« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月29日 (金)

麺神からの啓示 

春になると麺神が私を呼びます diamond

心を開放して、足の向くまま麺を啜り続けていると、

麺神からの啓示が悟りの道へのいざなうのです wink

まず、

なかまる

Dsc_0221

砥部にある話題のうどん屋さんです。

Dsc_0224

「かけうどん(350円)

あっさり出汁で、ちょっと細めのつるつる麺。

噂にたがわぬ旨さに、思わず happy01

Dsc_0225

「肉玉うどん(650円)を追加注文up

甘くに付けられた牛肉は、かなりの広さで迫力大 up

半熟卵に麺を絡めながら、夢中に吸い込みます。

お次は、

わびすけ

Dsc_0168

以前定食を頂きましたが、麺師匠のSHIMO-Gさんから、

カキコで「つけめん」を勧められ、直行です。

鳥ベースの透明なスープは、薄めのお出汁感覚 smile

Dsc_01702

細めの卵麺に香り高い油がまぶされており、

箸を入れないと麺が見えない位、細切りの海苔が山ほどかかっています。

出汁にどっぷりとつけて、あっさり出汁ごとするりと飲みこみます。

麺の香り、海苔、出汁が三位一体で、安らぎの時間を与えます。

まだまだ、修業は続きます。

骨太味覚

20110410143037

花園町に移転し、昼夜を問わない営業方針に気合いを感じます。

元あった場所には、あの「あづま家」が入るのも楽しみですね heart04

20110413

「つけめん250g(700円)

もやし山盛りfujiと、茹でたて直ぐ冷水締め麺を、

どっぷりとギトギト出汁に浸して、ズズズーー impact

素面初対面で、改めてその背脂ヌル+禁断の快感kissmarkを再確認。

20110414

勿論、デフォルト「ラーメン(650円)

携帯写真にて、手ぶれは失礼 sweat01

分厚いチャーシューは、いきなり汁底に隠して、溶かしにかかります。

黒胡椒塩韮もやしと、ぶっと麺をワシッと箸で掴んで、

スープに一旦しっかりつけ直し、ズルルル~~ fuji

やっぱ、この魔法からは簡単に逃れられんのです。

さあ、

悟りを開く為に、麺のメッカへ。

瓢華@溝辺店

ここで麺神は、美味しいものにたどり着く為の試練をお与え下さります。

松山ラーメンの代表と言っていいこの店の場所は、桃源郷の様に

悟ったものにしか見えてこないのです(実は、ちょっと探しにくいだけ)

市内から国道317を奥道後方面に向かい、でんぷんを通り過ぎた次の

Dsc_0061

この交差点を左折 up

Dsc_0060

そして、橋を渡り道なりにゆっくり左カーブ up

Dsc_0057

すると左手にこの駐車場が見えてきます。

ここで、神経を集中して辺りを見回しましょう eye

Dsc_0058

をを sign03

荒業をこなしたものにしか見えない悟りの道が、あなたには見えますか?

Dsc_0056

直接この店までナビで行って、空いていれば店の前に車を乗りあげる、

解脱者にしか許されない荒技駐車方法もアリです。

Dsc_0047

悟りの為の呪文を唱え、全て意味が解読出来た頃に、

Dsc_0049

「特製中華そば(野菜入り)(700円)が、燦然と現れます。

思っていたより甘みの強くない鳥豚スープは優しさを含んでいます。

Dsc_0050

真っ直ぐな麺に素直に絡めて、啜りましょう。

ああ、これがnative matsuyamanの味の源流なのかと納得。

Dsc_0054

丼底に沈めていた焼豚は、文字通り箸で持ち上げられない位

ホロホロに繊維がほどけており、

口の中に入れた瞬間に形をどどめていないのです catface

麺神よ。

ここで癒され、悟りが近い気がしてきました。

フェリー食堂のラーメン

Dsc_0227

先日紹介させて頂いた「長浜フェリー食堂」

長崎ちゃんぽん以外にも素敵なメニューが目白押し。

バンブーさん絶賛「中華そば」

焼豚が分厚くて、存在感がズシリん pig

Dsc_0228

昭和的あっさりスープを啜りながら、

今まで何百もの麺どんぶりを持ち上げ干してきた私の脳天に、

ついに麺神の啓示が突き刺さります。

diamond 『ラーメン(中華そば)は、完璧なランチである』 diamond

例えば、「豚ショウガ焼き定食+味噌汁」と比べてみましょう。

定食で、味噌汁を少し啜った後、生姜焼きをご飯に乗せて頂きますよね。

ラーメンも、具と麺とスープはその関係にあり、

そのように食されるのが、理想であるのです。

つまり、

ラーメンのスープ = 定食の味噌汁

ラーメンの麺 = 定食のご飯

そして、ラーメンのトッピング =定食のオカズと相対しているのです。

ラーメンスープを丼の淵から啜った後は、

ライスに匹敵する麺に、おかずとなる焼豚やもやしを載せて、

適量口に運び咀嚼します。そう、30回 delicious

そして、スープ+オカズ+麺の三角食べを繰り返します。

するとどうでしょう。

私の中で、軽食、またはおやつと位置付けされていたsweat01ラーメンは、

定食に匹敵する完全ランチだったのだと、

人生の半分を折り返した地点で悟りを開くのです diamond diamond diamond

PS:

