« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

たかざわ ★★★

N君は関西から来た挑戦者 bell

このブログで気になった店に行く事を繰り返しているうちに、

自分が紹介した店を★★★として載せる事に挑んできます。

前回教えて貰った店が★★☆だった事が余程悔しかったwobblyようで、

「いけちゃんさん、今度は絶対星三つの店ですからhappy02と、

Dsc04793

長浜の「たかざわ」にご一緒します。

掲載許可を頂いた時に、お店の方に伺うと、

これからは河豚コースがメインの様ですが、

Dsc04794_2

今日は何と、「鱧コース」 note

始めて鱧のフルコースで、見た事もない部分が机に並んでおり、

目を白黒eyeさせている私を見たN君は、してやったりの余裕の表情catface

Dsc04796

「フライ」

クリスピーでしっかりと味がついており、ビールにぴったり beer

Dsc04809

「カツ」

こちらは柔らかさが蒸された状態で閉じ込められており、大葉のアクセントで、

あっさりした仕上がり。

空腹を軽く埋めてくれ、興奮も少し落ち着きます。

見た事もないもの そのone は、

Dsc04799

「鱧の肝」

ゴマ油が軽くかかっており、ツルリと呑みこみます。

澄み切った味の奥に、すこしだけ苦みが感じられる珍味 eye

N君を喜ばすのはちょっと悔しいけど、唸るしかありません catface ok

さて、

Dsc04801

「あらい」

氷の中で締められた身は、弾けるようにふんわりと膨らんでいます。

少しだけ醤油を付けて頂くと、下の上で溶けながら、歯ごたえを残します。

上品な白身の香りが鼻に抜けてゆくのです happy02 happy02 happy02

ここで、仲居さんにこの店のこだわりを伺います。

まずは、釣って来た鱧を生簀で二・三日休ませます。

それから締めて、その二・三時間あとが食べ頃 delicious

四代続いた浜の料亭の実力に見せられ、

関西方面から毎年食べに来られる方もおられるとの話も納得です。

Dsc04805

壁には私の師匠(勝手にsweat01)、神田川俊郎先生の色紙もあります。

Dsc04811

本日唯一のnon-鱧: 「河豚のヒレ酒」

鱧の骨酒なんてあったら、鱧だけのフルコース完成ですね wink

Dsc04803

「刺身」は、ざく風。

薬味を巻いて、ストレートな生(き)の味を引きだしています。

少し時間がかかるものの、その味にたどり着いた時の幸せ up

まだまだ、続きます。

見た事もないもの そのtwo は、

Dsc04813_2

「鱧の卵」

真っ白できめ細やかな小さな粒が、一つ一つがばらばらに集まっています。

これを鍋に投入し、

Dsc04824

骨切りした身を、

Dsc04827

しゃ~ぶ  しゃ~ぶ delicious delicious delicious

沸騰した鍋の中で雪の様に卵が舞い上がっています。

程良い醤油出汁が、花が咲いたように膨らんだ身に沁み込んで、

口の中で、とろけて行きます spa

Dsc04829

身の中に入り込んだ卵のプチプチ感が、ワクワク感を増します。

蟹意外に、食べながら静かになる現象を初体験。

まだまだ、

気を緩められませんよ。

次!

見た事もないもの そのthree は、

Dsc04823

「浮き袋」

鱧の浮き袋は長いので、食用されるとのこと。

意外に厚い壁は、コラーゲンで構成されており、ちょっとシャブシャブ heart04

官能的なぬめりを伴って、するりと吸い込まれます。

Dsc04833

「皮」で作った、こんな素敵な箸休めで、身体のほてりを治めたら、

Dsc04836_2

「中骨」から、追加の出汁がしみ出た鍋で、

Dsc04841

文字通り余すことなく鱧のエキスが溶けだした「雑炊」

もう、説明は必要ないでしょう confident

淡泊な食材でここまでの充実感 note

いや~、まだまだ凄いお店があるものです happy01

2010年10月28日 (木)

