« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月26日 (日)

まさおか ★☆☆

鬼の家から出た一行は、すぐ近くのスナックらしい店 kissmark が気になります。

その名の通りの調査役が、斥候へ。

すぐに引き返してくるものと思いきや、満面の笑みhappy01で手招き paper

Dsc_0058

手作り料理と酒の店 「まさおか」

一般家庭用のドアと、中から漏れ出てくる薄紫の光が怪しいのですが、

Dsc_0060

実は料理自慢の、落ち着いたお店。

店の右隣には立派なビルの「割烹 まさおか」。

店同士もつながっていて、こちらの奥にも広い座敷があります。

Dsc_0063

鬼の家では売り切れだった為に食べられなかった「鰹の刺身fish

すっきりとした切れを持つ、ねっとりとした赤身食感 delicious

口角が真一文字できりっとした、気配りの行きとどいた女将と、

「この辺食べ歩きに来たんよ」と、会話が始まります。

実は、

調査役が店の外で待っていた我々に満面の笑みを向けた理由は、

ここのバイトの学生お嬢さん

曜日限定で来ている現役落研の彼女は、常に笑顔 happy01 を絶やさず、

一年半近く働いているとは思えないくらい新鮮で、

ちょっとおっちょこちょいな動き sweat01 を見せています。

Dsc_0064

魚続きだったので「はらみ」を注文。

こちらもこれ一品で十分客を引き付ける、肉汁とタレのコラボです delicious

白飯に入れてかき込みたいのですが、次があるので我慢 bearing

まだ、食べる気でいるのかsign01の、お決まりの独り突っ込み。

 お付き合い有難うございます wink )。

Dsc_0069

創業昭和三十年の歴史をもつお店の料理の腕に感激している間に、

取締役は先ほどのお嬢さんの名前、落語の芸名を聞きだしてます。

年齢当てクイズで、

ひとまわり若い私やよりちゃんより、若く見られた彼は、

来週もこの子に会いに来たいと、超満悦 smile

後ろ髪を引かれる調査役をどうにかつつき、

お酒も飲まないでテンションを高く保てる調査役の車
rvcarで、

探検隊は街へと戻るのです。

2011年6月24日 (金)

鬼の家 ★★☆

「いけちゃん、鬼の家の探検しに行こうや good

いきなり要点だけを仰る為、その意図する内容把握に時間を要する専務なので、

「また、訳のわからんことを。。。catface

Dsc_0028

と、思いながらついて行きます。

鴨川の潮見小学校から旧の街道沿いを北上していくと、

本当に「鬼の家」が現れます。

最近固定しつつある連行仲間、調査役とよりちゃんも一緒です。

Dsc_0034

6-7人掛けのカウンターと、座敷のテーブルは、

平日で有りながら、七割がた常連さんで埋まっています。

Dsc_0032

〆鯖の酢のものをあてに、店内を見回します。

店名の由来を尋ねると、大将の名前に「鬼」が入っているから。

関東や松山の料理屋や寿司屋で修業をした後に、

地元でのんびりと、4年ほど前に小料理屋を御夫婦で開かれたとの事。

Dsc_0036

「かつおたたき(800円)

皮の斑な焦げ目に、修行時代の腕が何気に表れています。

もっちりと脂の乗りかけたかつおを、たっぷりのニンニクをつけて頂けば、

鬼の住処は、竜宮城 fish に早変わり smile note

Dsc_0037

「はも落とし(800円)

梅雨前の雨を飲み、ぐっと身のしまりが良くなったはもに、

Dsc_0040

梅肉ソースをつけて、口に放り込みます。

身が大きく、その量も、街中では信じられない位大きいので、

頬張るようにして、弾力性と清涼感を楽しみます delicious up

Dsc_0043

これも嬉しい季節の山菜 「ふきのとう」

てんぷら油で中和した苦味は、大人になって好きになった味。

塩をちょっとつけて、ビールを口から迎えに行きます beer

Dsc_0048

山陰ではよく食べていた「煮魚 えい(400円)

