

 

だんらん ★★☆

今日は、話の本筋と全く関係ない事から始まります。

Twitterをぼんやり眺めていると、

マスティーが、「子供の夏休みプール見守り中」と呟き chick

私の子供達も小学校の頃は、奥さんが見守りに行っていましたが、

「昔は、見守りなんかもなく、誰でもどこの小学校のプールに行ってたけどな~」

なんて、思い出したります catface notes

親の実家に里帰りをして、従妹の小学校にプールに行く時などは、

急いで蒲鉾を食べ、その表面も歯でかじりとるようにして、蒲鉾板を作成。

その板に、マジックで名前と住所を書いて、プールへ直行 run

「命札」と呼ばれた板をプールサイドの机に置き、飛び込んでいたものです。

今思えば、皆帰った後に札が残っていて初めてその存在が分かる訳で、

ちょっと手遅れ感が否めないのですがsweat01、どうでしょう?

ってtweetしていると、「松山は、プラスチックの命札だったよ」AZAさん

まっちゃまは洒落とったんやなと、変な感心coldsweats01をするのです。

さて、

では、全く関係の無い本篇が始まります wink

今夜は、

かじゅまるさん、お友達のTさんに、グレートバンブーさんを引き合わせる会。

HPだの、CMだの、クリエーションだのと言われても、

全くチンプンの専門外の私が、カンプンと仲介する話なので、

もう一人専門外のAZAさんにもご登場願いします。

最近嵌っている「一番町のゆら」で、紹介。

仕事がらみだったはずですが、皆でバンブーさんをいじって終わり coldsweats01

こんなんで良かったんかな wobbly と思いながら、

残れる三人で「だんらん」へ梯子です。

Dsc_0004

やらせ・ウソのないブログではありますが、

入店する前の戸が閉まっているので、

私のへたくそ写真のピントを、静止したまま待っているのがばればれcoldsweats01

Dsc_0006

世界や日本旅行のお好きなおしどり夫婦が、

夜中過ぎまでやっている大人の〆場所。

創業34年、この場所に移動されてからも25年が経っている風格があります。

Dsc_0008

大皿も家庭的で美味しいものが揃っています。

Dsc_0010

「おから」をつまみに二次会乾杯は瓶ビール。

Dsc_0018

「牛筋」は歯ごたえのあるぷりぷりで、ゼラチンが溶けますsmile

ピリッと辛さもあり、あての王様ですね crown

Dsc_0006_2

さて、

今日の目的は、

Dsc_0023

「冷やしそうめん(650円)

Dsc_0022

よく見ると分かる、大豆の出汁で、

Dsc_0027

つるっとね delicious

AZAさんは、にゅうめん。

かじゅまるさんは、鯛茶漬けで〆に入っておられます。

さて、

大街道を超えて分かれようと思った処で、

私のイソイソとした行動を見通した、かじゅまるさんが、

「いけちゃん、これで帰るの?」

ははは bleah

ちょっと物足りなかった二人は、

10分後に「一風堂」で、赤と白を啜るのです noodle

2011年7月27日 (水)

韓国家庭料理専門店 オモニ  ★★★

高島屋の地下食料品売り場で、

いつも笑顔でチヂミを売っていたおばちゃんを、覚えている方 happy01 paper

最近見かけないと思ったら、

Dsc_0381

伊予市で、韓国家庭料理専門店「オモニ」を始められています。

焼肉苑で加速が付いた 伊予松前食べ歩きプチオフ会

今週のランチとして突入です run

Dsc_0358

突き出しのカクテギをつまみながら、「やっぱビールが飲みたいねwinkと、

次回は如何にしてビールランチを実現するか、

大の大人が昼間っから真剣に会議pencilしています。

Dsc_0365

SHIMO-Gさんは、「プルコギ定食」

プルは火、コギは肉。

前日からヤンニョムという液に漬けて下味を漬けたものを炒めています。

Dsc_0364

小さく切ったバラ肉が、光っています shine

Dsc_0368

手前は「目から鱗のキムチチゲ(780円)3辛」

Dsc_0372

本場では古くなったキムチを使うと聞いた事がありますが、

その通り、辛さの奥から独特の発酵した酸っぱさbearingを感じます。

うどん麺も入っており、ご飯ご交互に頂くと、

文字通りの滝汗噴出 sweat01

汗っかきの方は、タオル持参必至です。

Dsc_0366

奥に見えていたのは、Hassyさん

「お豆腐たっぷりスントゥブチゲ(780円)

仕事で少し遅れてきたグレートバンブーさんは、

Dsc_0373

「冷麺」

Dsc_0375

甘みのある辛さが腰のある細麺に絡んで、つるつるすっきり delicious

結果的に全員汗だくになりながらの昼食。

韓国家庭メニューが揃っているので、

次回は、必ずビール可能な条件で夜突入を誓うのです good

 

 

 

2011年7月24日 (日)

RON in 八幡浜 ★★★

夢の中の様な異空間が、八幡浜に。

はたして、独りでもう一度探した時に、実在しているのでしょうか?

Dsc_0121

鳥津会 in 八幡浜の三次会は、商店街から少し外れた「ロン」

Dsc_0123

西条のS君、宇和島のM君がその、魔法の扉を開けます。

Dsc_0143

40年の歴史を持ったこのbarに、この春から息子さんも参加。

マスターが、とっても嬉しそうに紹介してくれます。

Dsc_0139

見た事もない様なスピーカーから出る音は、

Dsc_0135

見た事もない真空管から生み出されています。

Dsc_0133

折角なので、アナログ盤をお願いすると、

Dsc_0141

まるで、そのジャズプレーヤーが店内にいるような音 note

レコードってCDよりリアルな空間を作れるのだと、実感+感動 crying shine

県内でも、bar露口の次に歴史のあるbarでは無いでしょうか?