柳憲★★★@高知

長崎育ちの私は、同じく龍馬で賑わっている高知が気になっています eye

今回は、週末一泊でお出かけしてみましょう。

松山から2時間ちょっと rvcar で着いたら、まずはチェックイン。

専務お勧めの、

Dsc04962

「柳憲」に伺います。

店内は、多方面の芸能人と、やなけんさんのツーショット写真が貼ってあります。

Dsc04966

まずは、マグロ・カンパチなどの寿司で、空腹を満たします。

マグロは細かいサシが入っていて、とろけた後に胃袋に吸い込まれます。

Dsc04969

まだ、動いている「伊勢エビ」が歓迎してくれる刺身の盛り合わせ fish

太平洋の魚も旨いぜよ notes

Dsc04973

出た~ fuji

土佐に来た目的のNo1 「鰹のたたき」

大きな身を厚く切って、ニンニクとショウガを絡めながら、戴きます。

もっちりとした身を楽しんでいると、皮の香ばしさが込み上がってきます。

やっぱり、高知のたたきは一味違うぜよ notes

Dsc04975

お次は、めひかり、にろぎ、緋扇貝などを、卓上の炭火で焼きます。

Dsc04981

「にろぎ」は、小さい平鯵の様な魚で、炙る程度で頭から食べられます

地酒の土佐鶴を頂きながら、ちびちびやれば完璧な組み合わせ。

Dsc04986

手前から「うつぼ」「手長エビ」「海のり」の唐揚げです。

「うつぼ」は、イメージと違い上品でほっくりした白身

「手長エビ」は、殻ごとクリスピーにホールで頂けます。

高知の海の幸をしっかりと堪能した後は、

Dsc05001

屋台でおでんと瓶ビール wink

高知の夜はふけんぜよ notes

さて、

翌日朝は、ちょっぴり二日酔い coldsweats01

Dsc05011

名物朝市で、お土産を購入 dollar

Dsc05013

朝市の「揚げたてさつまいも」が、朝食代わり。

これは、ほっくり甘くて、めちゃくちゃ旨いぜよ  happy02 good

行列が出来ており、揚がった順から売れています。

Dsc05026

11時には「ひろめ市場」で、席を確保 run

Dsc05020

各店の総菜を並べて、夢の「昼から生ビール宴会」 bell beer bell

Dsc05024

焼き鳥でも、本場のカレーでも、なんでも揃います。

ふと目を横にやると、

妖艶な女性が、天麩羅を注文し、席で煙草をふかして待っています。

本を読みながら座っている席に、生ビールと天丼が到着。

天麩羅をあてに、昼間っから独り一杯やっています。

高知、酒飲みの天国ですね~ happy02

このひろめ市場の中に、本気で住みたくなるのです。

________________________________________________________________________________

Dsc05436

Komachiさん、創刊10周年 おめでとうございます birthday

Dsc05435

本の紹介、有難うございます happy02

この5年前ブログを最初に取りあげて頂いた御恩は忘れません bearing

 

2010年10月27日 (水)

串焼処 おいしんぼう ★★☆

飲み会の帰り独りになり、

最後の一杯のつもりで入った行きつけの店のマスターが、

「ところで、いけちゃん happy01 あそこのカリカリの鳥皮食べた事ある?」

ブログのカテゴリーにも「焼き鳥」を作ってしまう私は、

グラスの残りをさっさと飲み干し、

マスターから貰った地図を頼りに、千鳥足で出発します。

Dsc05255

話は少し寄り道をしますが、「松山プレイマップ」と書かれたこの地図には、

大街道から勝山町範囲の飲食店がすべて網羅されており、

私にとっては、宝の地図を手に入れたような物

しかしながら、ぱっと見ただけでも知らないお店ばかりで、

全店制覇の夢は遠いなと感じるのです(制覇するつもりか!の独り突っ込み)。

さて、

Dsc05070

あづま家横のサンプラザ88ビルの一階「串焼処 おいしんぼう」です。

テーブル席とカウンターの比較的広い店内には、団体さんが帰った直後。

焼き場の見えるカウンターに座りこみ「生beerをお願いします。

Dsc05052

「突き出し」の枝豆にはしっかり産毛が残っており、両端カット

ぷりっとした食感と、丁寧な仕事ぶりが嬉しくなります。

Dsc05054

「すじ煮込み(420円)

豆腐は後乗せで煮崩れもなく、つるつるスジとのコントラストも良し。

汁と混ぜ合わせて、レンゲですくって吸い込みます delicious

Dsc05059

「とり皮カリカリ(塩)(315円)

焦げないようにフワ・カリに仕上げられた本日の標的。

左手でジョッキを持ったまま、右手で直接つまんでポイっと口へ。

軽い仕上がりの後に、皮エキスがにじみ出てきて手が止まらんです。

こりゃ~、うみゃ~ smile smile smile

Dsc05067

気がついたら「せせり(左105円)、ぼんじり(右136円)も、

お願いしています。

炙りは軽めなので、せせりの鶏汁はジューシー apple なまま、

ぼんじりの鶏脂も、はじけ飛びます impact

こうして締めの選択肢の一つに「締め焼き鳥」が、追加されるのですdelicious

2010年10月24日 (日)

月の輪っか 

毎月恒例、専務主催の「うまいおいしい(通称:うまおい)の会」

店内に「営業時間11時まで」と書いてあるのに、

帰途に就くのは何故か12時過ぎです sweat01

広くなった堀ノ内を数人で歩いていると、Fさんが空を見て、「あれ?」

Dsc05427

月の周りに、大きな正円 eye

雨上がりで湿った空気と、薄曇りの空でレンズ効果が働いたのでしょうか。

他に見た事がある方、おられます?

人生で初めての景色に、暫くぼんやりと空を眺めます。
_________________________

こちらも恒例、「本日の愛媛新聞から」

Dsc05428_trim

ジュンク堂さんで、先週の3位から2位に再浮上。

9月5日から、毎週2-1-1-2-3-3-3-2位 up

皆様、応援本当に有難うございます happy01 

2010年10月23日 (土)

