« 横浜・中華街展@高島屋 | トップページ | ラーメン評論家 石山勇人さんにお会いしました。 »

2010年9月12日 (日)

夏を名残惜しみ、秋の訪れを喜ぶ麺

夏を名残惜しみながら、まだまだ麺を食べましょう happy02

(名残惜しむの部分は、ただの良い訳?)

<山うち家>

銀天街に最近オープンしたチェーン店。

Dsc046511

家系のフランチャイズです。

銀天街で11:00-24:00の営業時間とは、嬉しい限り。

あのエリアで遅くまでラーメンやられると、吸い込まれるでしょ bleah

Dsc046491

太めのつけ麺は、多めでつるつる smile

Dsc046481

こってり出汁にたっぷりつけて、ギュンギュンと食道を流れて行きます。

Dsc046471

「チャーシューメン」チャーシューもぶっとくて存在感大ですね。

値段もお手頃で、次は餃子もやっつけたいところです。

<らあめん花月 嵐>

大街道三越前にある、インパクト大ラーメンが食べられるチェーン店

Dsc04434

「嵐げんこつらあめん デビル」

激背脂*魔のニンニク甘醤油 bomb

Dsc04436

太めの麺をワッシと混ぜれば、ニンニクの匂いが立ち込めてきます。

多目に掴んだ麺ごと、ゾゾゾーnoodleと吸い込みましょう。

背脂スープと甘い醤油味が、ガツンと襲ってきます。

メタボブレンドリーな匂いに脳天を揺さぶられながら、喰らいつくと

夢中になります。

まさに悪魔の魅力です shadow

<内子のからり>

からりは地産地消ショップで成功を収めた典型例。

お店で野菜などの商品が売れると、それをリアルタイムで生産者である

農家さんの携帯電話に通知するシステムがあるらしいのです。

素晴らしいアイディアマンがおられるのですね。

Dsc04430

ここでは、南予の田舎うどんが手に入ります。

Dsc04432

茹でると太くなり、釜玉にしてみます。

腰は無いけど、柔らかでは無い独特の食感。

「小田吉」の麺に似ています。

素朴な小麦味を楽しめるので、結構ハマります。

<十夜ケ橋食堂>

高速大洲インターの近くにある十夜ケ橋食堂。

目の前にある正法山永徳寺は四国版番外札所の一つで、

ここの橋の下で弘法大師が野宿したと語り継がれています。

お大師様が起きるので、お遍路さんが橋の上で杖をつかない習慣の

話の始まりがここにあります。

Dsc04445

ここは参拝客意外に、地元の常連さんも通っており、

手作りの一皿料理などがあって、バランスの良い食事が出来ます。

金曜日には限定のカレーライスが評判です。

Dsc04446

「中華そば」

門前だけに、油揚げをメインとした精進風 japanesetea

野菜もたっぷりと入っていて、長旅の疲れを癒すのに最適。

Dsc04447

ストレート麺と、少し甘めで出汁のしっかりと効いた懐かし系ラーメン。

サイドメニューの白和えと一緒に戴きます。

<一草庵>

Dsc04574

以前にも紹介しましたが、良く通っています run

日曜日も空いているし、市内でも数少ない本格手打ちうどんのお店。

空気を含んだツルツルもちもちうどんがお目当てなのですが、

外せないのが、

Dsc04575

この、メガトン級「かき揚げ」

このぶ厚さでも、きちんと中は蒸し揚げの状態で完成しており、

細かく切られた野菜と魚貝がソフトボールくらいの大きさにまとめられています。

これに齧り付きながら、冷たいうどんを交互に頂けば、

この後は、人生で一番幸せな時間 note

炭水化物+揚げ物ハイ状態で、爆・昼睡sleepyに突入

* 当たり前の結果ですが *

天高く豚pigも肥える秋を前にして、腹がやばいです penguin penguin penguin

誰か「ラーメン・うどんを食べながら痩せるダイエット」って本、

出してくれたら買うのに~~ 

______________________

「勝手に松山ミシュラン」書籍化 book、好評発売中

この本を買っても痩せません sweat02

詳しくは こちらのページへ

<蛇足>

本日の朝日新聞に

お世話になったアトラス出版さんが紹介されています。

私の本も、読者プレゼントpresentになってます happy01

本日の愛媛新聞に

Dsc04753_trim

アララ。。。coldsweats02

とうとう、ジュンク堂で先週のベストセラーになっちゃいました。

松山に一軒しか無いからでしょうけど、私が買い占めている訳ではないですよ。

今日はカウンターの横にも並べて頂いていました happy02

« 横浜・中華街展@高島屋 | トップページ | ラーメン評論家 石山勇人さんにお会いしました。 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