この啓示を奥さんに真顔で語ると、

「先ず、ラーメンが軽食とかおやつとか言う前提がワカランdash」と、全否定。

求む、賛同者 good

__________________________________________________________________________________________

「勝手に松山ミシュラン」は、

save iwate, save takidashi を応援しています happy01

2011年4月25日 (月)

魚吉 ★★☆

瀬戸内海を見ながら、その海の幸をがっつり堪能 fish

今日は久しぶりに天気が良いsunので、双海まで足を延ばしていますrvcar

Dsc_0106

伊予市から夕やけこやけラインに入り、長浜方面に向かうと、

左手に「魚吉」が見えてきます。

Dsc_0105

立派な佇まいの玄関は引き戸を開けると、一段微妙に高いので注意eye

いきなりこけそうになり、家族に大笑いされます ng

さて、

ゆったりした店内を見渡し、窓際の瀬戸内海一望席に陣取りましょう。

Dsc_0114

まずは、単品で「たこぶつ」

以前伺った時の印象が強く残っていたので、注文。

蛸好き星人diamondの気持ちを満足してくれる歯ごたえと甘み delicious

やはりここの店、一味・ワンランク違います good

Dsc_0119

魚喰いの私は、折角なので「魚吉セット(3,675円)

Dsc_0123

いわゆる桜鯛の時期の真鯛の刺身は厚めカット。

パッツンとした弾力を楽しみながら、白身の王様の清涼感を堪能 delicious

Dsc_0125

「サザエの壺焼き」は良く見かける料理ですが、

ここまでサイズが大きいと格が違ってきます。

身は食べやすい一口サイズにカット。

少し焼き締められた硬さを楽しみながら、磯のエキスを抽出します。

肝の部分の苦さが大人の快感 catface

塩加減も丁度いいので、殻に残ったスープを思わず飲み干します

Dsc_0130

「カワハギ」は、普段淡泊過ぎてあまり好んで選ばないのですが、

本日を境に考え方が変わります。

淡泊な上に微妙な脂が乗っている為、ほろりと外れた後の身から、

閉じ込められていたエキスがジュワリ happy02 ほとばしるのです。

ねっとりした舌触りのフォア・ポアゾンが口の中でほどけてきた瞬間に、

Dsc_0131

米粒のピンと立った「鯛釜飯」を放り込みます。

少し待つだけの価値は十二分の炊きたて釜飯spaから、

焦げの香りをまとわった米と、鼻腔をくすぐる鯛エキスが混然一体 happy02

これも、めちゃくちゃうま~~い diamond diamond diamond

第一印象は少し値が張るように思うのですが、

一品一品のこだわりに納得です。

あまりのおいしさに、気がつけば、

Dsc_0137

恐竜の発掘現場の様になってしまいます。

さて、

子ども達が注文した

Dsc_0124

「鯛釜うどんセット(1,050円)は、ぐんとお得 dollar

天麩羅には帯状の太刀魚が入っていて、サクッと丸ごと delicious

休日の早めのランチなどに、ドライブを兼ねていかがでしょう?

魚のパワーを最大限に吸収して、次のグルメスポットを探索に出るのです。

__________________________________________________________________________________________

「勝手に松山ミシュラン」は、

save iwate, save takidashi を応援しています happy01

2011年4月20日 (水)