答えは3対7 まるみ食堂 ★★☆

グルメブログ界のポアンカレ予想と思われていた謎が、氷解します。

甘備南さんが愛してやまない天丼の店に答えが在るのです。

Dsc04783

「まるみ食堂」は、東雲神社の階段を下って、そのまま電車通りの方に向かうと、

風格を持って現れます。

向って右の壁に描いてある、

Dsc04769

太陽と月の荘厳なテーマの壁画と、その店構えのミスマッチ

好奇心が高まりを覚えてきます。

Dsc04771

一目で数十年年単位の歴史を感じさせる店内は、

甘~い匂いが充満catfaceし、高まった好奇心に空腹感が相乗効果。

さあ、舞台は整ったようです。

Dsc04773

デフォルトの「えび天丼(680円)」は、注文を聞いてから揚げ始めます。

Dsc04775

四つの大きなエビ天が天に向かってそびえたち、

ぎょうせん飴の入った茶色いタレが、コレデモカsign03とかかっています。

Dsc04776

大きな天麩羅でご飯が見えないので、数匹を別皿に移して初めて、

タレの染みたご飯が見えてきます。

天麩羅をかじって、すかさず蒸された飯をワシワシとかき込みます。

うっわ happy02 happy02 happy02

ややジャンクなベクトルを持つ、醤油と歴史の厚みを備えた甘辛タレが、

衣と飯とまじりあいながら、脳内エンドルフィンを賦活化します up

Dsc04779

こちらは、「マグロ天ぷら丼(680円)」

肉厚のマグロが反り立っています。

Dsc04781

ほっこりした断面に見とれていると、その基礎のなる部分には、

テニスボール位の野菜のかき揚げが鎮座しています。

あとは、ザックリとかき混ぜながら、ガッツリ頂き、ニンマリsmileです。

一人前でしっかりと満足感を味わう事が出来、

もう、今日は何もしたくないくらいの、充実感で会計に向かいます。

さて、

勇気を振り絞り、気になっていたポワンカレ予想を、大将に尋ねますnote

「エビ天の尻尾を食べる人と食べない人は、どのくらいの比率ですか?」

暫く考えた大将の返事は、「食べる人が3、残す人が7やね」 wink

長年の命題の答えはあっさりと導き出され flair

他の証明がそうであるように、答えもシンプルで美しいpencilのです。

2010年10月19日 (火)

かっくんとの南予グルメ紀行

「いけちゃんは、いけちゃんのお兄さんだったとは sign03

以前からこのブログを読んで頂いていたかっくん(以下K)を、

彼と付き合いのある弟が是非紹介したいとの事で、

Cafe Cabareで一緒に食事をする事になります。

南予で生まれ育った彼も、食べ歩きが趣味 eye

ブログに乗せた事がない松山の隠し玉食べ物屋さん3軒を全て知っており、

私より幾許か若いニューカマー・フードウォーカーと、早速意気投合です。

K 「八幡浜ちゃんぽんと、最高のじゃこ天食べに行きましょup

私 「ええよ。で、いつ?」

K 「明日は月に一度の八日市なので、早速明日note

って事で、その日23時に一旦お別れした14時間後には、

Dsc05151

八幡浜商工会議所前、「清家食堂」の暖簾を共にくぐっています。

ロンドン、イーグル、丸山は何度も頂いた事はありますが、こちらは初good

「将太の寿司」に紹介されたいなり寿司は残念ながら売り切れですが、

Dsc05152

初回なので、デフォルト「ちゃんぽん」を頂きます。

家族に見守られながら、お店のおばあちゃんが仕事をされている姿が、

とてもほのぼのとしています。

Dsc05154

麺は表面滑の中華麺。

とても腰があり、豚の脂の乗ったスープと一緒に咀嚼します。

胡椒は控えめで、野菜や練り物から抽出されたコクに唸ります catface

ほっこりとして店を出るもつかの間。

K君のツアーは流れるように続きます。

Dsc05156

立ち寄った「パン・メゾン」「塩パン」 eye

塩とバターの利いた真っ直ぐなクロワッサンとでも言いましょうか。

中は空洞ですが、クロワッサンの様にサクサクではありません。

かなり噛応えのあるもっちりした生地で、すぐに売り切れてしまうのも納得。

さて、

そこから商店街に入り、

Dsc05158

昼過ぎで店じまい中の、八日市見学を。

出店の方と「先日はどうも~」なんて言葉をかわすK君、何者?

Dsc05159

彼、お勧めの「くずし屋とりづ」のじゃこ天。

笑顔の渋い、職人オーラが漂う大将を紹介して頂きます。

Dsc05162

「じゃころっけ」は、勿論その場で齧り付き。

我々の知っているじゃこカツなのですが、こちらではブームになる以前から、

この名前で販売されていたとの事。

かっくんの表現を借りれば「フワ・ジュウ spa 」

しっかりした衣に負けない、じゃこエキスの凝縮された逸品です。

その足で、

Dsc05167

本店に立ち寄ります。

「くずし屋」とは練り物屋さんの事で、こちらの大将のこだわり。

Dsc05179

個性的なネーミングのじゃこ天 二種  scissors

・ 前略、八幡浜から。南伊予の醤油でつくったじゃこ天です。

・ 前略、八幡浜から。南伊予の塩でつくったじゃこ天です。

じゃこと塩だけで作られたこだわりの逸品 delicious

Dsc05165

あら? カウンターの棚に、私の本が置いてありますね eye

ツアーはまだまだ続きます。

夜昼トンネルを超えて、大洲へ移動。

Dsc05171

創業130年、13代目「梶田商店」

あの周平さんの醤油は、ここからだそうですよ bleah

Dsc05176_2

そこでお勧めの二本を手に入れて、ツアー終了。

晩御飯が待ちきれません happy02

Dsc05181

「前略、八幡浜から。南伊予の塩でつくったじゃこ天です。」

何もつけずに頂きますが、魚の味が深くて継続力があります。

上品でありながら、その奥には武骨ささえ感じます。

Dsc05183

「巽」はやっこにかけてみましょう。

砂糖も入ってないのに、コクと甘みがしっかり。

子供の頃の醤油って、一升瓶の注ぎ口にカビがついてましたよね。

いわゆる混ぜ物がないからでしょうか?

