ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

6人兄弟

「とーちゃん、かーちゃん。はよ、朝飯の続き、持ってきてくれんかな~」

Dsc_0333

「ほんとマジで、かなり、腹へってるんやけど」

2011年5月30日 (月)

次男坊寿司 ★★★

一軒目ですっかり落ち着いた一行ですが、

ぼちぼち歩いて、

Dsc_0459

この看板が見える頃には、胃袋も上半分くらいは空いた感じ。

Dsc_0464

まずは、三津の魚の盛り合わせ fish

アルミホイルに入っているのは、ほほたれを酢味噌で。

どれを取っても新鮮ブリブリ delicious

あら、熱燗 bottle いい感じで始まっています。

Dsc_0477

先ずは鮨を食べないと気が済まない4人が注文した盛り合わせ

特上一人前で1750円は、浜値段 bell

鮨先行組に負けじと、酒飲みが注文したのは、

Dsc_0478_2

おきて破りのウニ板一枚 eye

ねっとしたコクとうまみが凝縮されています。

海苔を使わずにそのまま頂いても、そのもの自体の味で充分です。

Dsc_0486

都会では高級品揃い踏みの「鯛のおかしら」「平らぎ貝」

鯛は、甘めの味付けで、身はほこほこ外れてきます。

貝の中に閉じ込められた海エキスと奥歯で抽出しながら、

杯が進んでいきます。

Dsc_0490

「浜っこ巻き(950円)

中の刺身がぶっとくて、口いっぱいに魚が広がります。

マヨネーズが、シャリと結び付けてくれて、素直に旨い happy02

Dsc_0496

〆は、ホゴが半分も入っていて350円の「船頭さんの作る味噌汁」

魚の出汁が白みその香りで深みを増した感動の一品です。

ケンタローさんシリーズで、初の三津の魚をメインに扱ったお店ですが、

漁師的豪快な魚の贅沢感をがっつり堪能します。

すっかりリラックスして盛り上がっていたので、終電駆け込み。

やはり、三津は歴史と親しみやすさが体感出来、面白いですね~ wink

次の企画は、少し電停が違う予定。

こうなれば、伊予鉄全駅居酒屋探訪の旅に出かけましょう subway

(伊★鉄さん、スポンサーについて、電車乗り放題パスくれんかな~catface

--------------------------------------------------------

先日 cafe cabareでのチャリティーオフ会に参加された方々へ。

Img014_trim_2
現地での炊き出し支援に使って頂くように、やまけんさん宛に入金しました。

(あて先は上記では無く、「ヤマモト ケンジ」に後ほど訂正)

Img011

これは、私が先日ポルコロッソの山崎シェフに物資を郵送し、

数週間後に届いたお礼の葉書です。

震災から二カ月以上が経過し、

現地のニーズに合った支援が求められています。

現金を送りたい方 dollar は、save takidashi.

物資を送りたい方 riceball は、save iwate を、参考にしてみて下さいね wink






2011年5月29日 (日)

みっちゃん ★☆☆

早くも第3回を迎えるケンタローと行く三津浜焼き探訪 bell

会を重ねるにつれて、周囲の方からも反響の大きなこの企画ですが、

今回もケンタローさんにdeepなお店を教えて頂きましょう。

Dsc_0407

今回の集合場所はJR三津浜駅 train

事前のmixi連絡で「JR!!」って書いていたのですが、

やはり期待に逆らわず「今、伊予鉄三津駅に着いたんですけど~coldsweats02」と、

連絡を入れてこられる方、約一名発生 catface

しかしながら、予定していたJR三津浜駅近くのお店が品切れだったので、

結局JRからタクシーで、伊予鉄三津駅に向かう結果になります。

ま、人生なんてそんなもんですね wink

さて、

Dsc_0410

お楽しみの一軒目は「みっちゃん」

前回訪れたホルモン味園の裏になるのですが、

Dsc_0408

こんな感じのマニア垂涎の通りの奥にあり、

独りでもう一回行けと言われても地図なしでは無理でしょう。

Dsc_0414

四人がけの畳敷きテーブルとカウンターのみ。

常連のおばさん達に席を譲って頂き、9人が満席で収まります。

Dsc_0420

先ずは瓶ビールを継ぎ合いながら、「親鳥」をつまみにお願いします。

目の前で凍ったカシワのパックを開けて炒めるだけなのですが、

13mmの一枚鉄板の上で、お母さん熟練のコテで炒められると、

きりっとしたつまみに変わるのが、鉄板焼きマジック drama chick

Dsc_0428

「ホルモン」も、ふわふわの白とキャベツの甘みが

蒸気を上げています spa

Dsc_0433

「ネギ焼」は、竹輪、ネギ、天かすのシンプルな作り

Dsc_0435

一度ひっくり返して、表に鰹節を振った後に、

Dsc_0436

くるっと丸めて、

Dsc_0437

ソースで頂きます。

その素朴さであっさり入る一品。

昭和前半にタイムトリップです clock

さて、

メインのお好み焼きは、

Dsc_0439

うどんとそばを混ぜたものをリクエスト。

Dsc_0441

キャベツと豚バラを載せて、

Dsc_0444

ひっくり返して、ソースを塗りましょう。

一枚を五つに分けて貰うのですが、

「やったことないな~」と言いながら、喧嘩の起きない72°の分配。

三津浜焼きメッカの町とは言え、

夜にお好み焼いているのは、ここと、いとさん位だそうです。

Dsc_0451

勿論、焼きそばも頂きますよ smile

驚いたのは、箸休めにと出して頂いた、

Dsc_0455

かっぱえびせん炒めのサービス。

Dsc_0456

こんな焦げ目がついて、香りがたったら、

次があると知っていながらの「止まらない」。

市内から食べ歩きに来たのだと告げると、

「そんな人が沢山来て、三津が賑やかになったらええね~happy01

心もお腹もホンワリと温まり、

二軒目に移動したくないくらい落ち着いてしまうのです spa

 

2011年5月26日 (木)

名古屋は よかよ!

