ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« しも膨れ隠し | トップページ | いっしゅうさんプレゼンツ bit »

2011年1月13日 (木)

イタリアへの道 潜入レポ

先日お知らせした、

Naturel の藤山さんと、Locanda del Cuore の青江シェフのイベント

「イタリアへの道」へ突撃です run

Dsc_0011

今回の会場は"cafe the blue marble"

ちなみに次回1月16日(日)の会場はLocanda del cuoreの予定。

さて、

まず入場時に受講料5000円を払います。

Dsc_0019

前半は青江さんの「イタリア料理教室」 restaurant

Dsc_0013

テーブルの上で、実際に料理の説明が始まります。

一品目は「ベーコンと野菜のフリッジ オーブン焼き」

Dsc_0025

予め材料は下ごしらえがしてあります。

まずは、ボランティアが一人前に出てきて、茹でるお湯の塩分濃度の調節

Dsc_0028_2

「御自分が良いと思う分量だけ、塩を入れて下さい」との指示に、

ある程度しっかり入れられます。

が、その塩水を舐めてみるのですが、まだ足りないとの事

最終的には海水濃度に近いくらいの濃度になります。

Dsc_0030

次にパスタを投入するのですが、普段自分がしているより、

頻回に、それでいてとても優しく混ぜています typhoon

パスタを傷つけると、味が落ちるので、ソフトに混ぜるのがとても印象的

この後オープンに入れて焼くので、アルデンテを通り過ぎるくらい,

しっかりと茹でていきます。

このパスタの固さも全員で試食・確認。

Dsc_0036_2

後はフライパンで具材を炒めて、パスタを投入。

家庭では一気にパスタを投入しますが、茹で汁を加え、

パスタを少しづつ混ぜるので、多めのパスタにもソースがよく廻ります

パスタ自体に塩味が付いているので、調味料は味を調える程度。

Dsc_0045

後はオーブンに入れて焼き目を付けます。

お次は、

Dsc_0048

「パンナコッタ」

生クリーム、牛乳、板ゼラチンなどの材料をゆっくり溶かして加熱

後は、氷の入ったボールで冷やし固めます。

ここで、オーブンから出したパスタを頂き、前半の授業は終了になります。

さて、

Dsc_0059

後半は、藤山さんの「珈琲教室」 cafe

愛媛県初のSCAA認定カッピングジャッジ(珈琲鑑定士)ならではの、

deepな講義 pencil が始まります。

Dsc_0062

まずは生豆の種類、豆のランキングの説明。

日常的に口にしている珈琲ですが、その奥の深さに驚きます eye

Dsc_0073_2

次は、珈琲鑑定士の味覚がどれだけ鋭いかを体験。

これは、結構緊張しますよ sweat02

カップの中には、真水、クエン酸、砂糖、塩が薄い濃度で溶けています。

例えば砂糖は4g/Lの濃度。

これを味わい分けていくのですが、かなり難しいのです weep

Dsc_0075trim

私は迷いに迷った末に、一問のみ正解 bearing

(  )内が正解です。

正解は公表しないのですが、こっそり落ち込みます coldsweats02

答えを聞いた後も、塩はなんとなく分かる気もしますが、

砂糖は「気持ち水が円やかなんかな~っ」て程度 coldsweats01

それでも、本当の試験の濃度はこの二倍希釈の上に、

幾つかの味を組み合わせたものを区別すると聞いて、ひっくり返ります。

続いて、

Dsc_0077_2

グラインドした豆、それにお湯を入れたものを嗅いで、

匂いを既定の用紙に書いてある表現方法でジャッジします。

例えば、炒ったアーモンド、葉巻、ブラウンシュガーなどなど。

珈琲ソムリエって感じですね。

皆さん必至で鑑定士に挑戦されています。

砂糖と塩の区別もつかない私には、全て葉巻の匂いがします sweat02

Dsc_0079

最後はパンナコッタを頂き、珈琲を飲みながら、質問タイム paper

行く前は、講義形式でイタリア料理や珈琲を頂く会だと

勝手に思い込んでいましたが、参加してみるとレクチャーメイン。

食事量もそんなには多くはないので、男性で参加される方は

軽くお腹に入れていった方が、集中力が高まると思います。

早速、

その日の夕食は、同じ塩分濃度を再現しパスタを茹でます。

麺自体の味がしっかりと浮き上がって来て、一味違った仕上がりに。

シンプルな事にこそ、ポイントがあるのだな~と感心するのです。

« しも膨れ隠し | トップページ | いっしゅうさんプレゼンツ bit »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パスタのゆでかた、勉強になります。フジッリは手に入りやすいので早速明日にでも。
新聞記事拝見しました。今年もますますのご活躍、楽しみに しています。

パスタのゆで方、旨く伝わりましたでしょうか? 本文にも書きましたが、1)麺をメインで楽しむものなのでとてもに愛護的に扱っている事、2)海水近い塩分で茹でる事などが、印象的でした。
励ましのお言葉、有難うございます。賞など頂き、分不相応で戸惑っておりますが、今年もマイペースと身体を大切に頑張って来ますhappy01

はじめまして!
福岡から松山に引越してきて、一年・・・
そしてもうすぐまた福岡に戻る予定です。

食べ歩くのが好きなので、こちらのブログは私の短かい松山生活をとても充実させてくれました♪

実は、1月のイタリアへの道にも参加しました。
こちらのブログがきっかけとなり、キャンセルのタイミングとも重なってラッキーでした。
(私にもあのボリュームは足りませんでしたよもちろん・笑)
 
なんだかまとまりのないコメントになってしまいましたが、
残り少ない松山での日々、こちらの情報をもとに満喫するつもりです♪


あら、もう帰るとですか?
松山を楽しむお手伝いが出来たのであれば、嬉しい限りですsmile
福岡も楽しい所ですよね。私が将来住んでみた街ランキングトップは博多です。
九州に帰っても、時々このブログを覗いてみて下さい。
おいも、帰りたか~bearing

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/50430953

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアへの道 潜入レポ:

« しも膨れ隠し | トップページ | いっしゅうさんプレゼンツ bit »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2