Dsc_0132

一つ覚えのモスコミュールを啜りながら、新旧の友との語らいを堪能。

Dsc_0151

オイルサーディンを焼いたものを、ちょっとづつ摘まんで、

大人の上等な遊びに、酔いしれます delicious

さて、

四次会は、

Dsc_0160

店から電柱が生えている、

Dsc_0153

「大吉」で、カープファンの大将との会話を楽しみながら、

Dsc_0175

〆の粉物を注文 wink

Dsc_0177

24mm厚の鉄板から生み出される「焼きそば(750円)は、ラーメンの麺 noodle

Dsc_0156

大吉は鳥津師匠が高校生の頃から通っており、もはや八幡浜の歴史の一部 diamond

7時からのマラソンは、5時間の規定時間に滑り込み、

どうにか時間内のゴールとなるのです happy01

2011年7月22日 (金)

鳥津会 in  八幡浜 

くずし鳥津さんを師匠と慕うメンバーが、愛媛狭しと食べ歩く「鳥津会」

今回は師匠のお膝元@八幡浜。

愛媛マラソン完走者である彼が命名した「八幡浜グルメマラソン」runです。

商店街にあるチャンポンで有名なロンドンは存じておりましたが、

Dsc_0050

少し離れた所に、料亭風佇まいの「ロンドン別館」がある事は、初耳 ear

地元では「ロンベツ」の愛称で親しまれています wink

Dsc_0113

趣と歴史をたたえた中庭を囲む様に、大きな円卓を備えた部屋が一・二階に。

飲み物別で3,500円のコースの42.195kmのピストルdashが鳴ります。 

Dsc_0067

大将自ら、朝の八幡浜市場に赴き仕入れてくる魚介fishを使った前菜。

中華にも、浜っ子の自負が現れており、頂く方にも気合いが入ります。

Dsc_0070

大皿のスープで、喉を潤した後は、

Dsc_0073

八角系の香辛料がガッツリ利いた「焼豚」

焦げ目とテカリが官能的heart04で、濃縮されたエキスを奥歯でじっくり抽出 delicious 

隅っこの焦げてる部分が、なんとも言えんエー香り catface spa

王道中華の中にこのオリジナリティー。

得も言われる高揚感が沸き起こります up

Dsc_0079
パリン
impactと音を立てて割れる皮の間から、抑圧された後の解放。

肉野菜の甘み汁が、ともすればやや攻撃的thunderに口腔粘膜を攻めてきます。

一品ずつ、出来たて最高の状態を厨房で見計らっての登場ならではの技。

Dsc_0081

独特のシナモン系の香辛料の効いた「麻婆豆腐」

舌と同時に、鼻口腔をくすぐって来ます。

Dsc_0084

揚げたて最高状態 spa での「餃子」

Dsc_0087

「鳥の唐揚げ」も、火傷に注意 sign01

飛び出す高温の鶏汁は、人を夢中にさせ、骨までしゃぶりますdelicious

Dsc_0089

「エビチリ」

小分けで出てくるから遠慮なく、一気にツルン。

パッツン弾力エビscorpiusに、みじん切りの生野菜や香辛料が、アクセント。

Dsc_0093

「杏仁豆腐」も、一人分に分けて出てくるのが嬉しいです happy01

舌の上での滑る感覚が、画一的でなく、微妙なアンジュレーション。

手作りならではの、そのうねりが静かに心を落ち着けてくれます catface

Dsc_0095

ととと、

油断していると、「酢豚」にて、第二波 wave が訪れてきます。

甘・鹹・酸が個々に主張しながら、一つ高い味レベルに上昇 up

Dsc_0097

師匠がここのは大皿ごと食べられるとの「焼き飯」

肉の重厚感、玉子の円やかさ、ネギのあっさりが、

完璧なパラパラ崩壊ライスの中より、攻め入って来るのです。

Dsc_0102

驚いたのは「大学芋」 eye

飴が糸を引くため、横の水の入ったお椀に着けて、糸切りをします。

Dsc_0106

表面がコーティングされているので、中に水は侵入しません。

火傷しないようにゆっくりと前歯で噛んで、ドS級の甘みに酔いしれましょう。

(S;sweet)

Dsc_0112

桃の形をした「饅頭」を割ると、和の黒での漉し餡 note

ガッツリした甘さとその滑らかさで、これ以上何を望むのでしょうか?

次々と運ばれてくる皿が、厨房の熱々感spaを保って口に運ばれる喜びに、

頭まで浸かり、両手を後ろについて動けなくなります penguin

しかしながらマラソンは、まだまだ15km地点sweat01

Dsc_0118

少しお腹のペースを落とすために、

Dsc_0119

一杯だけの酒を、カウンターで給水するのです pouch

2011年7月21日 (木)

Coffee for Tohoku

喫茶店関係の方向けの、東北チャリティー企画のお知らせです notes

松山出身で、LA在住でブログをされているkaoriさんから、カキコを頂きます。

LAに遊びに行ったら穴場を案内して下さるお約束まで delicious

Flyer_final

詳しくは、こちらを → http://coffee4tohoku.blogspot.com/

私が応援しているシェフ炊き出し支援も、改めて宜しくお願いします。

→ http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2011/05/post_1711.html

(以下、カキコ原文引用)

ハジメマシテ。私もロサンゼルスでグルメブログやってます!

deliciousたまに松山の実家に戻る際は

コチラのブログを参考にさせて頂いて食べ歩いてます~。

実はこの度、松山にあるカフェでチャリティイベントをする企画を立てました。

(まだまだ参加して頂けるカフェをスカウト中です)

もし宜しければ、閲覧者の多いこちらで告知をして頂ければ最高だなと思い

コメントしております。(ご賛同いただければで結構ですので)

ちなみに詳細はココです。http://coffee4tohoku.blogspot.com/

LAにいらっしゃった際にはおいしいもの、

そして日本人が行かないような穴場にご案内しますので。。。どうでしょうか??happy02

よろしくおねがいします!!

2011年7月20日 (水)

濱の生活

「横浜の、ラーメン・中華以外の代表的食ってなに?」

私がナイーブながら投げかけた、禅問答のような問いに、

どうにかして答えようとしてくれる横浜在住の従弟が、

それじゃあsmileと、「横浜風グルメ散策」をプランしてくれます。

濱を知るためには、昨晩遅くにラーメンを食していても7時ホテル出発 rvcar

それは、

Dsc_0012

湘南の「Bells」での、世界一美味しい朝食 を頂く為です wink

Dsc_0014

江の島が一望できる一等地にある有名店で、

オーストラリア本店では、デカプリオが朝食を連日食べに来たとの事diamond

実は、

江の島って、初めて来ましたが、意外に見慣れた風景で拍子抜け catface

北条から鹿島に橋渡したみたいな感じですが、

都心から気軽にこれる海岸だから、お洒落スポットなんですね。

さあ、

Dsc_0022

”Ricotta hotcakes (1,400yen)

デカプリオが、オーストラリアでの映画撮影中にハマったパンケーキ good

Dsc_0025

初対面の食感はふんわりですが、バターがガッツリ入って、

しっかり味わって行くと、少し舌の上で粘りつく位の濃厚な味に変化。

一皿を二人で分けるくらいがちょうどいいボリュームですが、

癖になる幸福感 lovely が訪れで来るので、ペロリ。

デカちゃんが撮影中に食べすぎ体重が増え監督に禁止されたのも納得です。

Dsc_0016

トム、二コール、キャメロンなどが虜になった”Scrambled eggs(1,200yen)