東京は、まあ あかん ハイソで高い店ばっか はやっとる ♪

Dsc_0339

これからのグルマーは、名・古・屋ーが主役ー♪

Dsc_0147

さて世間じゃ名古屋を馬鹿にするけどよ 信長も則武の森も名古屋だでよ。

Dsc_0322

Dsc_0336_2

隠れてるとか隔離しろとかコケにするけどよ パスポート無くても入れるでよ♪

Dsc_0148

名古屋人は貯金が好きだけどよ 経済に明るい証拠だでよ ホダヨ♪

Dsc_0160

名古屋城公園に集まってよ いきなりやったろみゃーかオリンピック♪

Dsc_0152_2

なーごーやーはー ええよー フクロウがおるがねー♪

Dsc_0335

なーごーやーは ええよー 道が広いがね やっとか。

Dsc_0138

味ー噌煮込みー えびフライー あわゆき うーいーろー delicious

Dsc_0279

ユーニモール サカエチカー 女子大小ー路ー ring

Dsc_0197

ゴー!ゴー!なーごやー!あつた蓬莱 なーごやー♪

Dsc_0187

待ってりゃあよ 見てりゃあよ きしめんをたべるでよー noodle

Dsc_0295

大阪も まあ あかん。終わっとるたるくさい 食い倒れとる ♪

Dsc_0198 

こーれかーらのイニシアチブは、な・ご・やーにキマリー ♪

Dsc_0202

さて私たち名古屋人が怒ったらよ 新幹線を名古屋で止めてまうでよ

(愛媛に新幹線はないけど、愛媛の鯛fishは名古屋でも有名ぞなもし note 

Dsc_0212

遅れるとか古いとか たわけにするけどよ 人情に厚いしるしだでよ♪

Dsc_0222

名古屋人は何をやっても才能あるでね。

最初にタコを食べたのもン名古屋人だでね たぶん♪

(焼き鳥は愛媛ぞなもし たぶん♪)

Dsc_0242

シャチホコの背中にまーたがってーよー まあいっぺん食べみゃーか串カツ

Dsc_0301

なーごーやーはーええてー 矢場とんがあるがねー♪

Dsc_0251

なーごーやーがーええてー みーんなーが優しいがねー 味噌おでん はいーhappy02

Dsc_0258

カキツバタ つゆぐもりー パチンコ駄菓子ー ドーラゴンズ 

今池味仙ー ぎーんのはーしーらー♪

Dsc_0266  

Dsc_0272

ゴー!ゴー!台湾ラーメン 未来の首都なーごやー

(鬼辛~ crying 完食~ bomb

Dsc_0342

Dsc_0348

飛行機待ってりゃあよ 飲みゃあよ セントレア鈴波の空ー♪

Dsc_0357

帰りの飛行機、遅れたら、お金までくれたがね~ dollar

出典 名古屋はええよ!

2011年5月24日 (火)

続・今治探訪 法楽焼き食べ比べ

いよいよ、今回の旅の目的!

「民宿に泊まって、しまなみの海の幸 fish を堪能する

今回、予約したのは、

Dsc_0548

「大潮荘」

Dsc_0552

部屋から「来島海峡大橋」が一望できるロケーションで、

しまなみ海道の四国側スタート地点。

自転車でしまなみを渡る人には馴染みの糸山展望台まで

歩いて数分の高台の上に、ぽつりとあります。

しっかりした施設で、真新しい各種和室洋室があり、

各部屋に大き目のお風呂とファシリティーが完備

民宿って言うより、和風リゾートホテル crown って感じ。

Dsc_0556

「夕食のメニュー」は、名物法楽焼きを入れた豪華なものをお願いしています。

Dsc_0554

こちらの旅館には大浴場が無いので、

我々がしたようにマーレグラッシア大三島 spa で

たっぷりと塩湯や露天風呂を楽しんでからのチェックインがお勧め。

Dsc_0559

出ました eye

「お造り盛り合わせ」

鯛や鮪、鮑、さざえ等の豪華盛り合わせです。

料理を売りにしているだけあって、

こちらの食事は全体を通して、と~~ても美味 happy02 happy02 happy02

今まで何度となく口にしてきた鯛ですが、

今治の方が「来島の鯛は違う」と、自慢する理由が納得。

身自体のもっちりとした歯ごたえと、そのあとから湧きあがってくる

甘みを伴なった白身の王様の香りが、別格 diamond diamond diamond

同じ瀬戸内海でここまで違うのかと嫉妬さえ感じる刺身です。

Dsc_0568

「法楽焼き」

大きい平らなお皿に、焼いた石と素材を入れて蓋をして蒸し焼きに spa

ここでも、

Dsc_0569

鯛の身の旨さが尋常ではありません notes smile notes 

許可を得て持ち込んだ石鎚 bottle を頂きながら、会話も止まってしまいます happy02

「ほんとに、同じ鯛でそこまで違うのか?」と、もし疑問に思われるなら、

もうすぐ終わる旬の内に、是非こちらの鯛をお召し上がりください。

(ランチのみで食事も出来ますよ)

