ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« あづま家 ★★★ | トップページ | 鬼の家 ★★☆ »

2011年6月23日 (木)

永和 ★☆☆ 

旨い delicious 早い run 安い happy02

今夜は月2回のE-cafe pencil

今回は、ベトナム人のTちゃん、

長期海外滞在から帰国したばかりのMさん、

英語を駆使して旅行業をされているKさんを加え、E-cafeバージョン更新 up

Native English Speakers 4人を含む17人の団体さんです。

Dsc_0007

大人数になると行ける店が限られてくるのですが、

ピーンと浮かんだのが、最近開店した「永和」 new

予約の時に、中国系の日本語ではっきりした対応だったので、

期待が膨らみます delicious

Dsc_0009

メニューは豊富で、街中とは思えないgood CP dollar

各々が、好きな飲み物と食べ物を注文します。

Dsc_0010

「ピータン(500円)

長崎育ちの私は、新地(中華街)で大きなつぼに入って売ってるものを、

子どもの頃から食べているので、ソウルフードに近いのですが、

初めてみる方が多いのに驚きます。

英語でも”rotten egg”としか浮かばなかったので、外人さん達はドンビキcoldsweats02

試しに口に入れるものの、二つ目に手を出さないので、

結果的に独り占めの幸せ状態 heart04 

辞書では”century egg, thousand-year old egg, hundred-year old egg

           (世紀卵、1000年卵、100年卵)”

なんて書いてあり、「流石にそんなに古くはないだろ~catfaceって感じです。

Dsc_0011

皆が大好き「海老チリ(800円)

大きなエビがゴロゴロしていて、プリップリ smile

Dsc_0014

「青椒肉絲(800円)

同じ太さで綺麗に切り揃えられた、豚肉と野菜の食感の違いや、

細いからこそ、余すことなく奥歯で抽出される素材の持ち味が、

口の中で混合される快感 catface heart04 

Dsc_0016

「牛肉とニンニク芽の細切り炒め(800円)

ニンニク芽が、細めのアスパラみたいにパキンthunderと折れて、

拡散する甘みが、口のあちこちで時空と空間を超えます happy02

火の通し方も絶妙で、筋が残ったりもしないプロの仕事 spa

Dsc_0018

「マーボ茄子(700円)

ネギのとろみとひき肉の旨みを、くたくたになるまで吸い込んだ茄子が、

しんなりと、こちらを誘惑 heart04

塩胡椒続きの間に、ピリ辛の味噌味が挟まる事で、相乗効果。

中華料理は、万国人共通に幸福を与えてくれますね smile

Dsc_0021

「豚耳冷菜(700円)

コリコリ豚耳、しゃっきりキュウリに玉葱のピリ辛甘み。

耳奥で音がするくらいしっかり噛んで、やっぱビールbeer ぐい~happy02

Dsc_0024

かなりお腹は膨れていますが、やはり「五目チャーハン」

カウンター奥で、ダイナミックな音楽notesを奏でている中華鍋から、

米粒一つ一つに、旨みと香りをまとった芸術品が生み出されています。

一粒一粒がパラパラのチャーハン、出会える様で会えませんdelicious

オーソドックスなメニューですが、全てにおいて仕事のレベルが高く、

それでいて、お手頃値段 fuji

中人数以上で好みも違う団体で行く所に困ったら、

これからは先ずここが一番に浮かんでくるでしょう。

很好吃 bell bell bell

<業務連絡>

☆李梨☆さんへ、

先日は、失礼しました coldsweats01

ちょっと前に書いた記事なので、すっかりUPした気になっていました。

« あづま家 ★★★ | トップページ | 鬼の家 ★★☆ »

韓国・中華・アジア」カテゴリの記事

コメント

甘南備さんのブログでも気になってたんです。
「天龍」さんじゃないけれど中国人の方がされている中華料理のお店って行きたくなります。
地元のお店にはないようなメニューもあったりして・・・。
「豚耳冷菜」のコリコリ感、ビールにあいそー。

気軽に入れるお店だし、結構遅くまでやっているみたいです。
お目が高いですね。
豚耳、最高でしたよ wink

あははsweat01
毎日楽しみにしてますのでチェックはぬかりないですわnote

ピータン一度他のお店で食べたきりなので気になりますhappy02
最近いっしゅうさんがお好きな瓶ビールのおかげで苦手だったビールも飲めるようになりました。
ピータンつまみにグイっといきたいですhappy01shine


甘南備さんがこのお店おひとりさまで来店してましたね。
私はさすがにこのお店1人は無理っぽいので又機会あれば皆様とご一緒したいですconfident

毎日チェック頂き、有難うございますhappy01
生ビールが駄目だったのに、瓶で飲めるようになったとは存じませんでした。いっしゅうさんが瓶にこだわる理由がその辺にあるのかもしれませんねfuji
この永和さんは、時間的にもメニュー的にもとても自由度が高いと思いますので、何かの会の二次会にでも、是非ふらりとまいりましょう bell

ほんと、おいしかったです♪
でもテーブルでお料理全然違ってたんですね☆
また行きたいです~ここは大人数で分けると、色々食べられますねlovely
昨日のEcafeは、さらにグレードアップしてましたね!
ネイティブもどんどん増えていて、ほんとに楽しいです。でも仲良くなっても、帰国しちゃうのは、すごく寂しいな~

ピータンおいしくてびっくりしました。

この店を皮きりに、どんどんとオイリーな方にEcafeがシフトしてきている気がします。気がしますって、主犯が言う事でもないですがwink
ベジタリアンもなし崩し的になってきて、店選びがかなり楽になってきています。こっちの世界へようこそ、お帰りなさいませpig

このお店天龍に行こうとして閉まってたときに行きました〜。かなり遅く(4時頃?)だったのに開いてて結構なお客さんが入っていて賑わっていました。締めのラーメンおいしくいただきましたnoodleいろいろおいしそうなメニューがあるのでまた行きたいと思います。

流石の天龍も4時には閉まってましたかwink
永和と天龍が、ぱっと見分からないけど実はとても近い事を御存じな「わ.」さん。松山街飲み有段者とお見受けしました。御存じとは思いますが、静〆もなかなかお勧めです。
究極の〆は、喰亭だと思いますpenguin

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/51860442

この記事へのトラックバック一覧です: 永和 ★☆☆ :

« あづま家 ★★★ | トップページ | 鬼の家 ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2