その醤油に似た香りが、口の中で膨らみます。

自宅の醤油と舐め比べてみると、自宅のものは塩っぱい。

醤油屋が親戚に居る奥さんも、驚きの太鼓判です。

いや~ smile

南予グルメ紀行、第二弾が楽しみです。

かっくん、また宜しくね~~ wink

2010年10月17日 (日)

第4回えひめラーメン博

と言う事で、

bicycleで、アイテム愛媛に向かいます。

待ち合わせてしていた、いっしゅうさん、yumeさん、としさんと、

「一杯を分け合いながら味わう作戦」 fuji

いっしゅうさんが、全員のお椀、コップ、レンゲ、胡椒まで用意されておりcoldsweats01

頭が下がります。

さて、

席を確保したら、全員で一旦別々の店に散ります。

Dsc05334

私は、今年初出場の

「中華料理 天心: 特みそラーメン」へ run

Dsc05335

この二種類の味噌を混ぜ合わせて、目の前で作ってくれます。

好みまで聞かれたので「濃い目で」と、お願いします。

Dsc05336_2

強力な火で一気にスープを作りあげ、

Dsc05337

味見までさせてくれます。

味噌の複雑な味が組み合わさったコクに、勿論 ok

Dsc05339

麺を入れた後に、別でさっと炒めたそぼろ肉、にら、もやしのトッピング

Dsc05342

いっしゅうさんが準備して下さったお椀に取り分けます。

やや太めで縮れた麺に、野菜の甘みを吸った味噌スープが絡みます。

野菜の炒め具合もシャキシャキで、旨い delicious

少し肌寒くなった時期にぴったりの味噌ラーメンで、全員にかなり好評sign01

三津にある本店はnomchanさんが取材済ですが、行ってみましょう。

さあ~、

テーブルには、次々と各人が丼を運んできます。

Dsc05341

「えひめ本気麺:こってり本気麺」

やや平たい麺に、とろみのある鶏出汁。酸味と辛みが効いていますsweat01

Dsc05343

「中華料理 楊貴園 黒塩ラーメン」

見た目よりあっさりで、自家製マー油の香りspaが細麺に合います。

上品なスープと、あっさり麺は切れの良い実力派。

Dsc05344

「今治ラーメン普及委員会 今治ラーメン」

今年も人気の行列。

魚を前面に出したスープは、yumeさん曰く「上品なお吸い物みたいねheart04

ヘルシーな鶏肉のトッピングと、市のマーク付きナルト。

「今治ラーメン」、すっかり、イメージが出来上がりましたね。

さてさて、

一ラウンド目が終わったら、すかさず二ラウンド目開始 bell

Dsc05348

「ラーメン餃子専門店 かめ福: 特製ラーメン 香りとコク」

ふんわり特製つみれが、にんにくの利いた鶏スープと親子丼状態。

にんにくのアクセントの後に、野菜の甘さが残り香 catface

Dsc05351

「周平×りょう花: コラボラーメン」

カップラーメン化もされている、話題の一品。

周平麺の小麦薫る歯応え麺と、りょう花のコク塩スープ。

日頃食べられない組み合わせが、お祭りムードを盛り上げます up

Dsc05353

「雁飯店 中国割烹 大岩 上海蟹フカヒレラーメン」

前回のフカヒレに続き豪華な素材。

ふんわり閉じ込められた蟹味噌が、円やかな舌触り。

半透明で、きりっとしたあっさり麺と共に、つるつる入ります good

Dsc05354

「くし坊ら~めん館 麺人 ラーメン」

個人的に良く行く熊本豚骨のお店。

基本に忠実な灌水細麺と、焦がしにんにくの九州豚骨は落ち着きます。

本店では、辛子味噌や辛子高菜もトッピング出来るので、お試しあれdelicious

Dsc05332_trim

気がつけば、一時間足らずで、8種類のラーメンを堪能 lovely

サイクルが早くなったせいか同じ店が多いですが、

これだけの種類のラーメンを一気に味わう事が出来るお祭りは、

やはり楽しいものです happy02 

振り返ってみて、

新顔・天心のオーソドックスな味噌ラーメンが、深みがあってgood good

これから寒い時期に、また欲しくなるでしょう。

また、王道ですが、大岩の中華料理屋さんのラーメンは歴史を感じます。

未食ですが、行列の長かった「拉麺 一期一会」のえび拉麺も気になります

って、事で次回も絶対行くぞ~ sun

帰りの自転車は膨れた腹が支えてpenguin大変だったので、次はバスbusかな?