長浜フェリー食堂 ★★☆

やっと春がやって来たので、

夕やけこやけラインで海を眺めながらドライブ rvcar します。

鶴ちゃん「旨いよdeliciousと教えて貰っていた食堂を探します。

松山方面から長浜に入って、左に曲がると大洲方面の角を、

注意深く左に曲がって、小さい港に着きます。

Dsc_0063

港湾センターの建物の前に、古びた看板を見つけて、中へ。

Dsc_0074

中華鍋を振る音と、油の匂いに吸い寄せられる方向を振りむくと

噂の「長浜フェリー食堂」です。

手前のドアからでも、奥のドアからでも入れますが、

奥のドアはレジに近い位置。

Dsc_0067

店内は既に作業着を着た男性達で半分ほど埋まっています。

Dsc_0071

鶴ちゃんお薦めの「長崎チャンポン(580円)をお願いします。

野菜たっぷりで、胡椒もたっぷり noodle

「胡椒が少しかかってますので、足りなかったらどうぞ」と、

胡椒瓶を置いておばさんが立ち去って行ったので、

胡椒をたっぷりかけないと満足しない習慣なのだと再認識です。

Dsc_0072

麺のボリュームもたっぷり smile smile smile

キャベツ、豚肉などの色々な材料から出たスープをゆっくりと啜りながら、

フウフウと吹いて、大口で頬張りながらゆっくり堪能。

麺は長崎で言う一般的なちゃんぽん麺ではありませんが、

(中華麺とちゃんぽん麺の違いはこちらの過去ログを click noodle

細めのツルシコで、食べていてワクワク happy02 してきます。

気がつけば他のテーブルも仕事合間のランチ男性で満席full

こういうお店は、焼きめしやオムライスも絶対旨いでしょうね~ smile

nomchanさんバンブーさんも既食 wink

Dsc_0075

長浜廻りの楽しみが出来た喜びを噛みしめます。

平日昼間にに眺める海って、ひときわ良いですよね fish

2011年4月18日 (月)

磯之河 ★★☆

北条の海が見える和風ファミレス wave

Dsc_0003

今日は専務のお友達の「だいちゃん」から聞いていて、

TO GO LISTトップにあった「磯之河」に、休日早めの昼食突撃rvcar

Dsc_0030

で、

いきなり話が逸れます aquarius

今まで行きたい店をリストアップしてTO GO LISTを作って来ましたが、

実は数々の変遷を経て来ています。

最初は、wordで作成し、UBSメモリースティックで持ち歩き。

次にwordがexcelになり、碁盤の目の様なデザインにして見やすくしました。

最近は、evernoteに入れて、EXPERIAでも閲覧・作成が出来るようになって

喜んでしましたが、先日新しい技を発見。

google mapのマイマップが物凄く便利 flair (って、遅い?)。

行きたい店の場所を入力すると、地図上でのイメージがつかみやすく、

食べログからでも直接情報を飛ばしておく事が出来ます。

道に困ればナビに早変わりなので、知らない町でもok

そう言えばカメラのコンデジからデジイチになったし、

「食べ歩き道fuji」も技術と共に進化sign01しているようです。

さて、

Dsc_0009

「鯛御膳(2,100円)

まさに鯛尽くし。

甘辛の煮付けが、淡泊な鯛飯にぴったり。

くどい様ですが、蛸好き星からやって来た私は、

Dsc_0013

「たこ釜めし刺身定食(1、575円)

ある程度見越して準備してあるのか、待ち時間もファミレス級にshortwatch

Dsc_0023

それでいて、この焦げ目は堪りませんね~~ happy02 good

Dsc_0017

「風早弁当(945円)

わかめご飯、唐揚げ、海老フライ、アサリバター焼き。

少年男子もガッツリ満足しています。

Dsc_0018

娘は小学生の記念にと、「お子様ランチ」

生意気な口をきく年頃なのに、まだこれを選ぶのかと

小さかった頃を思い出し自然に笑みがこぼれます
 happy01

こりゃ、子供はイチコロのスターが揃っていますものね。

気がつけば、廻りは家族連れでほぼ満席の大盛況 full

Dsc_0031

大満足のお腹をさすりながら、店の裏手の堤防に上がります。

昔行った「鹿島」を眺めながら、

肌寒い潮風から、「瀬戸内海にも春が来たよ」って教わるのです  wink

2011年4月15日 (金)

