« 御食事処 ゆう源 ★☆☆ | トップページ | Aコープ菅田のうどん ★★☆ »

2010年11月14日 (日)

二人の「けん」さんとの出会い

今日は、最近お会いした素敵な二人をご紹介しましょう scissors

まずは、「やまけん」こと、山本謙治さん。

先日、cafe cabareでの「土佐赤牛を食べる会」で初めてお会いします。

日本狭しと駆け回り、我が国の食文化を支える活動をされている

彼の迫力に圧倒されっぱなし。驚く事に同世代 scissors

写真を撮る事も忘れていたので、料理の内容はやまけんさんの記事を pc

強烈に食欲をそそられる写真なので、お気を付け下さいね。

(私の本も紹介して頂き、光栄です fuji )

すっかりinspireされた私は、早速、

著書 ”日本の「食」は安すぎる”をamazonで購入し、

吸い込まれるように読破bookしましたので、ご興味のある方はどうぞ。

ブロガーとしても日本有数ヒット数の経歴を持ち、

数々の著書を書いている彼に、私の本を渡して挨拶をします。

さっと一読した彼からのアドバイスは、

「いけちゃん、これからどういう展開になるか分からないから、

一眼レフを使った方が良いよ」と、

その場で、機種とお勧めのレンズをメモに書いて頂きます。

翌日、

思考回路が、短絡している私は、Nikon D3100を買いに行くのですが、

手にしてみるとボタンが沢山あり、ちんぷんかんぷんです typhoon

早速、机上の銀ダコに焦点を合わせますが、シャッターが降りませんcoldsweats02

(後から分かった事ですが、焦点距離より近寄り過ぎていたみたい)。

Dsc_0014

少しして、やっと撮れた写真がこれ up 

「うわっ、使い手を選ぶエライカメラを買ってしまった」と当惑していると、

その食事会で名刺交換をした藤山さんの事が頭に浮かびますflair

「ああ、喫茶店されているカメラにお詳しい方だったな~」と、

思考回路が、かなり太めの線で繋がれていてド厚かましい私は、

早速pcメールで、一眼レフ講座をお願いします。

「いいですよsign01」と、お気軽にお返事を頂き、

彼のお店 "the blue marble"に新品のカメラバックをぶら下げて伺います。

この辺で話は、

二人目の、藤山健さんに移っていきます。

Dsc_0019

仕事の合間にお時間を割いて頂き、

まずは「シャッタースピード」、「絞り」、「ISA+ASA(感度)」、

「ホワイトバランス」、「露出」、「フォーカス」などの基本概念から。

一通り話を聞いた後の、私の質問は、

「あの~、レンズはめるのに時間がかかるんですけど」 coldsweats02

さてさて、

当初は「カメラに詳しいカフェラテcafe好きの喫茶店のお兄さん」と勝手に

思っていた藤山さんですが、色々お話を伺って行くと凄い人だと分かります。

松山出身のプロのカメラマンで、新聞社勤務・オーストラリア長期在住を経て、

現在、カフェ経営(ココ以前にnaturel)、ジュニア・ベジタブル&フルーツマスター、

コーヒーの鑑定士(SCAA認定カッピングジャッジ)、など多彩な活躍。

Dsc_0028

プロの写真家としても活動中で、最近も全国版のカフェ専門誌に

堪能な英語を生かして、オーストラリアのカフェ事情をレポートしています。

shineSCAA認定カッピングジャッジshineとは、

米国スペシャルティコーヒー協会(SCAA)が認定するコーヒーを鑑定する

スペシャリストで、愛媛でも藤山さんだけ one

珈琲のソムリエって感じでしょう smile

来年はカフェとカメラを教える事も出来るスタジオを

"the blue marble"の上でオープン予定だそうです。

こちらで問い合わせる事 mail も簡単です。

また、野菜と果物の世界でも、かじゅまるさんもご存じな有名な方。

まあ、

そんな凄い方に何も知らず、いきなり一眼レフの手ほどきを受けた私は、

「とりあえず色んな条件で沢山写真を撮ってみて」と宿題を頂きます。

早速、お店でお願いしたハートランドをパチリ。

Dsc_0022

作品名 「ハートランド、 the blue marbleにて」

設定P、ISO 3200、ホワイトバランス 手動(多分電球)、焦点距離 36mm,

絞り f 5.0、シャッタースピード 1/30

写真の出来き不出来は置いておいて、

上記暗号が理解できるようになっただけでも嬉しいです happy02 happy02

興奮気味に帰宅して、もう一枚。

Dsc_0034

作品名 「田舎豆腐 梶田醤油をかける前」

設定A、ISO 400、ホワイトバランス auto、焦点距離 35mm,

