ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

ガノータ (番外編)

ガンダムをモチーフとしたガンオタ垂涎のお店 notes

一番町電車通りから、八坂通りに入る角のピカソビル6階に、

Dsc_0028

「ガノータ」があります。

お店に入ると真正面にいきなり赤いザクが鎮座しています。

Dsc_0031

店の奥にはガンダム。

天井にも空飛ぶガンプラ 
thunder

そして、スクリーンでは当たり前のようにガンダムが流れています。

Dsc_0030

バーカウンターには、マスターの愛情が詰まったガンプラが集合。

世代的にはストライクですが、中・高と殆どテレビを見ていなかった私には、

正直、ザクとガンダムしか分かりません。

隣に座られた甘南備さんは、マスターとdeepな会話を楽しんでします。

ちなみにアフロヘアーのマスターの名前は、

「アフロ・レイ」

その名前を名乗る為にアフロにしていると思われる程のオタぶり。

実は、この後また行った時に聞いたら、アフロは元々との事。

Dsc_0048

これは、カクテルの名前にちなんで、甘南備さんが並べてくれた戦闘シーン。

名付けて、「ジェットストリーム・アタック」

オルテガ、マッシュなど暗号memoが飛び交っています。

ガンダムファンはもちろんの事、私のようにあまり詳しくなくても

青春時代を切り取ってきたような空間で、とても落ち着つくのです 
wink


2011年1月27日 (木)

どうらく横町 ★☆☆

今年最初のプチオフ会 lovely

Dsc_0034

韓国、焼き鳥、酒の三店が入っている「どうらく横町」に集合です。

一昔前に一斉風靡した屋台村のミニ版 notes

生ビールbeerはアサヒ、キリン、サッポロから選べます。

Dsc_0039

「牛すじのどて煮(300円)

ぷるぷる・つるつる・とろとろ delicious

半透明のアキレスの部分は、私の肉系部分別大好きランキング一位。

うどん屋さんなどで、硬さが残ったのをガジガジやるのも悪くないですが、

この位とろとろになっているやつなら、幾らでも入ります up

Dsc_0043

「部隊鍋プデチゲ(1260円)

キャベツなどの豊富な野菜にソーセージ、インスタントラーメン noodle

寒い時期に腹を満たしてくれて、身体も温まります spa

スープを残し目にしておいて、インスタントラーメン替え玉(100円)を

追加すると、お得感も倍増 good

Dsc_0051

「和牛塩ホルモン(700円)

ぷりんぷりんの脂が上品で甘いんです happy02

本日の一押しで、全員すぐにお替わり~ 

さて、ここで

甘南備さん知り合いでモンゴル語を勉強していた女子が登場。

シベリア鉄道でユーラシア大陸を二回も横断した事がある

ツワモノとは思えないゆったりした癒し系です。

面白そうなのでモンゴルについて色々と伺います mobaq

 

先ず、名前をモンゴル語で書いて貰います。

文法は日本語と殆ど同じで日本人にも分かりやすいらしいのですが、

関門は独特のキリル文字

速記のように繋がった縦書きの文字で、全く判読不能 wobbly

文字自体が読めるようになる為、かなり時間を要するようです。

喉で出す二重の音を披露して(ホーミー:口琴)

若い頃の横綱白鳳と食事をしたことや、現地モンゴルにも半年の留学の話で

盛り上がります。

一滴も血を無駄にせずに羊を屠る姿を見てきたそうです。

彼女曰く、

朝青龍は普通のモンゴル人で、見ていて気の毒との事 sweat01

さてさて、

Dsc_0055

「辛うま!デジカルビ(525円)

自家製コチュジャンを豚バラに擦りこんだものをしっかり焼いています。

辛みがじっくり染み込んで、豚バラの脂との相性も抜群です。

Dsc_0063

「なんこつのポッサム(630円)

軟骨と言っても付け根の柔らかい部分なのでしょう。

薬味と辛子ごとチシャで巻いて、骨ごともサクサクdelicious食べられます。

今回はあまり焼き鳥ブースを攻めていませんが、

屋台村チックで、ワイワイやるのには最高の雰囲気です。

二次会はステージで歌えるカラオケスタジオへ karaoke note

大小・予定・突発的を織り交ぜたオフ会が、

今年も、始まりの雄たけびを上げるのでした fuji

2011年1月25日 (火)