Dsc_0575

「メバルの煮つけ」も、小さいですが秀逸 bell 

法楽焼きと同じく、沢山魚が食べられるように、控えめの塩加減

今まで「素材の良さを引き立てる」という表現を幾度となく使ってきましたが、

ここの料理の為にある言葉だと感じます。

むしろ、「素材の味が自ずとほとばしるのを、軽く支えて」いるのです good

Dsc_0578

いつの間にか、呑んだ酒 bottle は一升近くに

Dsc_0579

このお釜からも、物凄いものが出てきます annoy

Dsc_0580

「鯛飯」

一見、鯛の身は少なそうですが、エキスが封じ込めれています。

控えめの塩加減が、super で、奥さん達も声をあげて感動 crying heart04

今まで食べたご飯ものの中で、ベスト3に入ります(間人の蟹雑炊がライバル)。

期待値と実際の感動のギャップは、人生で一番のご飯でしょう。

とにかく、鯛が旨すぎます crown

食の好みは老若男女千差万別と言われていますが、これを頂くと

「本当に美味しいものって、それを通り越したレベルにあるんだなと」実感 catface

部屋に帰って、うっすら見える夜の海を眺めながら、

今まで何度も聞いたはずの昔話で笑いながら、静かに夜が更けていきます。

さて、翌朝は、

Dsc_0584

旅館の屋上の展望台から見える来島ドックや、

Dsc_0591

歩いてすぐの糸山展望台まで散歩して、橋をゆったりと眺めます。

Dsc_0596

そう、

Dsc_0595

朝からこんなほっくり焼いた鰆を出されたら、ご飯お代わりするでしょう delicious

糸山からレンタサイクルをしようとしましたが、GWなので在庫なし。

Dsc_0605

替わりに、一旦伯方島まで車で渡って、

Dsc_0603

大島との間に掛っている「伯方・大島大橋」を徒歩往復 run

Dsc_0613

黄砂はかかっているものピーカンで、丁度いい腹ごなし。

Dsc_0621

昼食は大島の「民宿名駒」

Dsc_0622

小さな漁村の湾内にあります。

Dsc_0634

こちらの法楽焼きはしっかりと塩が振ってあり、

Dsc_0635

白肌にうっすら汗。 身が弾けていますね smile

Dsc_0637

醤油と焦げ目の香る「鯛飯」に、脳内モルヒネ・ドピュ~typhoon

Dsc_0642

食後は、のんびりと自然と戯れましょう。

実は、この名駒の直ぐ奥に、

Dsc_0614_2

「千年松」という海宿があり、こちらには露天風呂大浴場付き。

Dsc_0619

目の前が直ぐに海なので、「夏にはここに来ようや」って事になります。

帰りは、

Dsc_0645

Dsc_0647

亀老山公園で、

Dsc_0651

「デコポンアイス」を堪能し、一泊二日のしまなみ旅行は、

一月かけてじっくり減らした体重が、元以上に戻るくらいの大満腹 penguin

帰松して、

去年の短パンを一年ぶりに履いて屈伸運動をしてみたら、

マンガみたいに前ボタンがパツ~ンって impact 飛んで行ったのには、

言葉を無くして笑うしかないのです。

ははははははははははははは~~~ happy02 happy02 happy02 up 

2011年5月22日 (日)

友近・関ジャニも行った今治探訪

10代からの友人である家族と、GWにしまなみ海道に行く事になり、

Native ImabarianのKちゃんに聞きます。

「ここを押さえていれば、リサーチ出来てるなsign01と地元の人は思いますよ」と、

Dsc_0498

町の中心地である「ドンドビ交差点」から歩いて直ぐの大通り沿いに、

「よしだ食堂」が現れます。

Dsc_0500

おじさん、おばさん含めて昭和初期の雰囲気を完璧に維持しています。

まず、目を奪われたのは、

Dsc_0506

おでんコーナー happy02

Dsc_0503

「肉」とは、筋ですが大きすぎて皿からはみ出してしまいます eye

味がしっかり付いていて、硬すぎも軟らかすぎもない食感。

口一杯にねっとりし肉を頬ばって食べるのは快感 smile

Dsc_0508

こちらの名物は「マヨネーズの入れ物に入った冷たいお茶」だと聞いていますが、

今日はやかんが普通に置いてあります。

後でトイレに行く時に、大きなたらいの中で冷えていたのをみましたが、

写真に収められなくて、残念 weep

でも、必ずまた来るのでその時の楽しみにして置きます。

さあメインディッシュの、

Dsc_0509

「中華そば(380円)の登場 noodle

Dsc_0511

初めて頂くのに懐かしいあっさりした味 heart04

Dsc_0515

電話番号が一ケタで始まっている丼が現役。

その上、会計は木製の大きなソロバン

その趣ゆえに、Native Imabarianの中でも評価が分かれるらしいのですが、

私は、好きな雰囲気です。

さて、

次は冷たいものを目指して再びドンドビ交差点に戻ります。

地元の方ならわかりますよね wink 私達が次にどこに向かっているか。 

そうそう、ちなみに「ドンドビ交差点」の由来は、呑吐樋

次は、

同僚の中でも愛妻家で有名なNative ImabarianのY君が、

「今治に行くなら、抑えとかんとイカンでしょう」と教えてくれた店へ徒歩移動。

Dsc_0518

「玉屋サントノーレ」は、かき氷も有名なケーキ屋さんです。

Dsc_0523

友近、関ジャニもなどの有名人達が訪れています。

おお、

Dsc_0526

私が本を出版する時に手本にさせて頂いた「土井中照」さんも、

素敵な色紙を残しておられます eye

この方のペンネームを参考にし、最初にアトラス出版さんに

「いけ萬福(まんぷく)」っていうペンネームを提示したのですが、

「ちょっとそれは~」と、断られた事を思い出します coldsweats01

結局、「いけちゃん」に落ち着いたのですが、個人的にはまだ未練があります。

早速、デフォルトの

Dsc_0529

「ミルクセーキ スタンダードサイズ(500円)

かき氷よりきめが細かく、スムージーよりはドライな感覚。

卵と牛乳のシンプルで、舌の上から喉をあっさりと下って行きます。

後味の切れがよく、幾らでも頂けます。

Dsc_0533

「ミルク金時和三盆(600円)