煮こごり状態のゼラチンは、体温で溶けて喉にするり wink

軟骨の部分もしゃきしゃきと、そのまま頂く事が出来、

その線維の走行に沿って、綺麗に割れていきます。

醤油と生姜が効いていて、コップ日本酒のあてに最高 happy01 bottle

さて、

私の右でキープの焼酎を飲んでいた、ひとまわり程年上の方が、

「あんた、写真撮りよるけど、こないだやな助に行かんかったか?」

「はい」と答えると、

「女房がそれをインターネットで見て、こないだ夫婦で行ってきたんよsign01

偶然eye、このブログを御存じの方とお会いできて嬉しくなり、

Dsc_0053

手だけ、登場をお願いします camera

すると、

その方の服の胸の社名を見て、調査役が、

「あんた、昔この辺で、ホテルやりよったろ~」と、唐突な突っ込み wink

40年近く前の事らしいのですが、そのホテルの部屋を麻雀部屋として

貸し出しており、調査役は高校生の時に麻雀に通っていたらしいのです。

Dsc_0051

店の奥で、ほっこりと炊けていた「おでん」をつまみながら、

どんどんと昔話が深くなってきます。

横の席の方曰く、本業が調子悪かった時に、思いついたアイディア flair

その上、ホテルやマージャンの客には、帰る時に元気をつけて貰う為に、

ヤクルトを配っていたと話が展開 coldsweats01

高校生だった調査役が、「そうそう、そんなん、もろたわい happy02

Dsc_0055

高校生や、ホテルに入ったカップルが、同じヤクルトを貰って帰るって、

昔は、本当にのんびりした時代だったんやね~と、

「茹でピーナツ」の独特の風味を楽しみながら、

カウンターの愉快な酒が、どんどん進んで行くのです note

2011年6月23日 (木)

永和 ★☆☆ 

旨い delicious 早い run 安い happy02

今夜は月2回のE-cafe pencil

今回は、ベトナム人のTちゃん、

長期海外滞在から帰国したばかりのMさん、

英語を駆使して旅行業をされているKさんを加え、E-cafeバージョン更新 up

Native English Speakers 4人を含む17人の団体さんです。

Dsc_0007

大人数になると行ける店が限られてくるのですが、

ピーンと浮かんだのが、最近開店した「永和」 new

予約の時に、中国系の日本語ではっきりした対応だったので、

期待が膨らみます delicious

Dsc_0009

メニューは豊富で、街中とは思えないgood CP dollar

各々が、好きな飲み物と食べ物を注文します。

Dsc_0010

「ピータン(500円)

長崎育ちの私は、新地(中華街)で大きなつぼに入って売ってるものを、

子どもの頃から食べているので、ソウルフードに近いのですが、

初めてみる方が多いのに驚きます。

英語でも”rotten egg”としか浮かばなかったので、外人さん達はドンビキcoldsweats02

試しに口に入れるものの、二つ目に手を出さないので、

結果的に独り占めの幸せ状態 heart04 

辞書では”century egg, thousand-year old egg, hundred-year old egg

           (世紀卵、1000年卵、100年卵)”

なんて書いてあり、「流石にそんなに古くはないだろ~catfaceって感じです。

Dsc_0011

皆が大好き「海老チリ(800円)

大きなエビがゴロゴロしていて、プリップリ smile

Dsc_0014

「青椒肉絲(800円)

同じ太さで綺麗に切り揃えられた、豚肉と野菜の食感の違いや、

細いからこそ、余すことなく奥歯で抽出される素材の持ち味が、

口の中で混合される快感 catface heart04 

Dsc_0016

「牛肉とニンニク芽の細切り炒め(800円)

ニンニク芽が、細めのアスパラみたいにパキンthunderと折れて、

拡散する甘みが、口のあちこちで時空と空間を超えます happy02

火の通し方も絶妙で、筋が残ったりもしないプロの仕事 spa

Dsc_0018

「マーボ茄子(700円)

ネギのとろみとひき肉の旨みを、くたくたになるまで吸い込んだ茄子が、

しんなりと、こちらを誘惑 heart04

塩胡椒続きの間に、ピリ辛の味噌味が挟まる事で、相乗効果。

中華料理は、万国人共通に幸福を与えてくれますね smile

Dsc_0021

「豚耳冷菜(700円)

コリコリ豚耳、しゃっきりキュウリに玉葱のピリ辛甘み。

耳奥で音がするくらいしっかり噛んで、やっぱビールbeer ぐい~happy02

Dsc_0024

かなりお腹は膨れていますが、やはり「五目チャーハン」

カウンター奥で、ダイナミックな音楽notesを奏でている中華鍋から、

米粒一つ一つに、旨みと香りをまとった芸術品が生み出されています。

一粒一粒がパラパラのチャーハン、出会える様で会えませんdelicious

オーソドックスなメニューですが、全てにおいて仕事のレベルが高く、

それでいて、お手頃値段 fuji

中人数以上で好みも違う団体で行く所に困ったら、

これからは先ずここが一番に浮かんでくるでしょう。

很好吃 bell bell bell

<業務連絡>

☆李梨☆さんへ、

先日は、失礼しました coldsweats01

ちょっと前に書いた記事なので、すっかりUPした気になっていました。

2011年6月21日 (火)

あづま家 ★★★

夢をかなえた男の顔は、カッコいいのです good

〆のラーメンとして、数えられない位通っている

Dsc_07221

「あづま家」さんが、大街道から二番町通りに入った一等地に移転拡張。

前のお店はカウンターだけで、残念ながら満席で帰った事もしばしば。

以前から、ラーメンをすすりながらお話しは伺っていたのですが、

とうとう実現したので、我が事の様に嬉しくなって飛んで行きます run

Dsc_07231

メニュー内容は一緒ですが、今風の字で「かっちょよく」なってます。

Dsc_07241

いつもカウンターの直ぐ向こうでラーメン作りをしていた大将が、

他にも店員さんを従えて、無表情な中に闘志をみなぎらせsign01

diamond輝いて見えるdiamondのは私だけでしょうか?