エスパーニャ・ミロ ★★★

diamond happy02 でた~、おきて破りの★★★★をつけたくなるお店 happy02 diamond

今回は東予にお出かけ rvcar

食通のT先輩からのお勧めで、

創業21年、今治のスペイン料理「エスパーニャ・ミロ」に伺います。

松山から高速使って約一時間。

煉瓦造りの大きな建物が突然姿を現します。

本日は、ランチコース2500円を頂きましょう bell

Dsc_0240

一皿目

Dsc_0252

「奥伊予地鶏胸肉と新ゴボウのバニラ風味」

細かい仕事で、ライトテイストのスターター。

二素材とも、しっかり噛む事で、大地の恵みを伝えてくれます。

味もさることながら、ボリュームもたっぷりと聞いていたのに、

あれ少ない?と、少し不安になりますが、それも杞憂となります。

二皿目

Dsc_0255

左上から時計回りに、

「菜の花・新タマネギ・トマト・ケーパー・アンチョビのクスクス」

「ほうれん草のオムレツ、レーズンのピューレ・松の実・スペイン産生ベーコン」

「自家製オリーブパンと、御荘の牡蠣のエスカベッチェ」

「ウド・カブ・クルミのヨーグルトサラダ、木いちごのピナグレッタ」

季節のものをとりいれた非常に手の込んだ前菜の盛り合わせが登場。

メニューとにらめっこしながら、1品1品じっくり味わっていると、

心の高まりを抑えられなくなりそうです。

Dsc_0259

写真撮影の許可を頂くと、「明るい席の方に致しましょうか?」と、

細やかな心配り。

普段は勝手に少し後ろめたい気持ちでシャッターcameraを切っているので、

撮影を肯定して頂く事に慣れていない私には、女神様のお言葉 heart02

三皿目

「人参のスープ」

Dsc_0266

皿の手前には、楊枝が刺さった小さな楽しみの

「タコの春菊のモホソース」 「仔羊の赤いモホソース添え」

モホソースとはスペインカナリア諸島発祥の香辛料ソース。

ピリリとしたアクセントが、柔らかな甘みのスープと好対照 sun

Dsc_0260

お皿の反対側に少しだけおかれた「カルダモン・クミン」

香りを楽しみながら、スプーンを動かします。

スペイン料理の枠を超えて、地元素材で自由な表現を感じます note

舌と鼻を同時に喜ばせる一皿、出会った事ありません。

食で感動を与えるって、出来るんだとweepdiamondちょっと感涙

魚料理

Dsc_0272

「舌平目とイカのソテー、春キャベツ・めかぶ・カリフラワーの温かいサラダ

アーモンド入り焦がしバター・はるみのジュース」

陸と海からの春のエネルギーを蓄えた青葉が、

軽くブラウンに化粧をしたハリハリの白身から溢れるエキスと、

皿の上で融合し、はるみの柑橘香で上品にまとめられています。

Dsc_0278

めかぶの粘りkissmarkが新鮮な体験。

「この店は、自然の力を目いっぱい体に吸収する料理なんだ」と、

一流の腕に出会って、ハタと気が付きます。

肉料理

Dsc_0283

「カナダ産豚肩ロースのソテー、マッシュポテト・フキノトウのアリオリ

アサリと原木椎茸の白ワイン、ガーリックソテー・セリ」

今度の作品は、透明なカンバスに盛りつけられて登場します。

全く妥協がないのに、緊張感を与えない風格です lovely

Dsc_0285

フキノトウの苦みが、表面に焦げ目が出る程度に炙られ、

豚肉からにじみ出た脂と、舌の上で驚きのコンビネーション good

予想を超えたの味蕾細胞信号の組み合わせに酔いしれます happy02 happy02 happy02

Dsc_0271

「パンコントマテ」

トマトとにんにく、オリーブオイルを塗ったパン。

勿論、皿に残ったソースをたっぷりと含ませて、歓喜の時間へ。

デザート

Dsc_0292

「人参のアイスクリーム・はるかのゼリーと皮のシロップ煮」

(お好みでカンパリを)

人参をこんな素敵なスイーツに変身させてしまう魔法。

すくう・のせる・とける・・HAPPY heart04

デザート

Dsc_0294

「チョコレートケーキとピスタチオのムース・ピスタチオクリーム・チュイル」

チュイルとは薄焼のクッキー。

レンゲに載ったピスタチオの円やかな舌溶けと、豆系の香りにと、

がっつり脳幹を揺さぶるカカオの層状の快感 catface に、すっかりとろけます。

Dsc_0302

食後の飲み物は、珈琲、紅茶、三種のハーブティーから選択可。

エスプレッソを頂きながら、壁のミロを眺めて、至福の反芻 clock

店構え、雰囲気、接客、CP,味とその独創性 spade

シェフの笑顔に見送られながら、いつdinner食べに来ようかなと、

頭の中で次回の予定を立て始めるのです pencil

2011年4月13日 (水)

TRATTORIA nature natura ★☆☆

マルブンさんがまたしても美味しいイタ飯屋さんを開店。

娘の小学校卒業記念に、突入です rvcar

Dsc_0009

「TRATTORIA nature natura」は、朝生田に出来た石釜がある店。

南高井まで行かなくても、あのパリパリピザを頂く事が出来ます scissors

しっかりと教育された接客でお出迎え ok

店内は一気に見渡せるワンフロアー。

社員食堂級の距離感でテーブルが整然と並んでいます。

Dsc_0027

「長野さんの新玉ねぎと桜えびのマリネ(380円)

産地を明記したシャキシャキ玉ねぎに、桜えびの香りが映えます。

Dsc_0037

待ってました happy01 石釜焼きのピザ

「マルゲリータとクワトロフォルマッジョのhalf and half」
(1,080÷2+1,480÷2=1,280円)

Dsc_0042

チージィーに、とろけてますね~

エッジの焦げた部分の香りが最高です happy01

Dsc_0043

ちょっと驚くサイズで登場したのは、

「国産牛ほほ肉のラグーソース(1,380円)

+オプションのピッツァ包み焼(400円)

大皿の上で膨らんだ生地を、目の前で十字に切ってオープンbook

Dsc_0046

たら~ん、相変わらず左手持ち上げ~~ eye

蒸し焼きされて旨み凝縮のパスタ。

肉のソースが染み込んでいる歯応え細麺が、幸せ heart04

Dsc_0050

「宮崎産チキンのグリル ゴルゴンゾーラソース(980円)