伊予グルメ かじゅまる ★★★

「いけちゃん、あの蜜柑 sign02 どうやったら買えるの?」

愛媛に来てから毎年、お世話になった職場数か所に蜜柑を送っているのですが、

こちらにお願いしてからは、上記の様な問い合わせが来るようになります。

「伊予グルメ かじゅまる」さんが、メインのネット販売+

ロープウェー街に店舗を構えられました。

Dsc04743

ロープウェーの登り口を、少しだけ東雲神社の方に登った所に幟が見えます。

店長さんは、数年前のオフ会で呑志さんにご紹介いただいてから、

そのお人柄と笑顔、仕事の丁寧さに惹かれて、ちょくちょくご一緒しています。

Dsc04742

店内には季節の野菜や果物、それらの加工品、総菜などが、

ゆったりと並んでいます。

Dsc04745

何気なく並んでいますが、どれ一つとってもこだわりの品ばかりeye

Dsc04744

この日に購入した「藤稔」っていう葡萄ですが、驚くべき甘さと旨さ happy01

お土産に買って帰りましたが、子供達に争うように食べられてしまいます。

(少し前の写真なので、今は葡萄はありません)

Dsc04784

思わず、晩御飯用に「鯛おこわ」も購入。

もち米と米がブレンドされていて食感最高 note で、

噛みしめているうちに、鯛の独特の上等な香りが立ち込めてきます。

Dsc04747

午前中なら、店内で「揚げたてじゃこ天」「じゃこカツ」も頂けます。

これから、ここの最も得意分野の蜜柑の季節flairですが、

ネットで注文しても良し、お店でお願いしても良し。

中島のみかん農家さんとこまめに連絡を取り合いながら、

季節にあったみかんを最高の状態で送ってくれます。

私は、詳しい日時を指定せずに

「これくらいの時期に、これくらいの値段で」とお任せしていますが、

文頭に書いたように送り先からの反応shineが、今までより明らか良いのです

diamond diamond diamond 松山ミシュラン200%お勧めの蜜柑屋さん diamond diamond diamond

是非一度、散歩がてら覗いてみて下さい happy01

---------------------------------------------------------

本日の愛媛新聞から

20101017_trim

ジュンク堂さんでは、先週の9位から3位に返り咲きup

ベスト10入り、発売から7週連続更新中!

Dsc05247

紀伊国屋さんでも、正面上段に並べて頂いていますfull

先週のベストセラー6位 happy01

さて、今日は、ラー博二日目ですね。

これから、自転車で行ってきま~す bicycle

2010年10月16日 (土)

第五回いっしゅうさん讃岐うどんツアー②

Dsc04925

この迫力ある仁王像(CM前と違うの分かります?)があるのは、

Dsc04912

本日五軒目の「竜雲うどん」が境内にある、

Dsc04909

「法然寺」 bell

この日は、お彼岸で駐車場もほぼ満車です。

Dsc04917

このツアー始まって以来の綺麗な(普通の飲食店sweat01)店内で

頂くのは「生醤油中華そば」

Dsc04921

いっしゅうさんの講習に従い、

始めは生、次は醤油だけ、次第に薬味を追加して食べ進めて行きます。

透き通って上品な中華麺は、思わず持ち帰りを探したほどの新鮮さ。

うどん以外の麺のレベルの高さに、感動を覚えます。

私は戴かなかったのですが、

こちらのうどんを食べた他のメンバーの評判はかなり高く

次回はダブルを狙ってみましょう。

さて、

いよいよ本日の六軒目、とりの登場です。

Dsc04928

「鶴丸」で、10人近い讃岐ブロガーの方々と頂くのは、

本日限定 fuji

Dsc04932

「天然ハモまったけうどん 1500円」crownです。

Dsc04933

甘い香りが漂う中待つ事30分。

ある意味、うどん界を震撼させる高級品の登場。

出汁は、土瓶蒸しのような豊潤で上品な香り。

でも、土瓶蒸しの出汁っておちょこで、少しづつしか頂く事が出来ませんが、

ここでは、ひねりの利いたうどんと一緒に、ぐびぐび smile 行きます。

少ししか飲んではいけないものをたくさん飲む贅沢感は、

ヤクルトを10本くらいジョッキに入れて飲むくらいの、

聖域を超えてしまった後ろめたさに似ています(やった事ないけどsweat01)。

Dsc04945

「さしみうどん」は、

「すかし打ち」の麺を真正面から堪能できる一品

麺棒に生地 を巻いてこねる時に、一瞬中に浮かせる”すかし打ち”は、

こちらの独特の技。

腰と捻りを生み出します。

うどんに刺身を載せて食べるのかと勘違いしていましたが、

氷の上のうどん自体を、刺身の様に醤油につけて頂くのです。

地元の人は、呑みの締めにこれをあてに一杯やって、

最後にうどんを食べて帰るらしく、「どこまでうどんなのだwobbly」と感心。

さて、いよいよ大トリ。

讃岐ブロガーと合流した一行は、

Dsc04946

七軒目「さぬき一番」の座敷に上がって、海水浴の帰りみたいな雰囲気note

Dsc04950

前回、完全にハマった「辛子カレーつけ麺」

今回は、中華めんでは無く、うどんで頂きます。

Dsc04952

この出汁。

辛くても、深みがあって、止まらんのですよ。

これだけ通販したら、当たると思うんですけどね~

私なら、500mL500円で買います dollar

その上、

Dsc04949

残った出汁にこんな素敵な「締めセット」を付ける事も出来ます。

今回も、企画ナビのいっしゅうさん、いつも車を出して下さる甘南備さん

現地で最新の讃岐うどんを御指南頂く、メタボ柿原さんぴょんこさん達に

感謝をしながら、帰途につきます。

雷、停電など、アクシデントを乗り越えての帰松となりますが、

ジョリさんが、SAで買ったピノのラッキーアイテム present

Dsc04955

「ハートheart01のピノ」が、石鎚で厄払いをしてくれるのでした wink

2010年10月13日 (水)

