ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 頑張ろう 日本 | トップページ | やまけんとの再会 (^v^) »

2011年3月15日 (火)

居酒屋 まつだ ★★★

新鮮魚一匹を丸ごと楽しむお店 fish

愛すべきキャラで、一緒に遊ぶととっても楽しいOちゃんが、

このブログを読んでくれている転勤族のK君とS君を紹介してくれます。

県外から来た若いイケメン君たちに、思いっきり魚を楽しんで貰おうwinkと、

弟が行きつけの

Dsc_0014

「居酒屋 まつだ」に伺います。

ここは石鯛がデフォルトの、とっても素晴らしお店。

店に入ると大将と女将さんがニヤニヤしながら、「弟に似てるね」と言われ、

「後に生まれたのは、あいつの方だけど。。」と思って見たりするのですが、

年を重ねるごとに体系・顔型が似てくるD遺伝子penguinの強さを感じるのです。

(*D=debu)

さて、

Dsc_0022

いきなり、どでかい「鯖」が刺身で登場します。

少し分厚めに切ってある身は、おろしたての柔らかさを保ち、

口の中でまだ活きているかのように踊ります happy01

徐々に口の中で身が温まってくると、鯖自体がもっている旨み成分が、

言葉を忘れるくらいの満足感smileを一気に脳天まで叩きつけてきますbell

「これ、本当に旨いですね。」と、お若いのにこの味が分かるK君が、

一見ニヒルでイケメンな表情から、驚きの笑みを覗かせます。

Dsc_0025

出ました真打「石鯛」

ともすれば野性味が前面に出てしまうこの魚ですが、

物が良い上に腕も良いからでしょう scissors

明らかに鯛より上の格を見せつけてきます。

Dsc_0033

肝臓を乗せて、するっと喉の入り口まで持ってきておいて、

そこで、ねっとりと堪能。

んんん~~~ delicious

Dsc_0031

この「鰹の塩たたき」が、また旨いんです~ happy02 happy02 happy02 

2mmほど入ったタタキ部分にきっちり塩が効いていて、

中心部は温かさを少し感じる生温度。

皮の香ばしさと、赤身エキスがニンニクと混じって、

これは堪らんとです note

Dsc_0038

さっきの石鯛、半身で塩焼き。

こんなにでかかったんや~ wobbly

これまたお若いのに、S君が頭の骨の周りまで上手に食べていきます。

久々に20代の若者と飯食ったけど、気持ち良いくらいの勢いで

皿の上が綺麗になっていきます。

Dsc_0042

大将お勧めの「〆鯵(あじ)」

鯵を〆るってあまり聞きませんが、丸々と太って脂の乗ってるので、

良い感じに仕上がっています。

後半はOちゃんの昔の武勇伝などで盛り上がり、

「魚丸ごと喰った~」って感じで、大満足 good

ふとカウンターに目をやると、常連さんは伊勢海老丸ごとやってます。

「どうやった?」って、少し自慢げで嬉しそうな大将の笑顔に送られて、

ちょっとSEXYな通りに出ます。

ここは、まだまだ通い詰めんといかんですね happy01

« 頑張ろう 日本 | トップページ | やまけんとの再会 (^v^) »

和食」カテゴリの記事

コメント

うつぼもいいよ。

ここにウツボがあるとは知りませんでしたwink
松山でウツボを食べられる店、初めてしりました。流石ですnote

とうとう僕のテリトリーに入ってきましたね。ここは紹介してほしくなかったな(涙)

いきがりたいガキのころ
グルメぶってよく行きました。
久しぶりに行ってみたいくなりました。

テリトリー、失礼しましたcoldsweats01
ブログ始める前に行った事は合ったのですが、今回久しぶりにおじゃましました。
常連さんのようなので、お店で見かけたら声かけて下さいねgood

グルメってかんじより、フランクな印象でしたよnote
魚丸ごとのだいご味があるので、ある程度の人数で行きたい店ですね。
桜が咲くころに、IATで突撃しましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/50950599

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋 まつだ ★★★:

« 頑張ろう 日本 | トップページ | やまけんとの再会 (^v^) »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2