注文取りにくるおばちゃんの自然体が、好対照でいいです wink

Dsc_07291

大好物の「こってり醤油ラーメン」を頂きます。

節粉がかかっており、魚介系が表に出ているものの、

豚や鳥などの、動物系のコクの奥深さも持ち合わせているのが

ここの魅力 happy02 happy02 happy02

Dsc_07311

麺をゆっくり咀嚼して、小麦の香りを充分に楽しみながら、

気がつけはいつものようにスープもすべて頂きます。

ここのスープはすべて頂いても、夜中に喉が乾かないのが不思議 wink

ボディーはスムーズに抜け、残香がホンワリと鼻腔に立ちこめる時に、

楽しかった一日の、飲み会の思い出の余韻に浸るのです spa

Dsc_0726

横浜から来ている従弟は「つけ麺醤油」

Dsc_0730

松山にもこんな美味しい店があるのかと、驚いています。

改めてご紹介するほどもない有名店ならではで、

後のお客さんも「おお、広くなったね~大将」と嬉しそうに声をかけています。

大将、「あづま屋」 大好きです。

これからも、頑張りすぎないように息の長いお店になって下さい happy01

おばんざいと地酒 しず ★☆☆ 

 「和服美人女将がいる店 heart04 」

映画や小説などでは、たびたび登場する場面ですが、

飲み歩き歴が四半世紀近い私も、

現実に、そんな奇跡のようなお店にで巡り合った事が有りません。

しかし、そんな男のロマンを形にしたようなお店が、本当にあったのです eye

Dsc_0710

「おばんざいと地酒 しず」は、品川の通りにある和風癒しスポット bottle

Dsc_0713

「つきだし」は、鳥とゴボウのキンピラ

イイ感じに、甘めに炊いてあります wink

Dsc_0715

「砂ずり胡麻ポン酢漬け」

しゃっき thunderしゃっき thunder と、キレのいい砂ずりの音が、

こめかみに響き、酸味が心地よく奥歯の方に広がります delicious

これだけ料理が上手な女将って、ある程度の年齢の方を想像しますよね。

でも、ここの女将、

あなたの、そして私の想像より10歳くらいお若い。

そして、しつこいけど美人 kissmark で、Kobaltさんもお墨付き。

Dsc_0717

常連さんもお薦めの、「とりかわポン酢」

目の前でさっくりと揚げたて。

手でつまんで、かる~く口に放り込みます。

生ぐい~~ん beer

Dsc_0719

「地酒」は、

女将が席の横まで持ってきてくれて、一杯目はにっこりwink手酌

酒の旨さも跳ね上がります up

ほれてしまうやろ~ lovely

(尚、本日の記事は、奥さん非公開設定でお願い致します sweat01

2011年6月17日 (金)

うどんや ★★☆

北条に旨いうどん屋あり wink

Dsc_0828

その名も、「うどんや」

初老夫婦で仕切っている店内では、

客のおばあさんが、のんびりとうどんを孫の口に運んでいます。

Dsc_0834

「てんぷらざるうどん(580円)

Dsc_0840

讃岐でよく見かける麺にレールが入った軟らかうどん

Dsc_0843

醤油の効いた甘めのタレにつければ、そのレールがはっきりeye

表面積が多いので、出汁の絡みも良く、アッと言う間に入って来ます。

秀逸なのは、

Dsc_0835

「きつねうどん
(380円)