鳥皮は薄焼き煎餅の様にパリパリで、身の軟らかさと好対照。

マッシュポテトにもソースを吸収させると深い甘み delicious

先程の「ピッツァ包み焼」の大皿の周囲に、

ナンの様に分厚くモチモチ・ピザ生地が付いているので、

それをちぎって、残りのソースを付けて頂きます。

混んでいるとお皿を直ぐに片付けられるので、

ソースの残った皿はキープしておくことをお勧めします wink

Dsc_0040

「黒豚パンチェッタとポルチーニ茸のクリームソース(1,130円)

パスタは、ペンネ、カサレッチェ、リングイネの三種類からチョイス。

今日はマカロニを縦割りにしたような形のカサレッチェをお願いします。

濃厚クリームソースの絡みも良く、あっという間になくなります。

残ったソースも、先程のピザ生地でさらって完食 smile

Dsc_0055

「ココナッツエンジェルフードケーキ(420円)

拳骨より一回りは大きいサイズのシフォンケーキに、

これでもかsign01とたっぷりの生クリームがかかっています。

シフォンの詰まり具合もしっかりしているので、ガッツリ大満足penguin

Dsc_0058

「エスプレッソ」も、濃厚な香りと苦み。

流石、繁盛店は違いますね delicious

Dsc_0025

卒業式後、奥さんが娘の友達を連れてラオケに行った話で盛り上がります。

女の子だけで行ったの?と尋ねると、「そう、女子会notes楽しかった。」

「女子会」の正しい用法ですが、逆に違和感があるのはなぜでしょうcatface

2011年4月11日 (月)

東北地方に物資を送りたい方へ ★★★

マクロレンズの記事でお知らせしたように、

被災地では「ポルコロッソ」さんを含めて、多くの方々が炊き出し、

支援物資の分配をされています。

思考回路が単純な私は、その記事をやまけんのtwitterで見て直ぐに、

Dsc_0079

業務スーパーで物資を購入し、ゆうパックで「ポルコロッソ」送ります。

数時間後にゆうパックから「支店止めでないと受け付けられない」と

電話があり、口頭で支店止めに変更。

(支店止め=支店に着いた時点で、本人が取りに行く必要あり。)

二日後に岩手までは届いたようで、

「**支店ですが、相手方に連絡が付かないので、

配達に変更していいですか?」の電話がかかってきました。

残念ながら、「ポルコロッソ」さんに届いたかどうかは分かりませんが、

数日たった現在も返送されてはいません。

Dsc_0253

結局、発送から5日目に、ポルコロッソ山崎さんに届いたとの知らせが

ゆうパックから来ました wink

現在でも現地では、配達方法含め不安定要素がある事を感じ、

その事をやまけんさんに報告します。

既に彼は流石の行動力で、現在有効と思われるルートを調べ上げ、

早速、支援物資の送り方をブログアップしています 
downコチラdown

*やまけんの出張食い倒れ日記
(岩手県への支援物資の受付先を調整しました。Save IwateのWebをみて、
個別に連絡していただくことになります。詳細は本文見て下さい。)

* 支援物資について 

(足りているもの、足りていないものが具体的に書いてあります)

要約すると、

やみくもに送っても、相手方のニーズと合わない事も多いので、

Save Iwate と言うWebが仲介してくれるようです。

長期戦なので、継続的にサポートしたいですね good

PS: 支援物資関連含めて、やまけんのtwitterで最新情報が分かりますよ。


2011年4月10日 (日)