卵とバターでかなりヘビーなのに、舌触りはソフトな仕上がり。

カリカリバケットにたっぷり載せて、口から迎えに行きガブリです delicious

Dsc_0026 

腹ごなしに江の島に歩いて渡ると、

Dsc_0030

こんな小さい蛸の塊が、目の前で

Dsc_0034

プシュ~ dash

平べったく巨大化して、熱々サクサク delicious

Dsc_0045

こちらも初対面、鎌倉の大仏さん。

大仏さんも初夏の暑さに参った sweat02 ようで、

Dsc_0046

背中を開けて涼をとってますね。

Dsc_0047

中に入って、頭の螺髪(らはつ)のいぼいぼを中から見学

各部品を鋳造して完成させたって、昔の人はスケールがでか~い bleah

Dsc_0052

「鶴岡八幡宮」

源の偉い人を祀っていると言う常識も知らない私は、

教科書で習った「良い国作ろう鎌倉幕府」しか浮かびませんsweat02

さて、

夜は、横浜市民がハレの日に家族で出かけると言う、

Dsc_0058

「Hungry Tiger」へ。

従弟の奥さんと小学生の子供が合流しますが、

待ち時間にゲームしたりして時間が潰せるので、退屈せずに喜んでいます。

Dsc_0074

うっわ、めちゃめちゃ焼いてる eye

Dsc_0065

じうううううう~~~~~~ fuji

「ミニフィレ・ハンバーグセット」が完成。

テーブルの上でハンバーグを切って、ソースをかけ回します。

Dsc_0063

油の跳ねが収まるまで、ナプキンでガードし服が汚れないようにするのが、

ここの御作法で、家族連れもカップルも皆嬉しそうにやっています。

Dsc_0073

ハンバーグにはつなぎが入ってないのかと思うくらい、

ぎっしり牛肉 taurus が詰まっています

がっしりと奥歯で噛みつぶし、牛肉本来の味と正面から対峙。

「なんで横浜でハンバーグ?」と思っていましたが、これは旨いです happy02

濱の生活はアメリカンですね~ full

お腹も、一段とデカプリオ penguin 

*この朝食と夕食の間の昼食に、

前回書いた、ラーメン二郎湘南藤沢店が挟まっているなんて事は、

物理的に不可能なので、気のせいだったのでしょう smile

2011年7月19日 (火)

ラーメン二郎 吉村屋 初体験レポ

ネットで、その存在は知っていたものの、

東京方面限定の展開なので行った事の無い、超・有名ラーメン店「二郎」。

本店は慶応大学の近くにあり、学生の腹を満たしていると聞いて言いますが、

今回は、ココ横浜の湘南藤沢店で初めてお目にかかります。

案内してくれる横浜在住の従弟によると、本店よりフレンドリーだが、

「店内には暗黙のルールがあるから」と、しっかり叩き込まれてます。

幾つかの符丁にテンポよく答えないと、常連からKYな目でにらまれるとか、

だらだら食べたり、残したりしたら無事に帰れないdownなどと脅かされます。

さて、

早速、店の前では鉢巻を巻いて気合いの入った表情のお兄さんが、

横の店の前にはみ出さないように、こまめに行列の流れを調節。

先制パンチを食らって、少し緊張感が高まります sweat01

20110618_112100

開店前に並んだので、30分くらいで入店。

麺の大盛りや、汁なしの人は食券を買う段階で決めます。

店内でも、席の後ろの狭いスペースに並んで待ちます。mobaq

席について暫くすると、店員さんが、

「にんにくどうしますかsign02」と、訪ねてきます。

これが聞いていた符丁で、前もっての予習の成果を発揮 wink

通常なら、にんにくの事だけを尋ねられただけだと思いますが、

実は、

野菜の量(まし、ましまし)、脂の量(大目、少なめ)、ニンニクの有無を答えます。

弱気になっているので、「全部普通でお願いします」と、声を絞り出しますsad

(っと思い込んでいたのですが、

コメントの欄で、お節介やきさんが訂正されているので御一読を)

20110618_114735

対比するものが無いので大きさが伝わりにくいですが、

通常の丼より一回り大きい気がします。

20110618_114915

手前から野菜の山を一気突き崩し、ワシワシと試合開始 scissors

途中でスープをすすると、なんとも尖った刺激的な味 bomb

ほぼ野菜山の半分を食べた時点で「意外といけるかも」と思い、

「さあて、あと、どれくらい麺が残っているか?」と探ってみます。

すると、どうやら丼の底まで、太麺が詰まっている事に気が付きますcoldsweats02

20110618_115328

上の野菜を食べきった状態。

麺はスープを吸って膨れ始めています。

麺硬め注文の存在意義はここにありか、と気付きますが、時すでに遅し。

過去に、うどん屋8軒の梯子や、ラーメン3軒梯子はした事ありますが、

とてつもない刺激的スープを吸い込み、小麦香たっぷりの麺をたたえた、

たった一杯の丼を前にして、一瞬、心が折れそうになりますsign04

残したら、店員さんやファンの人に睨まれるかもしれないと、益々緊張。

最近、ダイエットの為に一口30回噛む事を心がけていましたが、

ここでは封印していた麺呑みモード切り替え up

大口にわしわし入れて、喉の奥に流し込む。

それを繰り返しますが、いつもならあっと今に無くなる麺が、

なかなか減らずに、焦ります sweat01 sweat01

それでも、一心不乱に食べ進めると、やっと半分を過ぎた事がわかり、

どうにか先に見えるゴールに向かって一気に吸いこむのです。

20110618_120131

別に頼まれたわけでもないのですが、

「子供達、お父さんは諦めずにやり遂げたよ!」と心でとなえながら、

どうしても後を引く味のスープをちょっとづつ啜って行きます。

従弟が、入店前からペットボトルの水を少しづつ飲みながら、

胃の準備運動をしていた事を

思い出します。

店の前の自販機で、遅ればせながら脂肪の付きにくい黒ウーロン茶一気飲み。

噂に聞いていたラーメン二郎初体験ですが、

噂に聞いていたように、数日経った今は、

あれほど参った一杯に、また挑戦したくなっています smile

ルールだの何だのと書きましたが、それらすべては

「一杯のラーメンで腹いっぱいになって欲しい」との願いが

形になっただけの事。

忙しそうにてきぱきと働いている店内の二人の店員さんも、

店を出る時にはしっかりとそれを見ていて、「有難うございました」の大声。

その声に背中を押されるように店を出る時に、

初心者ながらふと、そう思ったりするのです。

さて、翌日は、

Dsc_0085_2

家系総本山「ラーメン 吉村屋」 詣。

本日同行できなかった従弟の携帯からの指示 mobilephone で、

Dsc_0086

「チャーシュー中盛り、野菜畑、味玉」の食券購入。

Dsc_0089

美しい、そして吸い込まれそうな魅力 diamond diamond diamond

Dsc_0091

太麺ボリューミーで、濃厚な深みスープ。

こちらも、一杯いただくだけで、フルコースディナーの様な満足感 notes

これは並ぶし、流行るの分かるな~~ smile

物理的には胃袋一杯なのですが、歩いて数分で、

Dsc_0093

「大勝軒 横浜西口店」があったら、梯子しますよね wink

Dsc_0100

ひや盛りとあつも盛りを、ムフフフといただいた後は、

勿論スープ割して貰って、完食 smile

実は、その12時間ほど前に、

Dsc_00102

横の「九州・大分ラーメン たまがった」を、完食していた事は、

恥ずかしくて公に出来ないのです coldsweats01

 