Dsc_0844_2

メニューには載っていませんが、出汁殻を始末したと思われる

煮干しと昆布の佃煮と、駅弁サイズのおにぎりが付いてきます。

この佃煮も旨いんです heart04

Dsc_0836

この出汁は、素朴純粋で香りがたまらなく、忘れられません

そのdiamond黄金の出汁diamondを、ぽってりと吸い込んだお揚げをゆっくり口に運び、

ぷしゅ~ sweat01と出てくる甘みを抑えた汁は、

ノスタルジーを数段グレードアップしたレベル crown crown crown

Dsc_0837

出汁を絡めた麺は、食べる前から体の一部では無かったかと

思わせるくらいの体細胞との親和性bleahを示します。

麺の太さ単位の表面積が広いため、

ざるの麺は洗った水を吸い込んで、ややぼやけてしまいますが、

きつねでは、出汁を麺が吸い込むので相性は、超・逸品 happy02 happy02 happy02

火曜水曜定休で営業時間11:30-19:00も、嬉しい営業時間 clock

きつねうどん、間違いなく我が家のうどんローテーションに入ります good

さて、

そのまま海岸線を、余韻に浸りながら戻り、

以前から気になっていた、

Dsc_0846

「ミウラート・ヴィレッジ」に寄り道をします。

Dsc_0847

展示物の写真は禁止ですが、シンスケ人形は ok

人を案内するのにリアルな仏頂面で、何気にハマります。

ここを出た所にある喫茶店も、なんだか雰囲気があるので、

6月12日からの「マークエステル展」の帰りに寄ってみよ cafe

2011年6月15日 (水)

一番町のゆら ★★★

由良の潮風が吹き抜ける鶏舎で、

由良岬で取れた海草や貝殻を餌に与え、独自の基準で管理した鳥 chick

Dsc_0856

そんなこだわりの「由良の媛っ子地鶏」を丸ごと食べられる店。

「一番町のゆら」に、満を持して突入です run

Dsc_0861

素材に自信と誇りを持った大将とゆっくり話しながら、くつろぎの空間。

Dsc_0863

先ずは「刺身の盛り合わせ」

今日月曜は、しめたて新鮮な素材が入って来る日 new

鮮やかな色を見ただけで、処理と流通をいかに大切にしているか伝わり、

しゃっきりと透き通った味が口の中で消えて、スッと切れると、

その想像が確信に変わります。

食べた鳥の部位に一致する私の内臓が、一つ一つ浄化されて行きます smile

Dsc_0870

ハリハリfullmoonで弾けんばかりに健康的な身に齧り付き delicious

Dsc_0866

「こにく」

脂を丁度良く蓄えた歯応え系 happy02

Dsc_0875

「テール」

通称ボンジリ、ここはタレで

豊満なお尻の脂が熱々の液体化し、

しっかりした焦げ目で、がっちり閉じ込められています。

かむと、香ばしさと鳥脂のうまみ汁が飛び出すのです impact

Dsc_0879

「ゆらスペシャル」

あっさりしたもも鶏と、瑞々しいもやしは、幾らでも入って来ます happy02

Dsc_0882

「もつの塩焼」

chickの大腸を折り曲げて、串に刺してあります。

焼き締められた弾力のある歯ごたえと、香ばしさが絶妙 happy02 happy02 happy02

処理が良いので、全く臭みもなく、テッパンのキョウイチ smile

Dsc_0890

出ました~~、初体験 eye sweat01

mobaq 一体、どの部位でしょう?

粒がとても小さく、整然と揃えられたシシャモの卵の様な感じ。

外の皮が少し硬めで、中からパツン sweat01と、独特のエキスがほとばしります。

その名も、

Dsc_0889

「体の割に大きいのね kissmark heart04 (何故か、オネエ 口調)

すっかり、こちらの部分も浄化されます scissors

Dsc_0893

「骨付きもも塩こしょう(1000円)

比較的淡泊な媛っ子地鶏ですが、ここのものは深みが一段上 up

Dsc_0895

「腹かわ(一人前400円、これは三人前)

鳥の横隔膜ですが、一羽をさばいているからこその品揃え。

上品な脂が全体に廻っていて、厚めの弾力が最高。

歯の間からしみ出ている、脂系鶏エキスのすっきり感が、

ここの実力を裏打ちしています。

これも、食べて頂きたい good

とても、良い店です。

少人数でゆっくり楽しめ、焼き鳥星人chickを代表して、お薦めするのです happy01

2011年6月13日 (月)

朝日食堂 ★★☆

ひょんなmixiスレッドから発生し、

先日第一回目「松前川崎屋」で昼休み集合をした一行ですが、

「じゃあ、来週もねheart04
って事になり、

Dsc_0901

伊予市の旧市街地に向かっています。

Dsc_0902

「朝日食堂」は、伊予にある老舗の定食屋さん。

食べログをチェックすると、流石nomchanさんはリサーチ済です sweat01

Dsc_09041

AZAさんは、レゴブロックカメラを新調し、張り切っての参加。

「かわいいでしょ~notesとご満悦ですが、

カメラ本体の性能にしか興味のない男性陣が、

彼女の期待に添うようなリアクションをしなかったでの、プチご不満 angry

今、見直してみると迷彩色だったんですね eye

お腹が空いていて、全く気が付かずに申し訳ありませんです
 coldsweats01 

さて、

Dsc_0906

店内は歴史は感じますが、清潔感にあふれたザ・食堂 japanesetea

常連さん達が次々とやってきて、お店の方とローカル情報交換をしています。

Dsc_0907

「中華そば(500円)