菓子屋 艶(えん) ★★★

最近、ブログのテンプレートがカワユクなり heart04

スイーツ関連の記事が何気に多くなっている傾向にあります。

若い人に人気の例の動画ブログに対抗している訳ではないのですよ coldsweats01

さて、

以前moscatさんに勧めて頂いた、東高前の

Dsc_0147

「菓子屋 艶(えん)」に、杏仁豆腐を求めて入店します。

一階は駐車場、二階の店舗も販売だけで、Eat-inは出来ません。

店内には発送用の段ボールが積んであり、県外への住所もちらり。

こんな所に、全国規模の人気店があるとは驚きです。

Dsc_0149

早速、様々な種類の杏仁豆腐を買って帰ります。

Dsc_0174

デフォルトの「杏仁豆腐」

中華料理屋さんのデザートに出てくる物とは、別物。

スプーンですくってツルリン delicious

今まで経験したことの無い、奥ゆかしく自然に放たれてくる杏の香りが、

一気に官能の世界に連れて行ってくれます note note note

手が止まらず、気がつけば皿は空っぽ。

喉を音楽隊が~~通り~ま~す~ happy02 happy02 happy02

(この歌、ご存知?)

Dsc_0156

「ぶるぅべりー」

甘酸っぱさが清楚な生地と、とろけ合います smile

Dsc_0171

「くろごま」

素材が良いでしょうね。

味自体は抑えてあるのに、インパクトは最大級 happy02

舌、喉、鼻を順番に喜ばせてくれます shine

Dsc_0164

「落花生」の煎餅

ちょっとづつ齧ると、濃厚な落花生の味がふわ~り up

ほんのりと甘みが付いていて、香りに広がりを持たせています。

Dsc_0003

数日後、三番町を歩いているとここにも店舗が eye

本店は今治で、東高前が二号店、ココが三号店との事。

一つ300円ちょっとお高めですが、手土産などにも最適。

moscatさん、有難うございます。

あまりの旨さに、久しぶりに甘いもので感動です weep

2011年1月23日 (日)

愛媛出版文化賞潜入レポ 

まずは先日の事ですが、

Dsc_0115

愛媛新聞社で行われた贈呈式に参加。

まあ、人生で滅多にない事なので、仕事まで休みます coldsweats01

受賞者、来賓、ご来場の方々は落ち着いた年配の方が多く、

粛々とした雰囲気。

翌日の新聞に載っていますが、

受賞の喜びを尋ねられて、

「食べ歩きしてスーツが入らなくなった」と、受け狙いに行ったのですが、

他の方々の「三十年近くの第二の人生をささげた」とか、

「本物の国際交流の実現を願い」なんてコメントの中で、

すっかり浮いています。

でも、実は最初のコメント、

「立派な場所に、私の様な者が参加してしまい、反省していますsweat01」は、

記者の方に却下されたのです。

さて、

Dsc_0131

読者の方々、アトラス出版さん、専務、先輩等のおかげで、

この様な立派な賞を頂き、心から感謝しております shine

その上、今日の愛媛新聞では、

Dsc_0138

前回、昨年11月28日の1位を最後に、忽然と姿を消していた

ジュンク堂売り上げランキングにも再登場 up

健康診断で「お痩せになられてはいかがですか?」と、

柔らかい言葉でストレートに、担当の先生に注意され、

微妙に凹んでいましたが、元気が出てきます delicious

お知り合いの先生だったからでしょうが、

胃カメラの診断は「グルメな胃ですsign01」って、ドユコト happy02

2011年1月22日 (土)

鳥匠 ★★★

ブログ・オフ会は色んな方々と知り合い、「瓢箪から駒」もあります。

今日はchipさん と始めたE-cafe。

英語がある程度話せるメンツで、inspireしましょうと提案したのですが、

蓋を開けると英検一級、TOEIC full score, high scoreなどつわものが登場。

ある程度英語を習得しても、活用する機会に恵まれていない方もおられ、

将来的には英語を使った活動に発展できれば良いと考えています wink

ご興味のある方の参加をお待ちしています note

コメント欄にメアド(非表示)を書き込んで頂ければ、連絡差し上げます。

さて、

今回の会場は”the blue marble cafe

オーナーの藤山さんも海外在住経験10年近く、オーダーもEnglish。

偶然同じ日にIAT sweet隊長のお誘いがあり、急遽隊長、甘南備隊員も参加。

E-cafeの唯一の決まりは”All English kissmark ”

