« 神田 ★★☆ | トップページ | Bar 八尾 ★★☆ »

2010年12月12日 (日)

耽味会 潜入レポ

今回のレポは、超ヤバイbombので、お腹がすいている方、

また、私の様に食に対して異常な執着心を持っている方は、

モニターから離れゆっくりスクロールし、危険を感じたら止めて下さい catface

それでは、皆さんを、松山で定期的に行われてる「会員限定」グルメ会

グルメ探偵いけちゃん eyeglass が、御案内いたしましょう。

Dsc_0015

場所は最近外装を綺麗にして、

益々忙しい「東京第一ホテル松山」@南堀端。

この会の会員のお一人からある仕事の依頼があり、ギャラとして御招待。

以前から噂だけを聞いていた会の潜入 eye に成功します。

Dsc_0044

「耽味会」は、昭和62年から定期的に行われている美食会で、

道後の老舗ホテル、市内の有名料亭・レストランの大御所方が

一堂に会しています。

二か月に一度のペースで、会場は持ちまわりですが、

その年最後の「ファイナルパーティー」は、東京第一ホテルさんの担当です。

Dsc_0016

まずは、メニュー前半

Dsc_0017

そして、後半

お酒 bottle は全面的に梅錦さんのバックアップです。

Dsc_0023

会場の中心には400kgの氷の彫刻 shine

レストラン門田のスタッフが2日がかりで完成させた超大作で、

会場のハイソレベルを演出しています。

さて、

会のシステムは立食 restaurant

お偉い方々の挨拶が終わったら、和服美人、セレブマダムまでもが、

蜘蛛の子を散らすように、会場の壁に並んでいる美食に突撃 run

Dsc_0026

全ての料理が人数分ある訳ではないので、

簡単に言うと「早いもの勝ち」ルール sandclock 

人気のプレートは20分後には、

Dsc_0070

この状態 sweat01 になるので、初心者の私は完全に出遅れます。

しかし、

初心者とは言え、食に対する執着心だけは負けないつもりの私は、

乾杯の挨拶は馬耳東風で、メニューを凝視してある作戦を立てます。

ミッション:「食べた事の無いものを、狙おう wink 」

ターゲットone 鮫 sign03

Dsc_0033

「Mcuisine de Esturgeon: 四国中央市産 チョウザメの温製料理3種」

その卵が世界三大珍味のキャビアとして有名なチョウザメですが、

身を食べるのは初体験。

Dsc_0037

「チョウザメのカルパッチョ、スモーク」

Dsc_0056

弾力がある淡泊な身で、あの風貌とは似つかわしくない上品な味。

しっかり両奥歯で噛みしめてみますが、全く癖はありません

Dsc_0034

フライにすれば淡泊さが補われ、ほっこりとした身の特徴が映えるので、

より食指が進みます。

ターゲットtwo 鹿 sign03

Dsc_0029

「蝦夷しかのマリネ焼き2種ソース」

北海道土産の缶詰では食べた事がある「鹿さん」ですが、

これだけ肉の状態でのお姿では初対面です。

Dsc_0030

「三陸の牡蠣のムニエル オニオンソース レッドキャベツ添え」

このプレートの消失スピードは、最速 dash

Dsc_0054

「鹿肉」の中心はやや赤みを残すものの、温かさは伝わる火通り。

驚くほど身が柔らかく、こちらのシェフ陣の腕が光ります diamond diamond diamond

ジビエチックな風味は適度に引き出されており、三回お替わり happy02 happy02 happy02

「牡蠣」は、そのソフトな舌触りが残るぎりぎりまで加熱され、

豊潤な海ミルクエキス凝縮される事で三段階レベルアップしています。

ターゲットthree 酒のアテ sign03

Dsc_0038

河豚、鰹、鮑べぎ造り、なまこ このわた和え、すっぽん血リンゴジュース

酒のつまみが、美しくshine並んでいます。

将来もし一戸建てを建てたら、こちらの料理人さんお願いして、

自分の庭に、この設備を造って貰う事を心に決めます。

障子を開けたら毎日この景色だったら、どんなに素敵でしょう~ heart04

目指せ notes 和風・ヘンゼルとグレーテル crown

Dsc_0060_2

「香箱かに香酒漬」

山陰に十数年住んでいた私の大好物はこの香箱かに。

現地では「せこ」と呼ばれている松葉蟹のメスです。

背中に子供(卵)を背負う事から「背子」が名前の由来。

「うちこ」と呼ばれる味噌の濃厚さは、世の中で一番好きな食べ物sign03

どれくらい好きかと言えば、

私の前歯は2本差し歯ですが、

一本はラグビーの試合で、

もう一本はこの蟹の足を齧っていて折れたものです coldsweats01

それを酒で漬けこんであるので、甘さと旨みが半端ないっす。

三杯お替わり happy02 happy02 happy02

Dsc_0045

一升一万円「梅錦 究極の酒」

Dsc_0048

四合一万円「梅錦 幻味」と、

交互に摘まめば、もうココから離れんぞ~~~ smile note

ターゲットfour リー・ドボー他 sign03

Dsc_0041

「中トロ」 「縞鯵」 「鰆」

Dsc_0063

済みません。。。

旨すぎて、ぶっ飛びます impact

Dsc_0071

「炭火焼」

Dsc_0074