2011年7月16日 (土)

昼・あづま家など。。。やっぱ麺でしょ (^^♪

最近移転・拡張した私の街呑み〆ラーメン定番あづま家さんが、

昼の営業に突入 run 昼も食べられる~~ happy02 happy02 happy02

いつも食べている醤油ラーメンを、初素面で頂こうと向ったのですが、

あまりの暑さ sun に心が折れかかります。

すると大将が「冷し中華もありますよ happy01 

Dsc_0282

「特製中華そば(900円)

肉増し、煮卵、メンマ、白髪ネギのオールスター勢揃い baseball 

Dsc_0285

お酢の香りもまろやかで、油をまとった細麺がぐいぐいと入って来ますhappy02

野菜や肉系の細かくなったトッピングを絡めながら、麺の腰をエンジョイ delicious

足す事の~~、

 

Dsc_0287

「ミニ焼き豚丼」で、ランチセット。

煮卵や出汁などをぶっかけて、ガシガシかきまぜ、

ワシワシとかきこみ、フムムフの大満足 
smile good

昼・あづま家もいいな~ happy02

<ラーメンショップ久万の台>

Dsc_0208

ラーメンショップの中でも、個性があって旨いと有名な久万の台へ。

Dsc_0209

デフォルト「ネギラーメン」

豚骨ベースで海鮮系を重ねた甘い出汁。

看板である白髪ネギがシャキシャキ。

麺は少し伸びのあるストレート!

ちょっと塩が効いた焼き豚と交互に、ずずず~ smile

ネギ粘り部分が全体に回り、刺激的で食べ飽きません。

昼過ぎなのに人が絶えず、店員さんとの会話も自然体。

地元密着の教科書的お店で、名声の理由に大納得です notes

<たもや>

Dsc_0317

チェーン店だけど、香川オリジナルだけの旨いとの噂で突入。

Dsc_0318

「ひやかけとカレーが旨いって聞いたけど、どっちにしようかな catface

Dsc_0324

やはり、どちらも頂きましょう good

Dsc_0326

レールが入ってエッジの効いたさぬき麺。

目の前で手伸ばししていたので、少し待つけどその価値あり。

出汁が効いているけど、塩がきつくないのが良いですね bleah

Dsc_0329

いなり、ぎっしり ハッピーhappy01

Dsc_0330

玉葱の甘さが効いた家庭のカレーの味 heart04

目で見て麺にからむ様子が見えます。

服に飛ばないように、ゆっくり啜って、心穏やか。

ふと外を見ると、大雨の中でも、ジャンジャン車が入れ換わる大繁盛fuji

こりゃ、旨いし、安いから納得です shine

Welcome to Matsuyama bell なのです。

2011年7月15日 (金)

国産丸@カフェ・カバレ

おいしheart04いよ notes 

Dsc_0320

カフェ・カバレで、

Dsc_0316

やまけんさんが育てた「国産丸」 taurus

「肩ロース ベリ・レア」

表面に火を通し、その余熱で中心まで絶妙に熱を伝導された、

柔らかなで膨らみのある赤みに、

塩・胡椒できっちりガツン good

これは、ステーキなのか?明らかに別次元 spade

脂身もが旨すぎ happy02 happy02 happy02 good

Dsc_0318

「モモ肉 レア」 

歯応えガッツリで、こちらの期待を受け止めてくれます。

噛めば噛むほど、味がしみ出るとです
 delicious delicious delicious sweat01

これは、間違いなく食べとかんといかんです 
fuji

PS: 目が離せないカフェ・カバレの最新情報はブログtwitterで wink

   みたいな。。。

「弁当の日」を経験した子供に起きる6つの奇跡

7月30日(土曜日)に「国立大洲青少年交流の家」で、

子供の食に関する講演があり、私の友人が企画参加しています。

20110625_2250039

「弁当の日」を経験した子供に起きる6つの奇跡 shine

詳しくは、こちらをclickお願いします happy01

2011年7月13日 (水)

長楽 ★★☆

研究の末、松山風中華料理に行きついた中国人シェフのお店 smile

「日の出食堂」で、もっちり生地でたっぷりとノスタルジーを堪能した一行は、

松山済生会病院前まで、とぼとぼ徒歩移動します notes

Dsc_0176

以前から美味しい中華と聞いてた「長楽」が、山西探訪のtwo軒目。

やはりnomchanさんは既食で、いつもの様に食べログトップコメですね。

Dsc_0177

ケンタローさんが予約をしてくれた奥座敷に広々と座り、

ここからは遅れて☆李梨☆さんが合流。

大人の娘さんがいるとは思えない若さと美貌の源は、この行動力と好奇心note

Dsc_0179

メニューは広い範囲に渡り、お得な郊外値段です dollar

まずは、

Dsc_0186

「棒棒鳥(750円)「レバニラ炒め(750円)で、本日二回目のかんぱ~い beer

Dsc_0188

薬味の効いた厚めの鶏肉と、しゃっきしゃきの細切りキュウリの、

味と食感のコントラストが、絶妙のスターター diamond

美味しすぎて、お替わりしてしまいます  wink

Dsc_0191

定番 「トリの唐揚(750円)

赤ん坊の握りこぶしくらいはあろうかというサイズですが、

鳥の無駄な脂は無く、閉じ込められたジューシー唐揚エキスsweat01を、

ふうふう dash 、あっちっち~ impact ほふほふ smile です。

Dsc_0194

お次も、エキス閉じ込め系代表の、「餃子(420円)

もふっsweat01と噛めば、薄皮の焦げ目と、野菜肉のうまみが飛び出します。

これ、鬼・旨いっす diamond diamond diamond

Dsc_0195

「チンジャオロース(750円)

