« FM愛媛で収録しました。 | トップページ | さおや ★★★ »

2010年11月17日 (水)

22時間でラーメン4杯etc. @鹿児島

松山・鹿児島って直行便airplaneで結ばれているってご存知ですか?

奥さんによると、旅行チケットを予約する為に行った最初の代理店さんでは、

「松山ー鹿児島便は廃止されましたから、ありません」って、

はっきり断られたそうです (え~~wobbly

まあ、JTBで取れたから良かったのですが、プロでもこの程度の認識度 sweat01

1時間もかからないで九州の南まで一気に行けるんですから、

行かん訳には行かんでしょ。

いざ乗ってみると、縦1+2=3列のプロペラ機は満席です full

Dsc05647

一日一便の直行便が着くのは17:15 clock

それでもって飛行場から鹿児島市内まで小一時間かかります。

∴ 着いたらすぐに晩御飯時間 empty

  天文館「一久」で、「豚しゃぶ」を頂きます。

Dsc05650

大輪のボタンの様ですね。

Dsc05649

シャブシャブと軽く火を通して、口から迎えに行きましょう。

豚脂の甘みを放出しながら、溶けて行きます smile

何枚でも、いや何皿でも食べられます。

Dsc05654

「薩摩地鶏」の刺身は、一目で新鮮さが伝わってきます。

独特の甘い醤油をちょっとつけて、舌にねっとりと絡み、さらりとした後味

薩摩焼酎を含むと、余韻が膨らみます。

豚さんpigをたらふく頂いた後は、街をふらふら。

おお~、強力な豚骨臭にG5で引きつけられます typhoon five typhoon

Dsc05655

「豚とろ」

後から調べたら、若者層を中心に人気の豚骨ラーメン屋さん

私の旨いものレーダーthunderは、県外でも上手く働いてくれます。

Dsc05657

「豚とろらーめん(650円)

粘稠度が高い濃厚な豚骨スープを啜るだけで、前頭葉が揺さぶられます happy02

Dsc05659

長浜系と比べると太めの中華麺に絡めながら夢中食べ進めると、

中の方から、どうにか形を保っているここの「チャーシュー」が顔を出し、

舌の上でとろけて無くなります。

ニンニクや辛子高菜のピリリも効いて、めちゃくちゃ旨い scissors

あまりの旨さに感動したので、ホテルのベットの中でも忘れられず、

翌日 sun

その11時間後に、早めの昼食としてもう一杯noodle頂きます sign03

さて、

昼前ラーで温まった身体で、食べておかなければならないのは、

Dsc05663

「むじゃき」

Dsc05666

「しろくま(ベビー483円)

上から見て、白熊に見えるかな~ eye

一人前ならベビーで十分。

あま~いフルーツと練乳のかかった氷が、ほてった体を冷やしてくれます。

身体が冷やされたので、もう一軒気になっていた、

Dsc05671

「のり一」

調べた限りでは、鹿児島で最も古いラーメン屋の一つで、

どうしても食べたかったのです。

Dsc05672

「らーめん(中300円)

らーめんは一種類でサイズが選べるだけ。

二日続けて食べた「豚とろ」とは対照的な薄い塩味。

今まで食べたラーメンで一番あっさりと麺を楽しめます。

蕪の酢の物が付いてくるのが、特徴的です。

さあ、

14:55発airplaneの帰りに乗るには、13時発のシャトルbusに乗る計算。

残り滞在時間、50分で私が取った行動は run

Dsc05674

「暖暮(だんぼ)天文館店」

九州ラーメン総選挙第1位受賞の看板に、またも吸い込まれます。

どうやら、福岡方面からきた九州のチェーン店の様。

鹿児島でのラーメン屋のGはどうしてこんなに強いのでしょうか?

Dsc05681

「らーめん(600円)

辛味たれを別皿で頂き、少しずつ溶かしながら頂きます。

これは、良い意味で食べ慣れた九州豚骨ラーメン。

かん水細麺に、濃目の豚骨スープですが、すえた臭いがなく安心の味。

Dsc05682

この辛味たれは、思い出すだけで鼻汗なので、入れすぎ注意です。

すっかり九州ラーメンを堪能して、満足のお腹penguin

空港シャトルバス乗り場まで急ぎます。

Dsc05685

日切焼きは、

Dsc05687

「蜂楽饅頭」という名前で呼ばれています。

たった一時間弱airplaneで、全く違う食文化の世界へ。

一泊でも十分楽しめますよ wink

« FM愛媛で収録しました。 | トップページ | さおや ★★★ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たった一日で、鹿児島名物を押えましたっ!て感じですね~
黒豚、地鶏、白くま、ラーメン・・・さすがです。
SPCさんの雑誌内の石山さんのコメントを見ますと、
鹿児島だけは九州ラーメン文化の中で久留米ラインから外れた
独自路線であるように記載されています。
やっぱり違うモノなんでしょうか?気になります。

さて、今回の記事で、鹿児島オリジンでないものをハケーーン!
それは、「蜂楽饅頭」熊本県水俣市出身なんだそうです~(笑)
http://www.houraku.co.jp/kaisyagaiyou.html

ここで、問題です。
「蜂楽饅頭」と「ひぎりやき」どっちが歴史があるでしょう。


かたや大正時代から、戦争でとだえたが昭和24年復活、
かたや昭和28年から、らしいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%88%87%E7%84%BC
ひぎりやき・・・・見直しました!スゴイ歴史ある~!

甘南備さんに、出発前に頂いた指示に従っただけです。
鹿児島ラーメンのこってりはかなり癖になるインパクトで、近くに欲しいです。麺も、細麺じゃないし、北部九州とは一線を画してますねgood
11時から立て続けにラーメン3杯しあげたので、蜂楽饅頭には触手が伸びませんでしたが、今思えばお土産に買って帰ればよかったです。
飛行機で一時間弱、次の県外オフ会にいかが?

暖暮美味しかったですか?

いつも神田で通り過ぎるだけなので。
今週、池袋にもお店オープンするらしいし。

行ってみようかな。

典型的九州ラーメンで、愛媛にはない味でした。九州っこの口にあうかは解りませんが、辛味調節も出来て美味しかったですよ♪鹹水が効いた細めんが懐かしかったです(^-^)v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/50025291

この記事へのトラックバック一覧です: 22時間でラーメン4杯etc. @鹿児島:

« FM愛媛で収録しました。 | トップページ | さおや ★★★ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009