« 第五回いっしゅうさん讃岐うどんツアー① | トップページ | 伊予グルメ かじゅまる ★★★ »

2010年10月16日 (土)

第五回いっしゅうさん讃岐うどんツアー②

Dsc04925

この迫力ある仁王像(CM前と違うの分かります?)があるのは、

Dsc04912

本日五軒目の「竜雲うどん」が境内にある、

Dsc04909

「法然寺」 bell

この日は、お彼岸で駐車場もほぼ満車です。

Dsc04917

このツアー始まって以来の綺麗な(普通の飲食店sweat01)店内で

頂くのは「生醤油中華そば」

Dsc04921

いっしゅうさんの講習に従い、

始めは生、次は醤油だけ、次第に薬味を追加して食べ進めて行きます。

透き通って上品な中華麺は、思わず持ち帰りを探したほどの新鮮さ。

うどん以外の麺のレベルの高さに、感動を覚えます。

私は戴かなかったのですが、

こちらのうどんを食べた他のメンバーの評判はかなり高く

次回はダブルを狙ってみましょう。

さて、

いよいよ本日の六軒目、とりの登場です。

Dsc04928

「鶴丸」で、10人近い讃岐ブロガーの方々と頂くのは、

本日限定 fuji

Dsc04932

「天然ハモまったけうどん 1500円」crownです。

Dsc04933

甘い香りが漂う中待つ事30分。

ある意味、うどん界を震撼させる高級品の登場。

出汁は、土瓶蒸しのような豊潤で上品な香り。

でも、土瓶蒸しの出汁っておちょこで、少しづつしか頂く事が出来ませんが、

ここでは、ひねりの利いたうどんと一緒に、ぐびぐび smile 行きます。

少ししか飲んではいけないものをたくさん飲む贅沢感は、

ヤクルトを10本くらいジョッキに入れて飲むくらいの、

聖域を超えてしまった後ろめたさに似ています(やった事ないけどsweat01)。

Dsc04945

「さしみうどん」は、

「すかし打ち」の麺を真正面から堪能できる一品

麺棒に生地 を巻いてこねる時に、一瞬中に浮かせる”すかし打ち”は、

こちらの独特の技。

腰と捻りを生み出します。

うどんに刺身を載せて食べるのかと勘違いしていましたが、

氷の上のうどん自体を、刺身の様に醤油につけて頂くのです。

地元の人は、呑みの締めにこれをあてに一杯やって、

最後にうどんを食べて帰るらしく、「どこまでうどんなのだwobbly」と感心。

さて、いよいよ大トリ。

讃岐ブロガーと合流した一行は、

Dsc04946

七軒目「さぬき一番」の座敷に上がって、海水浴の帰りみたいな雰囲気note

Dsc04950

前回、完全にハマった「辛子カレーつけ麺」

今回は、中華めんでは無く、うどんで頂きます。

Dsc04952

この出汁。

辛くても、深みがあって、止まらんのですよ。

これだけ通販したら、当たると思うんですけどね~

私なら、500mL500円で買います dollar

その上、

Dsc04949

残った出汁にこんな素敵な「締めセット」を付ける事も出来ます。

今回も、企画ナビのいっしゅうさん、いつも車を出して下さる甘南備さん

現地で最新の讃岐うどんを御指南頂く、メタボ柿原さんぴょんこさん達に

感謝をしながら、帰途につきます。

雷、停電など、アクシデントを乗り越えての帰松となりますが、

ジョリさんが、SAで買ったピノのラッキーアイテム present

Dsc04955

「ハートheart01のピノ」が、石鎚で厄払いをしてくれるのでした wink

« 第五回いっしゅうさん讃岐うどんツアー① | トップページ | 伊予グルメ かじゅまる ★★★ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

「生醤油中華そば」、ウマソーですね!
ほんといろいろ美味しそうな食べ物があるもんやと、ただただお腹空かせてしまいます。
鶴丸は飲んだ後のシメでカレーうどん食べるのが定番でしたけど、あの頃この「天然ハモまったけうどん」があれば、酔った勢いで1回は食べてたでしょうね^^
次回の遠征も期待してます^^☆

「さぬき一番」さん、先週行って坦々つけ麺(うどん)頂きました♪
後におやつうどんの予定もあったので今回ご飯はパスしましたsmile
「生醤油中華そば」美味しそう~~~shine
また香川まで行かねば!です(笑)。

うどんが美味しそうですね。高松まで行きたくなります。それにしても讃岐の人のうどん好きは凄いですね。バリエーションも豊富で中華麺まで美味そうです。
ミシュラン本読ませていただいています。テロワールが56号線近くに移動したというので行ってみたいです。

「生醤油中華そば」の上品な清涼感には感動しましたhappy02 
記事にはかきませんでしたが、まーなさんが食べておられたこの店のオデンのソーセージもとっても旨そうでした。
鶴丸は色んな創作うどんを定期的に出しておられ、情報をHPで公開しています(http://www.turumaru.jp/pc/index.php)。有名店なのにファンサービスの精神が素晴らしいですね wink

「坦々つけ麺(うどん)」、如何でしたか?
鼻汗が出るほど辛いですが、私はすっかりハマってしまいましたheart04
様々なバリエーションに驚くばかりで、「恐るべきさぬきうどん」とは、ぴったりのネーミングですねok

私もいっしゅうさんにお会いするまでは、「わざわざ香川まで、うどんなんてeye」と思っていましたが、この魅力にハマったらそんなに遠くは感じません。行列有名店では無く、このシリーズに出てくる店に早朝着くように出発し、昼までには殆ど食べ終わってしまうのがポイントの様です。
本をご購入頂き、有難うございますwink
テロワールの移転情報が載っていると言う事は、第二版ですね。私も移転されてからは行っていないのですが、コースをゆっくり頂きたいものですrestaurant

「坦々つけ麺(うどん)」思いの外辛かったですね。
鼻汗どころか汗が流れてましたcoldsweats01
次行く機会があれば他のうどんにも挑戦してみたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/49634608

この記事へのトラックバック一覧です: 第五回いっしゅうさん讃岐うどんツアー②:

« 第五回いっしゅうさん讃岐うどんツアー① | トップページ | 伊予グルメ かじゅまる ★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008