すこし甘めの、あっさりスープ spa

豚の脂が適度なコクになっており、麺を啜る時に胡麻が香り立ちます。

スープを完全に透き通らせず、肉のうまみを残しています。

Dsc_09091

ズズズ~と麺と多めの野菜を口いっぱいに頬張って、

ワシワシとキャベツの甘みが加わる快感に浸ります
 catface heart04

Dsc_0915

大皿一杯に盛り上げられた「焼きそば大盛り」も、

前回仕事で涙を飲み、今回初参加のグレートバンブーさんの箸で、

見る見るうちに目の前から消えていきます。

食後も休み時間一杯まで使って、新規食べ物屋さん情報交換 restaurant

研究熱心な一行は、「じゃあ、次回は。。。」と、

伊予松前方面を食べつくすまで、毎週止まらない勢いなのです 
airplane

2011年6月12日 (日)

空飛ぶ農民 ★★★

素人が自分達だけの日本酒を造るって、憧れます happy02

今日はそれをやってのけた方々の話です。

Dsc_0850

「空飛ぶ農民」

先日、上司の還暦祝いの席でお話しをした先輩のお一人。

友人がつくったコメを酒造メーカーに持ち込み、

11月の仕込み、年末の搾り、3月に瓶詰めされたとの事。

私のブログをご存知で、「いけちゃん、こんなの好きでしょう」と、

その数日後に仲間と造った酒を送って頂きます。

Dsc_0852

今治の「八木酒造部」さんにお願いして、4年目になるそうです。

ボディーに存在感があり、後口はすっきりした辛口で、食中酒に最高 happy02

もう一本は「首藤酒造」さんで、十三日会という銘柄。

あっという間に二本とも、五臓六腑に吸い込まれます spa

約20人のお仲間だけで配布し、楽しんでおられるとの事。

決して市場には出てこない、自分達だけの銘柄の酒、

ブログを通じて知り合った仲間と造ったら楽しいでしょうね~ happy01

銘柄は、「食べ歩きの迷い道」かな?

2011年6月11日 (土)

松前・川崎屋のビーフンと焼きそばの秘密

Mixiで伊予・松前方面のある店の事を日記に書いたら、コメが45件を突破sign03

気がつけば、

Dsc_0798

「じゃ、川崎屋にランチに行こう」と、フットワークの軽いメンバーが平日集合

AZAさんは、天気も良いsunので単車で駆けつけてきます good

Dsc_0801

夜オフ会で酔っぱらってのお付き合いがメインの方々と、

昼間に素面で会うと、皆さんキチンとした社会人だったりして(失礼sweat01)、

仕事の携帯がかかってきたり、敬語なんか使っちゃったりして、

ちょっと不思議な感じです(自分の事は棚に上げbleah)。

二階の広い畳個室でゆっくりと話しながらメニューを眺めます。

さて、

地元に根付いたこの店には、いくつかのローカルネタが存在。

まず、

Dsc_0809

デフォルトの「ビーフン」に「握り」がついたセット(800円)

nomchanさんもご指摘
されていましたが、

麺は、

Dsc_0813

ビーフン(米粉)ではなく、中華麺 noodle eye

あんかけなので、スープの絡みと保温性が素晴らしい。

野菜の甘みも溶け込んでおり、優しい中に塩パンチの利いた仕上がり delicious

Dsc_0811

写真奥は、「焼きそば(610円)」セット(830円)

これが、お皿が平たい以外は、

載っている具の種類やあんかけの粘稠度は、さっきのビーフンと全く同じeye

ただし、焼きそばだけあって、

Dsc_0814

麺に焦げ目が付いているのが、なぜだか実直で愛おしい notes

比較の為に、わざわざ焼きそばを頼んで頂いた

SHIMO-Gさんの解説により、今、公にされる事実です secret

Dsc_0815

港町だけに、セットの握りのネタが新鮮でおいしいので、お得感倍増scissors

昔は、

沖の漁船まで半切りと呼ばれる桶に乗って、

釣れた魚を陸から船までを取りに行き、そのまま桶を頭に載せて、

松山まで行商に行っていた女性達(おたたさん)が、

Dsc_0805

名前の由来「おたた御膳(840円)