ヴィオロン・ダングル ★★★

は~るばる来たぜ、宇和島~ (さぶちゃん風に) note

くずし鳥津さんと中心として集まった食べ歩きの会。

Cafe Cabareのムッシュもメンバーで、いつもは松山を中心に活動していますが、

今回は南の方まで足を伸ばします。

Dsc_0032

街中に忽然と現れるムーディーなスペース。

DESIGN★DESIGN★DESIGNのMakiちゃんも地元代表で参加。

まず、

こちらのメニューのバリエーションの多さに圧倒されます。

Dsc_0036

夜だけでA-Dの4通りのメニュー組み合わせがあるのですが、

驚くのは、

Dsc_0033

前菜だけで13種類。

魚料理は2種類。

そして、

Dsc_0034

肉料理8種類。

Dsc_0035

デザート7種類。

∴ 前菜13*魚2*肉8*デザート7=1456通りの組み合わせの中から

   自分のメニューを、入店してからeye選べてしまうのです。

それでは、1456通りから私が選んだ組み合わせを紹介しましょう。

Dsc_0051

アミューズ「ベーコンと玉葱のキッシュ」

冷たいものしか食べた事の無かったキッシュですが、

温かいふんわり卵だと、味わいがまろやかになり、

一同のテンションを徐々に上げていきます。

Dsc_0054

前菜

「人参のムースと生ウニ 海老のコンソメゼリー掛け」

Dsc_00561

ムースが瞬時にとろけた後に、コンソメで締まったウニが、

時間差で溶けていきます。

これは、かなりの力を入れて「美味しいです happy02 happy02 happy02

こんな舌触りと、喉ごしは体験したことがありません wink

Dsc_0058

魚料理

「スズキのホワイトアスパラ添え」

Dsc_00621

カリッと仕上げられた白身と、エネルギーを満たした季節の野菜

組み合わせが、春を先取りさせてくれるのです delicious

Dsc_00661

肉料理

「シャラン産 窒息鴨のロースト  牛蒡とわさびソース」

窒息させることで身に血が廻り味が濃くなります。

以前頂いたものはレバーに近い感じでしたが、

ワサビが血の匂いをおさえているのでしょうか?

赤みの旨さが前面に出た仕上がりになっています。

Dsc_0075

物々交換でやって来た

「イタリア産 ウサギもも肉のコンフィ マティニョン風」

マティニョンとは、マデーラ酒で煮たソースの事。

ウサギは物心ついた頃のお節料理で食べて以来のご対面。

幾重にも折り重なったパイ生地がスープを吸っていい感じ notes

Dsc_0041

松山でソムリエをされていた方がギャルソン。

独特の口調が印象的で、この店の個性の一つでしょう。

ムッシュと相談しながら白ワインの次に、赤を選びます。

Dsc_0080

「チョコレートとピスタチオのマルキーズ シナモンのアイスクリーム添え」

マルキーズとはフランス語で貴婦人

チョコレートの層状ケーキで、官能カカオがゆっくりと

ステージの終了に向けて気持ちを抑えてくれます。

Dsc_0083

「エスプレッソ」

普通は砂糖をたくさん入れて飲むのでしょうが、

強い苦みを快感に感じるので、私はストレートで cafe

宇和島の名店情報交換を行い、次回の会場を相談します。

さて、

全ての組み合わせを楽しもうと思うと、まだ1456-1=1455通り残っています。

休日も開けて貰い、毎日通っても4年弱か~ wink

お財布が続かないから、雇って貰ってまかないで頂こうかな?

そうしたいなと思わせるハイレベルのお店なのです。

2011年4月 7日 (木)

TAMRON 60mm F/2 MACRO 1:1@山本

diamond 最初にお知らせ diamond

本文に出てくるやまけんさんのtwitterから、

被災地で無償で食事提供されているレストランの事を知りました。

「日本一大きなレストラン ポルコロッソ」

手弁当では限界があり、具体的な支援(食糧、義援金など)を募ってます。

是非一度、上記店名をクリックしてみてください pc

PS:ゆうパックで物資を送ろうとしたのですが支店止めの指定エリアでした。

   愛媛からでは義援金がベターな気がします(4月7日18時時点)。

club それでは、本文開始です club

先日、やまけん師匠に勧めて頂いたマクロレンズを、早速amazonで注文。

手元に来たものの、AF-S NIKKOR 35mm 1:1.8Gと両方持ち歩くのは重い coldsweats01

ブログの写真を失敗したくないので、どうしても使い慣れた後者だけに偏りがち。

しかし今日は、気の合う仲間とのプチオフ会。

マクロレンズでも被写体から離れれば、引きの写真も撮れると聞いたので、

練習を兼ね、マクロ一本だけ持って「山本」に伺います。

Dsc_0066

おお~ happy01

マクロレンズでも本当に大きな写真が撮れることに感動 happy02 の

玄人離れしたデジイチ超入門者なのです。

Dsc_0069

店の外のメニューも、しっかり読めますね。

「マクロ=拡大した写真しか撮れない」の思い込みが消え、

ちょっと安心 good

Dsc_0072

「刺身の盛り合わせ」

いつもと同じサイズのフレームにしようとすれば、

少しのけぞるように被写体から離れないといけません。

Dsc_0076

をを~ happy02

マクロレンズの真骨頂。ここまで寄れるのか cute

太刀魚刺身の皮が、炙られ縮まっている姿がくっきり diamond

テンションが上がって来ます。

Dsc_0078

「鯵の塩焼き」も、

Dsc_0079

ココまで寄れます eye

ホッコリした青魚の身と皮の間から、じわりと脂が染み出しているのが、

ご覧になれますか?