豚肉、玉葱、ピーマン、人参がやや太めに切りそろえられ、

甘酢あんかけで登場 up

次に登場する、

Dsc_0197

「スブタ(750円)と、ベースの味付けは殆ど同じ。

私には、かなりの甘さに感じるのですが、

native matsuyamanの☆李梨☆さんは、「私、この味だ~いすき~」 delicious

いつもの様に、探究熱心ないっしゅうさんが、

中国人オーナーシェフと何やら話していると思ったら、その秘密が判明 flair

別の場所でお店をやっていたオーナーは、最初はお店が流行らず困惑。

松山の味を研究し、少しずつ少しずつ甘みを加えて行き、

ある甘さを超えた時点から、急にお客さんが増えたそうです full

大変なご苦労だったと思いますが、とても興味深い話 catface

Dsc_0202

「八宝菜(750円)

こちらは対照的に具のサイズはゴロゴロと大きく、甘みより塩味メイン spade

オーナーの味の研究は、単純に甘みだけでは無い事も分かり、

次は家族で、麻婆豆腐、エビチリなどの四川系も食べに来ようっと wink

さて、

ここでも盛り上がったので、

Dsc_0203

時間ぎりぎり、駈け込む様に終電へ train

食べる方はしっかりと頂いたので、

Dsc_0207

naoさんにRUMもいいよと教わったG-Clefで、

ナイトキャップをクイッとあおり sleepy

第4回ケンタローさんツアーも大満足 full なのです happy01

2011年7月11日 (月)

日の出食堂 ★★★

ここのお好み焼き、他の店とは明らかに違います sign03

早くも第4回を迎えた「ケンタローの三津浜ツアー」ですが、

今回は、駅を市駅側に一つ移動して、伊予鉄・山西駅に集合。

Dsc_0145

駅のすぐ横に「日の出食堂」があります。

ケンタローさんの過去ログはこちら on

Dsc_0149

年季の入った店内を見回し、

Dsc_0157

ををっ eye

長年の継ぎ足しエキスで、底の見えないおでん鍋から、

Dsc_0153

「スジ」「ネギ」を頂きます。

スジ芯まで出汁が染み込んでおり、一粒でも深く長く楽しめます。

ほぼゼラチン化しており、グミグミ噛みながら乾杯ビールbeerをdrink up.

Dsc_0158

典型的好み焼き屋風ではなく、

どことなく、ホワイトカラー系の品の良さを漂わせている大将の奥には、

この店の歴史と共に生きてこられたお母さんが座っておられます。

「昔は、新田の子達も、朝夕に食べに来てくれ寄ったんやけど、

今は校則やらがうるさくて、来られんうようになったね~ confident 

でも、学食で食べるより、ここの方が情操教育にも良い気がしません?

Dsc_0161

先ずはデフォルトの「お好み焼き 素焼き(350円)

驚き sign03 は、そのもっちりした生地と、辛めのソース eye

もっちり生地の秘密は、讃岐の夢2000がなどの入った粉配合 secret

老舗の上に、研究熱心って素敵 wink

やはり、大将の品の良さはただ事ではありません。

ソースは、お好み焼き用の甘いものではなく、エッジの効いたウースター系

明らかに、今まで食べてきた三津のお好み焼きとは違うのです flair

Dsc_0163

「かたやき中華そば(600円)

中華そばの麺をパリッと揚げたものに、野菜や豚肉を炒めたあんかけ。

硬茹で卵がのっかってるのが、中華そばへのこだわりでしょうか?

Dsc_0166

「勝手に松山ミシュラン上半期ビールの友大賞」 diamond diamond diamond 受賞

中華麺である事を除けば、故郷長崎の皿うどんに似た感じ。

いつも皿うどんを食べるように卓上のソースをかけると、

native matsuyamanのsahoさんや、meiさん達が驚きます eye

余談ですが、専務探検隊メンバーの調査役

この二人+cassandreさんと、昔同じ職場だった事も判明。

「広いようで狭い」と伺っていた松山の人脈を体験し、ちょとnative気分 notes

Dsc_0170

「ねぎやき肉玉入り(550円)+そば入り(+100円)

なんと、キャベツの代わりにたっぷり ねぎ happy02 を使っている逸品。

火が通り甘みと香りが増したねぎが、先程のソースと抜群コンビ。

Dsc_0171

「お好み焼きそば台つき+肉入り(550円)

他店に比べ平べったい仕上がりですが、その中身は濃厚

オリジナルは、一銭洋食が基本系だとの説が有力 sign02

特徴を出しにくいお好み焼きと言う食べ物で、

生地、ソースとそのメイン食材が明らかに他店とは違い、

個性が群を抜いています happy02

それでいて、新しい事への挑戦も怠らない実力店。

大将は粉にこだわり、メニューには手打ちうどんまで。

ここ未食の方 happy02

今すぐ山西へ、電車でGO train

(ちょっと、懐かしすぎるフレーズかな~ coldsweats01

2011年7月 9日 (土)

ナマステ食堂 ★★★

「いけちゃん、食べてから記事にするのに、どれくらい期間が空いてるの?」

最近、良く受ける質問の一つですが、

休みの日にしかゆっくり書けないので、ひと月くらい前の記事になっています。

「でも、これは!ってお店は、直ぐ載せるんですよ sign01

って事で、

Dsc_0218

「ナマステ食堂」が、ストック記事をすっ飛ばして登場です。

地の物を使った手作りにこだわった、一味違うインド・ネパール料理屋さんで、

Kobaltさんも紹介されています。

を? AZAさんがデジイチ片手に生ビール。Foodieの鏡ですね wink

Dsc_0229

三人のコックさんは全てネパールの方。

オ-ナーさんは日本語ぺらぺらで、横浜から知人を頼って松山へ。

ネパール料理は、インド料理より少しマイルドなんだってなんて事などを

伺いながら、現地含めた多国籍ビールで乾杯 beer

食べるの大好き IAT 、二次会開幕です。

Dsc_0228

おつまみは、豆などが入ったネパール風薄焼きせんべい(名前失念)。

見かけに寄らず、ピリ辛でジワリ汗 coldsweats01 癖になります。

Dsc_0234

「エビ パコダ Shrimp Pakoda (480円)

軽いフリット風サクサクに、異国香の香辛料が鼻に抜けます smile

卓上に、「この店は当たりだな」的、緩やかなムードが漂います。

Dsc_0237

カレーは、まず三品注文。

手前の緑が、

Dsc_0245

「サグマトンカレー Sug Mutton Curry(800円)

「松山の野菜は美味しいね」とおっしゃるオーナーによると、

ほうれん草などの素材は地元産で、ソースも、ヨーグルトも手作りeye

日頃あまり食べ慣れない種類の料理ですが、

不思議なもので、手作り感は舌で自然に感じる事が出来ます。

Dsc_0241

奥の二つは、

「チキン カレー Chicken Curry (700円)

