ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 麺神からの啓示  | トップページ | 平八 ★★★ »

2011年5月 5日 (木)

Bal Courno ★★★

少し前の季節になってしまいましたが、

桜が満開cherryblossomになると、IAT(居酒屋怪しい探検隊) 隊長sweetさん

お堀の公園をほろ酔いで歩いた事を思い出します。

その隊長が最近ズッポリと嵌って常連化しているお店に、

念願が叶い連れていって頂く事になります。

Dsc_0082

「BAL COURNO」は伊予鉄久米駅から歩いて一分 run

IAT original memberのasparaさんと、

一緒に行こうと約束していたのに奥さんの命令に逆らえず、

先日家族でお店に来ている甘南備さんと御一緒です bleah

Dsc_0083

河野店長の名前をもじった「Courno」のネーミングですが、

googleしてもこの店が一番に出てくるので、新語の様です。

メニューの流れは常連の隊長にお願いしますが、

結果的に上からずらりと注文することになります。

Dsc_0091

「瀬戸内鯛のカルパッチョ(900円)

目を奪われる鮮やかな盛り付け。

桜鯛がねっとりとした旨みをにじませながら、新鮮な野菜とマッチ。

なんでも御親戚の方が地元の朝どれの野菜を持ってこられるそうです。

Dsc_0099

「わけぎとアンチョビのオリーブオイル添え(500円)

その朝採れのわけぎがシャクシャクしており、アンチョビの塩で

とろみと甘みが引き出されています。

既にお代わりしたくなる一品に、笑顔の大将の実力を垣間見ますhappy02

Dsc_0103

「ホタルイカと徳谷トマトのマリネ(650円)

烏賊の頭の中にある茶色い肝の部分のねっとり感最高 happy02

醤油につけて頂く事はありますが、あっさり新鮮野菜とあえるだけでも、

全く別ベクトルからの楽しみ方が出来るのですね up

甘南備さんが「目と骨(烏賊の中に入った透明な筋)が処理してあるsign01と、

こちらの気配りの深さに感動しきりです weep

Dsc_0111

「鶏レバーのムース、バケット添え(680円)

奥に見えるは自家製フォカッチャで、温かい所をオリーブオイルにつけて

小麦の香り catface とともに味わいます。

Dsc_0112

ガーリックオイルを塗ったバケットでムースをすくい、

カリッと思い切りかぶりつきます。

滑らかなペーストが舌の上で伸び広がり、後からコクが追いかけますhappy02

量もたっぷりあるので、大盛りに乗っけて頬張るようにして満喫 catface

Dsc_0126

「サザエとキノコの香草バターソテー(690円)

絶妙な苦みに、ワインは既に二本目に突入 wine

舌と鼻を同時に楽しませてくれる料理って、素敵 heart04

Dsc_0130

「エビのコロッケ」

揚げられたカリカリパスタが横たわっています。

Dsc_0132

超一口サイズのクリーミーな仕上がり。

中のエビも原形をある程度保っていて、後半にその歯ごたえを感じます。

何食べても本気で美味しい~、Courno shine

Dsc_0136

「フランス産鴨のロースト ホオズキサラダ添え(920円)

ほおずきって、赤くなった身の中身をおばあちゃんが爪楊枝でほじくりだして、

皮だけになったものを口の中で鳴らす遊びを教えてくれて以来の再会。

トマトでもなく、柑橘系でもない、独特の風味。

パリッと硬めの皮を齧ると、中からエリアに分かれた果肉が飛び出します。

適切に火の通った鴨肉のジューシーなエキスとのフュージョンに感動 happy02

これは、隊長が通うのも納得です。

さて、

「二次会は隊長の家に行きましょう smile 」という、

無謀な隊員のリクエストに聞こえないふりをしていた彼が、

それではと、もうひとつのとっておきに連れて行ってくれる事になり、

傘の先を雨に突っ込むように開き、久米駅方面へと急ぎ足です run

__________________________________________________________________________________________

「勝手に松山ミシュラン」は、

save iwate, save takidashi を応援しています happy01

炊き出しの近況が、やまけんさんのブログでupされていますよ。

« 麺神からの啓示  | トップページ | 平八 ★★★ »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

