ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 夏に別れを惜しむ列  | トップページ | 夏を名残惜しみ、秋の訪れを喜ぶ麺 »

2010年9月11日 (土)

横浜・中華街展@高島屋

展フェチの私も、今回の展の活気が尋常ではない  と感じます。

9月8日(水)から14日(火)まで高島屋7階で開催されている「横浜中華街展」です。

その活気の源は、この

Dsc04733

「ホタテ入りフカヒレ姿煮麺」でしょう。

なんと、値段は3,990円   

列に並びながら奥さんと相談します。

奥 「食べてみたいね  フカヒレ姿煮  」

私 「でもな、今まで4000円のラーメン食べられるほど、人生頑張ったかな?」

奥 「そうね 

私 「フカヒレは逃げんから、もうちょっと頑張った頃に考えようや」

と言う訳で、

Dsc04722

「フカヒレ入り エビワンタン麺 (1,050円)」を頂きます。

ほぐれてもそのピーンとした品位を保ったフカヒレ様を麺に絡めて、

いつもより気持ち上品に吸い上げます 

醤油の透き通ったスープが染み込んだフカヒレ様は、コリコリと快感 

その横のワンタンはツルリと入って来て、ゆっくり口を動かすと海の香りを

漂わせてくれるのです。

かなり満足  

お次は、

Dsc04725

「冷し坦々麺」を頂きます。

濃厚なごまだれに麺をまぶしながら、ひき肉の旨みを味わいます。

ジンワリと汗がにじみ出るくらいの唐辛子がアクセントです。

勿論、話題の、

Dsc04729

「黒 チャーハン」も忘れていませんよ 

エビとイカのプリプリを味わっていると、初体験の香ばしさ 

なんの調味料か見当がつきませんが、レンゲが止まらないのです。

お土産に、にら餃子・焼売を買いこめば、横浜中華を全身堪能 

さて、

この展示会場の横の紀伊国屋には私の本が3か所に分けて並べてあります。

会場に近いコーナーでは、10分くらいでも5-6人の方が

手にとって真剣に眺めておられます。

「闘牛が載っとる。やるね 」なんて声を伺うと、

経験した事のない快感が、お尻の方からもぞもぞ  と上がって来るのです。

_____________________________

「勝手に松山ミシュラン」書籍化 、県内書店等で好評発売中

詳しくは こちらのページへ

« 夏に別れを惜しむ列  | トップページ | 夏を名残惜しみ、秋の訪れを喜ぶ麺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いけちゃんさんのご活躍は十分フカヒレに値するのでは
愛媛新聞拝見しました!一位おめでとうございます。やりましたね。

いや~ジュンク堂週間売り上げ位には驚きました。
先週の2位が奇跡だと思っていました。
二階の少し分かりにくい所にあるのに、有り難い限りです

本日僕も行ってきましたよ☆
フカヒレラーメン食べたかったけど、行列だったので他のものにしときました。
明日食べに行こうかな(笑)

やっぱ、吸い込まれますよね~ 
おっ、フカヒレラーメン行っちゃいますか
感想聞かせて下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜・中華街展@高島屋:

« 夏に別れを惜しむ列  | トップページ | 夏を名残惜しみ、秋の訪れを喜ぶ麺 »

最近の写真

  • 20170402_9_36_45_2
  • Dsc_0034_00003
  • Dsc_0014_00001
  • Dsc_0037_00004
  • Dsc_0025_00002
  • Dsc_0041_00005
  • Dsc_0045_00006
  • Dsc_0048_00007
  • Dsc_0027_00001_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0055_00008_2
  • Dsc_0058_00009