地元の生トマトをミキサーで完全なペースト状にして、

生クリームとカシュナッツが、コクを深めています。

「キーマ カレー Keema (780円)

ひき肉とグリーンピースで、現地カレーの定番ですね。

辛さは全て調節可能なので、最初はお薦めの辛さ(2だったかな?)。

この後、お替わりした時はもう一段階上げましたが、

辛さ耐性一般レベルの私でも、問題なしです sweat01

(でも、タオル持参推奨)

Dsc_0242

ここのもう一つの驚きは、ナンの種類の多さ

「ごま ナン Sesami Nan」は、胡麻の香りに蜂蜜が加わります。

蜂蜜が付くのも気にせずに、手でちぎって、ハニーワールドに没頭 catface

Dsc_0239

「チーズナン Cheese Nan」

ピザの様にワンピースを手にとって引き上げると、

中からトロリンチーズが、湯気を立てながら糸を引きます。

熱々spaのまま口に放り込むと。。。。これ以上、想像したら悶絶狂う happy02

Dsc_0247

「スペシャル ナン」は、平らなお焼きの様なもので、

野菜を中心としたふんだんな具材が挟まれており、

蒸し焼きの野菜と卵が、なんだか安心の味。

これだけで、充分完成された一品です。

Dsc_0251

「チョエラ」は、チキンと香辛料のサラダ。

海外に行かないと経験できない香辛料の異文化の香り。

食べていると、小さいけど硬い不思議な素材の存在に気が付きます eye

中に見える真っ黒な香辛料は「funugreek seed」

質問すると、親切に調理前の物を見せて頂きます。

Dsc_0252

ナイフの先に四つ見えますか?

女性ホルモン様作用があり、ネパールでは産後に良く食べられるとの事

途中から、彼らが頼ってやって来た松山の方と家族も加わり、

ネパール料理談義が盛り上がります。

Dsc_0255

サービスで頂いた「バナナラッシー」が、また甘くて香りが良い delicious

キンキンに冷えておらず室温に近いのが、現地感を演出。

一階は、テーブル席で20人弱、二階も十数人の対応可能。

こんな個性的で素敵な店に出会えると、とっても幸せな気分 smile notes

その上、ランチはナンお替わり自由Nanですって happy01 good

(蛇足と分かっていても、オヤジギャグを入れてしまう年になりましたcoldsweats01)

2011年7月 8日 (金)

耽味会 潜入レポ6月編 

今回の耽味会は、松山で唯一現存する料亭

先日、専務の断髪式も行われた「栴檀」です。

Dsc_0279

道後から川沿いを石手寺方面に暫く歩くと、趣のある建物が見えてきます。

Dsc_0281

一階で会費を払い、二階の大広間でメニューを眺めながら、

いつもの名刺交換 memo 

Dsc_0282

一.先付 

  水無月豆腐 蓴菜(じゅんさい) 生うに 美味だし

一.前菜

  紫陽花饅頭

中身は蟹の身をくるんだ芋に、紫のゼリーのトッピング

Dsc_0285

一.鮎焼目付

  茗荷 梅肉 餅蓮根 寥水仏

Dsc_0286

うっすらと焼き目の、走りの鮎の香ばしさは、得も言われぬ安心感 catface

名だたる料理長の方々とも、鮎の話なら少しは共通点があります。

寥水仏?

多分、一番上に乗っている、緑の蒟蒻の様な物?

味は、九州のおきゅうとに似ていますが、ネットで調べても出てきません。

辞書で調べると「寥(りょう)」で、鳥の羽がまばらに開いている様。

意味は、さみしい事を示すようです。

(この疑問はコメントの欄で、栴檀さん直々に解説頂いています wink

さて、

Dsc_0289

一.生物

  こち湯洗い 鮪 蛸油霜 燕

皮が黒い烏大根を細工した燕が、生きているかの如く皿の上をス~イshine

こちと蛸のあっさりした旨みが、軽く湯通しされ膨らみを帯びます。

Dsc_0294

一.煮物

  鰻渦巻冬瓜 いかり里芋 車海老芽巻 振り青柚子

さあ、辺りも暗くなってきて登場するのが、

Dsc_0296

一.焼物 ほたるかご盛り

  鮑共腸焼 ほたる 枇杷百合根雲丹焼 辛子蓮根

  傘コーン 生姜白和え 手長海老黄味揚

Dsc_0300  

駕籠の中には、お尻の光ったほたるが二匹 shine 止まっています。

(他の虫に見えるとか言わな~い。ほたると思えば、ほたるに見える!)

傘コーンは、カラ傘を模した物。

枇杷に見えるものは、百合根に雲丹を塗って焼いて、茎は牛蒡

日本料理は目で楽しませると聞きますが、その本物を初体験 happy02

この季節用に、人数分の蛍篭が揃っている栴檀さんに感服です。

Dsc_0305

一.箸休

  つばくろ焼き煮

前の席の釣りが趣味の方は、つばくろを食べる事に驚いています。

私も、愛媛に来て初めて出会った時は少し引きましたが、

この時期の身に味がしまったつばくろは、最高 happy02

裏を返せば、この時期以外に食べ物として会う事は珍しいですね。

三年ぶりくらいの再会で、小骨に注意しながら細かい身にチウチウと

吸いつくようにして頂きます delicious

Dsc_0309

一.酢物

  鱧おぼろ昆布〆 

  梅びしお ハス芋胡麻酢

この組み合わせも初体験。

旬の鱧を、旨さの塊の昆布で巻いているのだから、旨い訳です delicious

Dsc_0314

一.煎子飯

  香の物三種

先程のつばくろもそうですが、一流料理の中ばかりでは疲れてしまうので、

馴染みのあるものが〆にやって来ると、落ち着いた満足感 spa

Dsc_0315

一.果物

  枇杷 ゴールドキーウイ

この会は偉い方ばかりなので、二次会に流れる事は無く、

余韻に浸りながら、石手川に沿って帰宅の途に就きます。

途中、twitter見て、新生・寿浬庵で盛り上がっている脱メタボさん、

AZAさんに合流したのは内緒です wink

2011年7月 7日 (木)

業務連絡 !(^^)!

il Bevitoreの、

Dsc_0265

「鴨のスモークとロースト・サマートリュフ添え」

旨かったです happy02 good 

2011年7月 5日 (火)