これも、紹介する為にと御注文頂いたHASSYさんのおかげ。

流石、ブロガー camera

さりげなく、比較対象の胡椒の小瓶でデカサが分かります wink

Dsc_0807

それにしても、盛りだくさんですね~ eye

最近、私が凝っている伊予市と松前町境界探し散歩の話をすると、

複雑にお互いが入り組んででいるので、

一本の川や道ですっぱりと分かれてはいないよ、と教わります。

不思議なもので、伊予市と松前町は同じ漁師町でありながら、

お互いが違うと思っておられるようですね coldsweats01

「梯子するなら東レ前の大判焼きがいいよ!」なんて教えて貰い、

昼休みの短い時間で、すっかり新しい食と文化のお勉強をした4人は、

来週も、伊予市の他の店に同じ時間に集合する約束をして、

さっくり解散するのです bleah

2011年6月10日 (金)

味彩そば 菊音  ★☆☆

郊外に新しい蕎麦屋さんが出来たとのこと、ふらりと寄ってみます。

Dsc_07781

「味彩そば 菊音」

店内は広めのテーブル席があり、中人数でもゆったり。

Dsc_0782

「お昼の菊音小膳(1.250円)

そば以外に、海老と野菜のかき揚げ、そば豆腐、ささ身とアボガドのタルタル、

デザートにナタデココきな粉が付いてくるお得コース。

Dsc_0785

腰のある蕎麦をシコシコ頂きます delicious

この手のメニューは量的に物足りない事が多いのですが、

しっかり量があるので、お腹も full foot

Dsc_0783

「辛味だいこんぶっかけ(1.000円)

以前食べた事のある薬味的な刺激のある辛さを想像していましたが、

ここの大根は思ったよりマイルド

Dsc_0787_2

麺に絡めてしっかりと頂きます。

さて、

天気もいいので、北条方面にドライブ rvcar

道沿いに車が沢山止まっているので、

「潮干狩りでも出来るのかな?」と海岸に降りてみると、

Dsc_0788

奥に巨大な岩が積み上げられた龍神社が突如登場 eye

Dsc_0793

この岩の隙間から春分、秋分の時に日の入りが差し込み sun

日本のストーンヘンジと言われているそうです。

Dsc_0797

この道は菊間に厄落としに行く時なで何回も通っていますが、

知らない名所ってまだまだあるものですね wink

 

2011年6月 8日 (水)