夜もおいしそうですね~~
私も行きたかった!
今度行ってきます☆

昼夜どちらも伺いましたsmile

ホントに何食べても本気で美味しいんですよねsign05lovely

CPもhappy01scissors

オーダーされた品々参考にさせていただきながら又夜行ってみますconfidentshine

さすがの表現力。写真もとてもキレイですね。
一緒に行って同じものを食べたと思えないですぅ。
chipさん、今回はわりと急に話が決まったのでごめんなさい。
また一緒に行きましょう!

開店の時から気になっていて、またいろいろな方の話も聞き、奥さんの誕生日や子供の誕生日のお祝いに何回か行こうとしてるのですがいつも満席で入れません・・・。
やっぱり予約は大事です。(グスン)
そのお店から踏切を越えて久米駅に向かう線路沿いにガラス貼りのショットバーのようなお店があります。店の名前も知らないのですが気になってます。

イチデジ、使いこなしてますね~

ピン合わせてバックぼかすと
メインがすごく引き立ちますね。

sweetさんやasparaさんもコメされてらっしゃいますように、写真がスゴイですね!

デジイチの性能も撮影者の腕も流石です。

が、その後のPC上での処理がまた、手間暇をかけられていらっしゃるようですね~

比率を変えたり、切り取ったり、いろいろ処理をされているようにお見受けします。

メンドクサイ事もしっかりやる、食に対する愛情が垣間見えますね~~美味しそう!!

県内に食用ホオズキを出すお店があるとは知りませんでした。
どこ産でしょうかね?岩手や秋田など東北地方での生産が多いのですが…
県内産なら超レアです。
益々行ってみたくなりました。

それからタムロンのレンズ、ばっちりですね。
でも、何より構図が素晴らしいです。
構図はセンス次第ですからっ!

ここは想像を超えて良かったです。その土地マッチした食べ物が食べられます。Locationも久米駅から近いし、E-cafeの候補に入れておきましょうか?

昼夜とは、既にお気に入りですね。
夜カウンターに優しそうなスーツの方が佇んでいたら多分隊長なので声をかけて脅かしてあげて下さいwink

素晴らしい店を教えて頂き有難うございました。野菜素材がとても美味しく、久しぶりのホームラン級でしたbaseball
伊予鉄ならアクセスも良いし、近いうちに家族でも行ってみますgood

次回は是非予約していらしてみて下さい。美味しかったですよ。そのshot bar的な店は気がつきませんでしたが、多分隊長ならご存知だと思いますので、伺っておきますhappy01

ふふふ、いま一番マイブームな所をほめて頂き、もぞもぞと嬉しい限りですwink
Mehr Licht! sun

ふふふ、デジイチの世界に興味が出てきましたかwink 
実は画像の加工は、少し明るさをかえる事もありますが、殆どやっていません。構図もcutせずに生の物を使用しています。だから、皆が喋っていても集中して黙って何枚も撮っているんですslate
騙されたと思って足を踏み込んでみて下さい。表現が変わってくるのは間違いないです。普段の家族写真の子供の表情なんかも良い感じに撮れますよcamera

ほおずきも近所の親戚の方が栽培されたものだったような記憶があります。初めて生食しましたが、初体験の素晴らしいさわやかさでした。
本当はいかんのですが、最近タムロンは重いので全く持ち歩いていません。全て以前から持っている35mm単焦点で寄れるところまで寄っています。
今後は持ち歩くように努力しますねcoldsweats01
構図ほめてくれて有難う。豚は簡単に木に登りましたpig

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/51396013

この記事へのトラックバック一覧です: Bal Courno ★★★:

« 麺神からの啓示  | トップページ | 平八 ★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2