日本人でも容赦なく、参加している間は英語のみです。

さて、

どーにか、こーにか頑張って、一時間の英語縛りから解放されたら、

今度はIATにE-cafeメンバーが合流です(ここからは日本語解禁)。

Dsc_0108

IAT参加を前に気合いを入れるE-cafeメンバー達。

甘南備さんが以前から目を付けていた「鳥匠」に突撃です run

Dsc_01101

色んな種類の焼きものがありますが、本日はお任せ slate

Dsc_0111

全体的に小振りで一口サイズ delicious

トントンと食べ進め、串を箸立てに突っ込んでいきます。

Dsc_0115

甘辛のタレにちょっとつけて、炭火でこんがり焼き締まった鳥 chick

出来たて熱々にタレをちょっとつけて、串から肉を上下の歯ではがします

炭焼きの香りと、小さい割にしっかりとした歯応えに驚きです happy02

Dsc_0116

「ぶたねぎ」は玉ねぎに豚肉を巻いたもの。

パリッと仕上がった豚肉と、その脂を吸い込んだ玉ねぎの甘みが秀逸。

小さいサイズですが、仕事が光ります thunder

Dsc_0119

椎茸や茄子には味噌だれを付けます。

素材の本質を引き出す組み合わせに、この店の歴史を感じます。

Dsc_0123

二代目の大将は、黙々と仕事をしながら、客との会話も良いテンポnote

Dsc_0125

「シソ巻き」も、丁寧な仕事をされています。

濃縮された豚肉の旨みの間から香る紫蘇が丁度いいアクセントで、

文字通り手が止まりません sweat01

Dsc_0132

一品一品に心がこもってます。

Dsc_0138

やっぱり「手羽先」って、焼き鳥の王様ですね。

クリスピーな皮、骨から直接歯でむしり取る身の旨さ

指に付いた香ばしい塩気をペロッと舐めながら、焼き鳥トランス状態へsmile

Dsc_0139

ケンタロウさんは、がっつり丼で仕上げ。

お腹も満たされ、身体も温まった所で spa

どことなくひょうきんな二代目の「盛り上がって何よりですnotes

合いの手に見送られます。

値段も手頃で、すっかり気に入ってしまいます。

こんなに盛り上がってしまったら、

E(English)-cafeが、E(Eat)-cafeになってしまうかも?

2011年1月19日 (水)

SA-RAHとRidi ★★★

「いけちゃん、今日のお昼はいかが?」

南予の男前○坊主頭ペアー、かっくん・つるちゃんからmobilephoneです。

Dsc_00741

寒空の中、颯爽と前を歩くこの○坊主頭二人。

Nice batt good

まずは、

Dsc_0087

大洲の定番、「美ゆき」で腹ごしらえ。

「小ちゃんぽん(790円)です。

いわゆるソバ飯の事をこのエリアではこう呼んでおり、

甘辛ぴりっとしたソースが、いくらでも入るモードのスイッチを入れます。

Dsc_0092

「実は~gawk ここのお好み焼きも、カ・ナ・リお勧めなんですよbombと、

いつものように、大したことない事を大した風に語るかっくんお勧めの

「豚玉(550円)です。

ふんわりと仕上がった大阪風で、空気を豊富に含んでいる為、

口どけがスムーズで、確かに一味違います good

さて、

お腹を満たしたら、大洲から長浜方面につるちゃんの軽トラが走ります。

Dsc_0096_2

ここは同じ建物の中に、

コットン素材のナチュラル・ハンドメイド服 SA-RAH と、

材料と手間暇を惜しまないこだわりスイーツRidi が、

ごく普通に共存している、とってもオシャレな空間。

ねじまきカフェさんなどを手掛けたBOLTさんがデザインした建物に入って、

まず左側が、SA-RAH.

Dsc_0098

こちらの服は、全てハンドメード paper

Dsc_0127

オーナーさんは、脱サラして夢を叶えます。

Dsc_0115

コットンの持つ素朴で自然な感じを、素直に表現し、

Dsc_0117

お子さんの名前にちなんだオリジナルブランドに作り上げています。

女性ものしかありませんが、自分だけの一品がある気がしますよ。

そして入って左が、Ridi.

