ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« イグレック ★★☆ | トップページ | Crepe cafe Coco »

2011年2月26日 (土)

あまごの里 ★★★

龍馬脱藩の道に、旨い川魚を食べさせる店あり delicious

Dsc_0123

やまけんさんの会で知り合ったひでさんの先導で、

彼の友人のおっさん、私の同い年三人組は、志を同じうして脱藩の道を遡ります。

おっさんは、小学生の時に『おっさん顔』だったから付いたあだ名らしいのですが、

今では実年齢より若く見えます happy01

そのあだ名に愛着があるのか、ブログの名前も『おっさんのはじめの一歩』

さて、

雪の残る離合も難しい道を、大洲インターからひたすら小一時間 car

Dsc_0046

かなり川幅も狭まった清流のほとりに、

Dsc_0044

ようやく「あまごの里」の看板を見つけます。

(もっと奥にある「いわな荘」も気になりますね wink

Dsc_0045

我々が目指して来たのは、こちらの定食Aコース(2000円)。

Dsc_0067

○印のメニューがコースに含まれています。

さあ、戴きましょう note

Dsc_0053

「あまごの甘露煮」

頭から骨までしっかり食べられる柔らか丸ごと一匹。

甘辛で、ビールが欲しくなるスターターです。

Dsc_0048

澄んだ水と、透き通った空気の中で養殖された、

Dsc_0050

「にじますの刺身」

口に運んでゆっくりとあごを動かし始めると、透明清楚なのですが、

舌の付け根のほうからサーモン系のねっとりとした旨みが沸き起こります。

この味、初体験 happy02 heart04

谷底を眺めながら、ここまで登ってきた疲れも一気に洗われます sweat01

Dsc_0057

「あまごの塩焼き」

腹からガブリとかじれば、薄ピンクの身から湯気spaが立ち上り、

ほんのりとした川の香りを届けてくれます。

「ああ、これが清流の川魚なんだな~」 catface 

はらわたの苦みもなく、何本でも食いつきたくなる味です。

Dsc_0060

「にじますのフライ」

サクッと仕上がったところへ、サックリと噛みつきます。

薄紅色の身から溢れ始めた脂が、またたく間に胃袋に落ちていきます。

Dsc_0063

「川魚のいくら丼」って、聞いたことありますか?

身はニジマス、卵はイワナの組み合わせ。

少~し醤油をたらして、一気に三分の一程、かきこみかしょう。

イクラと比べて卵膜は柔らかく、より軽い力で口の中で壊れていきます。

卵の中の透明で上品なコクをもった液体が、一粒一粒のコメとまじりあい、

鼻からふんわりと恍惚オーラが抜けていくのが分かるのです catface

食後はゆったりとお茶を戴きながら、

川の音しかしない畳の部屋で余韻に浸ります shine

さて、

建物の裏に案内して戴くと、

Dsc_0078

清流を引きこんだ生簀が、いくつものブロックに分かれていて、

Dsc_0091

思ったより多い数のニジマスやイワナが、集団生活をしています。

奥の小屋を覗かせていただくと、

Dsc_0087

先ほどイクラ丼の難を逃れた幼魚coldsweats01がメダカの学校状態です。

底のほうに沈んでいる生まれたての魚は、

Dsc_0089

お腹のイクラちゃんから栄養を吸収しており、

その卵黄嚢が小さくなると、次第に水槽の上の方に上がってきて、

集団生活に参加するとの事。

Dsc_0082

庭に何気に生えているのは「緑かずら」

名前の通り、かずらの部分が緑色なのが特徴で、

ご主人曰く、河辺町のこのエリアでしか生えていない珍しい植物。 

Dsc_01071

近くには明治19年に再建された「御幸の橋」などの、

屋根付き橋も残っており、一泊二食付き5500円で避暑にも最適sweat01

大自然に身を任せて、一日ネットフリーの生活をしてみたくなるのです。

Dsc_0103

途中の郵便局には、例の円柱型赤ポストが現役で働いていたし、

お寺の寄付代にも時代を感じますよね。

Dsc_0108

福山さん、ここにロケに来んといけんでしょ wink

« イグレック ★★☆ | トップページ | Crepe cafe Coco »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先日は、楽しいひと時をありがとうございましたhappy02
ホントに楽しかったです。
また、いけちゃんさんの数ある引き出しの中を、こっそりと拝見させてくださいませbleah
次の機会を楽しみにしております。
今後とも、よろしくお願いいたしますsmile

先日はお疲れさまでした。
ストーリー性のあるご紹介、流石でございます。

美味かったでしょ~
やまけんもブログには書いてませんが、絶賛の料理たちでした。
ネット環境は不明ですが、強制的な?環境でのオフ会の開催いかがでしょう?

やっぱ、このレンズ明るいなぁ。
ボケ具合が標準レンズとは全然ちゃいますぜぇ。

またご一緒にご飯できたらと思います。
よろしくお願いいたします。

あまごの里は
僕の中学の同級生が
後を継いで頑張っています。
次回はMTBで脱藩の道を
走り回るのも楽しいですよ。

そりゃあ
僕も同行します!

こちらこそ、色々と他業種の話を伺う事が出来て勉強になりました。
この年になって同い年初対面って言うのは、なにかの縁が有る事に間違いないと思いますwink
今度は松山でdeepに行きましょうgood

すっかりお世話になってしまい、有難うございました sun
pureな環境で育てられた魚は、本来その物自体がもっている魅力が前面に出てくる事を教えて頂きました。
それ自体インパクトが強い味ではないものの、純粋抽出された結果の感動は、ここまで来て初めて気が付きましたwink
そうそう、
レンズ、買いましょ dollar
そして、おっさんもデジイチの世界に引きずり込みましょうcamera

おお、native登場sign01
有難うございます。
私達がお会いしたご夫婦は、バンブーさんの親世代の方々だったので、同級生さんにはお会いできませんでした。
あの坂をMTBで駆け下りるんですかbicycleスリリングですね~
夏になれば、小舟を浮かべて川下りなんかどうですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/50957270

この記事へのトラックバック一覧です: あまごの里 ★★★:

« イグレック ★★☆ | トップページ | Crepe cafe Coco »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2