ここまで見えていいのか~ up

Dsc_0082

「鯛のしゃぶしゃぶ」は、

Dsc_0081

皿の模様が透けてながら、筋肉の走行まで分かりますね。

ここまで見えると、なんとなく理科の実験みたいな感じもしますが、

上手に使えば表現範囲が広がるのは確かそうです wink

Dsc_0085

どでかい「かき揚げ」ピザサイズ sign03

小上がりの座席から、一段下がった所の椅子に座っているのですが、

その椅子を後ろに倒しながら、カメラを離して初めてフレームに収まります。

Dsc_0088

サクサクと箸で割って、天つゆを先にちょっとつけて、

口いっぱいに頬張ります。

軽~く揚がっていますね~ up

35mmとか60mmとかマクロか望遠などを決めているのか?と思っていましたが、

ど~もあまり関係ない様子。

カメラに詳しいもなか日記のnaoさんが、「フィルム換算で言うとね」と、

説明して下さるのですが、

フィルムの一眼レフを知らない私にとってはちんぷんかんぷん。

mmとは、カメラ中の画像を感受する部分からレンズまでの距離だとは

何となく分かったのですが、

結局、マクロと望遠レンズって根本的に何が違うのかが理解不能 cryingsleepy

Dsc_0090

出汁をたっぷり含んだ「出汁巻き卵」

これは普段より安い100円で、お店からの義援金になるそうです。

Dsc_0092

出汁が染み出す様子が撮りたかったのですが、寄っただけなら

少し暗くなりますね。

F値を下げるか、シャッタースピードを速くするべきだったのでしょうが、

慣れてない上に、良い感じで熱燗 bottle が廻って来たので、

段々どうでもよくなってきています bleah typhoon

気がつけばカメラはバックに大切にしまい込んで、

久しぶりの再会で盛り上がっているのです delicious

2011年4月 4日 (月)

池浦@高知 ★★★

「いけちゃん、腕くらいの大きさの伊勢えびを、腹一杯喰いに行く?」

「ハイ sign03 (二つにも満たない、一つ返事 happy02)」

って、流れで、

前回のフグ旅行に引き続き、Utoniumさんの社内日帰りバス旅行に、

厚かましく、唯一社外から自由参加させて頂いています。

Dsc_0087

中型バスを借り切った「美食の会」は、8時に松山を出て、

Dsc_0092

33号線を高知に向かいます。

Dsc_0093

途中の茶屋では、

Dsc_0095

名物のおでんから、

Dsc_0104

「手作り蒟蒻(100円)

歯ごたえと味の染みた三角おでんには、米麹?の入った味噌タレ。

甘さが松山より少し控えめで、少しの移動距離で微妙な変化。

Dsc_0110

自衛隊一行も、旨そうにおでんを頬張っております smile

Dsc_0113

高知県日高村に入ると「芋屋金次郎」で、早速お土産物色。

Dsc_0114

こちらは老舗和菓子屋の様な上品な佇まいの芋けんぴ屋さん

Dsc_0118

直売店ならでは、所謂半端物を購入します。

高知に入ったバスは、宇佐大橋を超えて横波黒潮ラインに入ります。

ザ・快晴sunの太平洋を左に見ながら、明徳義塾高校横を超えていきます。

朝青龍もえらい所に閉じ込められらもんですね~ bleah

暫くすると、

Dsc_0119

左手の看板を目印に、離合も危ういクネクネ道をつんのめるようにdown下降。

Dsc_0121

この看板を右へ good

Dsc_0122

小さい漁村の集落の入り口に、

Dsc_0123

「伊勢えび料理 池浦」が現れます。

運転手さんの丁寧な運転で、松山から約3半時間、はるばる到着~bus

早速二階に上がってかんぱ~い bottle

Dsc_0133

いきなり、男性の前腕サイズの伊勢えびのお造りが登場 up up up

Dsc_0135

丼サイズの山盛りで4人分 eye

Dsc_0142

いや~ん heart04

たわわな白肌が微妙にてかって、艶っぽくワシを挑発しとる~ wink

また、下にひいてある千切りのキュウリも旨いのです。

Dsc_0139

生肝をまぶして、口からお迎えします。

ぎょぎょ~~~、いや、えびえび~~~~ happy02 happy02 happy02

ぷりぷりの歯ごたえを楽しみならが、鼻腔に快楽が抜けてきます。

後から、軽い興奮を伴う旨みが沸き上がって来ます。

そこへ、地酒のぬる燗をキューbottleって、最高 good

最高な上に、伊勢えびの量もしっかりあるので、遠慮なく堪能。

超拳大の頭は一度下げられ、

ファンファーレと共に、お色直しをして再登場 bell bell bell

Dsc_0144

おりゃ~~~

鍋から伊勢えびが溢れ出しとる~~~ wobbly 

ここの伊勢えびの扱いは、間違ってるぜよ note note note

Dsc_0157

半分ぶつ切りでこのサイズ。

殻からパールホワイトの弾力筋肉が、膨張して飛び出しています crying

Dsc_0167

うわわ~~~ happy02

大口開けんと、噛めない伊勢えびって、なんぞや~~ wobbly 

上顎が弾き返される~~ delicious

「伊勢海老みそ」の温かい所をちゅうちゅうkissmarkって、

イカンやろ!これ!伊勢えび倫理規定違反や~ crying

Dsc_0170

火が通り過ぎ無いうちに、鍋から上げられた”Mt.Ise-ebi”