Dsc_0099

西洋の絵本の一部を切り抜いたようなキッチン cafe

こちらも、夢を叶える場所を手に入れておられます。

メニューは、

Dsc_0097

ナチュラルかつ地元素材中心の構成です。

今日は、

Dsc_0110

「大洲産苺のオムレット」「中川豆腐店さんの豆乳カフェオレ」を注文。

Dsc_0104

ふんわりオムレットの上に、シンプルに盛り付けられたカスタードクリーム。

その上に、この時期少し酸っぱさをもった甘い苺が、たっぷり happy02

ナイフを入れるのが惜しいような美しさshineです。

生地の卵のふんわり感と、クリームの滑らかさが苺を包みこみます。

苺の果汁がそれらに合わさって、ゆっくりと甘みが鼻に抜けてきます。

happy01 happy01 happy01 最高です happy01 happy01 happy01

チーズケーキもおいしそうだったな~~ lovely

 

ふと、気がついてみれば、

丸坊主二人とメタボオヤジには、少しオシャレすぎる気も否めませんが coldsweats01

笑顔での接客を頂き、とても心地いい時間を過ごす事が出来ます。

一見、あまり共通点の無いようなこの二店ですが、

良い素材に、時間と手間そして熱意と夢を吹き込んだ時に、

見えてくる何かnoteを感じさせてくれると言う共通点があります happy01

Dsc_0102

お店や、このエリアを中心にしたイベントにも積極的に取り組んでおられます。

この日曜は、福岡からの鼓笛隊のようなバンドを迎えての二周年記念birthday

まだチケットがあると言われていたので、ご興味がある方はまだ間に合うかも。

詳しくはこちら → click pc

お店に行かれる方は、不定休なので事前連絡をお勧めします。

大洲インターから車で10分足らず。

ゆったりと時間をとって、遊びに出かけてみられては如何でしょう wink




2011年1月18日 (火)

街中のちゃんぽん 昼・夜編

くどかばってん、おいどんは長崎生まれ育ち fuji

小学校で最初に遊んだ子は、近所の中華料理屋さんのこう君さ。

そいけんが、ソールフードは「ちゃんぽん」ばい。

さて、松山でちゃんぽんって言えばさ、

郊外では、嵐を呼ぶちゃんぽんの「とらや」が好いとーってにも書いたけど、

街中でも時間帯によってお薦めのお店があるったい。

先ず、昼なら

Dsc_0105

大街道三越前、久保豊ビル一階の、

Dsc_0096

大街道「びいどろ」

知っとっかも知れんばってん、大手町にも同じ名前のお店があっと。

関係はあるとやろうけど、味は違うったい。

大手町の方はヘルシー志向、大街道の方はがっつり系 penguin

沢山の野菜を炒めた後にスープと麺を投入し、

炒めることで初めて生まれる具の焦げた香りが、完璧 smile

具にはじゃこてんが入っとって、愛媛文化との融合も完了しとーと。

Dsc_0102

ここの「皿うどん」は、麺が細くてパリパリ

餡かけスープや具と絡んだ揚げ細麺は、サクサクと心地よい音で、

まるで子守唄ば聞ききよるごたったい catface sleepy

でさ、夜はここバイ。

以前も紹介した「乾杯」

最近、看板や店内の一部やらを改装して、小奇麗になっとっちゃん。

店内には怪しげな?民芸品がゴロゴロしとーけど、

大将が趣味で捻った陶器なので、愛でみんばとよ。

さあ、

Dsc_0141

これぞ、「長崎ちゃんぽん」

長崎出身の大将が、郷愁と郷土への誇りを持って作り上げる一品 shine

麺も直接長崎から取り寄せてから、海産物がこれでもかと載っとたい。

〆にしては、ややボリュームオーバーな感じかも知れんばってん、

つるつるちゃんぽん麺と、半透明の海鮮スープのコンビネーション

酔いしれているうちに、さらりと食べられてしまうのが不思議ったい。

やっぱ、ちゃんぽんは腹も膨れて、バランスも取れててうまかね~delicious

八幡浜に負けんご、「松山ちゃんぽんマップ」ば作ろうかとおもたばってん、

あと、二・三軒しか浮かばんかったけん、また次やね 
coldsweats01

2011年1月15日 (土)