AKB48、ドラッカー、サンデル先生を抑えての第一位!これは快挙ですよ!いや~素晴らしい!!
心よりお祝い申し上げます。おめでとうございます。

ところで・・・
山うち家から一草庵まで、すべて訪問したいぐらい美味しそうです。
山うち家につけ麺あったんですね~(写真に食い付きました!!)
麺にすだちが添えられていたり、スープに魚粉が見えたり、ヤバイぐらい刺激的な写真です。
二番町から直帰せずに銀天街を経由して帰宅する率が高まりそうです。
っていうか、二番町を離れて松山ミッドタウンで飲食する機会が増えそうな気配ですね!これは!!

十夜ケ橋食堂確かにありますね〜
行ったことないですが一度行ってみよう!!
一草庵R56に移転してからはこれまで
3回チャレンジして
いつも麺切れで未食。
一度行ってみたいです。

本売れ行き良いですね〜〜。
憧れの印税生活ですか〜〜〜。

「十夜ケ橋食堂」eye
十夜ケ橋名物"野宿飴"のポップが気になりますwobbly

↑の自動翻訳
現金 disembarrass 私たちにできることを知られています。 しかし、誰かが現金を持っていない場合の対処方法ですか? 1 つだけの方法、個人情報を受信することです融資や sba ローンだけ。

コメント欄に海外の自動スパムコメントが入るとは・・・
勝手に松山ミシュラン!世界的になりましたねぇ~
訪問する方が少ないサイトにはスパムなんて貼りつきませんから~

スパムコメ・ブログの人気の・バロメーター! スゴイ!!(爆)

サンデル先生の上に来た事に喜んでしましたが、今をときめくAKB48の上だったとは気がつきませんでした happy02
ローカルとはいえ、記念になりました note
山うち家、美味しかったので次の動画取材でお願いします。
松山ミッドタウンが熱い thunder

未食ですが、その道の人?に伺えば、金曜限定のカレーライスがデフォルトの様ですgood
印税生活。。。。ああ、無条件に浮かれてしまうmagic wordですbell

取材不足でした coldsweats01
金曜カレーと共に追加取材してきます。
なんかスタミナのつく生姜の入った飴のイメージが浮かんできました happy01

済みません。
英語スパム、消しちゃったので何の事が分からなくなってしまいましたね bearing
元のスパムに興味のある方は、この自動翻訳された日本語を、英語に自動翻訳してみればいい訳ですね。
あれ sign02 違うかな wobbly

からりってすごいですよねえ。
地産地消のものを販売するだけでなく、
パン屋さんハンバーガー屋さんまで・・・
最近のお気に入りは手作りトマトソース。
パスタに絡めたら美味しいです。

一草庵さんも椿参道沿いにあった頃から時々行きます。
前にあった大豆の入っただし汁で食べさせるうどん屋さんも
なかなかでした。

おお、あそこの手作りトマトソース restaurant
私も大好きです。
偶然、市駅前のファミマに置いてあるのをみて驚きましたhappy02
やはり食いしん坊のアンテナは似ていますね。
・椿さん通りの頃の記事はこちら↓
http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2007/04/post_5560.html
・大豆うどんの「こうちや」はこちら↓です。
http://matsuyamamisyuran.cocolog-nifty.com/ikechan/2006/11/post_50d9.html

愛媛新聞発行「アクリート」10月号26ページにも紹介されてますよー♪

あ~、本当ですね happy01
その上、読者プレゼント一冊付き book
恥ずかしながら、老後の楽しみの為にスクラップブックを買ったので、早速張り付けさせて頂きました hairsalon

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/49171654

この記事へのトラックバック一覧です: 夏を名残惜しみ、秋の訪れを喜ぶ麺:

« 横浜・中華街展@高島屋 | トップページ | ラーメン評論家 石山勇人さんにお会いしました。 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008