第五回いっしゅうさん讃岐うどんツアー①

ニュースになるような雷雨rain竜巻typhoon警報の中。

Dsc04883

文字通り天を切り裂く雷thunderが、立て続けに目の前に落ちて行きます。

「車の中は、雷安全なんよねcatface」と、言われても迫力ビビりながら、

第5回を迎えるいっしゅうさんの讃岐うどんツアーが幕を開けます。

Dsc04884

ひたすら東へと向かうぎゅうぎゅう詰めの車中では、

新メンバー・ジョリさんを加え、お腹を空かせているのに眠い不思議な状態で談笑。

さて、豪雨も治まり、

Dsc04885_trim

本日、一軒目

第3回に続きの「上杉食品」についた頃には、雨も小康状態に。

ジョリさんが持ち前のフットワークで、写真内を瞬間移動しています thunder

Dsc04889

モチモチ感たっぷりの麺に、専用に揚げられた天かすをのせて、

一気に戴きます。

出汁はエッジのかかった解りやすい味で、すっきりと目も覚めます。

前回頂いた時より、麺の食べ応えがしっかりしていた気がします。

Dsc04890

二軒目

「こがね製麺所」

あれ?

朝7時からの開店なのですが、店内は真っ暗 newmoon

Dsc04891

店内には人影があり、揚げたての天麩羅の匂いが充満しています。

何でも、落雷による停電で店が始められないとの事 wobbly

お気の毒な事ですが、次の店に向かいます。

Dsc04893

改めて、二軒目は初体験の「宮川製麺所」

ここには「いりこすくい」と言う、独特の食べ方notesがあります。

まずは、いっしゅうさんのお手本から。

Dsc04894

製麺された麺を、好きな量取って、

Dsc04896

温めたい人は、温めて丼へ。

Dsc04897

下に見える釜の底に沈んでいる出汁のイリコを、注ぎ入れます。

流石、いっしゅう師匠は沢山のイリコをゲット。

簡単そうに見えるこの操作ですが、実はコツが必要 flair

Dsc04899

「冷かけ+卵天麩羅」

私が、掬うとイリコはたった一匹 bearing

柄杓一杯に出汁を掬うと、丼に入りきりません。

その為、柄杓の底にイリコと出汁が残る現象sweat01が生じます。

後から伺うと、慣れた方はその辺を計算して、

丼に入れる量だけの出汁とイリコを掬い、丼にイリコも全て移すのです。

昆布とイリコで秀逸な出汁と、優しい麺とのバランスが素敵な一杯delicious

次回は、10匹を目指すぞ~ wink

Dsc04900

三軒目は、すっかり行きつけの「よしや」

Dsc04902

「おでんのスジと、スジ入りコロッケ」は、外せません。

この近くに宿をとって、これだけで一杯やりたいほど好き heart04

Dsc04904

「ひやひや 小」

中央に少しだけ乗っかている物体は、マーナさんに教えて頂いた、

青唐辛子の佃煮(谷川米穀店仕様)

ここの生きたブリブリの麺に出汁ごと絡めて吸い込むと、

唐辛子の辛さがジンワリと鼻汗を呼び起こし、麺の味を引き立てるのです。

さて、

Dsc04907_trim

4軒目の「彦江うどん」は、店内撮影禁止の製麺所。

入りきれない人達が、店の前で立ち食いしているのは期待が高まります。

Dsc04908

「ひやあつ 小」

畳の上では麺を足踏みしている人がいて、

手前では茹でた麺を、驚くべき速さで締めて行くおばさん。

あっさり出汁が、麺の小麦の香りを引き立てており、流石の一品。

Dsc04926

おお!

いきなり仁王様の雄たけびが聞こえてきそう。

5軒目はCMの後で。。。wink

2010年10月10日 (日)

大手町・西堀端メディアまつり

天気がいいのでsun 堀ノ内を散歩していると、

Dsc05228

愛媛各地からの出店で盛り上がっています。

Dsc05233

第二回讃岐B級グルメコンテスト・グランプリ受賞 crown

「かっしゃ焼き」
は、鶏肉の入ったカレー味のたこ?焼き。

意表を突かれますが、ビールbeerが欲しくなります。

Dsc05234

「バリサンド」

Dsc05243

炭火焼の鶏を、シンプルにパンで挟んでかぶりつきます。

あふれ出る香ばしい肉汁が、食パンに染みて旨い sign01

「バリ」って、イマバリのバリ?