「媛っ子地鶏塩焼き」「鰻」「牛スライス焼き」

Dsc_0025

「リ・ドヴォーのカツレツ フォアグラ添え ポルト酒ソースとゴボウソース」

大きくて温かいフォアグラ脂が、カリッと炙られた胸腺の繊維に染みます。

そして下の上でワルツを踊りながら、喉にゆっくりと行進します。

和洋どちらの料理も、驚愕の仕上がり happy02 good

さてさて、

ターゲットを制覇したら、交流も new

今治で食の活動をされている「もりともバリバリ」さんを紹介して頂いたり、

顔見知りの方と挨拶をしたりで、時は経って行きます。

会員限定のこの会ですが、

私が聞いた範囲で、参加するには三つの方法があるようです。

1) 会員に連れて行って貰う(今回の私)

2) 一年会員になる(会員さんに紹介して頂きOKが出れば)

   この場合、二年目からの参加は出来ません。

3) 永久会員になる。

   2)を経て、認めてもらえればなれる。

1)2)3)の段階を踏む事が必要な様です。

現在、お知り合いの会員さんにお願いして2)を狙っています。

会費は8.000円 bell

あるんですね~、こんな世界が wink

« 神田 ★★☆ | トップページ | Bar 八尾 ★★☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

梅錦、キャビア、中トロ、リー・ドヴォー。。。

食べたい物を列挙したらなんだか
川柳のようになってしまいましたが

うらやましーーー(* ̄ー ̄*)

耽味会・・・
知らない所でいろいろな世界があるもんですね~。
まさに桃源郷☆
いけちゃんさんにはゼヒ永久会員になってもらって美味しそうな話を聞かせていただきたいです。

失礼ながら、前歯2本の件は【旧体育会系・現メタボリック系】の通り名に相違ない話だと感心?しました^^

すご~~~~い!happy02
何ですか、このお料理は!
早いもの勝ちだなんて~

いいなあ♪
私もどれにダッシュするか、シュミレーションしてしまいました( ̄▽ ̄)

昨年、1)により参加しました。
弊社の社長が、一年会員で、忘年会代わりに・・。

お歴々、お顔なじみも、チラホラで、ちと緊張の中・・・・。

いやあ、アキマセン!!

あんな、すごい料理を、あんなスタイルで。
(奪うように、がつがつと・・・汗)
あんな、すごい酒を、とっかえひっかえ、がぶ飲み・・。
(貧乏性が仇ですが・・、飲み放題は・・反則でしょう・・・嬉しかったけど・・汗)

罪な集まりです。

今年も、どう? と、誘いはありましたが、失礼しました。
勿体ないのですがねえ・・。

たぶん、定例会は、いい感じらしいので、
是非、永久会員となられて、
耽美!されてください!!

あかん、眩暈してきた・・・。
いや、久々に食い物の写真見て、《殺意》を覚えました。
凄過ぎます。
いつか行ってみたいものです。

おどろき~~~!
松山にも
こんな秘密結社があったとは。。。

四国中央市の某酒屋に親戚がおりますが、
書道ガールズは、すぐに売り切れになったそうです。
そのお酒があったんですね。

どれもこれも一度食べてみたいものばかりです。

最初だったので、食べたいものに突撃するのでいっぱいいっぱいでした wink
二回目以降は落ち着いて食べられると思うのですが、会員になれるかどうかはまだ不明です catface

前歯の話はお恥ずかしい限りです。
せこ蟹の足を前歯で割ろうしたら「ぱちん」って音がして、歯の方が折れていましたcoldsweats02
機会があれば第二弾をお届けできると思います smile

どこにダッシュしましょうかね~ run
チョウザメは、あの飾り付けのストレートさのせいか、結構最後の方まで残っていました。
オマールエビは、気が付いた時には無かったですね wobbly

おお~、ご経験者でしたか happy02
開始時間間際の独特の緊張感がなんとも言えないですよね。上品でありながら、素早い動き。。
そして、旨かったです happy01

あの「もつ鍋ラーメン」以来の殺意でしょうか?
私が期間限定でても会員になれたら、是非ご一緒しましょうpenguin

事情通のおーちゃんさんも御存じなかったとは、意外でした。昭和62年から、行われていたみたいですよ wink

「書道ガールズ」、ありました bottle
根が貧乏性なもので、どうしても高いお酒に行ってしましたが、そんな話題の酒だったなら一杯でも味見しておけば良かったなと後悔 coldsweats01
お酒屋さんが親戚って、良いですね。

追記です。

どうやら、今年は、昨年の半分くらいの参加人数だったそうで。
経済同友会?か、なにかの会と重なったらしく・・・。

・・今年、行けば・・・・良かった(u_u。)

昨年は、・・・・戦場!!

・・・でした┐(´д`)┌ヤレヤレ

えっ?
あの倍の人数だったんですか?
今年もそこそこの戦場でしたけど、ラッキーだったんですねhappy01
次、行けるなら空いた時に行きたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/50278607

この記事へのトラックバック一覧です: 耽味会 潜入レポ:

« 神田 ★★☆ | トップページ | Bar 八尾 ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008