こちらも氷の細やかさが印象的で、甘みも抑え目。

中にはたっぷりと粒餡が入っています。

これは、友近も食べにくるわ~ wink

Dsc_0521

他にもイチゴなどのフルーツ系など、様々な種類が揃っており、

これからの季節、学校帰りの学生なんかで賑わうのでしょうね wink

Dsc_0541

昼食後は、大三島で「大漁」の行列見学をして「大山祇神社」へ。

「マーレグラッシア大三島」で汗を流した後は、お楽しみの宿に向かいましょう。

 

2011年5月20日 (金)

小ざさの羊羹 in 鳥津会

今回の鳥津会は、羊羹を研究する会 pen

都内で最も手に入りにくいと話題の、

Dsc_0063

「小ざさ」の羊羹を、かっくんが吉祥寺で実際並んで入手してきます。

40年間行列が途切れず、一坪の店舗で年商3億円で、本も出ている程。

「他の羊羹と食べ比べて、合うワインを飲もう happy02 と、

途轍もなく壮大で常識を覆すイベントの一品として供されます。

Dsc_0069

お話し好きのかっくんが、「如何に自分が苦労して長時間並び、

幻の羊羹を手に入れたか」を、いつものようにとうとうと語り続けるのですが、

読み方は「小(お)ざさ」って事以外、殆ど記憶にないので、

その時私のCPU pc はオートスリープ sleepy に入っていたのでしょう。

味はあっさりした小豆の香りを生かした上品な仕上がりです。

さて、

Dsc_0067

羊羹の甘さに負けないボディーの強いワインを数本選んで頂きます。

ガッツリ呑んだ後の二軒目だったので、

不覚ながらどのワインを選んだかすら記憶にないですが、

「これなら、悪くない組み合わせwineですね」なんて言いながら、

心の中では、「やっぱ、濃い緑茶japaneseteaも欲しいな」と呟いています。

Dsc_0073

こちらは、対抗馬である虎屋の羊羹 「夜の梅」

確か値段は小ざさの3-4倍だったでしょうか?

ガツンとくる甘さのThe 羊羹で、横綱の風格に納得です。

Dsc_0078

こちらは県内代表「薄墨羊羹 こざくら」

抹茶入りでお手軽に楽しめる食べ慣れたお味です。

さて、

最後に大きなイベントが残っています。

Dsc_0076

かっくんの誕生日の為に、鳥津さんが用意されていた

「あべばら園」さんのバラの花束 up

食べられる物以外に興味のない私も、このバラの美しさには息をのみます happy01

これをきっかけに各々の昔の武勇伝などを披露して、

羊羹男子会の夜は更けていくのです drama

PS: 小ざさの最中は通販でも手にはいりますよ pc

__________________________________________________________________________________________

「勝手に松山ミシュラン」は、

save iwate, save takidashi を応援しています happy01

2011年5月19日 (木)

ヤヤヤー、街にて~んがやって来た(^O^)/

てんてんてんてんて~~~~~~ん happy02 impact

またしても、て~~んが始まりましたよ~~~ notes

20110520

伊予鉄高島屋の7階に、横浜中華街が丸ごとやって来たよ~ 

ブログカテゴリーに「展」って項目を作ってしまおうかと思うくらい、

展好きの私は、展ションが上がりっぱなしなのです up up up

20110519_174904

あっちっちの肉汁が bomb のように飛び出す「王府井の小龍包」

今、奥さんが焼いてくれるので、ビールキンキンに冷やして待機中。

(出来あがりの写真撮影は、居酒屋いけちゃん料理長希望にてng

でも、得意の

Dsc_0820

こっそり撮影 camera eye

ひさしぶりにピンポイントでマクロレンズ登場。

さて、

高島屋に戻って、

 

20110521

先日も話題上った、愛媛では馴染みの薄い「豚足」

これから電子レンジでチーンされて、コラーゲンの崩壊まち~happy02

ビールは氷でもっともっとに冷やしちゃおっかな~

20110519_175100

キョロキョロ eye 今日はいつも展であうaraoさんが居ないな~~gawk

さて、

他に、大好物のピータンも買い込んだし、

うをを~、エエ匂いがしてきた catface spa

ブログなんて書いてられん。

いただきま~~す beer smile 

2011年5月17日 (火)

