ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 永和 ★☆☆  | トップページ | まさおか ★☆☆ »

2011年6月24日 (金)

鬼の家 ★★☆

「いけちゃん、鬼の家の探検しに行こうや good

いきなり要点だけを仰る為、その意図する内容把握に時間を要する専務なので、

「また、訳のわからんことを。。。catface

Dsc_0028

と、思いながらついて行きます。

鴨川の潮見小学校から旧の街道沿いを北上していくと、

本当に「鬼の家」が現れます。

最近固定しつつある連行仲間、調査役とよりちゃんも一緒です。

Dsc_0034

6-7人掛けのカウンターと、座敷のテーブルは、

平日で有りながら、七割がた常連さんで埋まっています。

Dsc_0032

〆鯖の酢のものをあてに、店内を見回します。

店名の由来を尋ねると、大将の名前に「鬼」が入っているから。

関東や松山の料理屋や寿司屋で修業をした後に、

地元でのんびりと、4年ほど前に小料理屋を御夫婦で開かれたとの事。

Dsc_0036

「かつおたたき(800円)

皮の斑な焦げ目に、修行時代の腕が何気に表れています。

もっちりと脂の乗りかけたかつおを、たっぷりのニンニクをつけて頂けば、

鬼の住処は、竜宮城 fish に早変わり smile note

Dsc_0037

「はも落とし(800円)

梅雨前の雨を飲み、ぐっと身のしまりが良くなったはもに、

Dsc_0040

梅肉ソースをつけて、口に放り込みます。

身が大きく、その量も、街中では信じられない位大きいので、

頬張るようにして、弾力性と清涼感を楽しみます delicious up

Dsc_0043

これも嬉しい季節の山菜 「ふきのとう」

てんぷら油で中和した苦味は、大人になって好きになった味。

塩をちょっとつけて、ビールを口から迎えに行きます beer

Dsc_0048

山陰ではよく食べていた「煮魚 えい(400円)

煮こごり状態のゼラチンは、体温で溶けて喉にするり wink

軟骨の部分もしゃきしゃきと、そのまま頂く事が出来、

その線維の走行に沿って、綺麗に割れていきます。

醤油と生姜が効いていて、コップ日本酒のあてに最高 happy01 bottle

さて、

私の右でキープの焼酎を飲んでいた、ひとまわり程年上の方が、

「あんた、写真撮りよるけど、こないだやな助に行かんかったか?」

「はい」と答えると、

「女房がそれをインターネットで見て、こないだ夫婦で行ってきたんよsign01

偶然eye、このブログを御存じの方とお会いできて嬉しくなり、

Dsc_0053

手だけ、登場をお願いします camera

すると、

その方の服の胸の社名を見て、調査役が、

「あんた、昔この辺で、ホテルやりよったろ~」と、唐突な突っ込み wink

40年近く前の事らしいのですが、そのホテルの部屋を麻雀部屋として

貸し出しており、調査役は高校生の時に麻雀に通っていたらしいのです。

Dsc_0051

店の奥で、ほっこりと炊けていた「おでん」をつまみながら、

どんどんと昔話が深くなってきます。

横の席の方曰く、本業が調子悪かった時に、思いついたアイディア flair

その上、ホテルやマージャンの客には、帰る時に元気をつけて貰う為に、

ヤクルトを配っていたと話が展開 coldsweats01

高校生だった調査役が、「そうそう、そんなん、もろたわい happy02

Dsc_0055

高校生や、ホテルに入ったカップルが、同じヤクルトを貰って帰るって、

昔は、本当にのんびりした時代だったんやね~と、

「茹でピーナツ」の独特の風味を楽しみながら、

カウンターの愉快な酒が、どんどん進んで行くのです note

« 永和 ★☆☆  | トップページ | まさおか ★☆☆ »

和食」カテゴリの記事

コメント

こういう素敵な出会いがあるから、居酒屋めぐりは止められませんね~
大将との出会い、素敵なお客さんとの出会い、そして美味しい料理との出会い、
なんと素晴らしい時間を過ごされたことでしょう。(ウラヤマシス!笑)

ここは大将夫婦、食べ物、常連さん等かなりのハイレベルでした wink
是非、探検してみて下さい。
ちょっとした郊外にも素敵な名店があるので食べ歩きは止められませんねscissors

谷町、鴨川辺りも裏通りにはいろんなお店があるんですねconfident知りませんでした。


何年か前、知り合いから焼鳥真平だったかなぁ、そこのラーメンがおいしいのよと教えてもらいましたが未だ行けずcoldsweats02


あの辺りは中々きっかけがなかったら食べ歩きしにくいですよねsweat01羨ましいですhappy01shine

あたくし、このあたりの生まれ育ちですのよ

専務の観察力と好奇心のお陰ですeyeその上、どこででも誰とでも仲良くなれる才能の持ち主なので、あっという間に輪が広がっていくのですhappy01
ご興味があれば、次の探検にお誘いしますけど、、、smile

そうだったんですか happy01
それでは調査役と話が合うと思います。この記事に出た以外に、かなり色んな昔話をしておられましたよ。
昔はこの前の道が街道だったそうですねwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/51908865

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼の家 ★★☆:

« 永和 ★☆☆  | トップページ | まさおか ★☆☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2