絞り f 1.8、シャッタースピード 1/160

豆腐の角だけ目立って、頭をぶつけそうになりますね coldsweats01

ブログ本作りに全力を注ぎ、正直少し行き詰まった感があったのですが、

本物二人との出会いは、目の前の壁を壊し、

その遠い向こうに新たな目的を見えるようにしてくれます。

さあ、

今日は屋外で試し撮りしようっと coldsweats01

PS;まだまだ練習中なので、暫くブログの写真はCyber-shotですよ。

____________________________________________________________________________________________

応援、有難うございます bell

本日の愛媛新聞から。

Dsc05746trim

ジュンク堂にて、

8月20日の本の発売直後、9月5日から11週・連続best10ランクイン bell

2-1-1-2-3-3-3-2-4-6-8位 birthday

寺尾聡の「ルビーの指環」はザ・ベストテンで12週連続1位。

(懐かしすぎますね。。。そう、思ったあなたは同世代)

同じ?12週まで、あと1週です happy02

 

« 御食事処 ゆう源 ★☆☆ | トップページ | Aコープ菅田のうどん ★★☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おおっ
これからどういう展開になるか分からない…んですねlovely

カメラすごいですね~違いますね~
ますます素敵なブログになりますね。
楽しみにしてます♪

35mm, f1.8 ということは「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」のレンズですか?このレンズは安くて写りも良いですね、僕も持っています。

おおっ、遂に1眼導入ですか!!
短くて、太くて、思考回路、素敵です。(笑)
ますますのご活躍を楽しみに待ってます。

ボクも、ヤマケンさんの《食い倒れガイド》持ってます。

「どういう展開になるか分からない」。。文字通りです。
なんか、良いかんじに発展するイメージを含んでいるので、勝手に想像を膨らまし、翌日一眼レフを買いに行きましたcamera
何がすぐ起きる訳でもないですが、楽しくなってきている感覚がありますので、気長に見てやって下さいねslate

私のD3100より数字が大きいので、多分凄いんだと思いますが、まだそれを判断する知識も有りませんwobbly
ご指摘のレンズは、今手元で確認しましたが、その通りです。
デオデオの店員さんに、いきなり初心者と見破られ「どうしていきなり短焦点レンズを買われるのですか?」と尋ねられました。
「フードブロガーです」と答えると、納得の笑顔で頷いて頂いたのが、なにやら嬉しかったですdown

訳も分からず「1眼導入」です。
やまけんさんは「デジイチ」と表現され、ど素人でありながらその響きに酔っています happy02
「食い倒れガイド」、探してみます。
彼の迫力と信念にすっかりインスパイアーされているのですhappy02

そのうち、マクロレンズが欲しくなるよぉ〜〜

でもね、飲み会に一眼はお荷物なのだw

ikechanさんと言い、甘南備さんと言い、私の心を惑わす事を書かれて・・・。
私の別名(家電子)がムクムクと大きくなり、お財布の中身と格闘する羽目になりそうな予感がします。

(ikechanさんにそのつもりは全く無いでしょうが)
二人とも、いけずやわぁ!

そうですか~~ catface
まだ使い方に慣れておらず、麺類なら写真を撮っている間に伸びる事、必至。
オフ会デビューは先になりそうです camera

甘南備さんは、何をお勧めになったのでしょうか?
家電子さんには釈迦に説法ですが、家電は「買いたい時が、買い替え時~ heart04」ですよ。墓まで金は持って行かれないし、いつインフレが来るやもしれません。
早速、欲しいものを買って、ブログで皆に自慢して下さい。見てみた~~いから、思いっきり羨ましがりますよhappy02

わ、やまけんのブログにも!

そうなんです。
リンクを貼って頂き、本の紹介まで coldsweats01
ブロガー冥利に尽きました happy02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/50023701

この記事へのトラックバック一覧です: 二人の「けん」さんとの出会い:

« 御食事処 ゆう源 ★☆☆ | トップページ | Aコープ菅田のうどん ★★☆ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009