栴檀 ★★★

今日は「隣の専務」の「断髪式」 hairsalon にお呼ばれ。

長年務められた会社を辞め、新しい会社へ転勤のお祝いの席です bell

このブログに度々登場し、私に色んなお店を紹介してくれる専務ですが、

私も数年前に転勤しており既に「隣」ではないので、

今後は「専務」で統一させて頂きます。

Dsc_0002

「栴檀」は、松山で有名なthe・料亭

時代の流れで消えつつある料亭の中でも、現在までしっかりと残っている、

道後に居を構え堂々とした老舗です。

Dsc_0003

4-5人サイズの小さいお風呂ですが、こちらも立派な道後温泉 spa

折角なので、さっと頂き宴会場に入ります。

Dsc_0004

会場には71人の大宴会ですが、全て男性で、大半体育会系 sign01

ぱっと見、堅気の集まりには見えません bearing

Dsc_0029

司会進行はなんと専務の友人二宮清純さん

数年前に、偶然松山のワインバーの横の席だった事がきっかけで、

交友が始まり、現在はこの会を清純さんが企画するほどの大親友です。

私の本の帯を清純さんが書いて下さったのも、専務のお口添えがあっての事。

Dsc_0006

専務の人生の恩師を始めとした同業者、

現在の彼が務めている会社の社長と、転職先の社長が同席。

年下の私が言うのもなんですが、妙な政治力や巧みな計算力は無い方なので、

ひとえに専務の人柄だと納得させられます delicious

Dsc_0008

料亭らしい料理を上品に頂き、各スピーチの最後に専務が挨拶。

細かい内容はomitしますが、私が興味を持ったのは

「今日のここの料理は、私(専務)が好きな物をお願いしました。」という点。

Dsc_0009_2

差し入れの日本酒やシャンパンが振る舞い始められると、

場も熱気を帯びてきます up

Dsc_0011

専務のリクエストその1 「ステーキ」

焼き立ての熱々が二枚重なって出てきます。

ステーキの量まで自分の好みに指定されたのでしょう eye

Dsc_0017

専務のリクエストその2 「海老フライ」

以前から食べ物の話になるといつも、

「ワシが人生で一番好きな喰い物は、海老フライ。

そして、座右の銘も海老フライ」と仰っていますが、

どうやら本当のようです sweat01

Dsc_0018

栴檀さんも、これだけの海老フライを用意する事は滅多にないでしょう coldsweats01

身がしっかり詰まっていて、歯で挟むとぷつんと弾けます。

勿論、タルタルソースをたっぷり乗せて、ガブリと尻尾まで頂きます。

さて、宴もたけなわ scissors

次第に興が乗ってきて、「断髪式」が始まります。

形だけ入れさせてハサミを入れさせて頂きます。

Dsc_0022

専務のリクエストその3 「うな丼」

最後までがっつり、大満足の構成です。

Dsc_0031

最後は、

大親友 新極真会・三好師範から送られたケーキのロウソクを吹き消します。

私も個人的には、私が奥さんと歩いている所を拉致られたり

いつも突然の誘いに戸惑う所もある彼ですが、大勢の人々に愛されてます。

見ているとなんだか羨ましくさえある温かな断髪式 happy01

まあ、

転勤後も遠くに行かれた訳でもないので、

私の携帯に、相変わらず奥さん以上にメールphonetoが飛んでくる現状において、

前より、特に寂しくなったり、生活が安全になった訳でもないのです coldsweats01

専務、これからも遊んで下さいね wink heart04

 

Japanese Dining にの ★★☆

Chipさんと始めたE-cafeも軌道に乗り、

欧米以外にも、アフリカ、アジアなど各国のEnglish speakerが参加。

女子率とベジタリアン率が高い為、

Dsc_0231

繊細な料理が評判の「Japanese Dining にの」にお願いします。

夜コース(2500円)は、普通でもベジタリアンでも同じ値段。

+1500円で飲み放題追加可能です。

子育て中主婦など、短時間しか参加できない方もおられるので、

普通コース、ベジコース以外に、来店後注文個別支払い、

飲み放題の有無など、細かい注文を数回にわたって変更したのですが、

その都度丁寧に対応頂き、その細やかさに感激 wink

Dsc_0229

個別メニューはこんな感じです。

さて、

Dsc_0236

「前菜」

外国人メンバーは、しらすの目が気になるらしく ng

こんなに旨いもんないと思いますが、残りが廻って来るので内心ほくそ笑みdelicious

Dsc_0238

ちなみにこれがChipさん達ベジタリアンの前菜。

後から伺うと、ベジタリアンコースはメニューになかったようです。

予約をした後に改めて、

「ベジタリアンの方は、出汁も動物系はだめなのでしょうか?」

確認まで頂く細やかさにまた感激 heart04

「時々は焼き鳥とか摘まんでいるからイイと思います」と返事すると、

少し拍子抜けされてた感じ。

本当にお気遣い有難うございます happy01

Dsc_0243

鯖煮付けに、青海苔のトッピング

脂の乗った所を、柔らかく丁寧に炊き上げてあります。

店の作りは洋風ですが、シェフは和食出身なので、店名の通り和食テイスト。

Dsc_0244

ベジタリアンのメインは茄子

これにはアイルランドからのLちゃんも、goodのお墨付き

Dsc_0247

鳥のつくねと筍の天麩羅

ふんわりと仕上がったつくねから、閉じ込められた鳥汁がジュワsweat01

Dsc_0249

締めは焼きおにぎりで、見かけよりしっかりのボリューム delicious

これ以外に茶碗蒸しに、

Dsc_0250

ジェラートが付いて、大満足のコースです。

あまりに居心地がいいので、7時から閉店の10時までしっかり居座って、

本来の目的の「英語を使って楽しい時間を過ごす」事が出来ます。

こんな会が欲しかったけど無かったので作って大正解。

ブログの取材も兼ねられるので、さらに ok

次回はガッツリ肉のお店に行こうnoteと、非ベジタリアンメンバーで盛り上がり、

楽しい会はあっという間に終わるのです wink



2011年5月15日 (日)

こう野 ★★☆

独り呑みを美学とし、次々と居酒屋無酸素単独登頂に成功している

孤高のブロガー fuji 甘南備さんから、

「ちょっと良い店教えてあげるよsign01ってmixi連絡。

Dsc_0079

グループ登頂しか出来ない私にとって、

美学を貫く彼からのお誘いは身に余る光栄。

早速、優秀なメンバー達に一斉送信phoneto

ミレニアホテル裏の「こう野」に向かいます。

Dsc_0081

店の前の看板には、私の好きな食べ物を選んだかのようなリスト。

Dsc_0082

この店の良心的な気持ちが表れているのが、このドリンクメニュー beer

旨い生中(450円)は、スーパーアサヒ。

安い生中(380円)は、クリアアサヒで、発泡酒です。

Dsc_0084

充実の前菜ラインナップを頂きながらの乾杯は「旨い生中」で good

二杯目からは財布に優しい「安い生中」

自宅でも一本目は一番搾り、二本目以降は淡麗グリーンラベルの私には、

まさに家庭の味なのです。

Dsc_0089

シンプルに並べられていますがそれも新鮮な

平目、鰆、鰹などの「刺身盛り合わせ」

Dsc_0090

おお、ピンとたった身を、奇跡の右手持ち上げ撮影 camera

こりっこりっとした歯ごたえが堪らんです。

Dsc_0093

「メゴチ唐揚(500円)