Dsc05236

鬼北町からの「きじ串焼き」

小振りですが、ジビエな風味をじっくり堪能 delicious

Dsc05242

「揚げたてじゃこ天」 

ふわふわ・あつあつ spa

Dsc05239

「一膳いなり」
で、あっさり仕上げましょう。

事前に知らないイベントでしたが、こんな楽しいのは、

たびたびやって頂きたいですね
 good

愛媛新聞携帯サイト連載のお知らせ 

実は、10月から、

Dsc05222

「愛媛新聞携帯サイト」「グルメBLOG」に連載penを始めました。

Dsc05225

携帯でまで「メタボ系penguin。。。」って coldsweats01

まあ、間違いじゃないですけど。

Dsc05226

記事は毎週更新。

始まったばかりなので、本の中からのお店が中心ですが、

将来的には、本以外やブログで出していない店も挟もうと考えています。

詳しい情報は月315円の有料登録が必要。

一般的なニュース以外にも、

流行りのひめきゅん、高校野球地方予選のon time情報など独自の記事も。

ご興味のある方は、是非こちらをご覧ください note

炭火焼 割鮮 煉 ★★☆

堀ノ内で、素敵なライトアップ shine が始まっていますね happy01

Dsc05185_trim

さて、mitraを出たオフ会一行は、2m級のアメリカ人二人と合流し、

銀天街へと流れていきます。

「さっき、新しく出来たお店を見つけたよ」と、甘南備さんのナビで銀天街の横道へ。

Dsc04622_trim

立て看板だけの「煉(れん)」に入ると、既にお店の方と知り合いらしき方々が、

カウンターで盛り上がっています。

後から伺うと、大将のお母さん御一行。

途中から現れた大将のお父さんは、何故か流暢な英語の使い手で、

2m級のアメリカ人達に英語で焼鳥の説明をしてくれます。

Dsc04624

「すなずり」

ぱっつんぱっつんに張りつめた皮を噛みしめると、独特の食感を伴った

淡泊な赤みが染み出します。

大将のお父さんが帰った後なので、説明するように促されます。

私 "It's a stomach. "

アメリカ人 "Ah, ha !"

「鳥の胃袋の近くの臓器で、その中に入っている砂が消化を助ける。」

説明したかったのですが、これが限界。

試しに、excite翻訳にかけてみたら

"The sand that exists in that helps the digestion

by internal organs near bird's stomach. "ってなりましたが、こりゃ無理sweat01

Dsc04625

″Tomato"

「そりゃ、知っとる」的な顔で見られます。

甘くて温かいエキスがプツンと飛び出します。

米語はトメイトですが、英語はトマトと発音するという雑学でお茶を濁します。

Dsc04631

「ハツ」

こりゃ、簡単 bleah ”Heart”

がっちりした身と、その周りの脂のコラボが堪りませんね。

タレが程良く身に吸収され、九州で修業した大将の腕が光ります shine

Dsc04636

「牛たん」

"Yeah, beef tongue. "

大根おろしであっさり頂くパターンは初体験ですが、良いです。

最初あっさりで、噛んで行くうちに独特の深い味を抽出。

"French kiss with a cow"と補足すると、ちょっと苦笑いです。

Dsc04639

「手羽先」

"Chicken wing"ですね。

一度パリパリレベルまで焼き上げられた皮の部分に、

しっかりと甘辛タレが浸透。

身の部分からあふれ出す鶏エキスと混ぜながら咀嚼

砂糖醤油系の香りがふわ~んと鼻に抜けて、唾液腺一斉出動命令 bell

甘南備さんも書いておられますが、この他に秘伝の味噌、焼きそば、

玉子焼き(これ、多分メニューにないのをお願いしていた気が。。coldsweats01)と、

ここの実力はかなりのものです。

値段設定がお安く抑えてあり、少人数のワイワイにはもってこい。

(しつこいようですが)、Matsuyama Midtownがまたしてもgrade upしました。

-----------------------------------------------------

書店ベストセラーランキングも、粘っております sweat01

Dsc05219_trim

紀伊国屋 3位、ジュンク堂 9位 happy02

引き続きの応援、宜しくお願いします bell

(本日の愛媛新聞より)

 

2010年10月 9日 (土)

mitra ★☆☆

オフ会と言う名の、over forty members 新店食べ歩き会が始まります。

AZAさんを先頭に、民酒党の上にオサレに出現したオープンカフェへ。

Dsc04596

民酒党の上にあるパラソルが気になっています。

Dsc04597

一階にあるメニュー表を見上げると、

Dsc04598

新しい「Matsuyama Midtown」のオアシス「mitra」への入口です。

イケメン・ビジョ達に迎えられて入った店内は、

カウンターと広いテーブルのワンフロアーと、

市駅前に突き出すようなテラスが一目で広がります。

暑い時間帯だったので、オバフォー・オフ会メンバーは店内に陣取ります。

Dsc04606

「突き出し」タルタルソースがたっぷり乗った魚フライ。

アミューズとしてバランスも取れており、お腹も落ち着きます。

Dsc04609

「旨すぎるフライドポテト」

細くてもしっかりしたサックリ感 delicious

ピリリとした香辛料 confident が、食いしん坊達の手を止めません。

Dsc04613

「ハワイ名物ポキ」

ポキの語源ハワイの言葉で「切る」の意味。

海産物をぶつ切りにしたものをマリネベースのソースに漬けたものです。

Dsc04616

太平洋を隔てた文化なのに、カツオのたたきに似ているのは、

日本人とポリネシアンが遠い昔、モンゴロイドとして繋がっていたかも知れない

証なのでしょうか?