「蟹食べる時でもココまで静かにならんやろう」レベルの静寂の中、

時折、殻をぱちぱち折る音が聞こえるのみearです。

Dsc_0185

この山が後半にさしかかる頃には、Utoniumが伊勢えび剥き職人化

落ち着いて、よ~く考えて下さいね flair

この腕の身は、蟹ではなく伊勢えびなんですよ。

こんなにでかいのに、味わいが深くて旨いんです
smile

さて、

ココまで口にした食べ物は「伊勢えび」のみですが、既に数人の手が止まり、

恍惚の表情catfaceを浮かべながら、後ろに両手をついて反り返っています。

通常、この手の食べ物は、

「残りの数を数えながら、他人のペースを見てeye

自分がどれくらい食べていいか?探りながら食べる」ものですが、

ここでは、本気で譲り合いが始まるくらい多量なのです。

野菜を追加した後は、

Dsc_0180

もう食べられんやろ~「伊勢えび雑炊」

Dsc_0190

蟹よりも雑味が少なく、その清純さが浮きたちます。

ポン酢も付けず、そのまま味わえば、旨みと甘みが満ちた出汁満喫。

あっという間に、

Dsc_0191

誰や~、もう食べられんって言っていたのは~ penguin penguin penguin

料理代7500円+飲み物代って、「伊え倫」に言いつけんとイカンbleah

一息ついたら、

先程降りてきた「伊勢えびワインディングロード」を上って、

高速経由で帰途につきます。

Dsc_0193

ここは、睡魔sleepyに勝てずに朦朧としていたので、記憶にないですが、

Dsc_0199

「おきゃく」が始まったばかりの商店街見物では、

制限時間一時間。

Dsc_0197

グルメ聖地「ひろめ市場」に寄って、こそっり本日二回目のかんぱ~い beer

最後に、

Dsc_0200

高知名産「かんざし」などなど、頂いてしまうのです。

Dsc_0207

お世話になりました coldsweats01

また、次も呼んで下さいね smile

2011年4月 2日 (土)

大京都のれん市@いよてつ高島屋

先日、三越の「展」に行ったばかりでありながら、

節操のない私は、今日はいよてつ高島屋の「市(いち)」に向かうのです。

「大京都のれん市」は、和スイーツが充実しておりますが、

左党の私が直行したのはrun、やはり「イート・イン」

ズーム・インは終わりましたが、イート・インは不滅ですbleah

20110402_183833

当初は吸い込まれる予定では無かったので、写真はまたもや携帯phoneto

「助六そば 京生麩入(787円)

生麩のトローンとした生温かい食感は、初体験 delicious

乾燥させたものと違い、しっかりと身が詰まっています。

京都の食文化って、個性的ですね。

20110402_183843

「網野名物ばらずし 吸物付(840円)

京都府京丹後市網野町の名産品 note

比較対象物が無いので小さく見えますが、コレしっかり食べ応えあり。

20110402_183904

ご飯が二階建て方式で押し寿しになっています。

そぼろの様に見える茶色い物体は、魚の味がする粉を固めたもの。

普段はピンク色をしているデンプみたいですが、

ググってみると、鯖を入り炊きした「おぼろ」

そのおぼろがたっぷりサンドイッチ状に挟まっており、

椎茸などの他の和系だしと相まって、これ旨いです happy02 good

水羊羹や、おかきなどを試食して大満足。

この種のイベントでは遭遇率50%以上のaraoさん

お会いできなかったので、また足を運んでみましょう。

4月5日(火)までですよ~

をっ?eye 4月1日から屋上ビアガーデン beer も始まってますよ。

2011年4月 1日 (金)

ブログ本第二弾のお知らせ!(^^)!

柳の下に二匹目のドジョウはいるのか?

このブログ本「勝手に松山ミシュラン」に引き続き、

「勝手に松山ミシュランⅡ」を4月20日に、発売する事が決定good

1.今まで紹介出来ていなかった松山の店。

2.前回の掲載許可NGを口説き落とした店

  に、加えて、

3.松山から日帰りや、一泊で行ける素敵な旅館や名物店。

  南予、東予だけでなく、高知、徳島、香川、大分と

  大きく範囲を拡大
 up up up

それに、大きな目玉は、

4.ブログでも紹介してない、本当は教えたくなかった行きつけのお店も、

書き下ろしでお届けします。

前回56軒を大きく上回る99軒を掲載で、お値段据え置き1.000円 shine

それでは、発売をお楽しみに scissors happy02 scissors

*今年も恒例のApril Fool、お付き合い有難うございます。

ここでアドバルーンを上げて、賛同頂き実現化するのが快感なのですが、

どうなることやら pen

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008