信じられないほどにさっくり揚がった所の尻尾をつまんで、

サクサク快感のマチュピチュに連れ去られてしまいます happy02

骨々しさが全くなく、香ばしさの余韻に酔いながら次に手が伸びます。

Dsc_0100

「親地鶏あぶり焼き(650円)

このメニューがあるとないとでは、テンションが違ってきますね。

下顎を動かすにつれて無限にしみ出てくる滋味は、麻薬的ですらあります。

Dsc_0103

「牛ステーキ」

オフ会の高知旅で、三軒目で焼き肉屋さんを切望したkuri-chanさんが注文。

Dsc_0107

「しめ鯖の炙り」

最近よく見かけるメニューです。

酢で締めたものを炙る事に違和感がありますが、

脂がのっているものは、それが溶けだしてタタキの様な温かさ

これ、鬼・旨いです good

Dsc_0111

「大トロホルモンスタミナ焼き(780円)

しっかりと運動を済ませて合流の脱メタボさんも、

この白い小悪魔の魅力にはかないません smile

Dsc_0114

「丸腸ホルモンスタミナ焼き(780円)

腸を開かないだけ手間がかかるけど、値段は同じの心意気。

奥歯でかむと、皮ごしにな弾ける脂身が、

じゅゆゆ~っ sweat01 て、喉の奥まで飛び込んできます。

シャキッと炒めたにんにくの茎との食感のコントラストも完璧 notes

白飯にかけて、かきこまんとイカンでしょ~~ happy02

Dsc_0119

「鳥皮ポン酢(400円)

カリッと揚がった部分と、ポン酢でしっとりとした部分

どっちも揃ってこその魅力があります chick

鳥皮星人として、我が星を代表してお薦めさせて頂きます spade

Dsc_0105

「カツオ刺(780円)

気に入ったカツオを求めてわざわざ三津の朝市に

買い出しに行くほどのいっしゅうさんも納得の品質。

身が大きくて、赤みのねっとりとした舌触りに堪らず追加up

さて、

いい感じで落ち着いた所で、定番の二軒目へ。

梯子って、愛すべき日本文化ですね note

Dsc_0121

ちょと歩いてフジグラン松山横の「おでん こすもす」

ここも、単独登頂された甘南備さんの案内です。

Dsc_0125

デフォルトのおでん盛り合わせは安心の味。

でも、こちらで試して頂きたいのは、

Dsc_0130

「松山焼きそば(500円)

麺を硬めにしっかりと炒めてあり、ジャコや鰹節と一緒に

ゆっくりと歯ごたえと海の香りを咀嚼します。

会も終盤に差し掛かり、

「やっぱり独りより、皆で食べた方が美味しいでしょう」と水を向けると、

孤高のフードブロガーは、「たまに独りもいいよ」と苦笑いをするのですwink

_________________________________________________________________________________

「勝手に松山ミシュラン」は、

save iwate, save takidashi を応援しています。

2011年5月13日 (金)

鮨ひろかわ ★★☆

奥さんと娘がPTAで外食すると言うので、

久しぶりに息子と二人scissorsで食事に出ます。

「廻らない寿司屋」のカウンターで「好きな物を食べさせてやる」good

そんな「理想の父親像」が浮かんだ私は、

Dsc_0171

以前から評判を聞いていた「鮨ひろかわ」に向かいます。

子供同伴と写真撮影の許可を頂き、ネタケースの前に座ります。

Dsc_0176

ここは、いきなり鮨を摘まむのではなく、酒のアテをつつきながら

カウンターに座るロマンを教えてあげようと、自分の世界に入りつつあります。

Dsc_0172_2

「蛸の軟らか煮(1.000円)

口の中に入れると、まず吸盤の部分が自動的に外れて、

その後、身の繊維がほどけていきます smile

これが大人の味だよと横を振り向けば、

「コレ美味しいね」と、コーラー片手にぱっぱと口に放り込みます。

もっと味わんかい!と思いながらも、

お腹もすいているだろうから、握りを注文してやります。

Dsc_0175

「真鯛」

目を奪われるような綺麗な握りですね bleah

Dsc_0179

「こりこりわかめ酢(400円)

海の中にも春が来た喜びを、全身で味わいましょう。

Dsc_0185

「〆鯖のあぶり」

締めたものを炙るの?って思いますが、これが良い意味での裏切り。

Dsc_01871

身はねっとりと脂が廻っています。

皮の香ばしさが全体を落ち着かせており、

〆具合+炙り具合のダブルのバランスが絶妙 good

Dsc_0194

「サヨリ」

エッジが立った身に包丁目が入り、煮切りが載っています。

食べた後の口どけを考えた仕事を、全体を通じて感じられます。

大将はかなりのイケメンで真面目な雰囲気

口数少なく黙々と仕事 confident をしています。

決まった師匠は無く、自己流らしいのですが、しぐさに気合いが入っています。

Dsc_0196

「太刀魚」

火を通す事によって味わいが深まっており、

その上、もろく舌の上で崩れ落ちるのです。

しっかりと堪能して店を出ると、深ぶかと頭を下げてのお見送り。

お若いのにしっかりされていますね。

程良い緊張の中、久しぶりに男同士の時間を過ごしますが、

熱燗 bottle でも飲めるようになったら、また二人で出かけたいものです。

_________________________________________________________________________________

「勝手に松山ミシュラン」は、

save iwate, save takidashi を応援しています。

2011年5月11日 (水)