わらじや ★★☆

横浜に住んでいる従弟が、仕事で松山へ airplane

以前、オフ会か書き込みで勧めて頂いており、

TO GO LISTのトップに載っている「わらじや」へ案内します。

Dsc_0162

八坂通りを三番町から少し上がる所に在り、

彼らの宿泊先であるNo1ホテルから近いgoodのも選択理由 

Dsc_0168

突き出しで、いきなり「鮑」

カウンターにも笑顔と気配りを忘れず、奥の客の仕事を淡々とこなしている

大将のキレのいい動きからは、只者ではないオーラ shine

Dsc_0169

この時期、県外から来た従兄と上司にお薦めのメニューを訪ねると、

「カワハギ」

とも和用のキモは、ペースト状でクリーミーに仕事がされています。

今まで食べた事があるキモは、形が残り醤油に溶けにくかったですが、

これなら刺身全体に肝の幕が広がるので、明らかに一ランク上です。

ふと、目線を横にやると、

彼が幼稚園生でバロムワンに嵌っていた頃からの付き合いの従弟が、

上司相手に仕事の段取りをしています slate

当たり前と言えばそうなのですが、従弟の成長を見て、

とても嬉しくなります。

Dsc_0176

「刺身の盛り合わせ」

鯵、鯖、貝の盛り合わせ。

鯵のキレの良さに、感動 happy02

目でも楽しむ事が出来る日本料理の美しさを再確認。

都会育ちの従弟の上司は、鯖の刺身に驚いてます。

Dsc_0180

「じゃこ天」も、手作り、揚げたてでフワジュウ smile

伊予に来たならこれを食べて貰わんといかんですね。

Dsc_0188

「より海老の唐揚げ」

揚げたてを頭から手掴みでパリパリ。

口に刺さるほどの固さは残っていないものの、殻の食感はしっかり。

旨み・鮮度瞬間閉じ込め凝縮系の最高峰 fuji です smile

Dsc_0192

「鰻の白焼き」

この表面の焦げ具合と、白身のふんわり感は、

どちらかに傾くと残念になってしまいますが、

大将の腕で、絶妙のバランスに仕上がっています。

ピンと尖ったエッジにちょっと塩を付けて、サクサクと浸ります。

何気に選んだこの店、かなり良いです wink notes

また来るらしいから、その時は焼き鳥を食べさせてやろうかな chick

2011年1月13日 (木)

いっしゅうさんプレゼンツ bit

今回の bit 、一押しです happy02

Dsc_0004

ご存知、駅やお店で配られているフリーペーパーbit

を?見た事ある人が、決めポーズで映っている eye

今回は三回目の讃岐うどんツアー企画のようですが、

Dsc_0014_trim

なんと、いつも私をうどんツアー note に連れて行ってくれる

「いっしゅうさん」が企画したプランです
 pen

その為、店を回る順番・時間とも完璧。

店の情報もきっちり揃っている、松山からの讃岐うどんツアーの指南書。

街で見かけたら、ゲット必至ですよ book

イタリアへの道 潜入レポ

先日お知らせした、

Naturel の藤山さんと、Locanda del Cuore の青江シェフのイベント

「イタリアへの道」へ突撃です run

Dsc_0011

今回の会場は"cafe the blue marble"

