« 懐凪(かなぎ) ★★★  | トップページ | 東北沖大地震 »

2011年3月10日 (木)

キッチン わびすけ ★☆☆

日頃から同じ道を通る事を極力避け、新しい店探しをしています happy01

本日は、伊予から松前に抜ける海岸沿いの道を偵察 rvcar

ん? catface

Dsc_0007

純和風ネーミング「わびすけ」の上の、キッチンの赤い文字を見逃しません。

Dsc_0006

昼限定で土日もやっているお店なのは分かりますが、

外からはそれ以外の情報を得る事は出来ません。

期待半分 happy02、不安半分 coldsweats01 でドアを開ける緊張感が、

食べ歩きを辞められない大きな理由の一つです。

Dsc_0001

熟練の主婦風夫人二人と、若い女性の店員さん。

全くの想像ですが、

近所の奥さん達が集って作った、昼だけ定食屋さんって感じ bell

でも実は、バンブーさん情報によると、旧ラーメン屋さん。

名物大将がおられるようですが、この日はおられません。

さて、

魅力的なメニューがずらりと並んでいますが、

Dsc_0004_2

まずは、「日替わりランチ(650円)を頂きます。

デミグラスの掛かった揚げたてチキンフライと、

卵焼きがメインの純定食。

ライスも丼一杯分はゆうに盛られています。

家庭的な味で、ソースと一緒にライスに絡めながらワシワシと頂きます。

野菜もたっぷりでバランス良し。

遅めの昼食時間にやっている定食屋さんって、意外に知らないもんで、

とても貴重なお店を見つけることができます。

来週はビーフカレーかな smile

« 懐凪(かなぎ) ★★★  | トップページ | 東北沖大地震 »

和食」カテゴリの記事

コメント

元《山科》のつけ麺、ぜひお試し下さい。
あと、元洋食屋さんの作るカレーはなかなかです。
ここを見つけたのなら、あとは松前方向へ開拓しながら、進みましょう。
ご飯、スープ食べ放題の、《東龍》
ほぼ《みかさ》のちゃんぽんが食べられる、《井ノ口》
さらに進んで、海方向へ向かえば、あの《ふじや》
まだまだ、『お楽しみはこれからです!!』

ココだけでも、まだつけ麺とカレーを食さなければならないようですね。何となく、店内にその実力オーラを感じていたのですが、楽しみが増えました。
東龍はチェックしていましたが、井ノ口はno checkでした。東龍の対面の焼肉屋さんに少し惹かれていますwink

いつも楽しくブログ拝見しています

わびすけは、ラーメン屋の前は伊予市の別場所で古くからしている洋食屋さんでした
若鶏五味焼き定食、Bランチ そして つけ麺 がおすすめです

ところで、伊予市には地元の人も知るひとぞ知る「まるよし」という老舗の釜飯屋さんがあります。外観は汚いですが行くと必ずびっくりされると思いますよ。

初カキコ有難うございます。
わびすけのメニューをこなさないといけないばかりか、老舗の釜飯屋情報なんかきいてしまったら、暫く伊予松前エリアに泊まりこまんといかんですね。
早速TO EAT LISTに登録させていただきました。これからもカキコ宜しくお願いします happy01

マスター(マスターというより、大将、といいった感じです)は、
もともとは洋食畑。都ホテルや、ホテル奥道後で洋食担当だったそうです。
ラーメン(山科)は初めてで、7年やって飽きちゃったみたいです。
冷凍や業務用は嫌いで、すべて仕込みはご自分で。
夜の営業をやめてしまったのも、仕込みに時間がかかるので、
夜も開けていたら、体力がもたないからのようです。
手を抜きたくないんですね。
かなりお年も・・・
お料理ととても真剣に向かい合っていらっしゃる方だと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/50860392

この記事へのトラックバック一覧です: キッチン わびすけ ★☆☆:

« 懐凪(かなぎ) ★★★  | トップページ | 東北沖大地震 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009