懐石料理 小椋 ★★★

道後の丘にひっそりと佇む、超・ファーストクラス空間 fuji

以前、「寿し 小椋」と間違ってこちらに伺った時に、

大将がわざわざ車で送り届けてくれて以来、気になっていたお店です。


Dsc_0212

道後の景色を眺めながら、

Dsc_0215

国内でも珍しい眼鏡ブログ「MEGANE HAZARD」のスモーキーさんと

お会いする事になります。

Dsc_0219

まずは、オリジナルグラスでご挨拶の乾杯 good

Dsc_0226

涼やかなガラスの器に入った秋田直送「じゅんさい」

葉の周りに付いたつるんとした透明帯は、官能の食感 delicious

奥に隠れている癖のない若葉の匂いが、体をリセット。

器の出汁には桃と海老が入っていて、全て飲み干します up

Dsc_0230

「鱧とエビしんじょのお吸い物」

箸で持ち上げるとズシリとくる大きな鱧を、一杯に頬張り、

ゆっくりと噛みしめながら味わいます notes catface notes

きっちりと効いた鰹出汁を含んだ、ふんわりしんじょも、

喉にするりと自然落下。

さて、

眼鏡と言う、対象人口が少ないブログを始められたスモーキーさんは、

ブログのヒット数とコメント数の伸びに悩んで despair おられます。

全国の眼鏡マニアブログを検索し、

カキコ・トラバする事が、仲間探しの最初の一歩footだとお話ししますが、

眼鏡ブログは殆ど眼鏡屋さんで、個人でされている方は少ないとの事 coldsweats02

Dsc_0233

「鱸の洗い」

新鮮なうちに氷水で締められたからこそのコリコリ感が、秀逸 shine

空気を鼻に抜きながら、白身の清純な香りを堪能します。

Dsc_0235

洗いの器は、瓜を切って穴を開けています。

素敵な工夫に、「流石」と唸ってしまいます confident

Dsc_0244

「飯蒸し」

旬の小豆と枝豆に、お米の香りも加わり、

大和DNAに刷り込まれている、得も言えない心地よさcatfaceが発現。

Dsc_0245

「八寸」

枇杷に見立てたものは、かしわを卵の黄身で包み、牛蒡が刺してあり、

その右は、バナナの上にワインゼリー細かくして載せた、紫陽花 shine

梅雨時期の胡瓜蛙が、水に飛び込み大根の波紋 typhoon

チョコに見えるのは、鳥レバーパテと、バター

筒状の物は、内側から梅肉、里芋、紫蘇、鱚

目と舌の遊びが乗ったお皿は、庭の様に大きく見えますね smile

Dsc_0249

「鰻の印籠煮と牛蒡」

鰻の存在感が強く、お椀全体を支配しています。

太い牛蒡の土力さえも抑え込み、取りこんだ一品。

少し強めに入った焦げ目が、絶妙で無言になる旨さです diamond diamond diamond

少し話が戻りますが、

スモーキーさんは奥さんに値段は伏せて、4、50本の眼鏡を持っており、

休日は気分に合った眼鏡で変身し、眼鏡屋さん廻りが楽しみ coldsweats02

そうしたら、片っ端から持ってる眼鏡をアップして行けば、

「そのうちに、同じレベルに深く眼鏡を愛した仲間が現れますよ。」と、

根拠の薄い励まし coldsweats01 をしながら、酒 bottle も進みます。

Dsc_0256

「太刀魚の焼きもの」

アスパラガス、パプリカ、チーズを巻き込んだ、和洋合体。

出汁が和風なので、チーズの塩気が全体をまとめています

Dsc_0261

「鴨ロースのサラダ」には、赤ワインwineをグラスで合わせます。

グラスまで和にこだわった演出。

鴨の赤みをストレートに山葵で、じっくりと咀嚼し、引き出します delicious

Dsc_0267

「手打ちうどん」は、あっさり出汁とレモンで。

勧められたからではあるのですが、勿論お替わり二杯目 up

Dsc_0268

「小豆アイス」に、「トマトゼリー」

どちらも素材の味を残したままで、甘さ控えめ confident

コース全体の流れが、徐々に着陸態勢に向かっています。

Dsc_0273

最後は、「抹茶」で、ソフト・ランディング happy01

非の打ちどころのない、ファーストクラスのフライトが終了 airplane

コース料金は壱万円+酒代 crown

街中でダラダラと梯子するのもいいのですが、

合計すると同じ料金でこれだけの満足感を得るのも、ありです。

ハレの日や、勝負日には、文句なしイチオシone

またまた話が戻りますが、

眼鏡好きな方、「MEGANE HAZARD」を応援宜しくお願いします scissors

PS; よく伺ってみると、ライバルブログ甘南備さん大ファン bell で、

本当は、彼に会いたかったらしいのです。

それ、最初に言ってくれなきゃ。。。 bearing

2011年7月 4日 (月)

焼肉苑のランチ ★★☆

川崎屋朝日食堂と続いている、伊予・松前エリアランチシリーズですが、

ノリとフットワークの軽い面々が、少しづつ増え、

本日は、☆李梨☆さんも加わり、6人paper good集合。

Dsc_0136

「焼肉苑」は、松前にある焼肉屋さんで、

松山からわざわざ食べに出かける方も居るくらいの人気店です。

Dsc_0142

「焼肉定食780円(肉大+150円)」

肉はトンガリと言う名前の豚のハラミで、牛に比べてあっさり。

しっかりとタレの焦げ目がつく位焼き上げてあり、

歯ごたえと味の深みで、白米がどんどん進みます smile up

Dsc_0143

「牛丼(700円)

グレートバンブーさんの注文で、確認し忘れましたが大盛りかも?

肉の照りが素敵で、次回は是非こちらを頂きましょう。

さて、

次は一週開けて、また集合(場所はまだsecret

徐々にカロリーが、高くなって行く傾向にあるのは気のせいでしょうか?