耽味会 潜入レポ5月編

努力量 sweat01 と結果 note は正比例しない事が多い訳で、

写真の処理やら、長いメニューを打ち込むのに労力を費やす

シリーズ 「耽味会 潜入レポ」ですが、レスが少ないのが現実 weep

奥さん曰く、「自分が食べられないメニューには興味がわかないわ、

       だって、コメントの書きようもないでしょう!」ですが、

「こういう料理や盛り付けもあるのだな~」と興味のある人もおられると信じ、

気持ちを強く持ち直し、5月のレポートを始めましょう happy01

Dsc_0732

今回の当番は「中国割烹 大岩」

松山を代表する歴史を持った中華料理屋さんの一つ。

Dsc_0737

献立を拝見しながら、何時の様に名刺交換が始まります。

Dsc_0735

「皐月美彩碟」 季節の彩り前菜

・ 鰹のたたきChinaポン酢ソース

・ 赤い空豆の紅南乳ソース

・ 蒸し鶏の柚子胡椒ソース

・ 新キャベツと螺貝の生春巻、新玉葱ドレッシング

ふ~sweat02、既にIMEパッド手書きで探さなければならない漢字が3つも登場。

赤い空豆は初めて食べますが、小さくて赤くても味は空豆です。

Dsc_0741

「美味双貼心」 

ぷりぷり海老ニラ饅頭と広東風蜂の巣の巣揚げ

左の巣揚げの周囲は、サツマイモの軽くて甘い衣で纏われています。

Dsc_0745

「時菜炒魷魚」

アオリイカと旬の野菜の桜海老醤油炒め

イカって魷魚って書くんですね。

中国旅行の時に絶対役に立つ情報です(まあ、予定はないですが)。

自家製で海老の香りが際出すソースが、プリプリ海老にアクセントつけます。

Dsc_0749

いつもの様に、梅錦の日本酒が登場します bottle

梅錦さん、もし見ていたら、中華の時はビールbeerも飲ませて下さいwink

Dsc_0754

「紅焼燜排翅」 気仙沼産フカヒレの姿煮

流石の腕前で、縦の繊維を感じさせない位軟らかな仕上がり。

官能的な舌触りに酔いながら、喉の奥でも二度堪能します catface heart04

Dsc_0755

「宮保新筍蝦」 新筍と海老の朝天辣椒ピリ辛炒め

辛い酢豚の様な衣に、大きくて穴の空いた唐辛子が効いています。

Dsc_0762

「裙帯蒸鱸魚」 スズキの海藻蒸し、食べるラー油添え

わかめのねっとり感と、ラー油が淡泊なスズキを補っています。

味噌が居ない所で、わかめと魚が合う事って、以外に新鮮 smile

Dsc_0764

「扶桑千層肉」 愛媛ブランド”甘とろ豚”のミルフィーユ

層状になった豚が縦に並んでいるのに驚き eye

mobaq さて!ぼちぼち飽きてきた人の為に問題です。

このソースは何でしょうか sign02 sign02 sign02

ピントは、ぼやけて写った赤い物体とソースの色です。

Dsc_0768

「竹蓀燉地鶏」 キヌガサダケ入り地鶏とほうれん草のスープ

キヌガサダケって高級食材として聞いた事ありますね。

網目の筒状の物体で、シャキッとした細かい歯応えが特徴的。

「中式糯米飯」 山菜のちまき

落ち着く味です。

Dsc_0774

「特式精美貼」 特製デザート

・ 普洱茶の香りゼリー、キャラメルソース

・ 中国風柏餅、台湾茘枝

お茶のゼリーは、さっぱりして良いですね happy01

Dsc_0775

お店のご厚意で出てきた「生烏龍茶」

見た目は緑茶なのに、ジャスミンティーの香りがする烏龍茶味で、

ご飯食べたら砂糖の味がしたみたいな、

視覚と味覚のパラドックスが快感です。

初体験で、後口も最高です。

さて、

今回学んだ事は、

1. 本格中華店が本気を出した中華料理はスゴイ。

2. 日頃使っているPCのワープロには、見た事もない漢字が入っている。

の、二点 coldsweats01

大体、くさかんむりに孫って、なんなん?

mobaq そうそう、クイズのヒントは「花の名前」ですよ wink

2011年6月 5日 (日)

パスタココ・ピッコロ ★★☆

人から聞いたりブログで見たりした未食の店を、

Google My Mapにどんどん登録し、気がつけば30軒以上 wobbly

よく「松山の食べ物屋コンプリートを目指しているのか?」と尋ねられますが、

平日の夜と、週末しか?外食出来ないので、完全制覇は無理そうです。

さて、

Dsc_0653

「パスタココ・ピッコロ」は、西古川バス停横のビルの地下にあり、

こちらの店も何方かに教えて頂いたのですが、上記理由で失念失礼 coldsweats01

Dsc_0655

PM1時近くなのに満席で、暫し店内の椅子で待たせて頂きます。

女性がメインですが、花より団子よっdelicious」て感じの客層(済みませんsweat01)で、

親近感を抱きながら、漂うチーズ系の香りに腹が活性化し始めますnote

奥さんがのチョイスは、

Dsc_0661

「セレブランチ(1.100円)

前菜の温かでソフトなキッシュは、ふんわりと口どけしますが存在感大 good

右下には鯛のカルパッチョが添えられています。

Dsc_0666

パスタは選択式で「春キャベツのミートソースの温泉卵添え」

最近どこで食べても同じような味のお店が増えている中、

「ああ~、洋食屋のミートソースはこれじゃないと」と思わせる、

ひき肉たっぷりで少し甘めで、黄身のとろけ具合に瞬間悩殺 kissmark

写真奥は私のチョイスした、

Dsc_0667

「ドリア+お好きなパスタ(1.280円)

ドリアの熱っつ熱のベシャメルソースがまた濃厚 diamond

子どもの頃、テンション上げて食べに連れて行って貰った洋食屋で、

キャセロールの淵に焦げ付いた部分を、スプーンでこさいで食べたら

親に怒られたものですが、やっぱこの部分がドリアの醍醐味ですね~ smile

Dsc_0663

+100円でセットにして貰った本日お薦めパスタ。

「渡りガニのトマトクリームソース」は、つまみ食いした奥さんも大満足。

Dsc_0669

出来たて熱々の麺に、蟹抽出エキスが絡み、

つるつるっと飛び込んできます。

手が汚れる事をいとわず、蟹の身も前歯で噛みながらチュウチュウ delicious

パンがあったら皿を乾かすくらいに拭ってしまいたい。

Dsc_0671

セレブなランチにはしっとりスポンジイチゴケーキもついてきます。

女性普通サイズ胃袋の奥さんは、味と量に満足して目もうつろ。

バター、チーズがしっかり入ったザ・洋食屋さんで、

人気の為、三店目が出来たとの事。

こんな良い店も知らなかったとは悔しい様な bearing、嬉しい様な happy01

だって、まだまだ美味しい店がた~~くさんsign01あるって事ですものね。

2011年6月 4日 (土)