ちなみに次回1月16日(日)の会場はLocanda del cuoreの予定。

さて、

まず入場時に受講料5000円を払います。

Dsc_0019

前半は青江さんの「イタリア料理教室」 restaurant

Dsc_0013

テーブルの上で、実際に料理の説明が始まります。

一品目は「ベーコンと野菜のフリッジ オーブン焼き」

Dsc_0025

予め材料は下ごしらえがしてあります。

まずは、ボランティアが一人前に出てきて、茹でるお湯の塩分濃度の調節

Dsc_0028_2

「御自分が良いと思う分量だけ、塩を入れて下さい」との指示に、

ある程度しっかり入れられます。

が、その塩水を舐めてみるのですが、まだ足りないとの事

最終的には海水濃度に近いくらいの濃度になります。

Dsc_0030

次にパスタを投入するのですが、普段自分がしているより、

頻回に、それでいてとても優しく混ぜています typhoon

パスタを傷つけると、味が落ちるので、ソフトに混ぜるのがとても印象的

この後オープンに入れて焼くので、アルデンテを通り過ぎるくらい,

しっかりと茹でていきます。

このパスタの固さも全員で試食・確認。

Dsc_0036_2

後はフライパンで具材を炒めて、パスタを投入。

家庭では一気にパスタを投入しますが、茹で汁を加え、

パスタを少しづつ混ぜるので、多めのパスタにもソースがよく廻ります

パスタ自体に塩味が付いているので、調味料は味を調える程度。

Dsc_0045

後はオーブンに入れて焼き目を付けます。

お次は、

Dsc_0048

「パンナコッタ」

生クリーム、牛乳、板ゼラチンなどの材料をゆっくり溶かして加熱

後は、氷の入ったボールで冷やし固めます。

ここで、オーブンから出したパスタを頂き、前半の授業は終了になります。

さて、

Dsc_0059

後半は、藤山さんの「珈琲教室」 cafe

愛媛県初のSCAA認定カッピングジャッジ(珈琲鑑定士)ならではの、

deepな講義 pencil が始まります。

Dsc_0062

まずは生豆の種類、豆のランキングの説明。

日常的に口にしている珈琲ですが、その奥の深さに驚きます eye

Dsc_0073_2

次は、珈琲鑑定士の味覚がどれだけ鋭いかを体験。

これは、結構緊張しますよ sweat02

カップの中には、真水、クエン酸、砂糖、塩が薄い濃度で溶けています。

例えば砂糖は4g/Lの濃度。

これを味わい分けていくのですが、かなり難しいのです weep

Dsc_0075trim

私は迷いに迷った末に、一問のみ正解 bearing

(  )内が正解です。

正解は公表しないのですが、こっそり落ち込みます coldsweats02

答えを聞いた後も、塩はなんとなく分かる気もしますが、

砂糖は「気持ち水が円やかなんかな~っ」て程度 coldsweats01

それでも、本当の試験の濃度はこの二倍希釈の上に、

幾つかの味を組み合わせたものを区別すると聞いて、ひっくり返ります。

続いて、

Dsc_0077_2

グラインドした豆、それにお湯を入れたものを嗅いで、

匂いを既定の用紙に書いてある表現方法でジャッジします。

例えば、炒ったアーモンド、葉巻、ブラウンシュガーなどなど。

珈琲ソムリエって感じですね。

皆さん必至で鑑定士に挑戦されています。

砂糖と塩の区別もつかない私には、全て葉巻の匂いがします sweat02

Dsc_0079

最後はパンナコッタを頂き、珈琲を飲みながら、質問タイム paper

行く前は、講義形式でイタリア料理や珈琲を頂く会だと

勝手に思い込んでいましたが、参加してみるとレクチャーメイン。

食事量もそんなには多くはないので、男性で参加される方は

軽くお腹に入れていった方が、集中力が高まると思います。

早速、

その日の夕食は、同じ塩分濃度を再現しパスタを茹でます。

麺自体の味がしっかりと浮き上がって来て、一味違った仕上がりに。

シンプルな事にこそ、ポイントがあるのだな~と感心するのです。

2011年1月11日 (火)

しも膨れ隠し

今朝の愛媛新聞19面より book

Dsc_0027_2

「愛媛新聞文化賞 奨励賞」「受賞者に聞く」の記事が載ってます happy02

精一杯、カメラで顔を隠したつもりでしたが、

なんせ顔がデカイもんで、全く隠れていません。

散髪後なのもバレバレ coldsweats02

実は、

普通にファインダーを覗くと顔が半分見えてしまうので、

カメラを中央に少しスライドしています。

親孝行と人生の記念になり、結構、嬉しいものですね coldsweats01

2011年1月 9日 (日)

