ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 第4回えひめラーメン博 | トップページ | 答えは3対7 まるみ食堂 ★★☆ »

2010年10月19日 (火)

かっくんとの南予グルメ紀行

「いけちゃんは、いけちゃんのお兄さんだったとは sign03

以前からこのブログを読んで頂いていたかっくん(以下K)を、

彼と付き合いのある弟が是非紹介したいとの事で、

Cafe Cabareで一緒に食事をする事になります。

南予で生まれ育った彼も、食べ歩きが趣味 eye

ブログに乗せた事がない松山の隠し玉食べ物屋さん3軒を全て知っており、

私より幾許か若いニューカマー・フードウォーカーと、早速意気投合です。

K 「八幡浜ちゃんぽんと、最高のじゃこ天食べに行きましょup

私 「ええよ。で、いつ?」

K 「明日は月に一度の八日市なので、早速明日note

って事で、その日23時に一旦お別れした14時間後には、

Dsc05151

八幡浜商工会議所前、「清家食堂」の暖簾を共にくぐっています。

ロンドン、イーグル、丸山は何度も頂いた事はありますが、こちらは初good

「将太の寿司」に紹介されたいなり寿司は残念ながら売り切れですが、

Dsc05152

初回なので、デフォルト「ちゃんぽん」を頂きます。

家族に見守られながら、お店のおばあちゃんが仕事をされている姿が、

とてもほのぼのとしています。

Dsc05154

麺は表面滑の中華麺。

とても腰があり、豚の脂の乗ったスープと一緒に咀嚼します。

胡椒は控えめで、野菜や練り物から抽出されたコクに唸ります catface

ほっこりとして店を出るもつかの間。

K君のツアーは流れるように続きます。

Dsc05156

立ち寄った「パン・メゾン」「塩パン」 eye

塩とバターの利いた真っ直ぐなクロワッサンとでも言いましょうか。

中は空洞ですが、クロワッサンの様にサクサクではありません。

かなり噛応えのあるもっちりした生地で、すぐに売り切れてしまうのも納得。

さて、

そこから商店街に入り、

Dsc05158

昼過ぎで店じまい中の、八日市見学を。

出店の方と「先日はどうも~」なんて言葉をかわすK君、何者?

Dsc05159

彼、お勧めの「くずし屋とりづ」のじゃこ天。

笑顔の渋い、職人オーラが漂う大将を紹介して頂きます。

Dsc05162

「じゃころっけ」は、勿論その場で齧り付き。

我々の知っているじゃこカツなのですが、こちらではブームになる以前から、

この名前で販売されていたとの事。

かっくんの表現を借りれば「フワ・ジュウ spa 」

しっかりした衣に負けない、じゃこエキスの凝縮された逸品です。

その足で、

Dsc05167

本店に立ち寄ります。

「くずし屋」とは練り物屋さんの事で、こちらの大将のこだわり。

Dsc05179

個性的なネーミングのじゃこ天 二種  scissors

・ 前略、八幡浜から。南伊予の醤油でつくったじゃこ天です。

・ 前略、八幡浜から。南伊予の塩でつくったじゃこ天です。

じゃこと塩だけで作られたこだわりの逸品 delicious

Dsc05165

あら? カウンターの棚に、私の本が置いてありますね eye

ツアーはまだまだ続きます。

夜昼トンネルを超えて、大洲へ移動。

Dsc05171

創業130年、13代目「梶田商店」

あの周平さんの醤油は、ここからだそうですよ bleah

Dsc05176_2

そこでお勧めの二本を手に入れて、ツアー終了。

晩御飯が待ちきれません happy02

Dsc05181

「前略、八幡浜から。南伊予の塩でつくったじゃこ天です。」

何もつけずに頂きますが、魚の味が深くて継続力があります。

上品でありながら、その奥には武骨ささえ感じます。

Dsc05183

「巽」はやっこにかけてみましょう。

砂糖も入ってないのに、コクと甘みがしっかり。

子供の頃の醤油って、一升瓶の注ぎ口にカビがついてましたよね。

いわゆる混ぜ物がないからでしょうか?

その醤油に似た香りが、口の中で膨らみます。

自宅の醤油と舐め比べてみると、自宅のものは塩っぱい。

醤油屋が親戚に居る奥さんも、驚きの太鼓判です。

いや~ smile

南予グルメ紀行、第二弾が楽しみです。

かっくん、また宜しくね~~ wink

« 第4回えひめラーメン博 | トップページ | 答えは3対7 まるみ食堂 ★★☆ »

その他グルメ」カテゴリの記事

コメント

ryoko174と申します。
書籍出版時の記事にコメントさせて頂いた者です。

めでたく書籍を購入することができました。
楽しく拝読しております。

素敵な食ブログ「勝手に松山ミシェラン」
http://d.hatena.ne.jp/ryoko174/20101018/1287405300

今後もブログ更新を楽しみにしております。

そうそう、八幡浜はちゃんぽん屋さんも多いけど天ぷら屋さんも多いんですよね。
「くずし」・・・なんか懐かしい響きの呼び名です。ばーちゃんがよくそう呼んでましたね。

メゾンの塩パン、シンプルで美味しいし安いし、僕もよく買って帰ります。
卵は使ってないんで、卵アレルギーの子にも安心だそーです。

こんにちは happy01
ブログでご紹介いただき、有難うございます。本まで買って頂き恐縮です。アトラス出版さんがわたしの下手写真を立派にして頂いたので、写真も楽しめると自負しています。
 県外にお住まいの松山出身の方に、このブログを懐かしく読んで戴くのは管理人冥利に尽きます。私が生まれ育った長崎に抱く感情に似ているのではないかと勝手に想像しております。
これからも、色んなお店の紹介を通じて松山の温故知新を伝えていこうと思いますので、お付き合い宜しくお願いします smile

八幡浜ネタはコメントいただけると待ち構えていました wink
所謂ねりものの事をくずしと言うようです。
先日「前略シリーズ」を出している鳥津さんとご一緒したのですが、この二つはじゃこと塩しか入っていないそうです。
舟の上での漁師さんの魚の扱いから、練る技術に至るまでの御苦労を伺い、驚きました。まさに噛めば噛むほど味の出るじゃこ天だったので、機会があればお試しください。
八幡浜のじゃこ天は、家によってだいたい買う店が決まっているとの事ですが、讃岐うどん製麺所にも通じるところがあって、嬉しくなりました。
続編もやりますので、お楽しみにgood

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/49709243

この記事へのトラックバック一覧です: かっくんとの南予グルメ紀行:

« 第4回えひめラーメン博 | トップページ | 答えは3対7 まるみ食堂 ★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2