耽味会 潜入レポ4月編

昨年末に、奇跡的に潜入に成功した「耽味会」 eye

松山で長年の歴史を持つ、会員限定secretの定期食事会です。

昨年末は潜入した年末忘年会のみ、知人に連れて行って貰う形で、

比較的簡単に潜入できるのですが、

通常ほぼ月一で行われている定例会には、所謂コネが無いと参加できませんsweat01

Dsc_0197

説明が長くなるので、今回「ふなや」で行われたもののメニューでも

眺めながら聞いて頂きましょう。

Dsc_0198

「酒肴 貝の五種盛り」

四国四県から取り寄せられた平貝、鮑、みる貝、赤貝、蛤が、

様々なソースで見事に作品化しており、のっけから喰らいます impact

飲み物は梅錦から提供されており、

会の趣旨の一つは日本酒と合う料理を研究する事にあることから、

梅錦の日本酒 bottle しかありません。

瓶ですらビールの無い状態は、ビール世代の私には慣れないのですが、

席横の名工が、「日本酒1を飲んだら、水2を飲む様にするといい」と、

丁寧に教えて下さいます。

Dsc_0199

一品ごとに、「良かった 普通 もう少し」で評価するようになっています。

「蒸し鮑の共腸かけ」の評価は「鬼良かった happy02 」

さて、

「名工」ってなに?と思われた方もおられるでしょう。

Dsc_0203

「椀 春キャベツすり流し」

キャベツは見えませんが、ミキサーにかけて漉して出汁に混ぜてあるので、

海老真蒸のふんわりとした口どけに少し遅れて、春の香りが鼻腔へ catface

定例会の参加者は、有名旅館、ホテル、会社の長が名を連ねており、

その中でも料理長は「名工」と称されています。

約20人の方々が常連会員で、毎年の参加権 good を持っております。

Dsc_0204

「造り 桜鯛 鰆 針魚」

少し寝かせて、旨みがまろやかに。

一方、常連さん以外に、ほぼ同数のその年限定会員が参加しています。

私もその一人で、参加は一年限定 clock 

それら約20人+20人のメンツは、一年固定。

常連会員さん達と、その年限定会員達が、

一年かけて交流を徐々に深めていくシステムです。
Dsc_0207

「焚合 甘鯛東寺寄せ」

プロの料理人が、プロに食べて貰う料理なので、

料理、味付けは勿論のこと、器、盛り付けに至るまで気合いが入ってます。

素材に関しては、旬のものを四国近辺を中心とした産地から取り寄せており、

その説明にうなずくだけの私 coldsweats01

Dsc_0215_2

「眼張春香焼」

皮の部分を軽く揚げて香ばしさを出した後に、じっくり焼いています。

トッピングのふきのとうを天かす状に揚げたのものの苦みが、アクセントdiamond

常連会員、その年限定会員に関わらず、

名前・住所・電話番号が明記された名簿が配られており、

むやみに席を離れないように指示されるので、

周囲の方々と名刺交換しながら、食事と話を進めていきます。

Dsc_0218

「伊勢海老磯辺揚げ」

ゴロリとしたサイズの伊勢海老や、太刀魚を巻いた揚げもので、

がっつりが欲しい所だったので、プリリと頂きます smile

雪の下が、季節感を演出するのです。

その年限定会員も、殆どの方は長や代表などの役職が付いています。

家を出る時、カジュアルなジャケットを用意してくれていた奥さんに、

その名簿を見せた所、即座にスーツに着替えさせられましたが、

会場は見事にスーツ率100%です coldsweats02

あぶね~とこでした sweat01

Dsc_0221

「いよざつま 五穀米」

ねっとりとした白味噌の優しさが、自然に箸を進め、

立ち込める米のオーガニックな香りがさわやかです。

ばーちゃんが、結婚式の引き出物の残りの鯛で作るのとは、

違う食べ物に仕上がっています(ま~、それはそれで好きです)。

で、

一介の趣味フードブロガーの私が何故、年間限定会員に潜り込めたか?

実は、昨年の「愛媛出版文化賞奨励賞」表彰式の時に、

常連会員のおひとりである愛媛新聞の社長さんと立ち話をする事があり、

「去年末に耽味会忘年会に参加したのですが、美味しかったですheart04と、

水を向け、名刺をお渡しし年間限定会員入りを直訴 weep

数日後に社長さん自ら職場に電話を頂き(ちょっとビビったsweat02)、

年間限定会員に承認頂いた事をお伝え頂いたのです。

Dsc_0225_2

「水菓子 美生柑ゼリー イエローピタヤ」

イエローピタヤは皮が黄色いドラゴンフルーツで、同じサボテン科。

甘みと清涼感を合わせもつアジアンな果物です。

最初からずーと日本酒の飲み会に慣れないのと、

食のプロの方々との共通の話題を探す事に疲れた、

多分一番男性若い会員の私は、

緊張のあまり何を伺ったがあまり覚えいてません。

道後の料理長さん達を相手に、「道後にリピーターを掴むにはsign01」なんて、

おこがましい意見をしたような、しなかったような。。。coldsweats02

書いているだけで冷や汗ものの初参加 sweat01

毎月ある訳ではないので、年回8回。

記念品の貰える皆勤賞目指して、折角入れて頂いた一年を楽しもうと

ふなやの坂を、電停に向かってぼつぼつ下るのです notes

_________________________________________________________________________________

「勝手に松山ミシュラン」は、

save iwate, save takidashi を応援しています。

送った義援金がどうなっているかなど、やまけんさんが報告してます。

2011年5月 8日 (日)

平八 ★★★

Bal Cournoから駆け足で

Dsc_0138

sweet隊長が度々紹介されている「平八」に突入します。

隊長のブログの印象では、こじんまりとしたイメージだったのですが、

店内は長いカウンターと、10人以上はゆったり入る座敷があります。

Dsc_0139

産地を書いたメニューと値段を見るだけで、

先程、沢山イタリアンを頂いた事を忘れてしまいます。

Dsc_0142

甘南備さん以外には、えっっsign02て言われた「豚足」

sweetさん、asparaさん達native matsuyamenは

豚足を食べる習慣が、子供の頃から無いようで精神的抵抗あり sweat01

Dsc_0143

甘南備さんに教わった本場博多流の食べ方。

お酢に七味を入れて頂くと、コラーゲンのしつこさが中和され、

どんどん入ります。

殆ど、一人で頂いちゃいます wink

驚きは、

Dsc_0146

「和歌山県生鯨の刺身(1.300円)