Poco a Poco ★★☆ 

「少しずつ」って名前通りの内子のイタメシ屋さん notes

Dsc_0398

今日は、一人で内子をぶらりと散策。

この辺に蕎麦屋があったような気がするな~と歩いていると、

内子座前の旅館松乃屋の中にある「Poco a Poco」の看板に目がいきます。

ゆったりした店内に入り、ランチメニューから、

パスタ+300円の「サラダセット」を頂きます。

Dsc_0379

内子産、愛媛県内産にこだわった食材選びから、

自然体の地元愛 heart04 が伝わって来ます。

Dsc_0383

「ローズマリー風味のフォカッチャ」は、軽くトーストする事で、

香ばしさが引き立ち、オリーブオイルをしっかりと吸わせて頂きます。

私が選んだパスタは、お薦めの、

Dsc_0385

「内子豚と二種類の味噌(900円)」

内子豚とは、内子町大瀬で飼育されている無菌豚 pig

ひしおも地元内子の「森文醸造」を使った「THE 内子パスタ」です。

Dsc_0390

変わった組み合わせの様ですが、豚肉と醤油やひしおはgood couple bell

豚自体は歯応えがしっかりし、肉自体の味をじっくり。

豚の脂を、甘めのひしおがすっきりとまとめてくれます。

パスタのテカリやつるっとした舌触りも素晴らしく、唸ります happy02

Dsc_0394

具も一つたりとも残さず頂いた後は、

クリームブリュレ押さえた甘みと舌溶けを味わい、

すっきりとしたキレ珈琲を頂きながら、

愛読書Komachiで新店チェックをし、

google my mapに登録するという至極の時間 full を過ごします。

内子に寄る時はかたおか食堂のラーメン、山茶花のうどんでしたが、

こちらのパスタが新しいローテに増えます。

内子エリア、何気に発展していて目が離せないのです wink

 

2011年6月 1日 (水)

与加呂★★★ 閉店無念 (*_*)

随分前に専務に連れて行って貰った「与加呂」

ブログ化の許可も頂き、記事も書いていたのですが、

なんとなく大切に閉まっておきたくて、ストック記事に埋もれていました。

先日、体調不良で閉店されたと伺ったので、

松山の歴史の一つとして載せる事にします。

ご存知の方も多いと思われる歴史ある名店ですが、残念です weep

(これから下は過去に作っていた記事です。)

 

営業中でも看板はついていないから、聞かなきゃ知りえません sign03

Dsc04670_2

隠れ家中の隠れ家 「与加呂」 です。

Dsc04673

歴史を刻んだ店内は、雑然としていますが清潔。

紹介許可を頂き、名刺交換をします。

Dsc04674

突き出しの「煮こごり」

舌の上で、河豚コラーゲンが溶けで、いきなり恍惚レベルまで突き抜けます。

柔らかくなった皮を舌で転がしながら、ショウの始まりを待つのですhappy02

Dsc04677

ポン酢も、妻楊枝入れも自家製。

さあ、幕が開きます shine shine shine

Dsc04679

身・皮に豆腐を入れて、あれ?てっちりの材料?

Dsc04681

ここに、自家製ポン酢を少し多めにかけて、

Dsc04682 

ざっくりと混ぜ合わせれば、「生ちり」完成 crown

温かい料理になるはずの「ちり」を、冷たい食感で頂きます。

天皇陛下の料理も手掛けた事のある大将のポン酢は、

酸味が抑えられていて、少し多めにかけてもOK。

噛みこんでいくにつれて、河豚のグルタミン酸の旨みが広がります。

Dsc04685

「ひれざけ」

これでもかと入ったヒレは、濃厚な香りを放ちます spa

炭化する寸前の炙り具合、熱めの酒、とばしの芸術が揃ってこそ、

最高のひれざけが完成する事を知ります。

Dsc04688

「ざく」

皮のぷるぷるは堪らんです delicious

前出の黄金のポン酢が全体に統率感をもたらせています。

言わずもがな最高の「てっさ」を頂いて、

Dsc04694

「から揚げ」

蒸し揚げにされた白身から湯気が経つと、色白美人にウインクされたようwink

骨までむしゃぶりつきます。

Dsc04698

「クジラステーキ」

こちらの、もう一つの定番。

Dsc04699

鯨が見えなくなるくらいキャベツを載せて、野生肉から染み出した汁と

混ぜ混ぜして食べると、いくらでも入ります。

Dsc04701

「揚げ豆腐」

うっわ happy02

豆腐の揚げ、中の火の通り、カツオの利いた出汁 smile

シンプルで一般的な一品だけに、腕が光ります。

「勝手に松山ミシュラン」史上、割烹系の頂点 fuji fuji fuji

この上、値段も驚きの安さ+お土産(何故か靴下やハンカチ)付き。

載せたくなかった。。catface

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009