清香園 ★★☆

ドーハから帰国中のドーハ鯛さんから、探検のお誘いloveletter

Dsc_0021

「清香園」は、三番町キスケパーキングを下った所に、

小さいながらの独特のオーラtyphoonを放ちながら存在しているpigfootの店。

最近、看板のテントや暖簾を新しくされています。

Dsc_0039_2

カウンターには、ここの歴史が整然と雑然と並んでいます。

左の方からオーラが漂ってきたので、ふと目をやると、

Dsc_0040_2

ん~、何気に怪しい catface

何かに睨まれている気がする eye

さて、

和やかな雰囲気で探検が始まります。

Dsc_0028

基本、韓国料理のお店なので、「ちぢみ」サクサク・モチモチ delicious

Dsc_0026

面識はあるのですが、じっくりとお話しを伺うのが初めてのドーハ鯛さんの

バーレーンからのお土産の香辛料が卓上に並んでいます。

アラビア語は全くng何が入っているか見当もつかない袋もあります。

Dsc_0036

この店のデフォルト「豚足」には、左のドーハからの香辛料をかけて頂きます。

日本の胡椒とあまり変わらない味で安心 coldsweats01

Dsc_0035

骨を持って、分厚いゼラチン質を歯ではぎとります。

この香ばしいコラーゲンは大好きな味で、いくらでも入ります。

噛めば噛むほど、すっきりした切れ味の脂が湧きでてきます spa

Dsc_0042

pigear

日ごろ目にするものより分厚く、その分味に深みがあります。

何となく、探検っぽくなってきましたね movie

Dsc_0047

「焼肉」

確かbleahだったと記憶していますが、濃縮甘辛ダレでシャキッとした食感

Dsc_0054

「もつの煮込み」

色んな部位がとろけんばかりに煮込まれていて、マッコリにピッタリpouch

Dsc_0059

「ハツ刺」

専門店ならでは鮮赤色 heart01 

一味と塩のアクセントが効いて、すっきりとした肉自体の旨みに魅了されます。

おっと、待っていました happy02 happy02 happy02 

Dsc_0066

前日から予約していた「サムゲタン」

Dsc_0069

鶏肉は始めから切り分けてあり、もち米が布に包まれたまま煮込まれています。

Dsc_0080

栗や朝鮮人参などのエキスが溶け込んだスープがとてつもなく深く、

香ばしいもち米と共に、幾らでも入ります。

常連さんは生きた chick を持ってきて作って貰うそうです coldsweats02

Dsc_0086

あれ~

こっちをにらんでいた eye のは、こいつだったのですね。

口にくわえている小さい青い蛇がなんとも言えません wobbly

精力のつくこの酒の勢いで、場が盛り上がります up

私の横のTV局の方は、同じ年とは思えない存在感と盛り上げ力。

Dsc_0094

何気に転がっているこの灰皿が、この店の歴史を語っています。

正直、この店の好き嫌いは二手に分かれるでしょう。

昔バックパックでエジプトや中国奥地を廻った私には★★★

この手のものがお好きな方には、垂涎のお店なのです bleah

 

 

2011年1月 7日 (金)

ORSO ★★☆

飲み会一次会もあっさり終わり、

「何となく呑み足りないな」と目が合ったyumeさんと、ふらり街に繰り出します。

Dsc_0037

「ORSO(オルソー)」は三番町にある、イタリア料理のお店。

Dsc_0043

まずは、"Feudo Monaci"

果実香豊かで上品な一本ですが、呑み足りてない二人の前では、

見る見るうちに減ってきます。

Dsc_0047

「オリーブ盛り合わせ(380円)

漬物系は西洋を問わず、酒飲みのお供ですね。

コリッとした果肉から独特のオリーブの香り catface が広がります。

Dsc_0049

「きの子とくるみと白レバーのパテ(580円)

ねっとりとした中に、ピリッとした塩のアクセントが丁度よく、

ワインがするすると進んでいきます。

Dsc_0055

「パルマ産生ハム」

舌の上で温めながら、その熟成匂を楽しみます。

Dsc_0057

良い具合にアルコール度数が上がり、余裕も出た所で店内を見渡します。

落ち着いた雰囲気で、カップルや中人数にぴったり wine

Dsc_0065

「ROMEO & JULIET」

ボディがしっかりした大人の味。

ロマンチックな名前ですが、酒飲み二人でぐいぐいと呑み進め、

小一時間で、当初の目的はしっかりと達成されるのです bleah

2011年1月 5日 (水)

愛媛出版文化賞 奨励賞受賞!!!