鮮やかな赤身fishと、薬味の組み合わせは、ワインwineともマッチ。

Dsc04621

「イベリコ豚のバルサミコソース」

じっくりと火を加えて凝縮されてるどんぐり豚 pig エキスは、

同じ出身地の調味料・バルサミコと、この極東の島で再会を祝ってbellいます。

噛みしめるとジンワリ抽出されるエキスは、濃縮の過程を経る事で、

レベルアップする事 up を教えてくれます。

気がつけば日も傾き、待ち合わせの2m級アメリカ人も合流 typhoon

今日はあっさり切りあげて二次会へ。

もう少し涼しくなったら、ワイン片手にオープンカフェから沈む太陽を

ゆっくり眺めましょう catface

2010年10月 6日 (水)

週刊朝日

いーお@西条さんからの情報で、急いで購入 run

Dsc05141

「週刊朝日」最新号 book に、

Dsc05137_trim

明屋書店松山本店の店長お勧めとして、

「勝手に松山ミシュラン」が、紹介されています。

これは、かなりの衝撃impactですね~~ 

人生の運をこんなにまとめて使ってしまって良いのか、不安にさえなります wink

2010年10月 3日 (日)

続・大神輿総練

いや~、壮大でかっこよかった~~ sign01

Dsc05087

パフォーマンスとは言え、迫力の鉢合わせ

始めて目の前で、本物の「もてこいsign03 もてこいsign03 を聞きました。

Dsc05091

徐々に会場の雰囲気も盛り上がってきます up

Dsc05097

この後は、30台の神輿が一斉に練りを披露

物凄い統一感と迫力に感動です。

これだけの人数をまとめる力の凄さと、祭りを愛する人達の熱意が伝わります。

練りが終わった後、観客を含めて三本締め good

Dsc05098

会場から近い神輿が街に戻っていきます。

Dsc05101

電車通りに、神輿が次々繰り出します。

Dsc05103

一番町の神輿の列は、壮大 happy02

本番前に、これだけの事をするのは、準備から大変だったと思います。

当日見に行った事のない私には、物凄いインパクト fuji

是非、道後の鉢合わせも見てみたいものです wink

大神輿総練(おおみこしそうねり)

今年から始まった、松山秋祭りのイベント fuji

「大神輿総練」が、堀の内でたった今、始まりました。

Dsc05079

街のあちこちから、

Dsc05078_2

「わっしょい note わっしょい noteの威勢のいい掛け声で、

Dsc05077_2

どんどんと神輿が堀ノ内に集合しています。

これから、練りやパフォーマンスが夕方5時まで行われます。

どうにか天気が持ってくれれば良いのですが。。 cloud

銀天街で神輿をぶつける準備をしているのは見た事ありますが、

道後の鉢合わせには行った事がないので、

これだけの数の神輿が一堂に揃うのを見るのは初めて。

本番前のパフォーマンスとは言え、何だかワクワクします happy01

勿論、出店も出てますよ~~

豊栄 ★☆☆

時は24時前 24hours

意識朦朧 catface

腹が減っている訳もないし、酒もシコタマ呑んだのに bearing

でも、そこにお店があるから、最後に寄らねばならないのです。

そう、ここは30年やっている、

Dsc04706

お好み焼き屋 「豊栄」 

Dsc04705
 

店名をそのまま身体にあらわしたようなおばさんに、

リラックスした感じで「いらっしゃい」と迎えられます。

Dsc04710

壁の鮮やかなポスターの切りぬきと、メニューを見ながらぼんやりする、

アラウンド 0.1トン ex-boys penguin penguin penguin three

「もう、呑めないでしょ」と言いながら、生を注文。

その上、懐かしの、

Dsc04709

おお~ happy02 「三ツ矢サイダー」

Dsc04714

「豊栄ミックス うどん 1100円」は、手前の大物。

何でも入ったデフォルトの豊栄ミックスに、炭水化物界の女王うどんが投入。

happy02 じうううう~~~ happy02

ソースと焦げたうどんの匂いspaが、眠りかけた胃袋を起こします。

Dsc04717

「ブタキャベツソバ入り」

蒸されたキャベツが染み込んだ、炭水化物界の王様 中華そばのコラボ。

Dsc04718

「先輩、もう、マヨは要らんでしょ」

「何をいっとるんよ。マヨがないとイカンやろ。ほら、で~~~~ typhoon

手元に配られたマヨネーズを全て、回しかけます smile

あっという間に、マヨリッチ・締め豊栄お好みが完成 happy02 happy02 happy02

しかし、アラウンド 0.1トン ex-boysにかかれば、瞬間に鉄板から消えます。

で、

この時間に、マヨとソースたっぷりの熱々お好み焼き、どうなん??

抑圧の後の、解放。 食欲中枢の暴走 bomb

さ・い・こ・う・で~す good

____________________________________________________________________________________________________

PS:今朝の愛媛新聞より pen

Dsc05071_2

ジュンク堂 先週のベストセラー。

2位→1位→1位→2位→3位と、頑張ってます sweat01

今回から出現した紀伊国屋書店週間ベストセラー。

2位と、大健闘 bell

このランキングを見る為に、愛媛新聞を取るようになった事は秘密ですwink

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008