冷凍物では無いので、柔らかさと風味が別格 diamond diamond diamond

Dsc_0155

今まで食べた鯨の赤身で、一番美味しいです wink

Dsc_0150

「沖縄 もづく(300円)

太くて、海のエキスが閉じ込められています wave

コリコリとサラダ感覚で頂きます。

Dsc_0158

「アオヤギ酢みそ(400円)

透き通った味わいのアオヤギと、シャキシャキわけぎとのコンビネーション。

愛媛では定番の辛子酢味噌が、触媒となって体に溶け込んでいきます。

Dsc_0162

「天然稚鮎の天ぷら(500円)

Dsc_0164

私が魚の中で一番好きな鮎が、

ホッコリした白身の中から、清純な川の香りを放ちます catface

内陸なのに?魚介類のレベルも高い eye

隊長が通うのも納得の名店、久米に在りですね wink

(お知らせ)

このブログの本の表紙に作品の提供をして頂いた版画家坂山さんが、

今治のタオル美術館で個展を開いておられます。

Dsc_0703

期日は5月31日までの予定ですが、延期の可能性もある大盛況!

Dsc_0704

独特の迫力ある作風は、本物を見ると圧倒されます。

王府井(ワンフーチン)の本格中華料理とセットでいかがでしょう?

_________________________________________________________________________________

「勝手に松山ミシュラン」は、

save iwate, save takidashi を応援しています happy01

 

2011年5月 5日 (木)

Bal Courno ★★★

少し前の季節になってしまいましたが、

桜が満開cherryblossomになると、IAT(居酒屋怪しい探検隊) 隊長sweetさん

お堀の公園をほろ酔いで歩いた事を思い出します。

その隊長が最近ズッポリと嵌って常連化しているお店に、

念願が叶い連れていって頂く事になります。

Dsc_0082

「BAL COURNO」は伊予鉄久米駅から歩いて一分 run

IAT original memberのasparaさんと、

一緒に行こうと約束していたのに奥さんの命令に逆らえず、

先日家族でお店に来ている甘南備さんと御一緒です bleah

Dsc_0083

河野店長の名前をもじった「Courno」のネーミングですが、

googleしてもこの店が一番に出てくるので、新語の様です。

メニューの流れは常連の隊長にお願いしますが、

結果的に上からずらりと注文することになります。

Dsc_0091

「瀬戸内鯛のカルパッチョ(900円)

目を奪われる鮮やかな盛り付け。

桜鯛がねっとりとした旨みをにじませながら、新鮮な野菜とマッチ。

なんでも御親戚の方が地元の朝どれの野菜を持ってこられるそうです。

Dsc_0099

「わけぎとアンチョビのオリーブオイル添え(500円)

その朝採れのわけぎがシャクシャクしており、アンチョビの塩で

とろみと甘みが引き出されています。

既にお代わりしたくなる一品に、笑顔の大将の実力を垣間見ますhappy02

Dsc_0103

「ホタルイカと徳谷トマトのマリネ(650円)

烏賊の頭の中にある茶色い肝の部分のねっとり感最高 happy02

醤油につけて頂く事はありますが、あっさり新鮮野菜とあえるだけでも、

全く別ベクトルからの楽しみ方が出来るのですね up

甘南備さんが「目と骨(烏賊の中に入った透明な筋)が処理してあるsign01と、

こちらの気配りの深さに感動しきりです weep

Dsc_0111

「鶏レバーのムース、バケット添え(680円)

奥に見えるは自家製フォカッチャで、温かい所をオリーブオイルにつけて

小麦の香り catface とともに味わいます。

Dsc_0112

ガーリックオイルを塗ったバケットでムースをすくい、

カリッと思い切りかぶりつきます。

滑らかなペーストが舌の上で伸び広がり、後からコクが追いかけますhappy02

量もたっぷりあるので、大盛りに乗っけて頬張るようにして満喫 catface

Dsc_0126

「サザエとキノコの香草バターソテー(690円)

絶妙な苦みに、ワインは既に二本目に突入 wine

舌と鼻を同時に楽しませてくれる料理って、素敵 heart04

Dsc_0130

「エビのコロッケ」

揚げられたカリカリパスタが横たわっています。

Dsc_0132

超一口サイズのクリーミーな仕上がり。

中のエビも原形をある程度保っていて、後半にその歯ごたえを感じます。

何食べても本気で美味しい~、Courno shine

Dsc_0136

「フランス産鴨のロースト ホオズキサラダ添え(920円)

ほおずきって、赤くなった身の中身をおばあちゃんが爪楊枝でほじくりだして、

皮だけになったものを口の中で鳴らす遊びを教えてくれて以来の再会。

トマトでもなく、柑橘系でもない、独特の風味。

パリッと硬めの皮を齧ると、中からエリアに分かれた果肉が飛び出します。

適切に火の通った鴨肉のジューシーなエキスとのフュージョンに感動 happy02

これは、隊長が通うのも納得です。

さて、

「二次会は隊長の家に行きましょう smile 」という、

無謀な隊員のリクエストに聞こえないふりをしていた彼が、

それではと、もうひとつのとっておきに連れて行ってくれる事になり、

傘の先を雨に突っ込むように開き、久米駅方面へと急ぎ足です run

__________________________________________________________________________________________

「勝手に松山ミシュラン」は、

save iwate, save takidashi を応援しています happy01

炊き出しの近況が、やまけんさんのブログでupされていますよ。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2