本日、愛媛新聞一面 eye

Dsc_0032_2

お陰様で、ブログ本が身に余る賞を頂きました。

「愛媛出版文化賞 奨励賞」  crown

事前に取材を受けていて知ってはいましたが、

紙面で確認すると嬉しいものです happy02 happy02 happy02 

後日、もう少し詳しく個別に紹介される予定になっていますが、

その愛媛新聞社の取材を私が「逆取材」 wink した記事をご覧下さい。

さて、

遡る事去年の暮れ note

この嬉しいニュース内定のお知らせと共に、取材依頼 pen があります。

なんでも、

私が取材している姿を写真 camera に取りたいとの事。

Dsc_0083

担当記者さんは、20代南予出身イケメン独身。

私がカメラを構えている写真を撮った後は、

ブログ作成や出版に至る経緯などを尋ねられます。

Dsc_0089

折角なので、リラックス出来る「丸万」の大将に場所をお願いします。

Dsc_0090

取材の後は、ウーロン茶で刺身をつまみながら世間話。

世代は違いますが、自転車に乗る共通の趣味があったりして盛り上がります。

私の取材も済んだので、こちらから逆取材 camera pencil

いつもカメラを向けている人に、こちらがカメラを向けると緊張されています。

新聞記者の仕事に関して興味があった事を伺います。

記事は上司から指示・指導されて取材を始めるのかと思いきや、

基本一人で取材して記事を作っていくらしく、足や人脈が大切であること。

最近、彼が手がけたものは、松山の夜のタクシー事情。

色々な背景の方々が頑張って働いておられる点をレポしたそうです。

少しシャイで、最近としては珍しい好青年+イケメン wink

(勝手に)お薦めの物件です  heart04

2011年1月 3日 (月)

フランス菓子 ESPRIT ★★★

「PTAのYちゃんに、北条に美味しいケーキ屋さんがあるって聞いたんよ」

奥さんが、目を輝かせながら提案してきます。

「いけちゃんちは、新居浜までラーメン食べに行くくらいだから、

北条なんかすぐでしょう」と、

Yちゃんにはブログを通して、我が家の行動パターンを見ぬかれています。

さて、

カーナビが「目的地付近です。音声案内を中止します」と、

いつもながら、はっきりとした無責任な発言をした後にも

「こんな所にケーキ屋なんかあるんかいな?」と北条駅前に迷い込みます。

Dsc_0003

「エスプリ」が突如して現れます。

Dsc_0011

都会の一角を切り取ったような空間 shine

Dsc_0004

その美しさに目を奪われてしまう作品が展示されています。

Dsc_0005

こんなに選ぶ時間自体が楽しい事happy01は、滅多に経験しません。

店内でも頂けるので、今食べる分と、お土産分をじっくり選びます。

Dsc_0013

「Meringues chantilly ムラング・シャンティー(399円)

おもち帰り時間40分までの方限定販売noteの文字に惹かれます。

ムースを焼き固めたようなお菓子で、中には空気がたっぷりと含まれています。

Dsc_0017

「Gateau au chocolate ガトーショコラ(388円)

Dsc_0022

これは、旨すぎます smile smile smile

濃厚なチョコが層状に積み上がれています。

フォークを滑らせると、各層が離れないままねっとりとついてきます。

口に運べば、ビター層とスイート層が一体となって広がっていき、

気が遠くなるような幸せの世界 delicious に連れて行ってくれます。

Dsc_0043

さて、家に帰っても楽しみが続きます。

Dsc_0031

「ESPRIT」は、こちら店名が付いたお勧め。

日数を作られており、常連と思しきセレブ奥様が次々と購入

軽いのにしっかりとした甘味と存在感 crown

透き通ったイチゴの清涼感が、スポンジとのベストカップル heart04

左党を自負している私ですが、すっかり魅了されます。

Dsc_0037

「Mont-blanc モンブラン(388円)

子供の頃から、いつも頼む大好きなメニュー。

クリームにゆっくりとフォークを差し込んで持ち上げると、

数本がどうにか形を保たれたまま口に運ばれます。

そして、口腔内で贅沢感を盛り上げながら、消えていきます。

幸福感が残ります notes notes notes

いや~、参りました。

この店、凄すぎます happy02 restaurant

2011年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます (^v^)

本年も食べる所から始まります restaurant

お節に飽きたら

Dsc_0287_2

火を起し、

Dsc_0299

牡蠣を焼きましょう。

Dsc_0303

あららプリプリ wink

ジワリと火が通り、ふっくらとしたらツルン。

Dsc_0322

炭を起したら、餅をぷっくり delicious

Dsc_0326

炭火で焼くと中は空洞になり、

煎餅みたいな部分と、熱々のもっちり部分に分かれます。

はふはふと戴いたのは、雑煮の後。

ダイエットは三が日が明けてからに延期しましょう penguin

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2