2011年7月 3日 (日)

西屋 ★★★

今日は、四半世紀近い付き合いになる奥さんの誕生日 birthday

あべばら園さんにお願いしておいたバラの花束で、

日頃の好き放題食べ歩いている罪滅ぼしをしようと謀ったのですが、

「やっぱり、私も美味しいもの食べたい smile 」って事になります。

(今回、縁あって初めてばら園にお願いしましたが、

他から貰ったばらがしぼむ中、2週間近くたった今もピンピンですgood

外から見えるオープンキッチンがとても気になっていた、

フランス料理の名店「西屋」さんで、4750円のコースをお願いします。

Dsc_0110

「本日のアミューズ」

小さいシュー生地に、玉子とイクラが載っており、

フォークやナイフで口に運ぼうとすると、全員ひっくり返します。

親指と人差し指で優しく摘まんで、口に運ぶと、

二つの卵のコクが軽~く広がります catface heart04

Dsc_0113

「生ハムのフルーツ添え」

球体にくりぬかれた果物が、生ハム花弁の上に整然と並んでいて、

目も楽しませてくれます eye

薄緑のメロン赤いのはスイカですが、オレンジ色が分かりません

奥さんが夕張メロンだsign03と言い張るので、「メロン2種の訳ないやん」と、

ウエイターさんに聞いたら、「マンゴーです」。

一同大笑いhappy02ですが、知り合った頃は二つだった笑い声が、

いつの間にか、四つになっている幸せを感じます 
wink
 

Dsc_0118

「きのこスープのパイ包焼」

蒸し焼きにされた熱々のスープに、パイ生地を浸しながら、

キノコの香りを堪能 catface

最後はカップの淵に付いた生地を、綺麗に外して、

スープと交互に齧れば、薄く層状サクサクが最高 bell bell bell

Dsc_0120

「小エビのソテー アメリカンソース」

ホタテ形のクッキーが、可愛らしい heart04

Dsc_0123

丁寧に殻から外した焼き締められたエビの身を、

えび殻エキスを溶かしこんだ生クリームソースにしっかりまぶして、

口の中は、シュリンプ・カーニバル happy02 happy02 happy02

Dsc_0124

「お口直しのオレンジのグラニテ」

小さくでも、オレンジの酸味がしっかり confident

両唾液腺も仕切り直しモード完了。

Dsc_0130

「牛フィレ肉のグリエ 季節の野菜ぞえ」

(赤ワインソースとバターソース、冷製コンポート添え)

フランス料理のメインと言えば、やはりステーキ。

赤みのみの旨さを、二種類のソースでじっくり引き出します。

フレンチでありながら、料理全体を通してバターが抑え目なので、

ここでのバターソースの深みがぐっと生きてきます clover

Dsc_0131

「デザート盛り合わせ」

種類の違うショコラを、ねっとりと味わいながら、

珈琲で余韻を楽しみます。

さて一段落し、

「これだけ頂いても最後まで物凄く、美味しかったね」

水を向けると、

「そうでしょ wink、ここは美味しいんだから」と、奥さん。

あれれ?

どうも、奥様方でいらっしゃるランチで行きつけとの事。

自分が食べ歩いているので、文句が言える訳もなく、

「へ~catfaceランチも美味しいんだ~」と、ありったけの平静を装うのですsweat02

 

 

 

2011年7月 1日 (金)

萱町 阿沼美神社の「輪越」

6月29日深夜 fullmoon

としさんに代替わりしてから、以前に増して美味しい店になった

「寿浬庵(じゅりあん)」で、以前に増して安く飲みあげ萱町をとぼとぼ。

横断幕に「輪越」の二文字を見つけeye、「なんだそりゃ」って思っていると、

いっしゅうさんが「この辺の神社である風習なんよ」と、教えて下さり、

翌夕方、早速出かけてみます。

Dsc_0032

昨晩見かけた垂れ幕がこれで、読み方は「わごし」

地元商店街の方たちが、露天を出しておられ、

Dsc_0037

我が家がいつも、キムチや豚足を買っている「喜夢知屋」さんでは、

お話し好きの女将さんが忙しそうにチヂミを焼いています。

Dsc_0035

焼き立てのチヂミ spa と、大好物の豚足 pig を買って、

Dsc_0045

阿沼美(あぬみ)神社の境内に入って行きます。

Dsc_0043

まず、人型の線が引いてある紙に、家族全員の名前や年齢などを書きましょう。

Dsc_0038
次に、草で出来た輪を、正面から左廻り、右廻り、左廻りと三回くぐり

先ほどの紙を奉納してお祈りをします。

Dsc_0039

この草は「茅(かや)」で、こちらでは戦後からの習慣ですが、

古くはスサノオ時代の故事にちなんだものです。

詳しい由来を知りたい方はこちらをCLICKして下さい。

あれ sign02 萱(かや)町と、茅(かや)って関係あるのかな catface

さて、

後から、色んな人に尋ねてみると、南予にもある風習らしく、

あの人型が書いてある紙は、前もって町内会から配られ、

切り目を切って、各人が一枚ずつ持ち、自分の悪い所をこすりつけて、

一晩枕の下に敷いて、翌日奉納するとの事。

「よく親に、『あんたはここが悪いから』と、頭を擦られた事があるのよ」

って、笑っている人もおられます happy01

毎年決まった日に行われる、地元密着の伝統的で素朴な風習に、

地味ながら、とっても心が満たされます heart04

いっしゅうさん情報によると、

7月11日、12日は木屋町の鐘旭寺(じょうきじ)でお祭り

松山三大夏祭りの一つで、こちらも楽しそうですね wink

忠孝 ★☆☆

専務一行を載せた調査役号 car は、途中、部長を拾い三次会へ。

Dsc_0070

「坊ちゃん」の近くにある、古くからある焼鳥屋「忠孝城北店」へ。

部長によると、遅くに仕事が終わった時などに、

ここで会議の続きをしながら飲むのに最適だそうです。

そう言えば、一番町に本店があります。

さて、

Dsc_0074

関東風と書いてあるだけあり、豚肝などの鳥以外の肉も焼かれています。

博多では、豚バラの串焼きの事も焼き鳥と言うらしく、

焼き鳥星人としては、全国焼き鳥巡りの浪漫を抱きます delicious

Dsc_0080

タレ焼きの鳥皮も、嬉しくなる程の厚みがあり、

がしっと噛みしめると、しっかりとした食べ応え good

段々と酔度も上がってきて、何を話したかを覚えていませんが、

専務の「じゃあ、行ったこと無いなら、あそこに行こう」との号令で、

調査役号は、

Dsc_0082

「葉牡丹」に移動 car

有名店でありながら、恥ずかしながら初訪問 heart04

サイケな看板と店構え、店内に屋台が丸のまんま入っています。

「トイレは?」と聞くと「**があるやろ」との返事。

冗談ではない事に気が付き、ここが屋台だと言う事を思い出します coldsweats01

Dsc_0084

屋台のおでんをつまみながら、最後にラーメンがデフォルトの様ですが、

Dsc_0087

始めっからおでんが乗っかっている「おでんトッピングラーメン」を注文。

この形でおでんがやってくると、麺が伸び切らないうちに

おでんも食べないと行けなくなるので、勝負が早くなります。

おでんの具は、どれもゴロゴロと大きく、しっかり味 delicious note

Dsc_0092

麺は、たっぷりのスタンダード・ストレート。

Non-native matsuyamanの私には少し甘めに感じますが、

〆としてはお腹の落ち着くあっさり醤油豚スープ full

朧月夜fullmoonの下でタヌキの様なお腹をさすりながら、空を眺めるのです。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2