ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 一番町のゆら ★★★ | トップページ | おばんざいと地酒 しず ★☆☆  »

2011年6月17日 (金)

うどんや ★★☆

北条に旨いうどん屋あり 

Dsc_0828

その名も、「うどんや」

初老夫婦で仕切っている店内では、

客のおばあさんが、のんびりとうどんを孫の口に運んでいます。

Dsc_0834

「てんぷらざるうどん(580円)

Dsc_0840

讃岐でよく見かける麺にレールが入った軟らかうどん

Dsc_0843

醤油の効いた甘めのタレにつければ、そのレールがはっきり

表面積が多いので、出汁の絡みも良く、アッと言う間に入って来ます。

秀逸なのは、

Dsc_0835

「きつねうどん
(380円)

Dsc_0844_2

メニューには載っていませんが、出汁殻を始末したと思われる

煮干しと昆布の佃煮と、駅弁サイズのおにぎりが付いてきます。

この佃煮も旨いんです 

Dsc_0836

この出汁は、素朴純粋で香りがたまらなく、忘れられません

その黄金の出汁を、ぽってりと吸い込んだお揚げをゆっくり口に運び、

ぷしゅ~ と出てくる甘みを抑えた汁は、

ノスタルジーを数段グレードアップしたレベル   

Dsc_0837

出汁を絡めた麺は、食べる前から体の一部では無かったかと

思わせるくらいの体細胞との親和性を示します。

麺の太さ単位の表面積が広いため、

ざるの麺は洗った水を吸い込んで、ややぼやけてしまいますが、

きつねでは、出汁を麺が吸い込むので相性は、超・逸品   

火曜水曜定休で営業時間11:30-19:00も、嬉しい営業時間 

きつねうどん、間違いなく我が家のうどんローテーションに入ります 

さて、

そのまま海岸線を、余韻に浸りながら戻り、

以前から気になっていた、

Dsc_0846

「ミウラート・ヴィレッジ」に寄り道をします。

Dsc_0847

展示物の写真は禁止ですが、シンスケ人形は 

人を案内するのにリアルな仏頂面で、何気にハマります。

ここを出た所にある喫茶店も、なんだか雰囲気があるので、

6月12日からの「マークエステル展」の帰りに寄ってみよ 

« 一番町のゆら ★★★ | トップページ | おばんざいと地酒 しず ★☆☆  »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

あー、載せちゃった。 ここ、駐車場少ししか無いので、当分行きにくくなりそうですね。 

とか何とか言いながら、私も載せてるけど、天ぷらうどんに三葉が入ってて、とても上品で好きですよ。

讃岐うどんみたいにエッジは効いてないけど、美味しいうどんですね。 写真見てると行きたくなりました。

もしミウラート美術館の入場券が必要なら言ってくださいね(^^)

先日からkobaltさんらの大御所勢ところでちらほらと登場していたので
若干行きにくくなったかな~と思ってたんですが
これでますます繁盛ですね( ̄▽ ̄)
平日に行こうっと。。。

ほんと上品で、麺の柔らかさもちょうど良く、心温まる一杯でした
あの通りは鯛飯や和菓子の店があったりするので、街中に停めてうろうろするのもいいかもですね。
鹿島も、お気に入りスポットです

実生活では良くお会いしますが、カキコはお久しぶりで、ありがとうございます
次の展覧会も行ってみたいので、またお会いした時にでも宜しくお願いします

そんなに影響は無いと思いますけど
日曜日にやっているのも嬉しい店ですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うどんや ★★☆:

« 一番町のゆら ★★★ | トップページ | おばんざいと地酒 しず ★☆☆  »

最近の写真

  • 20170402_9_36_45_2
  • Dsc_0034_00003
  • Dsc_0014_00001
  • Dsc_0037_00004
  • Dsc_0025_00002
  • Dsc_0041_00005
  • Dsc_0045_00006
  • Dsc_0048_00007
  • Dsc_0027_00001_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0055_00008_2
  • Dsc_0058_00009